バラ栽培支援@岸田 さん プロフィール

  •  
バラ栽培支援@岸田さん: ベランダ・バルコニーに小さなローズガーデンを
ハンドル名バラ栽培支援@岸田 さん
ブログタイトルベランダ・バルコニーに小さなローズガーデンを
ブログURLhttp://verandarosegarden.hatenablog.com/
サイト紹介文ベランダ・バルコニーでバラの鉢植えを楽しみたい方をサポートしていく情報を書きたいと思っています。
自由文これを見て、新たに、バラを育ててくれるひとが増えたら嬉しいなと思い始めました。
本当は、仕事に結びつけばいいのですが、それよりも、バラを育てたいって思ってくれる人が増えること。そして、バラの無農薬栽培でも、ここまでできるということを伝えられたらうれしいです。内容としては、主に、僕の庭の状況がメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供441回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2015/11/10 19:36

バラ栽培支援@岸田 さんのブログ記事

  • 新しい教材(?)
  • 教材用として購入したモリニューは鉢増ししてしまったので、鉢増し用のバラが無かったのですが、先日、バラの家さんに立ち寄ったときに、訳アリ品の中に状態の良い「メアリー・ローズ」があったので、購入しました。つぼみもあってね。このまま行けば開花も楽しめます。モニター生徒様も継続募集しております。モニターのお礼として、モリニューあるいはこのメアリー・ローズを差し上げます。 [続きを読む]
  • 多肉に少しはまってきたかも…
  • 先日、鉢処分の話を書きましたが、まだ捨てに行ってなかったのです。しかも、もったいなくって…。こんなことが頭の片隅にあり、先日の帰りに寄った黒田園芸。そこで、なんかかわいい。そして、うちにも、1つ朧月の小さかったものがあったことを思い出し、7種類買いました。そして、数日後余っていた鉢底ネットを敷き土をある程度入れてから軽く土をほぐして植えます。先日、刺した朧月もこんなかわいい根が出ていました。これも入 [続きを読む]
  • 桜の後、薔薇の前
  • 昨年、作った和風の寄せ植えの宿根草がぼちぼち咲き出しました。そして、以前、知り合いからもらったサルビアも。僕の庭の今の薔薇のメンテは、害虫捕殺がメインでして、毎日、どこかしらから来るバラゾウムシを5匹以上捕殺しております。そして、もうこんなものが、数匹いました。潰した感じでは、ハバチの幼虫ぽかったです。ただチュウレンジではないやつです。色違い(?)も。とにかく、薔薇が咲くまでは、いろいろな小さな花を見 [続きを読む]
  • ソフィーズ・パーペチュアル開花
  • 今日はお休みで明日、あさってと仕事なので、のんびりしながら庭に出ていたら、葉の陰に隠れて咲いていました。毎年、この花の一番花は形が整っていないので、これで開花にしました。でも、半年ぶりのバラの香りを嗅ぐと幸せな気分になれますね。特に、ソフィーズ・パーペチュアルは香りの強さはすごく強くないのですが、甘くて、なにかスイーツを連想させる香りは、なんともいえなくってね。やはり今年も一番早く咲きました。そし [続きを読む]
  • 嫁がせた娘が心配で…
  • verandarosegarden.hatenablog.com上記事の続きです。先日、嫁ぎ先に、どうしているか聞いたところ、新雪の調子が悪いとの連絡を受けて心配していましたが、日程の調整があって、昨日やっと行ってきました。新雪は、枝枯れがあると聞いていたのでかなり覚悟していたのですが、秋に延びたシュートが枯れ込んでいただけでした。しかし、一番の問題は芽吹きが非常に遅い。根にかなりダメージがあったみたいなので、手持ちのユーカリア [続きを読む]
  • こんな仕事もしています→→素敵な「沼ノ上農園」さん
  • 昨日は、マンションのリフォームにあたり、前住人の残置物の鉢の処分に困っていた方からの依頼で、鉢の引き取りを練馬区でしてきました。エレベーターの無いマンションの6階でしたので、結構きつかったです。プラスチックの鉢だと、細かく切ってゴミに出せば処分できることが多いのですが、今回みたいに、焼き物の鉢は(大きくて、肉厚)処分に困ったみたいです。料金的には、出張料金+廃棄料+作業料金です。(今回の場合は、3000円+5 [続きを読む]
  • こちらもばっさり
  • verandarosegarden.hatenablog.com上記、リンク記事の続きなのですが、やはり、誘引した枝は上から枯れ始めました。出ていた葉も枯れてきており、逆に土から出てきたシュート状のものが安定したので、ばっさりと。一応、ミニミニオベリスクは残しておきますが、もともとミニバラが枝変わりした個体なので、ツルになるかどうかまだはっきりわかりません。まぁ、春の開花は期待薄といったところでしょう。 [続きを読む]
  • FLOWER ART AWARD 2017 in TOKYO MIDTOWN
  • 昨日、最終日に行ってきました。ぜんぜん違うジャンルですが、なにかしらのインスピレーションが少し頂けた気がします。写りがいつもながら悪くてすみません。こんな感じのものが、あちこちにあって、素敵でした。写真はその中の一部で、バラが使われていて、ふと写真を撮ったものだけで、他にもまだまだありました。今年は終わってしまいましたが、来年、機会おありでしたら、ガーデンローズとは別の顔のバラを見ることが出来るの [続きを読む]
  • これも出現
  • ある意味3番目に出て欲しくない害虫そう、バラゾウムシ。4月中旬になると出てくるんですよね。一昨日だけで4匹、昨日は6匹とりました。見つけるポイントは葉の先や葉がかりかりにしおれている感じ。こんなところの近くにいます。写真はノヴァーリスですが、本当にこの品種はバラゾウムシにつぼみがやられます。つぼみが出来る際につぼみの基部が細くて、しかも、基部が太くなるまでに時間がかかるので、被害は甚大です。ですの [続きを読む]
  • 第一村人発見ではなく、第一うどん粉病発見
  • 先日の雨のとき、葉の撥水性が落ちてきたので、黒点病予防も兼ねてこれの2つのミックス水溶液を噴霧しました。いつもうどん粉病にかかるサフラノもまだうどん粉病出てないなーなんて思っていたら、意外なやつにうどん粉病を発見わかりにくいのですが、右側の葉の縮れた箇所についていました。それが、エドゥアール・マネ。比較的、耐病性に優れているという前評判だったので、ちょっとがっかり。まぁ、僕のところは、慣れるまで、 [続きを読む]
  • もう3号なんですよね
  • 意外とはまっていて、とりあえず、手に入る限り読んでいこうかなと思っていますが、なかなか、近くにもらえるところ無くって…。全体的に、わかりやすく書かれているから、読んで、育ててみようとか、やってみようかなと思ったりできるのが良い冊子だと思っています。特に、バラ以外の情報をあんまり集めなくなった僕にとっては、この観葉植物と暮らそうのコーナーがとても気に入っています。アイビーもこんな素敵な品種あるんだな [続きを読む]
  • 夏の準備?2
  • verandarosegarden.hatenablog.com上リンク記事で書いたのですが、ひまわりの芽が出てきたので、庭に移植しました。なぜこんなに早く移植かというと、ひまわりは基本移植しないほうが良い植物だから。今回も根があまり長くなっていないうちに傷つけないようにしましたが、どうか予後は不明です。(まぁ、枯れても、ただなので、思い切ったことができます。)そして、ひまわりを取り除いた鉢を均して先日片づけで発見された、数年前に [続きを読む]
  • この天候を利用して
  • ひさしぶりに家にいるときに晴れの時間が長い日がやってきました。待ち焦がれていましたよ。今日はこの2つの溶液をミックスして噴霧しました。噴霧している最中にこんな箇所を2箇所発見。分解してみると、こんな虫がいました。(上の写真と違うところの分解写真)もういるんですよ。いっぱい。アブラムシはいろいろ食べてくれるものもいますが、こいつらの天敵はまだいないのでね。少し手をかけてあげる必要があるみたいです。 [続きを読む]
  • 突如として残念なことが
  • 昨日、雨の庭をぼーっと部屋から眺めていると、アブラハムダービーの葉がしおれている雨の中、近くによって見ると(ボケていてごめんなさい。)1箇所の葉だけではなく、1本の茎から出ている葉が全てしおれていたので、茎の根元を見ると枯れてきていたので、切り取ってみると根元が環状に枯れて腐ってきていました。傷等から細菌感染したのか、原因不明です。枝が古くなってくると、なきにしもあらず。ここ数年、アブラハム・ダービ [続きを読む]
  • こっちも潔く
  • verandarosegarden.hatenablog.com何とか生きていますが、だめなところが拡大してきました。ただ、シュートになってくれたらうれしいものも育ってきており、秋までは何とか生かせる気がしていますが、わからないのが生き物。とりあえず、ばっさりやはり、ほぼ幹も枯れていますね。大変ですね。状況はよくないです。 → この場所もジリ貧なのでばっさり斜めの1本立ちになってしまいました。こんな状態でも行き続けられているのは [続きを読む]
  • やはりだめでした
  • verandarosegarden.hatenablog.com続きです。やはりだめでした。この枝。どんどん枯れていきます。思い切って枝元から切断しました。枯れ枝は硬いので、直径1センチ位からノコを使いましょう。見切れていますが、癒合剤も忘れずにね。 [続きを読む]
  • New Roses 別冊 「新しいバラの新しい栽培」
  • 先日発売された別冊の本です。無農薬栽培に関する記載は残念ながら少ないのですが、それでも、耐病性などについていくらか記載があるので、品種選びの際の参考にはなるかと思います。こう書くと、まぁ、たいしていいこと書いてなかったのかなぁとおもわれるでしょうが、僕は2つ特に印象に残った記事があったので、それを取り上げておきます。まずは、P16の『花も樹も“神秘的”〜ガブリエル』という記事。僕も、栽培は難しいという [続きを読む]
  • 混み過ぎてきたので、間引き剪定を
  • ここ数日暖かい日が続いたので、いろいろな植物も一気に成長してきました。特に、このハープシコードとパリスは、大きさの割りに、どうも葉が込みすぎていて、黒点病などの原因となりそうでしたので、少しすっきりさせました。ハープシコード → パリス → パリスは、ちょっと、「あっ、切っちゃった!」をやっちまいましたが、それでも、これぐらいすかしておかないとね。茂りすぎはあんまりよくないこともありますので、適宜 [続きを読む]
  • 朧月の植替え
  • 花も咲き終わり、草体も乱れているしあちこちから根が出てきているので、植替えというのか、ばらして植えなおししました。とりあえず、大本を抜いてみると根がけっこうはっていました。こいつは多肉界の雑草種かも…。でも、手でぽきぽきしてから植えたら、それなりにかわいくなりました。 [続きを読む]
  • 残念ながら、今年も出番です
  • 昨日から今朝までの強風でノヴァーリスの枝が折れていました。外皮の1割程度はつながっていたので、だめもとで、補修をそう、ここでビニールテープの出番ということなんです。1週間かからずに結果が出るかとは思います。ちなみに、先月、アブラハムダービーもちょっと折れていたのを発見して補修しています。ここまで、きたら大丈夫だと思うのですが、ただ、鳥が乗る恐れがあるから、ついでに支柱しておきました。杉の花粉は軽く住 [続きを読む]
  • 夏の準備?
  • 先日、ガーデンショーブースで頂いたひまわりの種をまこうと土を買いに行ったら、ダリアとペンステモンを何故か買っていて…。とりあえず、ペンステモン(品種名:チョコレートドロップ)とダリア(品種名:ムテキ)は庭に植えました。  ダリアは目印をしておかないと、ほじったり、踏んだりするのでね。少し早いけれど、ひまわりの種をまいてみました。ただでもらったのに、12粒程度入っていました。庭に直播したかったのですが、 [続きを読む]
  • 高幡不動尊の春
  • 文章なしでもいいかと思いましたが、いちおう補足を。昨日の高幡不動尊の境内の様子です。桜、こぶし、みつまた、とさみずき、しゃが、ゆきやなぎなどが咲いていました。春です。同じ多摩地区でも、高幡不動はあきる野よりもいろいろ開花が早いです。4月8日の花まつりなど、なにかしらイベントがありますし、野草・樹木が多く植えられている場所ですので、お暇があれば散策などいかがでしょうか。 [続きを読む]
  • 庭の片隅で
  • バラ以外の植物が少ない庭なのですが、バラ以外の植物もなきしもあらずなのです。とは咲いてきました。よく見に来てくださる方はご存知かと思いますが、わさび(あの水耕栽培されているやつ)と河原で拾ったスミレです。もともと日本の原産のものですから、やはり丈夫ですね。でも、わさびは虫にも大人気。結構食べられてしまいます。 [続きを読む]
  • 4月に入ったら追肥始めましょう…鉢植えのバラ
  • 4月に入り、写真の様に芽吹き、葉が大きくなってくると、もう植替え時の肥料からの栄養分は使われてしまっているので、僕は、今月から追肥を始めています。特に、僕が使っているこれや、自作の完熟有機肥料、1ヶ月程度しか効き目が持たない肥料の場合は、これから、10月〜11月まで毎月追肥してください。ただし、この「フリュイ」の様に、多肥状態だとボーリングしやすい品種などでは、肥料を減らして様子をみましょう。僕はとりあ [続きを読む]