タカノゾミカナ さん プロフィール

  •  
タカノゾミカナさん: 関西カスタマイズ中学受験〜最難関にはこだわらない!
ハンドル名タカノゾミカナ さん
ブログタイトル関西カスタマイズ中学受験〜最難関にはこだわらない!
ブログURLhttp://iitokodor.exblog.jp/
サイト紹介文塾も模試も教材も、必要な時に、必要な分だけ。Z会と市販教材中心で中学受験に挑戦→合格しました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/11/08 14:41

タカノゾミカナ さんのブログ記事

  • オススメ番組「Jayの英語モチベーションブースター」前編
  • ここには初めて書くような気がしますが、私(つむぎの母)はポッドキャストを聴くのが趣味です。通勤途中や家事をしている時(洗濯物を干したり、お皿を洗ったり)など、「じっくり椅子に座っていることができない時間」には、ほとんどiPhoneでポッドキャストを聴いています。テレビや本などを見てしまうと手が止まってしまいますし、その場から動くことができません。その点「耳」は作業中も「あいてい... [続きを読む]
  • タフであること
  • 以前も書かせていただきましたが、つむぎは受験直前の12月まで、テニスを習っていました。テニスをはじめたのは、学童保育が終了して身体を動かす機会が激減することを危惧してのことで、つむぎの体力づくりが目的でした。プロのコーチからしっかりレッスンを受けることで上達もしましたし、週1回ですがヘトヘトになるまで身体を動かすことで、息抜きや受験勉強のストレス解消につながっていたと思います。現在... [続きを読む]
  • Z会 夏のキャンペーン(通信教育)
  • ご存知の方も多いかもしれませんが、Z会のホームページで見つけた情報を掲載しておきます。現在、Z会では、期間限定で「夏の通信教育資料請求キャンペーン」を実施しています。期間は2017年8月31日まで。中学受験コース小学校5年生・6年生コースの資料請求者には、「最難関中学を目指すなら知っておくべき7つの極意」という情報誌を数量限定でプレゼント。中学受験コース小学校3年生・4年生... [続きを読む]
  • 父のこと 〜子供の頃を振り返る〜
  • 注:今日は私(つむぎの母)の話です。興味のない方は飛ばしてください。先月は数日間、実家で暮らす機会がありました。私の実家の用事だったので、仕事のある彼(つむぎの父)と学校があるつむぎは、関西で通常どおりの生活です。(なかなかブログを更新できず、大変失礼いたしました)久々に両親とともに実家で寝起きしていると、子供の頃のことをたくさん思い出しました。特に、父との会話です。父は教科... [続きを読む]
  • ★番外編★あっという間に親を超えていく
  • 月末の最終日は「番外編」。今日は、検定試験についてまとめます。おそらく多くの私立中学では、検定試験を受けることを推奨されると思います。つむぎの学校では「英検」と「漢字検定」は全員受けるようにと言われています。中高一貫校のメリットを最大限に生かし、大学受験の勉強が本格的に始まる前の中学生のうちに、受かるところまでがんばってとってしまおうというわけです。以前のブログにも書きましたが、... [続きを読む]
  • 予想外だったこと:その4 宿題の量
  • 中学に入ってから想定外で驚いたこと、の記事を続けます。つむぎの生活をみていて驚くのは、宿題の量です。他校のことはわかりませんが、中学生のうちからこんなにたくさん勉強しなければいけないの?とびっくりするくらいの量が出ているようです。(他のお母様からの情報によると・・・)学校のカラーなのかもしれませんが、つむぎの学校は先生方がとても熱心で、そして、やや心配性なところがあるのかもしれな... [続きを読む]
  • 予想外だったこと:その3 親が学校に行く頻度
  • 中学に入ってから想定外で驚いたこと、の記事を続けます。前々回のブログ「自習室はガンガン使う」←タイトル でリンクしますのコメント欄で、読者のかめさんが「中学に月一程度伺う機会もあり・・・」と書いてくださっていましたが、つむぎの学校の場合、保護者が学校に行く機会はほとんどありません。公立小学校に通っていた頃は、参観日や行事などで毎月のように学校に行っていたので、この「学... [続きを読む]
  • 予想外だったこと:その2 もう塾を検討?
  • 中学に入ってから想定外で驚いたこと、の記事を続けます。中学受験の頃、「私立の中学ならば、学校がしっかり大学受験に向けた教育してくださるはずだから、しばらくは塾に通わずに済むんだろうな〜」とぼんやりと考えていました。中高一貫校の場合、高校受験もないわけですし、塾はもうちょっとあとでいい。それよりも、今までできなかった部活や習いごと、読書や料理などの趣味に、時間をたっぷり使わせてあ... [続きを読む]
  • 予想外だったこと:その1 先生方について
  • 2017年 06月 07日の記事「自習室はガンガン使う」のコメント欄にて、読者さんのかめさんより「つむぎさんの学校で、予想外だったことはありますか?」という質問をいただきました。ありがとうございます。ここからしばらく、このお題で書いてみたいと思います。ーーーーーーーーーーー入学して、まず最初に驚いたのが「先生方の年齢」です。入学式のあと、学年を担当してくださる先生方... [続きを読む]
  • 自習室はガンガン使う
  • 自宅はテレビやゲーム、漫画、パソコンや家族の会話など、誘惑が多いところです。そのため、勉強するのに集中しにくいということならば、塾の自習室などを使って勉強することをお勧めします。Z会の教室の場合、毎日どこかが自習室として用意されていて(空き教室)、大学受験を目指す高校生・浪人生から、つむぎたち中学受験を目指す小学生まで、さまざまな学年の児童・生徒さんが勉強しています。場合によっては... [続きを読む]
  • 2月を逃したら
  • 中学受験の塾や通信講座は、新学年は2月にスタートします。いかがですか?順調についていけていますか?自宅でがんばっておられる方の中には、やっぱり塾を利用しようかなと思い始めた方もいらっしゃるかもしれませんね。また、現在の塾があまりあっていないような気がして、転塾を考え始めるということもあると思います。学年の途中で塾に合流するということは、お子さんの性格により大変さが左右するようです... [続きを読む]
  • 子供同士の横のつながりをどう考えるか? その2
  • つむぎが小学生だった時よりも、さらに子供達の生活に入り込んでいるなと思うのがスマホや携帯電話。これらはもう、子供たちの生活から切り離せないものになりつつあると感じます。つむぎは中3現在、まだスマホをもたせていないのですが(ガラケー派。友達との連絡はEメール。その他のやりたいことは、私と共通のパソコンやタブレットを使ってもらっています)、まわりはスマホばかりでSNSもガンガンやっているみ... [続きを読む]
  • 子供同士の横のつながりをどう考えるか? その1
  • つむぎは平日、学校から帰ると、彼(つむぎの父)が「今日やっておくべき課題」をノートに書き出したものを見てひとつひとつつぶしていく(完了させていく)という形で自宅学習を進めていました。これはつむぎが塾に行かなくても、自宅でしっかりと勉強できるタイプだったから、というわけではありません。(そうであれば、Z会の通信教育を始めたばかりの頃、うまく進められなくてずるずると遅れをとったりしませんも... [続きを読む]
  • シリーズものでもちゃんと選ぶ
  • 今日は市販教材の話。先日、つむぎが中学受験のときに使っていた市販教材をようやく処分しました。あまり使わなかった教材から少しずつ手放していましたが、何度もなんども解いたものは情がうつっていたので捨てられず、中3の今になるまで保管していました。最後に残ったものは、「合格トレインシリーズ」  「らくらくシリーズ」  「近畿の中学入試シリーズ」   などなど。画像のも... [続きを読む]
  • これまでの常識が通じない
  • 今日は私の雑感を短めに。つむぎたちの学年から大学入試センター試験が廃止され、新テストに移行されるわけですが、小出しに発表される内容にハラハラドキドキしている状況です。英語が重視され、記述問題がかなり増える。グラフの読み解きなどの能力も必要となる。これはわかっているものの、どう対策していったらいいのでしょうか。中学の定期テストは、これまでどおり知識を問う問題ですが、これだけやって... [続きを読む]
  • 好きな教科はどんどん変わる
  • はじめは算数、学年が上がるにつれ、理科で苦戦するようになったつむぎ。理科は大得意とまではいきませんでしたが合格ラインは超えていましたし、なにより数学が入試の得点源になったのは意外でした。彼(つむぎの父)の指導は明快で、理解できていない教科は「課題の量」を増やします。難しい問題をたくさんやらせても、苦手意識を植え付けるだけで意味がないので、「テキストのこの部分を、声を出して読む」... [続きを読む]
  • ★番外編★だんだん模試が増えていく
  • 月末の最終日は「番外編」。今日は、私立中学3年生までの学習について、少し記録しておこうと思います。私立中学というところは、学習の進度が早いということはもちろん承知していましたが、なるほど確かにそうだなあと思います。すでに高校の単元に入っているところもあり、「本当に大変なんだからー」とつむぎ本人はプンプンしています。けれど、それは学習の進度が早いことについて文句があるというよりも... [続きを読む]
  • 作文 得意な魔法
  • つむぎ本人いわく「作文を書かなきゃいけない時は、正直、面倒だなと思ってる」とのこと。わかりますよー。アイデアをひねり出すのってけっこう大変。時間もかかるし、推敲もしなきゃいけないし、なかなかの重作業ですよね。つむぎは小学校の担任の先生が、いつもとても素晴らしい方ばかりで、「担任運」はある模様です。中でも小2の時の担任の先生が、当時のつむぎが書いた作文をとても気に入ってくださっ... [続きを読む]
  • ライバルになりえないから気がラク。
  • Z会の教室に通っていたとはいえ、その勉強時間のほとんどが「自宅中心」だったつむぎ。Z会に限らず通信教育や市販教材を中心に受験対策をしていこうとすると、ライバルが見えない環境ゆえのいいこと、悪いこと、両方があるような気がします。つむぎは4年生の頃、自分が中学受験を考えていることは絶対に友達に言いたくない、という考えでした。落ちたら恥ずかしいというのがその理由でしたが、ライバル視され... [続きを読む]
  • 本を読む意義 〜林真理子さんの話から〜
  • 先日、林真理子さんのお話に触れる機会がありました。その中で「読書の意義」について語られていましたので、少しだけご紹介します。『本を読む方というのは 語彙が豊富で、 人の心に非常に添うことができる人ではないかと思います。 そして、魅力がある。』そうですね。私の周りの魅力的な方々には、読書家が多いような気がします。現在は忙しくてなかなか読む時間が取れなくても、子供の頃や学生の... [続きを読む]
  • ペーパードライバー
  • 中学受験の勉強を開始する前に、解消しておけたらよかったなと思っているのは「私がペーパードライバーであること」です。Z会の教材を自宅でやっているだけだった時はよかったのですが、週1回、Z会の教室に通い始めたり、毎週のように模試を受けるようになった頃には、(あー、ここで私が、運転できたらなあ・・・)とちょっぴり後悔しました。大学生だった頃、地元で免許を取得しましたが、関西の道路事... [続きを読む]
  • 価値観がちがうから、選ぶことが楽しくなる
  • 私立中学への進学を考えた時、避けられないのが「お金のこと」。実は我が家は、彼(つむぎの父)と私(つむぎの母)の「お金に対する考え方」が、ちょっとズレています。彼は「未来への投資」については、時間もお金も惜しまないタイプ。つむぎのアンテナに少しでもひっかかり、彼女がやってみたいと言い出したことについては「おー。やれやれー。」と背中を押しますし、費用もかけてくれます。一方、... [続きを読む]
  • 塾のカラーを見極める
  • 自分の子供にピッタリな学校を選ぶため学校見学を重ねるように、我が家では、塾に行こうかと迷った時には、必ず出向いて見学させていただきました。もちろん浜学園・日能研・希学園・馬渕教室・能開センター・進学館・・・といった大手塾にはすべて行きましたし、これらの塾は、通えそうな場所に複数の教室をもっている場合には、そのすべてを見学しました。また、その都道府県に集中的にあるような中堅塾や、電車やバ... [続きを読む]
  • ??お知らせ??カテゴリを整理しました
  • [関西]カスタマイズ中学受験 〜最難関にこだわらなかった私達の場合〜をご覧いただき、ありがとうございます。2017年5月20日現在、当ブログには530を超える記事を掲載しています。ここまでご愛読いただいた皆様、本当にありがとうございました。書き始めた当初は、ここまでたくさんの記事になることは予測していなかったので、カテゴリ分類がしっかりと出来ていませんでした。知りたいことがあっ... [続きを読む]