左桜のぶゆき さん プロフィール

  •  
左桜のぶゆきさん: 左桜の小粋なトス
ハンドル名左桜のぶゆき さん
ブログタイトル左桜の小粋なトス
ブログURLhttp://ameblo.jp/oobanb/
サイト紹介文〜 二十面相が残した 玉虫色の置き手紙 〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/11/03 11:07

左桜のぶゆき さんのブログ記事

  • 羽化シーン
  • いつもの公園で、子供達とスポーツ。野球をしている時、ファーストの位置の木に止まっているセミの幼虫を、9歳長男が発見。こんな絶妙な羽化シーンを見れたのは初めてだ。はじめは、こんなに白い羽根なんだ…ガンバレ!ガンバレ!今日、私のシューズは、新旧交代。殊勲の シューズと、幼虫の 水色シューズ。バトンタッチの羽化シーン。 [続きを読む]
  • ポスター探索
  • 夏休みに入った9歳長男と、早朝ラン。普段と違う道を走っていると、長男が描いた「盆踊り大会のポスター」を見つけた。2ヶ所 発見。何人かの生徒が手がけており、ポスターは何種類か存在する。長男のポスターは もう1ヶ所あるという噂…また今度、探しに 走りにいこう。 [続きを読む]
  • 我流クライマー
  • 第3日曜日、「よこはま月例マラソン」。30℃を超える暑さの中に、飛び込んで行く 夏の虫達。移動の車内の中、しばらく続いた沈黙を破って、6歳次男が口を開く。「今日、新記録が出そうな気がして、すごく緊張してきた。」何故か、隣に空席を作っても、9歳長男にピッタリと くっついて乗車。1kmの部。6歳次男は、自己記録まで あと2秒に迫る 5:05でゴール。この ゆだるような高温の中、彼の限界レベルを考えると、かなりのハイパフ [続きを読む]
  • さよならティーダ
  • 私の営業車 ティーダが、契約期間を終えて、本日、グランドフィナーレ。横浜に来てから7年。たくさんの道を、君と一緒に 走った。雨、風、雪、雷、楽しさ、つらさ、悲しさ…色んな思い出と紆余曲折を共にし、大切な仲間達を運んでくれた。私のランニングの走行距離は、測り始めてから、6500kmくらい。ティーダは、その距離…98554km。たくさん、たくさん、頑張ってくれた。新しく変わった新車も紹介しようと思ったが、それ以上に、 [続きを読む]
  • 文武ダブルロード
  • 今日は、第3日曜日、「よこはま月例マラソン」。先月は、息子達のティーボール大会だった為、2ヶ月ぶりの参加となる。レースに臨む前の顔が、どんどん真剣になってきた息子達…6歳次男、「1kmの部」、5:02。自己記録を9秒更新! 6歳児男女40人中 4位。9歳長男、「3kmの部」、12:09。自己記録を15秒更新! 9〜11歳男女23人中 1位。着実な進化。長男曰く、「今日は父の日だから、必死に頑張ったよ。」うう… 響く…午後は、小4の [続きを読む]
  • 横浜マラソン 抽選発表
  • 初めてのフルマラソンを、「横浜マラソン」で経験したのは2年前。初めての経験で、色々な準備がまだまだアマチュアだった頃。無知な私は、スタートラインに1時間前から並んでしまい、序盤はトイレを我慢しながら走り、栄養補給もままならず、中盤はトイレで7分程ロス、終盤の首都高速の高低差で、一気にスピードが落ちた…結局、タイムは4時間3分。あの雪辱から2年…「必ず、横浜マラソンでリベンジを果たす」というプログラムが脳 [続きを読む]
  • 初めて二人での運動会
  • 晴天の中、小学校の運動会。小4の長男、小1の次男 共に、徒競走では、速い子が集まる 最終グループを走った。50m走の次男は、スタートが上手くいかなかったものの、そこから巻き返し、リレー選手達と互角に渡り合い、6人中5位。貴重な貴重な 勉強の機会となった。80m走の長男は、6人中 断トツの1位で、前代未聞のガッツポーズしながらのゴール。この3種目後に 高学年リレーを控える立場からか、最後はボルトのように軽く流し、会場 [続きを読む]
  • ティーボール大会
  • 真夏のような日照りの中、開催された、「地区対抗ティーボール大会」。9歳長男は、高学年トーナメントの中で、唯一の4年生チーム、6歳次男は、低学年トーナメントの中で、1年生中心のチームということもあり、残念ながら、どちらのチームも、惜しくも僅差で1回戦敗退。ただ、二人とも、打撃では、見事に芯をとらえ、ライナーを連発。守備では、二人とも中心のショートとして、随一の運動量を発揮。声を出してみんなを盛り上げ、常 [続きを読む]
  • 四つ葉のクローバー
  • 明日は、地域対抗のティーボール大会。その最終調整に、男3名、たくさんの汗を流した。小学4年生チームを率いる、9歳長男。小学1年生チームの最終兵器、6歳次男。それぞれ なかなかの仕上がりで、二人とも明日の大会を楽しみにしている様子。最高気温28度まで上がる予報の明日、しっかりと水分補給をして、ボールを追いかけていこう。練習中に、水分補給の休憩をしていたら、次男が、四つ葉のクローバーを見つけた。初めて見た。明 [続きを読む]
  • 朝練とオムライス
  • 2週間後の運動会に向けて、小4の9歳長男が、「リレーの朝練」に勤しんでいる。高学年のリレーの選手は、決められた日に、朝40分ほど早く登校し、体育担当の先生を中心に、朝練をしている模様。そのほか、応援団の生徒も朝練に通っているとか。毎日クタクタになるまで走り回っている彼の靴は、瞬く間にボロボロになる。1チーム12名の高学年選手で回すリレーで、彼は第7走者とのこと。その第7走者は、5年生や6年生も入り混じるらしい [続きを読む]
  • 健康診断
  • 年に一度の健康診断。一応、健康に留意しようと思う きっかけを作ってくれる今日に感謝。昨年に引き続き、鼻から内視鏡カメラを挿入されるのが つらかったが、検査結果は、本日分かった段階では、とりあえずは ほぼ問題なし、とのこと。強いて言えば、白血球が少ない、右眼視野が少し欠損している恐れ、胃が少し荒れているなどの指摘があったが、問診の先生は、あまり心配することはない程度、とのこと。比較的、アルコールを好む [続きを読む]
  • スイングとリレー
  • 仕事を早く終えて帰宅すると、自宅マンションの広場で、素振りをしている少年が…私の木製バットを何度も振って、ガラスに映る自分のフォームを確かめていたのは9歳長男。「大人用のバットは、重くて鍛えられるから良い。」とのこと。来月中旬には、地域の「ティーボール大会」が開催される予定で、周りの小学生達は少しずつ野球を意識し始める時期だ。6歳次男も、御多分に洩れず、いつもの公園にティースタンドを持ち込み、スイン [続きを読む]
  • 桜と汗
  • 桜を見ようとしたわけではなく、走る途中に視界に入ってきて、ついシャッターを押してしまった具合。もうじき終わりを告げようとしているからこそ、ひときわ観る者を惹き込んでくれる。今週も、2.5km先の公園に向かう途中、いつもの坂を登る男達。6歳次男の坂を駆け上がるスピードは、今までになく、眼を見張るものがあった。荷物を持って走る私が、後をついていくのに窮屈さを覚えるほど。頼もしき、新・小学一年生。一瞬一瞬を投 [続きを読む]
  • 入学野郎
  • 6歳次男。入学。明日からは、いよいよ 9歳長男と共に、登校。ゆっくりでもいい。一歩ずつ、確かな一歩を、ひたすら繰り返していけ。 [続きを読む]
  • あいつの分まで
  • 春の陽気の中、花粉をかわしながら走る、第3日曜日「よこはま月例マラソン」。1kmの部。6歳次男が700m地点付近で、残念ながら、周りのランナーと接触してしまい、転倒。新記録を目指して走っていた本人は、痛みと悔しさで、大泣き。周りと上手に距離をとる…これもランナーとして勉強だ。その無念を晴らすべく、9歳長男が、3kmの部で、12:24の新記録。自己ベストを23秒更新する快走。10歳未満男女の中で1位。但し、彼よりも速い「1 [続きを読む]
  • さよなら僕達の幼稚園
  • お世話になった 幼稚園、最後の日。6歳次男の卒園式。一人一人が卒園証書をしっかりともらい、皆で、お別れの言葉を斉唱。そして、「思い出のアルバム」の合唱。担任の先生の涙が止まらず、涙ぐむ子供達も。保護者も含め、会場の湿度は最高潮。そんな中、次男は、人一倍、激しく涙を流し、担任の先生から、特別に、背中をさすってもらう。男泣き…3年間、色々あったよね…今日は、感情のまま、思い切り、泣いていいんだ。その後の [続きを読む]
  • 最後のおべんとう
  • いよいよ、幼稚園、最後の週を迎える、6歳次男。4日後は、卒園式。そして、長男+次男の6年間、幼稚園の弁当をコツコツ作り続けてきた、奥さんの「キャラ弁当」も、今日で終止符。今まで、いろんなキャラクターをリクエストして作ってもらい、周りのお友達や先生に見せることを楽しみにしていた愚息達。「最後のお弁当は、何がいい?」次男は、「スヌーピーがいい」と言った。うちで、スヌーピーは、ほとんど見ていないはずだが? [続きを読む]
  • サーカス
  • サーカスを見に行ったのは、30年ぶりくらいだろうか…みなとみらいエリアに構える「木下サーカス」。自由席のチケットを頂けたので、良い席を取ろうと、家族で、朝から並ぶこと1時間…Nintendo 3DSを構えて、ワクワクしながら、時間が経つのを待つ愚息達…ようやく開場。空中ブランコ、狭い金網の中を高速で走るバイク、綱渡り、ジャグリング、ピエロの客さばき、ゾウやライオンの曲芸…その他にも色々あったが、皆、どれも素晴ら [続きを読む]
  • はじめての金メダル
  • 本日は、神奈川県大和市の「ゆとりの森マラソン」にプチ遠征試合。凍てつく冷気と強風の中、そびえ立つ 富士山から力をもらう。昨年のこの大会で、小学2年時に、「低学年の1.5kmの部」4位で、惜しくもメダルに一歩届かなかった、9歳長男。小学3年生にあがり、一応、優勝候補として、一年ぶりのスタートラインを踏みしめる。寒い中、「小学校低学年の1.5kmの部」。46人の男児が一斉にスタート。スタートから、周りがオーバーペース [続きを読む]
  • その男、リードピアニカにつき
  • 久し振りの、9歳長男の授業参観。「音楽の発表会」を鑑賞させてもらった。ソプラノ リコーダーの演奏では、リーダーとしてチームを牽引してくれた長男…そのあと、3クラスが交代で演奏する「となりのトトロ」では、全クラスの演奏を、なぜか長男が、たった一人のピアニカ奏者として、3クラス分 掛け持ち。演奏が始まると…コクのある ピアニカが、主旋律を軽快になぞり、抜群の存在感を放つ…うっ…親バカながら、琴線が震えた。知 [続きを読む]
  • 夢の表彰台
  • いよいよ本日、年に一度のメインイベント「山下マラソン」。地元の最速ランナーは一体…?出発前、今世紀一番、入念にストレッチをして臨んだ一同。ライバルがズラリと並ぶ中、2km、小学校低学年の部。(幼児も可)様々な思いが交錯する雰囲気の中、いよいよ、スタート!78名の子供達がどっと出発して、視界から消えていった。誰が最初に戻ってくるんだろう…1位の子から遅れること5秒後に、9歳長男が率いる 2位集団が登場。惜しく [続きを読む]
  • 決戦、前日
  • 地元の「山下マラソン」まで、いよいよ、あと1日…私達が毎月走る「よこはま月例マラソン」や、私が昨年参加した2つの「フルマラソン」などは、「知らない人達の中で走る」という環境下なので、わりと気軽に、自分の世界に入って、走りに集中することができる。だが、地元の「山下マラソン」は、「面識がある方々の中で走る」。愚息達のお友達、ご父兄、ご近所さんの目がある中で走るということは、少なからず、その走りや結果が評 [続きを読む]
  • 予行試合
  • 昨日の幼稚園の放課後…有志の幼稚園児たち約15名で、「5日後に迫った 山下マラソン」の予行試合を、してきた模様。日々 コツコツとトレーニングを重ねる、意志が強めのメンバーの集まりのようだ。6歳次男は、一年間 ずっと目標にしていたライバルの子に2秒差をつけてゴール。2kmを10:24 で、1位。(5:12/km ペース)まだ余裕があったらしいが、彼の今までの成績からすると、予想外の新記録。自己ベストを18秒更新 の 快走。毎月の [続きを読む]
  • 決戦は7日後
  • 照準の、地元の「山下マラソン」まで、ちょうど あと1週間…周りの同級生達も、日々、練習を重ね、愚息達も大きな刺激になっている。昨日は、本番と同じコースを、一同、予行のタイムトライアル。男三名、それぞれ「2kmの部」に出走予定。強風の中だったが、それぞれが、納得のいくタイムを叩き出し、仕上がりは順調。序盤のスピード、中間地点でのタイム考察、コーナリング、ラストスパートのポイント等、全員で共有した。その翌 [続きを読む]
  • 初めての賞品獲得
  • 気温が急降下する1月の第三日曜日、「よこはま月例マラソン」。1kmの部。新調した、お気に入りのランニングタイツを履いた6歳長男が、5:22。5〜6歳児 75人中 13位。私が5km、奥さんが10kmを走った後、3kmの部。9歳長男が、スタートから かなり無理をしたスピードで飛ばし、先頭集団のまま 強引に 300〜400mを走り抜いていたが…やはりスピード上げ過ぎで、中盤から ペースを乱しながらも、なんとか 13:06でゴール。一応、「10歳未 [続きを読む]