ピンキー さん プロフィール

  •  
ピンキーさん: ももはな日誌
ハンドル名ピンキー さん
ブログタイトルももはな日誌
ブログURLhttp://tukinomiya27.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヒーリング作家ももはなの、エッセイ、作品や、癒しのことを綴っています。
自由文ヒーリング作家ももはなです。
日常のこと、考えていること。
そして、移住したエッセイ、創作、作品を掲載しています。
見えない世界を愛してやまない
ありのままの自分を綴っていこうと思います。
どうぞ、仲良くしてくださいね^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/11/03 13:47

ピンキー さんのブログ記事

  • 穀雨
  • 24節季   穀雨春の雨がしみて、作物にいきわたる時期となりました。美しい自然の摂理の中で、24の季節を描いていきます。今回の作品さんは、切なし。楽しくデートするつもりが、わたしが、無理爺と、頑固でつっぱねてしまって、笑言葉の君との縁ご破算となってしまいました、笑たくさんやってきてくれたのに、ごめんなさいm(_ _)m絵の君だけが、滞在してくれました。次あうときは、もっと素直な自分でいれますように。また [続きを読む]
  • 藍の花育てます
  • 我が家の庭では、ハーブを植えています。サロンに来てくださった方には、出来る限り、フレッシュな手積みハーブティーでほっこりしてもらいたいと思って、お出ししています。何もなくても、ハーブティだけ飲みたい人もぜひ来てください。笑去年引越してきて、秋に植えたハーブたちが、冬を越して、いま、花をつけてきました。ローズマリー、ルッコラ、フェンネル、オレガノ、レモンバーム、タイム、ミントたち、セージ、ヤロウ、ラ [続きを読む]
  • 春の大喜利
  • 春分の作品、遅れましたが、アップしました^^;写真をとって何回もアップしようとしたのですが、そのたびに、すごくデブな写真になってしまい。縦と横のサイズが違うのかな?それも直したのですが、作品が、上下ひしゃげちゃったようになってしまったので、もう一度、天気のいい日に取り直しました。シャッターの光は入っちゃったのですが><※※※※※※さて、昨日は、24節季の穀雨でした。春の雨や霜など、天気がおちついて [続きを読む]
  • 春分
  • あなたの喜び咲かせよう。あなたの想いは、すべて虹となって、この世界を愛でみたしてゆくから喜びの花さかせようすべてのことは許されているのだから想い七色となって、あなたの虹をさかせよう喜びの花咲かせようあなたが咲かすすべての想いは喜び咲かせるこの世界の虹となるあなたの喜び咲かせようすべての色は、あなただけの虹となって、想い命の花咲かせすべての心は、あなただけの花となって、今日この世界に虹をかけるから。 [続きを読む]
  • 清明
  • あたらしい命まあるく たくさん ふえてゆく喜びに花をつけ美しさにいろどられあたらしく生まれるきみの愛の花たくさん咲かせてあたたかさにゆらめいて、うつむく日に涙して今日もゆれている愛しいきみの花もっと笑っていてほしい4月4日清明 [続きを読む]
  • 客観的にみつめる
  • 春になって、いろんな風をうけます。新しい物事がはじまったり、我が家でも、長男が小学一年生長女が保育園に入りました。怒涛のような準備、出席いろいろ潜り抜けて、やっと、学校いきよった〜〜と安心したけれど、いやいや、そこからの、さらなるプリント、提出物などなど。学童も通いだしたので、あれもして〜これもして〜連絡帳チェックして〜、あ!こんな時間!笑そこへ、長女、風邪!みたいな。笑そこへ、人からの頼まれごと [続きを読む]
  • 春の魔法
  • 暖かさと陽の光の美しさに、嬉しい時期。去年から住みはじめて、冬は、実験的に、植えた植物がどこまで越冬できるかと、ハウスや、家にいれずに、シートと藁だけで、がんばってもらった、その子たちが、全員元気に若返っている。嬉しくてたまらない。少し、よわよわしいけれど、若芽を覗かせている姿に、これから元気に咲いてゆくんだねと、自分の子供たちのようだった。新しく株を植えたりして、庭いじりしていると、風邪で保育園 [続きを読む]
  • 「何もしないこと」
  • すべての人は、そのままで美しいのです。自分の魅力に気づいていますか。※※※※※※※※※※※あなたの中にいる女神の存在を知っていますか女神とは、外側にいる大いなる精霊だけではなく個々人の中にも、大いなる魂の存在、女神性があります。誰でも、本当は、女神。女神の存在に気づくために自分をもっと高めるために、自己価値を認めるためにそして他者にそれをしらせるために今日、あなたがやるべき役割とは、何もしないこと [続きを読む]
  • 『心の声を大切に』
  • 人と比べることは、人生の中では、避けることできない重要なことです。あなたがどれほどの力があるのかがわかるからです。世界は、すべて一対。これを、一つ(ワンネス)と呼びます。怖れずに自分の力を使ってください。自分の心の声に従って。それを自分で許せないというときは、あなたが周りばかりみているからです。その寂しさは、心の毒。あなたの心の声もっと信用して。もう、すでにあなたの心は解き放たれているのですから。 [続きを読む]
  • 『自分を認める』
  • あなたであることを認めること過ぎ去ったことを振り返り振り返り誰しも後悔や過去の出来事を責めてしまうときは今を生かしきっていないときです。あなたから湧き出る純粋なパワーを認めてください。そして世に放つことをおそれずに。 [続きを読む]
  • 魂輝かせるには・・・
  • あなたが持って生まれた資質をおそれずに使い魂の声を全うすることです。命の声にみみすませば、解き放たれてゆきます焦りとは、十分に出し切っていないから起こるのです。命に終わりはありませんさらなる高みへと上るとき内なる光が輝きだすのです。(女神の言葉) [続きを読む]
  • 女神の言葉 1
  • 今日は、雨です。昨日は暖かくて、海にいって、半袖でも大丈夫な陽気でした。春うららかな日差しが恋しい空です。※※※※※※※※※※※※※地球は一つの船です。 陰と陽、プラスとマイナスで、一対良し悪しの判断を手放して元はひとつの大きな光魂は宇宙からの、さずかりもの選らばれしものたちによる、すべての器、肉体新しい命は、さらなる役割を果たすために命の灯火もやして、この船にやってきました過去のよる大きな後悔す [続きを読む]
  • 京都・鞍馬寺行ってきました!(その4)
  • その3の続き京都・鞍馬寺へ行ってきました。その3今回いったことで、感じたこと、メッセージは、別でお話します。鞍馬寺のこと、五月には、ウエサク祭りというのがあって、これは、毎年満月の日に行われます。そこでは、地底都市である、シャンバラの入り口が開くといわれています。まだ行ったことがないのですが。シャンバラというのは、先駆文明の人たちが逃げ延びた場所であるとも言われています。シャスタ、マチュピチュなど [続きを読む]
  • 京都・鞍馬寺行ってきました!(その3)
  • その2の続き京都・鞍馬寺に行ってきました。その2鞍馬口から上ると、観光客がたくさんいて、どんな想いできたのだろうというのが、千差万別で、正直グッタリしました。わたしは、耳が、敏感なので、耳栓をして、登りました、笑あんまり人の声をききたくなかったのです。そして、ゆっくり対話したかったからです。本殿までは、たくさんの人がいました。けれど、そこから先の道のりは、慎みながら騒ぐことなくお願いしますという張 [続きを読む]
  • 京都・鞍馬寺行ってきました!(その2)
  • その1の続き京都・鞍馬寺いってきました!その1わたし自身、鞍馬寺は、数年前に存在をしってから、行きたい!と思ったところであり、どうして行きたいか?といわれると、書きつくせないほどあるので、笑今回は、簡潔に、次回機会があれば、もう少し書こうと思います。まず、このサナトクマラ。こうして、人間ではない、金星からやってきたといわれる魔王をご本尊にするなんて、ファンキーだなと思ったのでした。普通は、その土地 [続きを読む]
  • 京都・鞍馬寺行ってきました!(その1)
  • ずいぶん、ご無沙汰しました。久しぶりのブログです^^冬の間、作品を作ったり、いろんなことの見つめなおしをしたり、旅にでかけたり、子供たちの、卒園、入園、入学と準備もあったりとどうしても、手が話せませんでした^^笑これからは、無理のないように、ちょっとずつ書いていきたいと思います。※※※※※※※※※※さて、今日は、旅行のことから。先日、石川、京都、滋賀、富山と旅をし、京都、鞍馬寺にいってまいりました [続きを読む]
  • 天使のささやき
  • 疲れているときは、あなたがやすめるだけの部屋を用意しているよ。あなたが泣いているときは、その涙を人にみられないようにかくせる扉を用意するよ。ぜんぶ、がんばっているあなたのことを知っているから。そんなあなたと友にあることを知ってもらいたいからいつもあなたのそばにいてあなたの苦しみ、かなしみが一人のものじゃないことを知って欲しいからいつだって、あなたが望むものをこうして用意しているよ。だから一人だと想 [続きを読む]
  • 魂の御船
  • 暖かい日が続いています。今日は、雨です。最近、他にかまけてずいぶんいろんなことをさぼっていたように想いますがすると、人はやはり自分の進んでいる場所に引き戻されるイベントがやってくるようです^^笑使命や、いろんなやるべきことというのは、実は、神や天に与えられているものというよりも、自分が決めて行いたい、そうしたいと想ったことを、天や天使たちが味方して応援してくれているのかもしれないなと感じています。 [続きを読む]
  • 育児エッセイ 『せりふ』
  • ココは、物心ついたときから、保育所の担任の先生や、わたしの友達なんかからも、よく感受性が豊かで、と言われることが多い。そして、それゆえか、ココの感受性の豊かさによる特技の一つに映画やアニメとか、(うちはテレビがないため主にdvd)で聞いたセリフや場面を一人演出するっていう(クセ)がある。しかも、それは、本人無意識の状態で、一人遊びをしているときにいきなり始まる。なんの前触れもセリフもなく「俺がぶっ [続きを読む]
  • 高次元アチューメントの感想
  • すっかり我が家は風邪をひいております、今日この頃。先週末、新しく、ヒーリングのワークを受けておりました。いままでのヒーリングと違ったエネルギーのワークで、しかもかなり強いと聞いていたので、どんなものかなと想って受けました。エネルギーのアチューメントです。ファシリテーターさん(先生)から、好転反応のことを聞いたり、どんなものかという話を聞いて、誘導瞑想の形で挑んだのですが。イメージはありありと浮かび [続きを読む]
  • あなたを縛るもの
  • あなたは本当は、何者ですか?あなたを縛っているものは、何ですか?心の重荷をといて、前へ進もうとするとき、必ず、あなたには、幸せになれるという確かな約束がされているというのに、まだ、自分を許せず立ち止まろうとするのですか?あなたを縛っているものは、何もないのです。答えは、明確に出ているのです。何かを探して、あなた自身を疑う旅から、もう脱却しましょう。心の声に耳を傾けましょう。自信と勇気の声に、耳を傾 [続きを読む]
  • 育児エッセイ 『女子』
  • 四歳後半になったころからだろうか。ココが、わたしに女子を求めてくるようになった。ちょくちょく「ナナ、そのスカートとそのお洋服かわいい」とかいろいろ言ってくるのだが、たまに「ナナ、胸のところ、おっぱいが他の人に見られちゃうわないようにね」とか「ナナ、それだとスカートが短くて、パンツ見られちゃうんじゃない?」とか「ナナ、いま汚い食べ方してたよ」「ナナ、鼻水でてるよ」とか、なんだか、いろんなことをチェッ [続きを読む]
  • 育児エッセイ 『ご飯作らなくていいよ』
  • 娘ハナを妊娠中のときのこと。妊娠八ヶ月を過ぎたあたりから、暑かったり(沖縄なので余計)だるかったりして、ご飯を作るのが適当になっていった。自分だけの食事なら、適当に済ます。それも、ココとの食事も、なおざりになっていった。作りたくないな〜という気持ちが通じてか、ココが、「ナナ、ご飯は、作りたくなかったら、作らなくていいし、無理しなくていいんだよ」と、とっても優しい言葉をかけてくれるようになった。なん [続きを読む]
  • 愛されるの詞
  • ★愛されていないと思うとき★愛されていないと思うときは、どこかで、自分のことを低くみてしまっているときです。あなたが、行うことの中で、そのすばらしさを知るのは、あなたが、ほほえみ、喜んでいるときです。あなたは、愛されていないのではなく、自分のすばらしさに、臆病になっているだけなのです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • クンダリーニレイキのこと
  • クンダリーニレイキとは、Ole Gabrielsen氏が創始者となってもたらされました。このレイキでできることは、空間や場所、状態、性質を癒し、それを過去のもの、現在のもの、時空を越えて癒すことができるものです。よく言われるのが、クンダリーニレイキのファーストは、臼井レイキのサードやマスターと同レベルであり体感が強いレイキとしても有名です。クンダリーニレイキには以下が含まれます。クリスタリンレイキ:トラウマや心 [続きを読む]