TM さん プロフィール

  •  
TMさん: 負けるな新人!目指せ所長!0から始める現場監督の道
ハンドル名TM さん
ブログタイトル負けるな新人!目指せ所長!0から始める現場監督の道
ブログURLhttp://ntm-project.com
サイト紹介文現役の建築現場監督が、日頃感じている全てのノウハウを新米現場監督へ伝えたいブログ
自由文自分で地図に残る建物を作りたい!希望に満ちて入社したけど、職人さんに質問されても分からない日々が続いている新人現場監督のあなたへ。先輩現場監督である私が全てのノウハウを暴露すると言ったら知りたくない?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/11/03 07:45

TM さんのブログ記事

  • 鉄筋の役割とは?問題点の解決法の基本的考え
  • 「鉄筋の役割とは何か?」と聞かれても鉄筋コンクリート造を扱ったことのある人なら9割は答えられると感じる。 答えは「引張力」だ。そんなの当たり前だからと心の中で感じたあなたに質問。 「鉄筋がなぜ引張力を負担するのに適しているのか?」 また「鉄筋が引張力を作用させるために必要なことは何か?」と聞いたら答えることは出来るかな? まずは鉄筋が引張力を負担するのに適している理由だけど、 コンクリートとの相性が良 [続きを読む]
  • 錆びた鉄筋の表面状態でコンクリートが打設可能なのか?
  • 鉄筋が屋内の加工場で加工されたものであれば、現場に搬入されたときに非常に綺麗な状態である。 しかし全国の鉄筋加工場の半数以上は「屋外」の加工場だろう。すると、大なり小なり現場に搬入された時には「錆び」がついている事は少なくない。 特に加工のために「曲げ」たりしているところ等から錆びやすいが、 一体どこまでがOKで、どこからがNGなのか?あなたは説明できるかな? まずは「建築工事監理指針(平成28年版上 [続きを読む]
  • 鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(施工編)
  • 前回は材料編出逢ったが、今回は施工編をお伝えする。材料編と違い施工編では何となくイメージつきやすいかもね。施工の基本要求品質とは「規定通りに配筋すること」だからね。 では「規定通りに配筋すること」って具体的にはどういうこと?と言うことで「建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」にはこのように書いてあるよ。 「組み立てられた鉄筋は,所定の形状及び寸法を有し,所定の位置に保持されていること。 [続きを読む]
  • 鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(材料編)
  • 鉄筋工事における基本要求品質とは?と言われて、すぐにあなたは答えられるかな?きっと、何と無く頭に浮かんでくるけど上手く言葉に出来ない。という人が多いのでは?と私は感じるよ。 実は私も同じで、後で答えを聞くと知っていることばかりだし当然確認している当たり前の事だけど、それが基本要求品質と意識しながら仕事をしている訳ではなかった。 まずは答えから見てみよう。「建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交 [続きを読む]
  • 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み
  • 私が製図の試験勉強をしていた時に感じたことは「合格ラインにいる人達の実力はほとんど同じ」ということ。その差は「エスキス」が上手く納まるか? 正直、図面を仕上げる能力に大差はないと考えているので「いかにエスキスを時間内にまとめるか?」が勝負だね。 そんな事を、下書きしていたタイミングでお問い合わせが来たので他の受験生のみんなにも共有しておくよ。 私はこのブログを読んでくれているあなたの合格を心から願っ [続きを読む]
  • 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!
  • 「製図試験で合格するコツは?」と言われて私が答えるのは 「いかにエスキスが早い段階でまとまるか?」 なぜなら合格ラインに達している受験者たちは製図そのものの技術、 すなわち線を綺麗に引くある程度の作図スピートがある重要な寸法・文字を忘れずに書く見た目が綺麗な図面を引くなどの基本事項は備わっていると考えるのが普通だから。みんな、トレースだけなら上手く書ける人たちだから。 そこでどこで差がつくのか?と言 [続きを読む]
  • ガス圧接施工計画書の本音と裏側(2)
  • 前回は、ガス圧接工事の施工計画書の全9項目のうち1〜4項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。 ガス圧接器具 適切な器具を適切に使用してこそ所定の品質が確保される。と言われればその通りで反論の余地も無いのだけど、所定の品質を確保するには、どんな器具を使用するのか?を記載すべきだよね。 だけど実際には、変な器具を使用して施工しますという業者もガス圧接のような責任施工的な工種ではほぼ無 [続きを読む]
  • ガス圧接施工計画書の本音と裏側(1)
  • 今回からは、鉄筋工事における代表的な継手工法である 「ガス圧接」についての施工計画書をお伝えしていこう。その他の「溶接継手」や「機械式継手」などは今回からの記事を参考にして頂けると幸いなんだけど、不明な点が有ればお問い合わせ等をして頂きたい。要望が多ければ、別途記事にすることも検討するかも。 そして以前の鉄筋工事の施工計画書で結構ガッツリ書いたので重複する部分は軽く流して全体的にも短めにまとめよう [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(10)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち16項目をお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。 17,作業のフロー,管理の項目・水準 ・方法,品質管理体制・管理責任者,品質記録文書の書式とその管理方法等 最後の項目に毎回色々書いているけど、一番大切な内容たち だと私は考えている。 特に「作業のフロー,管理の項目・水準 ・方法」だけど、 どのタイミングで、どのように管理するか? について一番分か [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(9)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち14〜15項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。 16,関連工事との取合い(柱付きコンセント,スラブ配管,壁配管,貫通孔等) 鉄筋工事を行なう上で切っても切り離せないものが設備工事などの関連工事との取合いである。 しかしなかなか施工計画書に記載しろと書かれていても文字にするのは難しい内容であると感じるので、こちらの記事からダウンロード [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(8)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち13項目をお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。 14,鉄筋位置の修正方法(台直し等) 鉄筋はコンクリートに成り代わり上下階をつなぐ大切な部材。 だから「差し筋」という形で上階へ向けて鉄筋が延びている。通常は、圧接や溶接などの継手工法や、重ね継手でジョイントして上階へつながっていき「引張力」を負担するのだ。 しかし世の中は「成功」ばかりではない [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(7)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち11〜12項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。 13,梁,壁,スラブ等の開口部補強,屋根スラブ,片特スラブ,壁付きスラブ,パラペット等の特殊補強の要領 梁や壁やスラブには必ずと言って良いほど「設備開口」が必要である。更に、出入り口や窓なども開口に含まれる。「開口」部は時にはスリーブであったり、四角に箱抜きするものもあるが、 基本的に [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(6)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち9〜10項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。 11,異形鉄筋にフックを付ける箇所 異形鉄筋にフックを付ける必用のある場所というのは、実はあまり多くないけど、詳しい内容はここでは書かない。気が向いたときに別記事で紹介する予定。 だから実は現場の中で鉄筋の先にフックが付いているのは仕様によってフックを付けることを定められている場所便宜上 [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(5)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち7〜8項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。今回は続きからお伝えするよ。 9,鉄筋加工機具(切断,曲げ) 切断面はガタガタ、曲げ角度もバラバラ。一体どのように加工したのか?と訪ねると、「ガスで切断して、いちいち手で曲げています。」と回答する鉄筋業者はいないだろう。もしも、そんな業者がいればチェンジすることをおすすめする。 さすがに冒頭 [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(4)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち5〜6項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。今回は続きからお伝えするよ。 7,材料の保管場所及び貯蔵方法 鉄筋の加工場から現場に納入されてきた鉄筋が真っ赤だったら「何でこんな錆び錆びの鉄筋持ってくるんだ!」と怒り心頭になったりしないかな? もしも「怒り心頭になる」とあなたが言うのなら、質問するけど「元々どのような保管ルールになってたの [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(3)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち2〜4項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。今回は続きからお伝えするよ。 5,荷札の照合と提出時期(ラベル,鉄筋のマーク等の確認方法) 前の項のミルシートは、大切だけど実は「現物」を確認していない。書類上、品質的に仕様通りの材料が納入されましたよ。と言っているだけ。 そこで現物をミルシートと同じ材料であると確認するのに必要なのが ラベ [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(2)
  • 前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうちわずか1項目をお伝えしただけになってしまった。今回はその続きからお伝えするよ。 2,施工業者名,作業の管理体制 施工業者名は当然だよね。どこのどんな会社が施工するのか?を示すことは最低限だし、会社名を見れば「あっ、この施工業者知っているよ」と工事監理者の人が知っているかもしれないしね。 だから作業の管理体制を記すことの方がここでは重要かな? つまり現場の [続きを読む]
  • 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(1)
  • 鉄筋工事を始める前には施工計画書を承認されないと 工事を始めることが出来ない。というのは知っているよね。実際は、施工が始まってからしばらくたって後出しで施工計画書を提出するという場面もあるかも知れないね。設計事務所や施主にもよるけど、実際毎日忙しい現場の施工計画書に対する本音かもしれない。 そこで今回から数回にわたって鉄筋工事の施工計画書について何故この項目が必要なのか?についてお伝えしていこう。 [続きを読む]
  • 施工計画書の雛型はどのサイトで公開されているのか?という悩み
  • 次回からの施工計画書の記事を書いていてふと感じたことがある。「各項目について好き勝手書いているけど実際どう書けば良いの?」「って言うか、手っ取り早く雛型無いの?」と、あなたも感じていないかな?確かに時間に余裕のないあなたが効率的に業務をこなすためには「雛型」って本当に大切だよね。そして「どんな人も平等なのは1日は24時間」だから、この悩みの続きを確認してね。 Mさんからの質問初めまして。お世話にな [続きを読む]
  • 再生砕石が余ったり仮設で使用後に搬出するのは産業廃棄物か?残土か?
  • 基礎工事の間に構築した地下ピットを一旦埋めてヤードにする。狭小地の現場で機械式駐車場のピットが有ればよくあるパターン。私自身も何度か同じようなやり方を経験している。 そこでピットをどんな材料で埋め戻すかというと「砕石」が多いはず。別に、「土」で埋め戻しても良いけど、雨が降った時に、水の抜け場がないので「砂質土」で釜場を設けて適時排水をしないと、水分を多量に含んだ土の上で作業する為仮設の地盤としては [続きを読む]
  • 再生砕石を使用する上で環境的に必ず知っておくべき事とは
  • 「コンクリート製のピットに溜まった水はアルカリ性か調べた方が良い」と昔、会社の偉い人に言われたことがある。 なぜならコンクリート中のセメントなどのアルカリ成分が溜まり水にじわじわとしみ出して来るからだそうだ。 だから当時、雨が降った後に、PH計を持って調べてみたら普通の中性だった事がある。きっと、私がアルカリ成分がしみ出す前に計測したからだろう。 で、今回の話とどんな関係があるの?とあなたは感じたかも [続きを読む]