doctor さん プロフィール

  •  
doctorさん: 全国の名医・専門医まとめ
ハンドル名doctor さん
ブログタイトル全国の名医・専門医まとめ
ブログURLhttp://doctor110.com/
サイト紹介文全国の名医と呼ばれるスーパードクターをご紹介します。
自由文最近の健康ブームもあり、メディア等で名医と呼ばれるドクターがよく取り上げられるようになりました。もし自分や家族ががんや大病を患った時、医師の選択は最も重視したい所ではないでしょうか?そこで当サイトでは全国の名医と呼ばれるドクターをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/11/03 15:37

doctor さんのブログ記事

  • 腰痛・椎間板ヘルニアの名医・専門医42名
  • 国内では国民の10人に1人が腰痛を持っている言われており、神経を圧迫した痛みや痺れ(しびれ)を伴うのが腰椎椎間板ヘルニアになります。国内における椎間板ヘルニアの患者数は、じつに100万人を超えると考えられています。腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状は、言わずと知れた腰の痛みになります。さらにお尻から足にかけての坐骨神経痛なども多く見られます。坐骨神経痛とは、腰から足先にかけて神経が圧迫されるために腰 [続きを読む]
  • 白血病・悪性リンパ腫の名医・専門医43名
  • 白血病は血液のがんと言われることでも有名ですが、白血病と一口でいってもその分類は複雑で様々な種類があります。白血病は末梢血液中や骨髄でがん細胞が増えるのが特徴ですが、同じ血液の病気である悪性リンパ腫では「しこり」が発症するという特徴があります。それぞれタイプによって治療方法が全く変わってきますので、どの白血病なのかを確認しなければなりません。国内における白血病の発症率は年々増加傾向にあり、年間10 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎の名医・専門医38名
  • 少し前までアトピー性皮膚炎と言えば、乳幼児期に発症して成人前には自然治癒する病気と言われてきました。しかし、最近では一時的に症状が治まったアトピー性皮膚炎が成人後に再び現れるケースや、成人になっても症状が良くならない場合が増えています。患者さんの中には成人してから初めてアトピー性皮膚炎の症状が現れる人もいます。このような状況から厚生労働省の疾病調査によると、20歳以下では10人1人、40〜60歳代 [続きを読む]
  • 小児外科の名医・専門医24名
  • 小児外科では、新生児・未熟児をはじめとする子供の病気を専門に扱う科になります。子供は大人とは違って小さな体となる為、大人と同じ治療方法・手術では子供は行えません。体の臓器(肺・腎臓・肝臓など)が発育が未発達となり、年齢を重ねるにつれて発育していく子供の特性をよく知った上で、薬や手術を決めなければなりません。このように大人とは違う子供の特徴をよく知る専門医が必要なことから小児外科があります。ここでは [続きを読む]
  • てんかんの名医・専門医22名
  • ニュースで取り上げられたことが切っ掛けで認知度が高まったてんかん。てんかんとは突然に発作を起こし、意識がなくなる病気ですが、原因や症状は人によって異なります。国内の患者数は60〜100万人にも上り、かなり身近な病気のひとつと言えます。発症年齢は幅広く、子供から高齢者まで発病する可能性がある病気です。このてんかん発作とは、一部の脳神経細胞が一時的に通常とは異なる電気活動を発することで生じる病気です。てん [続きを読む]
  • 不整脈の名医・専門医30名
  • 不整脈とは心臓が収縮を繰り返し、血液を送り出す回数やリズムが一定でない状態のことを指します。心臓は筋肉のかたまりと言われますが、心臓の心筋という筋肉には電気が流れ、日々リズムよく動いています。このときに何かしらの原因によって電気が発生しなかったり、うまく伝わらなくなるなど、洞房結節から心筋にうまく電気が流れない状態になることで、心臓の収縮リズムや回数が乱れ、不整脈が発生するのです。不整脈の原因とし [続きを読む]
  • 不妊症治療の名医・専門医31名
  • 意外にも世界で日本は有数の不妊大国となり、不妊症カップルは今なお増加傾向にあります。この不妊症の増加が社会問題となり、少子高齢化にも繋がってくると考えられています。国内においては、じつに男女カップルの約6組に1組が不妊症の問題をかかえており、実際に不妊症の治療を受けているカップルは46万人以上(厚生労働省調べ)にも上ります。最近では世間的に不妊治療の知られてきており、積極的に検査を受けられるカップ [続きを読む]
  • 子宮内膜症・子宮筋腫の名医・専門医34名
  • 国内で月経のある女性の10人に1人の割合で子宮内膜症があると言われ、とくに20歳〜40歳代に多く、現在治療を受けている人は12万人以上、さらに潜在患者数は200万人を超えると推定されています。また子宮筋腫においては、子宮の筋肉にできる腫瘍(ほとんどが良性)で国内の婦人科では最も患者数が多いとされています。月経のある女性の約20〜30%(4人1人)に発症し、30歳代〜40歳代の発症率のピークとなって [続きを読む]
  • 子宮内膜症・子宮筋腫の名医・専門医34名
  • 国内で月経のある女性の10人に1人の割合で子宮内膜症があると言われ、とくに20歳〜40歳代に多く、現在治療を受けている人は12万人以上、さらに潜在患者数は200万人を超えると推定されています。また子宮筋腫においては、子宮の筋肉にできる腫瘍(ほとんどが良性)で国内の婦人科では最も患者数が多いとされています。月経のある女性の約20〜30%(4人1人)に発症し、30歳代〜40歳代の発症率のピークとなって [続きを読む]
  • 認知症の名医・専門医31名
  • 現在、国内における認知症の患者数は462万人(2015年・厚生労働省調べ)に上り、じつに65歳以上の高齢者の7人に1人となる。さらに高齢社会に突入している日本は、2025年には約1.5倍の700万人(5人に1人の計算)を超えると推計値を厚生労働が発表している。そもそも認知症という病気は65歳以上の高齢者に限ったものではなく、働き盛りの40代・50代で発症する若年性認知症が増加傾向にあり、問題となっ [続きを読む]
  • 胆道がんの名医・専門医26名
  • 肝臓から分泌される胆汁(消化液)の通り道(胆管と胆のう)に発生するのが胆道がんになります。また「がん」が発生する場所によって呼び方が変わり、胆管がん、胆嚢がん、十二指腸乳頭部がんがあります。世界では比較的に日本人に多い「がん」の一つで、がんの種類別では6番目に死亡者数が多くなっています。国内の胆道がん患者数は増加傾向にあり、年間では約2万3000人が胆道がんと診断され、その内の約1万8000人が亡くなってい [続きを読む]
  • 甲状腺がんの名医・専門医20名
  • 甲状腺がんの男女比では男性1:女性3と女性に多いのが特徴で各がんの中では約1%程になります。甲状腺がんの患者数は増加傾向にあり、年間の罹患者数は17,900人(2014年度国立がん研究センター調べ)と報告されています。甲状腺がんの発症ピークは60〜64歳が発症となり、30歳以降から増えはじめます。他のがんとは違い、甲状腺がんでは若い人の方が治療後の経過は良好になります。また甲状腺疾患では、首元(喉付近)腫瘍(しこり) [続きを読む]
  • 前立腺がんの名医・専門医43名
  • 国内の前立腺がんは、肺がん、胃がん、大腸がんに続いて4番目に患者数が多くなります。もともと欧米に患者数が多く、前立腺がんは肺がんに続いて2番目となっています。また日本では前立腺がんの増加率が非常に激しく、1975年には年間2,000人程度だった患者数が、2006年には4万人以上と急速に増え続けており、2025年には肺がんを抜いて第1位になるのではと予想されています。前立腺がんの発症年齢は65歳以上から増加傾向にあり、 [続きを読む]
  • 膀胱がんの名医・専門医20名
  • 尿路がん(腎盂、尿管、膀胱)の中でも膀胱がんは患者数が最も多く、尿路がん全体の約半数を占めています。国内の膀胱がん発症率は男女ともに60歳以降から増加傾向にあり、女性より男性のほうが罹患率が高く約3〜4倍にもなります。膀胱がんは早期から症状が出やすいので早期の発見率が高く、比較的に死亡率の低いがんだといえます。また膀胱がんの種類は大きく3タイプに分けられ、乳頭がん、非乳頭がん、上皮内がんがあり、それぞ [続きを読む]
  • 膵臓がんの名医・専門医22名
  • 国内では、膵臓がん(膵がん)で毎年3万人以上の方が亡くなくなられています。罹患率を年齢別にみると60歳ごろから増加し、高齢になるほど高くなり、膵がん全体としては緩やかに増える傾向にあります。女性より男性の方が死亡率が高く、女性の約1.6倍になります。膵臓は後腹膜臓器(お腹の奥)であるため、早期発見が難しく、消化器系では最も予後の悪いがんとなります。さらに膵がんは悪性度が高く、2cm以下の小さいがんであ [続きを読む]
  • 肝臓がんの名医・専門医64名
  • がんの中でも死亡率と罹患率が年々減少傾向にある肝臓がん(肝がん)。肝がんの男女別の死亡率は男性が4位、女性は6位となっています。(2013がん情報サービス調べ)肝臓は人体の中では最大の臓器となり、主に血液をろ過して有害物質を取り除き、それを便として体外に排泄したり、食物の消化を助ける機能や、グリコーゲンを貯蔵する働きなどを担っています。そんな肝臓がんは、原発性肝がんと転移性肝がんに分けられ、転移性 [続きを読む]
  • a
  • 医師名病院名コメント地域一瀬幸人九州がんセンター九州がんセンター呼吸器腫瘍科腫瘍情報研究部長。呼吸器外科・化学療法を専門とする名医。福岡県岩崎明憲福岡大学病院福岡大学病院日本胸部外科学会認定指導医。がん治療認定医。福岡県白日高歩福西会病院医療法人福西会病院。肺癌診断、手術おとび抗がん剤治療、自然気胸に対する内視鏡した手術の名医。福岡県杉尾賢二大分大学医学部附属病院呼吸器悪性腫瘍について先端的な治療 [続きを読む]
  • a
  • 医師名病院名コメント地域一瀬幸人九州がんセンター九州がんセンター呼吸器腫瘍科腫瘍情報研究部長。呼吸器外科・化学療法を専門とする名医。福岡県岩崎明憲福岡大学病院福岡大学病院日本胸部外科学会認定指導医。がん治療認定医。福岡県白日高歩福西会病院医療法人福西会病院。肺癌診断、手術おとび抗がん剤治療、自然気胸に対する内視鏡した手術の名医。福岡県杉尾賢二大分大学医学部附属病院呼吸器悪性腫瘍について先端的な治療 [続きを読む]
  • 中耳炎治療の最前線
  • 中耳炎という病気を知っていますか?生後半年から2歳くらいまでが発症のピークで幼稚園児くらいの歳まで非常に多い病気になります。これは子供の耳は未発達であるために細菌などが侵入しやすく、中耳炎にかかりやすいという理由からです。また、風邪など喉や鼻に症状が出る病気の時に特にかかりやすくなります。子供に比べると大人は中耳炎にかかりにくいと言われていますが、稀にかかると症状が酷くなることがあります。一口に中 [続きを読む]
  • 慢性副鼻腔炎・蓄膿症治療の最前線
  • 皆さんは慢性副鼻腔炎という病気を聞いたことがありますか?蓄膿症(ちくのうしょう)という方が馴染みがあるかもしれません。風邪などによる急性副鼻腔炎が慢性化し、炎症によって生じた膿が溜まってしまう状態を指します。放置すれば膿により、鼻の粘膜が腫れて鼻茸と呼ばれるポリープができてしまいます。症状はアレルギー性鼻炎とよく似ていますが、鼻がムズムズしてくしゃみが出たりすることはありません。その違いから区別は [続きを読む]
  • 花粉症治療の最前線
  • 春や秋になると花粉症で苦しい思いをされてる方をよく見かけます。昔は花粉症じゃなかったのに突然花粉症デビューしたという人も多いのではないでしょうか。今回は花粉症治療について詳しく解説します。 花粉症の初期治療花粉が飛び、花粉症の症状が酷くなってしまってから治療を始めるのは回復するまでに時間がかかります。そこでここ数年増えているのが初期治療と呼ばれる治療法です。この治療法は花粉が飛び始める前から、 [続きを読む]
  • 不眠症治療の最前線
  • 疲れているのになかなか寝付くことができなかったり、眠っても早い時間に目が覚めてしまいその後寝付けなくなってしまったり、そんな経験は誰でも一度はあるかもしれません。例えば、身内に不幸があったり、旅行先であったり、いつもと違う環境の中だと多いかもしれませんね。しかし、そんな眠りに関する不調が1ヵ月以上続いたら不眠症かもしれません。現代は朝起きて、夜眠るという生活のリズムが崩れている人も多く、不眠の症状 [続きを読む]
  • パニック障害治療の最前線
  • 皆さんはパニック障害という言葉を聞いたことがありますか?突然めまいや震え、過呼吸などの症状が起こり、発作が始まった頃は、症状も軽いので軽視してしまいがちですが、放っておくと症状は次第に悪化してしまいます。そして、また起こるかもしれないと不安になってしまう予期不安などが起こるようになると日常生活にも支障をきたすようになります。よくあるのが出勤途中に過呼吸発作が起こり、道で意識を失ってしまったり、スト [続きを読む]
  • こんな医師はダメ!まとめ
  • 初診・問診で手抜きする医師初診・問診時に患者からじっくり話しを聞いて、聴診や触診などをするのが通常です。しかし、咳をしているのにノドを見ない、聴診器を当てない、手を触れないで直ぐに検査に回すなど、これは完全な手抜きですね。呼吸器やお腹などの症状では、腹部を触ったり、胸に聴診器を当てるという行為は医師の基本中の基本です。 自分の意見を言わない医師医師から病気に対しての各治療法を説明を受けた後、直 [続きを読む]
  • こんな医師はダメ!まとめ
  • 初診・問診で手抜きする医師初診・問診時に患者からじっくり話しを聞いて、聴診や触診などをするのが通常です。しかし、咳をしているのにノドを見ない、聴診器を当てない、手を触れないで直ぐに検査に回すなど、これは完全な手抜きですね。呼吸器やお腹などの症状では、腹部を触ったり、胸に聴診器を当てるという行為は医師の基本中の基本です。 自分の意見を言わない医師医師から病気に対しての各治療法を説明を受けた後、直 [続きを読む]