左桜のぶゆき さん プロフィール

  •  
左桜のぶゆきさん: 左桜の小粋なトス
ハンドル名左桜のぶゆき さん
ブログタイトル左桜の小粋なトス
ブログURLhttp://ameblo.jp/oobanb/
サイト紹介文〜 二十面相が残した 玉虫色の置き手紙 〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/11/03 11:07

左桜のぶゆき さんのブログ記事

  • あいつの分まで
  • 春の陽気の中、花粉をかわしながら走る、第3日曜日「よこはま月例マラソン」。1kmの部。6歳次男が700m地点付近で、残念ながら、周りのランナーと接触してしまい、転倒。新記録を目指して走っていた本人は、痛みと悔しさで、大泣き。周りと上手に距離をとる…これもランナーとして勉強だ。その無念を晴らすべく、9歳長男が、3kmの部で、12:24の新記録。自己ベストを23秒更新する快走。10歳未満男女の中で1位。但し、彼よりも速い「1 [続きを読む]
  • さよなら僕達の幼稚園
  • お世話になった 幼稚園、最後の日。6歳次男の卒園式。一人一人が卒園証書をしっかりともらい、皆で、お別れの言葉を斉唱。そして、「思い出のアルバム」の合唱。担任の先生の涙が止まらず、涙ぐむ子供達も。保護者も含め、会場の湿度は最高潮。そんな中、次男は、人一倍、激しく涙を流し、担任の先生から、特別に、背中をさすってもらう。男泣き…3年間、色々あったよね…今日は、感情のまま、思い切り、泣いていいんだ。その後の [続きを読む]
  • 最後のおべんとう
  • いよいよ、幼稚園、最後の週を迎える、6歳次男。4日後は、卒園式。そして、長男+次男の6年間、幼稚園の弁当をコツコツ作り続けてきた、奥さんの「キャラ弁当」も、今日で終止符。今まで、いろんなキャラクターをリクエストして作ってもらい、周りのお友達や先生に見せることを楽しみにしていた愚息達。「最後のお弁当は、何がいい?」次男は、「スヌーピーがいい」と言った。うちで、スヌーピーは、ほとんど見ていないはずだが? [続きを読む]
  • サーカス
  • サーカスを見に行ったのは、30年ぶりくらいだろうか…みなとみらいエリアに構える「木下サーカス」。自由席のチケットを頂けたので、良い席を取ろうと、家族で、朝から並ぶこと1時間…Nintendo 3DSを構えて、ワクワクしながら、時間が経つのを待つ愚息達…ようやく開場。空中ブランコ、狭い金網の中を高速で走るバイク、綱渡り、ジャグリング、ピエロの客さばき、ゾウやライオンの曲芸…その他にも色々あったが、皆、どれも素晴ら [続きを読む]
  • はじめての金メダル
  • 本日は、神奈川県大和市の「ゆとりの森マラソン」にプチ遠征試合。凍てつく冷気と強風の中、そびえ立つ 富士山から力をもらう。昨年のこの大会で、小学2年時に、「低学年の1.5kmの部」4位で、惜しくもメダルに一歩届かなかった、9歳長男。小学3年生にあがり、一応、優勝候補として、一年ぶりのスタートラインを踏みしめる。寒い中、「小学校低学年の1.5kmの部」。46人の男児が一斉にスタート。スタートから、周りがオーバーペース [続きを読む]
  • その男、リードピアニカにつき
  • 久し振りの、9歳長男の授業参観。「音楽の発表会」を鑑賞させてもらった。ソプラノ リコーダーの演奏では、リーダーとしてチームを牽引してくれた長男…そのあと、3クラスが交代で演奏する「となりのトトロ」では、全クラスの演奏を、なぜか長男が、たった一人のピアニカ奏者として、3クラス分 掛け持ち。演奏が始まると…コクのある ピアニカが、主旋律を軽快になぞり、抜群の存在感を放つ…うっ…親バカながら、琴線が震えた。知 [続きを読む]
  • 夢の表彰台
  • いよいよ本日、年に一度のメインイベント「山下マラソン」。地元の最速ランナーは一体…?出発前、今世紀一番、入念にストレッチをして臨んだ一同。ライバルがズラリと並ぶ中、2km、小学校低学年の部。(幼児も可)様々な思いが交錯する雰囲気の中、いよいよ、スタート!78名の子供達がどっと出発して、視界から消えていった。誰が最初に戻ってくるんだろう…1位の子から遅れること5秒後に、9歳長男が率いる 2位集団が登場。惜しく [続きを読む]
  • 決戦、前日
  • 地元の「山下マラソン」まで、いよいよ、あと1日…私達が毎月走る「よこはま月例マラソン」や、私が昨年参加した2つの「フルマラソン」などは、「知らない人達の中で走る」という環境下なので、わりと気軽に、自分の世界に入って、走りに集中することができる。だが、地元の「山下マラソン」は、「面識がある方々の中で走る」。愚息達のお友達、ご父兄、ご近所さんの目がある中で走るということは、少なからず、その走りや結果が評 [続きを読む]
  • 予行試合
  • 昨日の幼稚園の放課後…有志の幼稚園児たち約15名で、「5日後に迫った 山下マラソン」の予行試合を、してきた模様。日々 コツコツとトレーニングを重ねる、意志が強めのメンバーの集まりのようだ。6歳次男は、一年間 ずっと目標にしていたライバルの子に2秒差をつけてゴール。2kmを10:24 で、1位。(5:12/km ペース)まだ余裕があったらしいが、彼の今までの成績からすると、予想外の新記録。自己ベストを18秒更新 の 快走。毎月の [続きを読む]
  • 決戦は7日後
  • 照準の、地元の「山下マラソン」まで、ちょうど あと1週間…周りの同級生達も、日々、練習を重ね、愚息達も大きな刺激になっている。昨日は、本番と同じコースを、一同、予行のタイムトライアル。男三名、それぞれ「2kmの部」に出走予定。強風の中だったが、それぞれが、納得のいくタイムを叩き出し、仕上がりは順調。序盤のスピード、中間地点でのタイム考察、コーナリング、ラストスパートのポイント等、全員で共有した。その翌 [続きを読む]
  • 初めての賞品獲得
  • 気温が急降下する1月の第三日曜日、「よこはま月例マラソン」。1kmの部。新調した、お気に入りのランニングタイツを履いた6歳長男が、5:22。5〜6歳児 75人中 13位。私が5km、奥さんが10kmを走った後、3kmの部。9歳長男が、スタートから かなり無理をしたスピードで飛ばし、先頭集団のまま 強引に 300〜400mを走り抜いていたが…やはりスピード上げ過ぎで、中盤から ペースを乱しながらも、なんとか 13:06でゴール。一応、「10歳未 [続きを読む]
  • 早朝プラネタリウム
  • 朝5:20起床。9歳長男と、私とで、朝日が出る前の、真っ暗な中、早朝ラン。1月末の、地元の「山下マラソン」で、金メダルを狙う為、毎朝、早起きして 仕掛ける計画。朝5:40の、真っ暗な空の写真を撮る、長男。プラネタリウムみたいな満点の星空が、早起きの小学3年生を照らす中、軽めのジョグで身体を温めてから、疲労が残らない程度に 1kmインターバル走。キラリ!ん…シリウス?、プロキオン?、リゲル?…天体に うとい私だが、 [続きを読む]
  • 箱根駅伝と電撃ラン
  • 新年明けましておめでとうございます。跳ねる酉年…今年も、どうぞよろしくお願い致します。我が家の正月は、家内と私の それぞれの実家に訪問しながら、元旦のニューイヤー駅伝を見て、2日、3日の 箱根駅伝を見て、栄養を注入。毎年、私が購入している「箱根駅伝ガイド」を読みながら、9歳長男が、オールスター的なオーダーを選出。悪くない布陣で、なかなか趣深い。誤字だらけだが…そして、昨年に続き、箱根駅伝の往路をTV観戦 [続きを読む]
  • 冬のチェンジングマン
  • 第三日曜日「よこはま月例マラソン」。冬でも半袖半ズボンで幼稚園に通う 6歳次男は、1kmを5:25。5〜6歳の男女 75人中15位。努力次第で、まだまだ上に行けるぞ。8歳長男は、スタートから先頭に並び、勝負前の積極性や 顔付きもだいぶ変わってきた。3kmを、12:49。8〜9歳の男女 24人中…1位。自己ベストを、11秒更新! 見事!奥さんも、私も、自分なりのランを敢行。私は、ここのところフルマラソンが続き、最後のフルから2週間後で [続きを読む]
  • 写真
  • 次男の、入学前&七五三 を兼ねた 写真撮影。これから6年間お世話になるランドセルを持ち込んで。写真屋さんが、自然な流れ、自然な雰囲気づくりで、上手に撮影してくれた。撮影後は、ブロンコビリーで、肉を喰らい、お腹いっぱい。たくさんフラッシュを浴びた一日だった。 [続きを読む]
  • 6歳
  • 12月7日にて、次男、6歳に進化。誕生日プレゼントは、彼の希望通り、ランニング用の腕時計。丸々と太っていた頃が懐かしい。今は、身体がしぼられ、幼稚園のスポーツテストでは、各項目 トップクラスの記録をマークするまで身体が弾んできている。君らしく、優しい 素敵な時を刻んでくれ。おめでとう。 [続きを読む]
  • 湘南国際マラソン
  • スタート時刻から8時間前に、38℃を超えていた熱。そこから、解熱剤を使わずに、寝汗をかき、早い朝食を食べて代謝を上げ、36.8℃まで落としたのが、スタート5時間前。コンディションは良くはないが…ただ、これは…出場していいサインだ!早朝、会場に向かうまでが、とても寒く感じ、水筒のお湯を何度も飲んで、暖をとった。免疫力が低下している身体を 冷やしてはまずい。スタート地点には、林家たい平 氏や、河野太郎 氏が。い [続きを読む]
  • 調整日のサナギ達
  • 勤労感謝の日に、5.5km離れたレストランまで、坂を越えて、走った男3名。この、長い坂コース。次男がまだ3歳の頃。坂という 立ちはだかる壁に、涙を流し、必死で乗り越えようと、熱を注いだ 想い出のコース。そんな幼い時に、7kmを走破したことを思えば、なんともない!と強がりながら、ハードルを楽しんで走っていた兄弟。二人で切磋琢磨する、ランナー魂。ゴールの「ステーキ・ガスト」まで、勝手にスパートをかける 彼ら。二人 [続きを読む]
  • さいたま国際マラソン
  • 本日は「さいたま国際マラソン」。1年半ぶりのフルマラソンに出場。朝2時に目が覚めて、8歳長男の「ありがたい激励の置き手紙」を読んでいたら、眠れなくなり、早めに準備をして、さいたまへ。前回のようなガス欠を起こさないよう、昨日も、今朝も、奥さんに用意してもらった炭水化物を大量に摂取。レース序盤も、何かしらコンスタントに口に入れながら走る。全ては、終盤の脚力の為。前半は好調なペース。この調子なら、サブ4は固 [続きを読む]
  • スタート19時間前
  • 昨日は、はじめて、「さいたま新都心駅」に。11/13(日)の「第2回 さいたま国際マラソン」の事前受付の為、「さいたまスーパーアリーナ」へと足を進める。大会当日の混雑回避の為、前日に受付を行う大会が多くなってきた。Tシャツや計測チップをもらったり。コース解説と攻略の動画も流れていた。出場ランナー全員の名前が掲載されたボードも。 風邪が治っても、未だ寝汗を大量にかいている私…昨夜も大発汗だった。体調が悪 [続きを読む]
  • 高熱からのリハビリ
  • 得点王の5歳次男。私よりも、8歳長男よりも、数多くのシュートを決め、絶好調の仕上がり。いつの間にか、サッカーボールさばきも サマになってきた。私は、昨日、愚息たちと、いつものように公園でスポーツをした後、昼食をとったのだが、突然 ゾクゾクっとする寒気が…久し振りの感覚。その後、自宅でグッタリとダウン。自分の部屋にこもり、熱は39.5℃まで上昇。免疫力が弱り、久々に、強烈な苦痛にあえぐ。一週間後には、生涯2 [続きを読む]
  • 不滅の36500のマーチ
  • 不屈の祖母、100歳の誕生会。寿司屋で、ささやかにお祝い。奥さんの友人に染めてもらったポーチを、記念にプレゼント。芯が強く、スポーツ万能で、負けず嫌いの戦闘種族ながら、とても繊細な一面も。珍しく、おめかしした祖母が、久しぶりにビールを飲んで、元気に歌を披露してくれていた。5歳次男もマイクを握り、幼稚園で学んだ「大きな古時計」を歌っていたが、突然、うずくまり、泣き出した。 100年休まずに、チクタクチ [続きを読む]
  • 335段のマーチ
  • 横浜港のシンボル「横浜マリンタワー」。その106mのタワーを、エレベーターを使わずに、階段335段を駆け上がるイベントに家族で参加。ハロウィンの仮装も貸してもらって、記念撮影のサービス。さあ、一転して、無機質な鉄の中を、狭くて暗くて寒い中を、一同、登っていく。鉄格子の隙間から見える横浜港…上に上がるほど、階段から見える下の景色にスリルを感じる。心配した5歳次男も、転ばないように、ゆっくりと一歩ずつ確かな踏 [続きを読む]
  • ギリギリチャンプ
  • 第三日曜日、「よこはま月例マラソン」。涼しくなり、秋晴れのランニング日和。参加者も、とても多かった。15分前からスタート地点にスタンバイして、好位置を押さえた 用意周到な5歳次男は、1kmを5:25で、5歳以下89人中 はじめての2位。刺激を受けた私も、5kmを、自己ベストにあと5秒に迫るラン。3kmを走った奥さんは、なんと30歳代女性のトップでゴール。そして、 「新記録を出す!」と意気込んで臨んだ 8歳長男は、3kmを13 [続きを読む]