Shizuka さん プロフィール

  •  
Shizukaさん: 東京 都電四季景
ハンドル名Shizuka さん
ブログタイトル東京 都電四季景
ブログURLhttp://todenshikikei.blog.fc2.com/
サイト紹介文都電荒川線の風景を載せてゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/11/08 22:52

Shizuka さんのブログ記事

  • 都電7000形、夏夜の鬼子母神前にて。
  • だいぶ前の写真です。先日、同じ場所を通りがかることがあったのですが、この停留場の周りは工事真っ最中という感じでだいぶ趣が変わっていました。7000形の都電と、見送りをする人、される人。この写真を撮った時、言いようのない素敵な空気が停留場を包んでいた様に思えました。追伸:前回の記事で7000形がもう走っていないと私は勝手に思い込んでいたのですが、残っている7000形も居る様ですね。 [続きを読む]
  • 建設中のスカイツリーと都電7510号
  • 久しぶりの更新となります。懐かしい写真が出てきました。スカイツリーは完成して何年経ったでしょうか。すぐには思い出せません。この頃にはまだ7500形が走っていました。思えば7500形とスカイツリーが共に在った時期というのはとても限られた期間だったかもしれません。もう7000形も走っていないのですね。 [続きを読む]
  • 7000形の機影
  • どの形式の都電が地平の向こうに現れるのか、そんな風に想いを巡らすことはとても愉しいことでした。ファインダに眼を凝らしていると、自分の呼吸を感じます。私の一眼レフは入門機でろくな連写機能もなかったので、シャッターレリーズのタイミングを図る度にとても緊張していたのを思い出します。沿線を歩くのはいつも一人で、今思えば、とても寂しい作業だったと思います。そんな中で、次から次へと色とりどりの異なった形式の都 [続きを読む]
  • 都電7025号、宵の軌道を。
  • 「今夜、浴衣を着て街を歩こう」まだ早い布団のなかに居る起きがけの私には、その夜の街というものがずいぶんと遠く思われるのでした。彼も私も浴衣など、一着しか持っていないのですから、出掛ける前に彼がどんな格好で来るかなどと、そして、隣を歩く私がどんな装いで並ぶべきかなどいちいち考える必要もなく、昼下がりからビールなど愉しんで居る心持ちと裾や袖を通り抜ける宵口の風を想うと、私は自由と少しの解放をもうこの時 [続きを読む]
  • 日章旗の都電7016号、三ノ輪橋にて。
  • 三ノ輪橋停留場で7016号が発車時刻を待っています。日章旗を掲げていますので、祝日だったのだと思います。7000形も数を減らしている様です。一部は7700形として生まれ変わっている様ですが、駆動系が一新されているそうでウンウン唸る様な、あの独特の走行音はもうすぐ聞けなくなるのかも知れません。それでも、インターネット上で7700形の写真を見るかぎり、外見上は7000形の面影をだいぶ残しています。荒川線を再び訪れたなら、 [続きを読む]
  • 都電7514号、懐かしの建物と共に。
  • 更新が久しぶりとなりました。皆さま、お元気でしょうか。前回の更新から季節も遷りましたのでブログの表紙も更新しました。この表紙に見覚えのある方も居られるかもしれません。FC2ブログさんに引っ越してくる前に昔の都電四季景でいっとき使用していたものです。(梅雨の季節用に描いたイラストだったのですが。。)FC2さんのブログサービスは気に入っています。色々と自分で自由にカスタマイズできますし、こんなに自由度の高い [続きを読む]
  • 都電7010号、蒼く萌ゆる頃。
  • 滅多に更新しないにもかかわらず、いつも此処を訪れてくれる皆さま、ありがとうございます。今日は久々の更新となります。初夏の風景(だと思います)。何年前のいつ頃撮った写真であるのかさえ、もう忘れてしまいました。後から見れば、「ああ、7010号がまだ走っていた頃だ」などと思い返していただけるのかもしれませんが、なにぶん、私はマメな方ではない為、記録という方面には滅法弱いのです。その時、沿線に自身在って感じた [続きを読む]
  • 大塚駅前、春の始まりの頃。
  • 大塚駅前の風景も好きでした。この写真はきっと春の頃だったでしょう。まだ少し寒い頃ですね。撮った写真を見返していると、車号の判らないものやきちんと車両全体が写っていないものばかりです。ピントもいったいどこに合わせたかったのか、そんな写真ばかりなのです。記録写真としてはきっとダメなものばかりです。いま、沿線に通っていた頃を振り返ってみて、いったい何に対してシャッターレリーズしていたのかと考えると、たぶ [続きを読む]
  • 都電7000形、桜の神田川をゆく。
  • 皆さん、こんばんは。さて、もう一枚くらい桜の絵を載せておきますね。この写真も何年前に撮ったか、もう忘れました(笑)神田川沿いの桜は毎年、綺麗な姿を見せてくれます。両岸から伸びた樹々の枝同士が触れそうなくらいです。今年はとうとう、桜が咲いても、私は沿線を歩きませんでした。8900形にも乗っていませんし、7700形の姿も見ていません。でもいつか、また荒川線を撮りたくなる様な気がしています。だからこうして、以前 [続きを読む]
  • 隅田川の花火、滝野川より。
  • 今日の写真はすこし、季節を先取りしすぎかもしれません。でも、桜の風景が続きましたので。思い返すと、隅田川の花火大会の時も、私は沿線を歩いていました。あまり知られていないことですが、荒川線の沿線からでもこうして花火の見える場所が在ります。スカイツリーと花火。いかにも、という感じですが、私はどちらかというと、花火を見ている街の人たちの様子に惹かれます。隅田川の畔まで見にゆくのでなく、日頃の生活の隙間か [続きを読む]
  • 都電8503号、桜色の荒川二丁目をゆく。
  • こんにちは。東京は桜が満開です。今日はこの季節らしい写真を載せますね。昔撮った荒川二丁目の写真で、写っているのは都電8503号です。停留場の周りは軌道に沿って桜が咲きます。荒川線は桜の愉しめる場所がたくさん在るのですが、ここも有名な場所ですね。ところで、最近ブログの表示に不具合があった様で、先日何気なく自分のブログをiPhoneから見てみたら表紙が表示されていないのでびっくりして、さっき修正したところです。 [続きを読む]
  • 都電9002号、桜の樹の下で。
  • 三連休も終わりですね。私の連休は、初日が仕事、二日目は美容室、そして今日は部屋でゆっくりと過ごし、今は部屋でバーボンソーダを飲みながらこれを更新しています。私はウィスキーが好きで、ほとんど毎日飲んでる感じです。さて、今日の写真は9002号です。桜の頃ですね、何年前だったかもう忘れました(笑)。荒川二丁目で撮ったのですが、今でもこの場所から同じ様に写真機を構えることができるのでしょうか。今年は桜が少し早 [続きを読む]
  • 雨日の車窓
  • 東京は月曜から生憎の雨でした。私はふだん、東京メトロで通っていますので車窓というものを眺めることもないのですが、都電だったら、すこし違った通勤になるのだろうと思います。まず、どの電車が来るのか、そこからすでに愉しみが有りますね。日頃乗っている長い列車は、どれも同じに見えるのです。  [続きを読む]
  • 三ノ輪橋で並んだ7512号、7001号、7025号。
  • 今日載せる写真は三ノ輪橋です。この場所で、こんな風に三輌が並ぶことは珍しいですね。この頃はまだ、7500形が走っていました。写真の中で今も現役なのは、奥から顔を覗かせている7001号だけになるのでしょうか。現在は旧塗色を纏っていると思います。そういえば、一部の7000形は改造されて、7700形になるのですね。WEBで写真を見たのですが、7000形の面影がだいぶ残っている様で嬉しいです。 [続きを読む]
  • 東池袋をゆく、都電8503号。
  • しばらく更新が滞ってしまいましたね。私は気まぐれなので、更新が連日続くこともあれば、しばらく放っておくこともあるかと思います。気長におつきあい下さい。今日の写真は8503号です。東池袋四丁目の停留場からほど近い処なのですが、きっと今はもう、同じ場所に立ってもこの写真とは異なる沿線風景になっているのかも知れません。こんど、久しぶりにまた荒川線を訪れてみようかなとときどき思ったりもするのですが、そして今も [続きを読む]
  • 都電7500形が走っていた頃。
  • 私が荒川線を歩き始めた頃というのはもう7500形がだいぶ数を減らしていた時期です。同時に、8800形は次々と様々な色の車輌が出てきて、新しい都電の印象が始まっていました。たとえば今、8800形や8900形が古参と呼ばれる様な時代を想像することは難しいと思います。そんな時代、東京はどうなっているのでしょうか。しばらく沿線を歩いていませんが、新しい道路ができつつあったり軌道そのものの位置が変わったりと、この僅かな間で [続きを読む]
  • 都電7520号、私の小さな電車。
  • 部屋を出たらすぐに停留場。そんな風景が、荒川線。小さな路地の、小さな匂い。こんな愛らしい電車が路地先の停留場に居たのなら、私のためだけに待ってくれている様なそんな錯覚を抱いてしまうかも知れません。通勤でさえ、すこし楽しくなるでしょう。 [続きを読む]
  • 標準塗色時代の都電7001号、大塚駅前にて。
  • 撮った写真を見返していると、7001号の標準塗色時代の絵も出てきます。今日では赤帯塗色で運行している唯一の車輛ですがこれは昭和四十年代、ツーマン運行(運転士と車掌)していた頃の塗色を復刻したものだそうです。昨日載せた6063号もそうですが、当時はこの赤帯塗色の都電が東京都内を縦横無尽に走っていた訳ですね。たった一日でもいいから、当時の東京を歩いてみたいと思うのはきっと私だけではないですね。(於:大塚駅前) [続きを読む]
  • 王子駅前の都電7000形、雪の祝日。
  • こんにちは。今日は祝日ですね。私はいま、カフェでこれを書いています。お店に来るまでに新成人の晴れ着姿をちらほらと見かけました。今日載せる写真も、それにちなんだものにしようと思います。この写真を撮った年の成人式の日、東京はちょうど大雪でした。都電にも雪が積もり、車号が判らなくなってしまっていますね。(於:王子駅前) [続きを読む]
  • 都電8500形の風景
  • 今日はすこし珍しい写真です。何が珍しいかというと、いつも都電の写真を撮っている人であれば解ってくれるかと思うのですが、絵の中の3輌が全て8500形ですね。8500形ファミリーは全5輌ですので、なかなかこういう場面に遭うことがないんですね。カラフルな車輛が増えたなかでとても地味な存在ですが、堅実な印象の車輛です。まじめな公務員、といったところでしょうか(笑)(於:荒川車庫前) [続きを読む]
  • 都電7506号、退役後の静かな暮らし。
  • 引退した都電のなかには軌道を走ることはないものの、今までとは違った仕事に就くものも居ます。都電7506号もそのなかの一輌ですね。桜が咲いているので、私が訪れたのはきっと春だったのでしょう。今までとはすこし異なる都民との関わりのなかで、7506号は静かな余生を愉しんでいる様です。(於:台東区池之端) [続きを読む]
  • 都電7004号、暮れどきの梶原停留場。
  • こんばんは。今日の写真は都電7004号です。これもずいぶん前に撮った写真で、7004号はすでに退役しています。梶原停留場の雰囲気が好きだという人は多いですし、雑誌で都電の特集が組まれるときは、この停留場の風景がよく載っていますね。ここから歩いてすぐの商店街もいい雰囲気です。都電もなかのお店は、その商店街に在ります。また食べたくなってきました(笑)(於:梶原) [続きを読む]
  • 都電7025号、樹々の色づく頃。
  • こんばんは。昨日お知らせした通り、今日載せるのは葉が色づく頃の音無橋です。「音無橋」という名称は、どこか文学的な響きを感じさせます。この橋の装飾も、そんな印象を抱かせるのに一役買っているかも知れません。飛鳥山を行くのは都電7025号です。(於:飛鳥山〜王子駅前) [続きを読む]
  • 音無橋に降る雪、飛鳥山をゆく都電7000形。
  • 今日載せる写真も、だいぶ寒そうな一枚です。音無橋から見た都電です。当時は雨でも雪でも構わず歩いていました。雨なら雨日の、風が強ければ風が強い日なりの好いものが景色の中に在ると思っていたからです。(たぶん今歩くとしてもそれはきっと同じですね)この場所から都電を撮ってみようと思う人がどれだけ居るかわかりませんが、だいぶ気の長い性質が必要かも知れません(笑)紅葉の頃にも同じ様な写真を撮っていますので、そ [続きを読む]