アメコガニ さん プロフィール

  •  
アメコガニさん: アメコガニのブログ2
ハンドル名アメコガニ さん
ブログタイトルアメコガニのブログ2
ブログURLhttp://kogani.blog.fc2.com/
サイト紹介文アメコガニの絵日記、アメコガニワールドの世界へようこそ! 日常世界から夢溢れる世界へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/11/03 11:21

アメコガニ さんのブログ記事

  • 記録的な降雨
  • 今日も雨8月に入ってから雨が続いている。7月の猛暑は何だったのだろう、と不思議に感じる8月の天気だ。降ったり止んだりでそんな感じがしないのだけど何十年ぶりかの記録的な降雨らしい。連日の雨で横町の辻々から運動場の広場まで、街はじとじと足下から吸う大気まで、隅々が雨水に満たされている。回りの草木は生き生きとしているように見えるけど、早くも農作物の冷害が心配されている 良いことは夜中に咳をしていた春香ちゃ [続きを読む]
  • 夕涼み
  • 暑くて、暑くて…ほぼ毎日死んでいる。郵便受けに入っていた封書を持って近くの城山公園に行った。一ヶ月前に受けた人間ドッグ検診センターの診断結果が来ていたのだ。水が勢いよく噴射している。今まで子供達が水遊びをしていたけど、今は誰もいない。静かですよ。台風が通り過ぎたけど、九州地方の甚大な被害に比べここでは雨量はたいしたことなかった。それどころか水が足りないよ。日本列島を平均的に降ってくれればいいのだけ [続きを読む]
  • 独りぼっちのノビタキ
  • 草原に輝くオレンジ。唯一の花は低木のツツジだろうか?花を求めてきたわけではないけど、その近く、枯木に辿り着いた夏羽のノビタキ。周りに聳える物は何もない。頭を垂れる独りぼっちのノビタキ。胸のオレンジが青空に映えます。オスだ!つらつら考えてみるに遠くまで来たもんだ。群れからはぐれてしまった。振り返っても誰もいない。これで一人で生きていく覚悟ができた。それでも遠くを見つめている。明日は明日の風が吹く。「 [続きを読む]
  • コサメビタキ
  • 滝のある森で夏鳥のコサメビタキを見つけた。初めての出合いだ滝を見に来たのだけどコサメビタキがいたのには吃驚した。帰ってからネットで調べて解った。目がつぶらでで可愛いです。夏の暑いのは嫌だけど夏鳥が飛来するのは嬉しいね何事も一長一短だよね。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 鮎釣りよりカルガモの赤ちゃん
  • 今朝も隠れたポイントに来たけど、鮎釣りはどうでもよくなった。だって目の前で生まれた、というか孵りました。まだホヤホヤ目が開いてるのか、開いてないのか、眠っている。釣れない鮎よりカルガモの赤ちゃんに目が釘付けになるちょっとずつ動いている。肝っ玉母ちゃんが砦のように守っている。何羽いるのだろう?9羽か…?母が動く。子が追いかける。よちよち地球の散歩。これから覚えることがたくさんある。先ず泳ぐこと、餌を [続きを読む]
  • ワタスゲとニュウナイスズメ
  • 初めての戦場ヶ原。思いっきり森林浴ワタスゲ(雀の毛槍)そしてニュウナイスズメ。♂♀ペアでいた。茶色い方が♂、薄い方が♀。虫を捕っている。馴染みのある普通のスズメは頬に黒い斑点がありますが、ニュウナイスズメにはありません。「ニュウ」というのは黒い斑点のことで、これがナイからニュウナイスズメというそうです。ここにもペアでいますね。オスは正面にいるけど、メスは左上のほうです。地味だから 分かりづらいです [続きを読む]
  • 巣立ちの季節①
  • 黒目川では見慣れない顔カワセミの幼鳥みたいだ。まだ羽毛がバサバサ頭の真後ろが白髪みたいだ。泣いている。オスですよね。なかなか飛ばないね。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 梅雨入り前の黒目川
  • 鮎釣り解禁4日目の晴れた日曜日。今年の鮎釣り前線はおおよその情報が伝わり、既に釣り人は疎らになった。黒目川では変わって家族ずれの網掬い。小エビだったら子供でも捕れる。釣り人いないからワンちゃん欣喜雀躍。水の上の散歩のほうが嬉しいみたいだ。脛までしかない水かさ。これなら小学生でも歩ける川遊び。これじゃ釣れないよ、と思っていたら魚籠が出ている。もしかしたら見せかけじゃないの?魚影を探すも?皆目……。カ [続きを読む]
  • 熱い田圃
  • 暑い!ここは忘れられた田圃、田植えのされていない放牧地。この解放区で自由奔放なキジのペアラブラブ。メスを追いかけるオス。コチドリ。ムクドリ。晴れた青空。アオサギの飛翔。カラス。私は今日も朝からチャリンコして駆けずり回った。額から汗が噴き出して目に沁みる。きっと2?は痩せたと思うにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黒目川のポピー
  • 歩いて黒目川のポピー畑まで来るとホッとする。散歩の疲れが一気にとれる。ここまで来ると誰でもが足を止めて魅入ってしまう。沿線の車内からだって、きっと見てるだろうと想像できる。嬉しいですね、花の種を蒔いた人たちの真心今日は珍しく曇天。関東がもうじき梅雨入り宣言をする。その前に撮っておこうと思った。まだ蕾も上を向いて、今まさに殻を割って咲こうとしている。こんなに鮮やかに目を潤しているのに、アゲハチョウは [続きを読む]
  • 暑気払いに野球観戦
  • 暑さを吹き飛ばすためにプロ野球ナイターを友達4人で見に行った。JR総武線千駄ヶ谷駅から歩いて約15分。国立競技場はまだまだだった。クレーンだらけで何もできてない。一時大いに揉めた新国立競技場のデザインは解決済みなのですかね。豊洲問題でそれどころじゃないのかな。ヤクルト側に到着。チケット販売。                        スワローズショップ  私たちは頂いた無料の招待チケット。去年も [続きを読む]
  • 母の日に思うこと
  • 5月14日は母の日だった。それで4日前に大福セットをネットショッピングで予約して甘いもの好きの母に送った。でも当日に品物が送り主の私の家に送られてきた?問い合わせてみると私が宛先を間違えていたらしい。結局自分で配達したのだけど、全然サプライズギフトにならなかった。母は今年8?歳になる。元気な3年前までは自転車に乗ってよく私の家の家庭菜園を手伝いに来た。煩いほどあれこれ指示してきた。でも2年前黒目川の遊 [続きを読む]
  • アユ釣りがそこまで
  • 黒目川が菜の花で真っ黄色になった。この後マルタがやって来て黒目川を赤く染め、その後稚アユが遡上してくる。楽しみだなー。黄色は散歩していて心をホットにしてくれる。キジががけたたましく鳴いていた。まだいるシメ。ガビチョウは煩いねー。これはわかんない?カケスだった。シャガ。ん〜ん、気温が高くなっていく。楽しみなアユ釣りの季節到来だ!にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ヒバリ
  • 田圃に水が入ったので見に行ってきた。もうじき田植えの季節なんだね。だからシギ科の野鳥が来てないか見にきたんだけどネ。働いている人にはブラブラして申し訳ないです。シギはいなかったけどカラスがいた。そしてあちこちでピーチクパーチク囀っていたのはヒバリ。土の中のミミズなんかを食べてるんだろうね。ヒバリの平均寿命は18年、最高寿命は30年だとネットに書いてあった。結構長生きなんだね〜。にほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • 八重桜とアトリ
  • 黒目川の八重桜が満開だビューティフル!本当にフワフワとオッパイのように柔らかそうだ。一つ一つに触ってみたくなる。それが所狭しと密集して咲いている。ソメイヨシノよりは絶対キレイだと思う。それに美味しそうだね私がぼんやりしてる間に散ってしまったけど枝垂桜よりもキレイだと思う。記憶は錆びてしまうから写真に撮るんだろうけど、いつまでも咲いていてほしい。昔はこんなにキレイだったと乙女の写真のように今は輝いて [続きを読む]
  • 朝のそぞろ歩き
  • 「菜種梅雨」とは、4月の菜の花が咲く頃に降る長雨。今がそういう季節。たまたま今日は傘のいらない散歩日和です。                  サクラに代わって辺り一面黄色に染めなおしています。菜の花に誘われて山菜摘みです。これは何かな?これは土筆。ツグミもそろそろ悩みの季節。ここはこんなにも平和なのにお隣の朝鮮半島は雲行きが怪しくなってきている。どうなっちゃうのか…にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • カタクリも…
  • サクラがやっと満開になったけど、忘れられたカタクリも日蔭で咲いていた。明日は雨の予想?サクラは散るのかカタクリは咲くのだろうか…?咲いて悲しいような、咲いて喜びに満ちているような、サクラとは違った味わいがあるね。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 小川のタカちゃん再会
  • 森の小川を散歩していた。野鳥のいなくなった森。そうしたら以前迷子だったタカちゃんに遭遇した。吃驚だ!なんと12日ぶりです。あれからどうなったのか気になっていた。今日は鷹匠と一緒だった。 仲良く遊んでいる。鷹の嬉々とした鳴き声が聞こえる。 傷が癒えて体調は万全のようだ。    タカちゃんは落ち着いた幸せな顔をしている。鷹匠とは無二の親友のようだ。鷹匠は20代の青年だった。この鷹ははアメリカンノスリだと [続きを読む]
  • レンジャクの尖兵
  • 公園に行った。駐車場にはたくさんの車が所狭しと並んでいた。今日は日曜日じゃないけどねひょっとして…ソメイヨシノやカタクリの花が咲く頃レンジャクがやってくるのだ。だからもしかしてと期待した!私が急いで駆けつけてみると大勢のカメラマンがたむろしていた。でも頭上のヤドリギの樹は?もぬけの殻、まだいないねー。それに実(ミ)もあまり生っていないみたいだ。しかし目をよーく凝らしてみるといたー朱いヒレンジャクだ [続きを読む]
  • 小川のタカちゃん
  • 散歩での小川のせせらぎは水の匂いを伴い気持ちのいい朝を迎えます。岸辺の若草も緑美しく春を楽しませてくれる。竹藪の遥か高い青空では、たぶんトンビだろうか?円を描いて飛んでいる。こんな長閑な風景の中で私は固まった。私の行く先の小川の外れに鷹が蹲(うづくま)っていた傷ついているみたいだ。よく見ると足環をしている。こちらに気づいても逃げない!どうしたのだ…?しばらくして朝の散歩の小父さんがやって来て、慌て [続きを読む]
  • 花と戯れる
  • 今は春と冬の分かれ目。三寒四温…朝晩は風が強く、昼は長閑でうららか。ダンコウバイも待ちきれず芽を吹きだした。アトリがホトケノザの若芽を啄んでいる。メジロもカワズザクラの花蜜を吸っている。春は第三コーナーを回って、あとは直線距離をまっしぐらにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ソメイヨシノを待つばかり
  • カワズザクラも散ってきた。早いね葉桜になっている。まだ先だけどソメイヨシノの開花が楽しみだ。同時に渡り鳥もいなくなってきている。ここにいるのはハクセキレイ。ヤマバト。スズメ。これが頬の白いニュウナイスズメだったらカッコイイんだけどね。この地域にはいないよね。アトリ。おまけでドバト。これではまとまりがないので蜘蛛寂しいねにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今日は啓蟄
  • 2017年3月5日の日曜日。久々に早起きした。寒くても、私もそろそろ冬眠から醒めなくてはそうだランニングをしよう!この人みたいに。デキないけど見てるとしたくなるんだよね。朝露だろうか、それとも朝霜だろうか?黄色い花。赤い葉。朝特訓。野鳥。今日は朝から天気が良さそうだから朝ご飯をいっぱい食べて元気に活動しよう!心臓が痛いなんていってられないよにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]