バラ栽培支援@岸田 さん プロフィール

  •  
バラ栽培支援@岸田さん: ベランダ・バルコニーに小さなローズガーデンを
ハンドル名バラ栽培支援@岸田 さん
ブログタイトルベランダ・バルコニーに小さなローズガーデンを
ブログURLhttp://verandarosegarden.hatenablog.com/
サイト紹介文ベランダ・バルコニーでバラの鉢植えを楽しみたい方をサポートしていく情報を書きたいと思っています。
自由文これを見て、新たに、バラを育ててくれるひとが増えたら嬉しいなと思い始めました。
本当は、仕事に結びつけばいいのですが、それよりも、バラを育てたいって思ってくれる人が増えること。そして、バラの無農薬栽培でも、ここまでできるということを伝えられたらうれしいです。内容としては、主に、僕の庭の状況がメインです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供453回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2015/11/10 19:36

バラ栽培支援@岸田 さんのブログ記事

  • まだ生きています…「アライブ」
  • verandarosegarden.hatenablog.comそして開花しました。良い蕾があと1つ。生きた証です。たぶん、若かりし頃の勢いを取り戻すのは難しいのかも知れませんが、それでも、生きて、こうやって花を咲かせてくれました。香りも良く、素敵な花です。こんな丈夫な花を瀕死に追いやったのは、日陰に長期間置いてあったこと。日陰に強い品種というものもありますが、そもそも、バラは日光が好きな植物です。ある程度日にあてて育ててあげて [続きを読む]
  • Garden Necklace YOKOHAMA 2017 …みなとガーデン 山下公園
  • verandarosegarden.hatenablog.com続きです。港の見える丘公園から、遊歩道を歩いて3分かからないところに山下公園はあります。以前、こんなに綺麗な公園だとは思わなかったのですが、すごかったです。とりあえず、天空のパティオの写真です。ほとんどの植物が鉢植えです。未来のバラ園へ向けて降りていく階段途中にも素敵な演出が振り返るとこんな感じ。そして、すごかったのは未来のバラ園ここは、沈下式庭園(サンクンガーデン) [続きを読む]
  • 1つだけ咲きました「ビェ・ドゥ」
  • 今年は、早く芽吹いたので、早く咲くかと思ったら、やはり遅い。しかも、ほとんどブラインド。虫の影響は3割程度かと、あとは、芽の先端が3月の急な寒さでやられたのかと思います。香りは、弱いですが、甘い香りがしました。そのレベル。うちのビェ・ドゥは、いつもあんまり香りません。正直いうと。思いっきり花を近づけるとわかるレベルなんです。耐病性は申し分ありません。黒点病にわずかにかかり、うどん粉病にかなり強いです [続きを読む]
  • 箸休めならぬバラ休め
  • 最近、バラのねたが多かったから、僕のところにはバラしかないのだろうと思われている方がいらっしゃるかと思います。しかし、すこしですが、多年植物があるのです。 咲いているのは今のところこんな感じかな。山あじさいも開きだしましたが、まだ色がついてないので、後日載せます。バラだけだとちょっと…の時があるので、残しています。 [続きを読む]
  • 「サフラノ」のメンテ
  • 今年はたくさんの花を咲かせてくれたサフラノ、花が終わりごとに花がらを摘んでいましたが、そうすると、上の写真のようになるはずです。このままにしておくと、花の終わったすぐしたの葉の付け根から芽が出で伸びていきます。しかも、高いところの物ほど成長が良いので、へんな格好になってしまいます。そこで、花後は切り戻しをして全体のバランスを整えておく必要があります。特に、鉢植えは、種類関係なくしておく必要がありま [続きを読む]
  • 待望の「オーブ」が咲きました
  • ちょっとフライング記事気味ですが、やっと、咲いてくれました。けっこう大きめな花です。実は、この花の前に半分欠損した花が咲きかけたりしたつぼみを何個も摘蕾しているので、うれしいです。耐病性は比較的高いみたいですが、お客様の情報によると黒点病にけっこうかかるみたいです。先日、伺った別のお客様のお庭に、今年の冬、長尺苗を地植えで納品したのですが、花はけっこう前に終わっていて、太いシュートが3本、その他2 [続きを読む]
  • 中之島バラ園
  • 靭公園 バラ園から徒歩で20分ほど歩いてやってきました。素敵なエントランスでしょ。でも、ここは、時間が押していたので、駆け足で見てきましたので、写真の羅列だけです。誘引してある部分の反対側はベンチになっています。ちょうど男性の方が一緒に写って居ますが、そのほうが大きさがわかりやすいかと。入り口から一番遠いところの庭(橋を渡って東側)川の中州にあるのですよ。全てが。西に行くと大阪市役所があります。スタ [続きを読む]
  • 弱っているので早めの対策…「エウリディーチェ」
  • verandarosegarden.hatenablog.comまだ蕾があったのですが、黒点病も結構なペースで進行しており、そして、なんとなく元気がないので蕾を取り去り、切り戻しをしました。しかし、なるべく葉を残したいので、深くは戻さないで切りました。癒合剤は塗っておいたほうが良いです。特に弱っているときは。これでしばらく様子見します。 [続きを読む]
  • どうやらこれで開花らしい「ラ・メール」
  • いろいろなサイトで写真を見ましたが、どうやらパット開いている写真が見当たらないので、これで開花としました。ボーリング気味ですね。New Rosesの15号にも写真がありましたが、こんな感じでした。写真よりも、柔らかな感じの花です。雰囲気があります。香りは、本日は鼻の調子がいまいちなのですが、ブルーの香りが結構入っている気がします。こんなときでも結構香るので、香りは中香とありますが、もう少し強いかも。すっき [続きを読む]
  • 靭公園 バラ園
  • 5月18日の朝、せっかく大阪まで来たのに、あと1つしか見ないのはもったいないということで、心斎橋のホテルから歩いて20分くらいのところにある、靭公園 バラ園に寄ってみました。都心の憩いの場的な公園ではありますが、その一角にちゃんとしたバラ園があるのです。しかも、入場料無料、24時間開放というところで、この規模で、このメンテナンス度合い。結構、びっくりしますよ。大阪の花はバラなんだなぁーって思います [続きを読む]
  • 今の僕の庭
  • 他のところの庭を見て、記事を書いている途中ですが、使える写真選びに飽きて…。現実逃避を兼ねて自分のところについて書いておきます。ざっくりこんな感じ。管理もかなりされています。(しています。)小さい庭ですからね。毎日1時間もあればできます。でも、2日間空けた、昨日は結構かかりました(疲れていたので、昼寝しましたけれど)。雑草(特にすぎな)が結構出ていたのと、花がらの処理や散った花びらを拾ったりと。でも、自 [続きを読む]
  • 本当にやっと咲きましたわ…「フリュイ」
  • 本当に開くのかというような硬い蕾から何日たったのでしょうね。そんな感じです。ですので、虫にやられてだめにしているものも結構あります。肥料を半分にしていたためか、ボーリングにはなりませんでした。香りなのですが、結構なフルーツ香です。すっきり系ので、レジスマルコンみたく重くないです。でも、今、両者を確認してきましたが、同じ系統の香りです。耐病性はうどん粉病にはまぁまぁ強く、黒点病には普通にかかるといっ [続きを読む]
  • ひらかたパークローズガーデン
  • 自宅を6時30分に出て、JR→京急→JAL→大阪モノレール→京阪と乗り継いで(ご飯も食べずに)、5月17日の13時30位に着いて、2時間弱見てきました。とりあえず、園内の様子をパット見、本の表紙みたいでしょ。写真だと地植えだと思えますが、実は、鉢植えです。園内はざっとこんな感じです。遊園地の方とあわせてなので、維持費が大変なのか、メンテナンスがいまいちな所はあります。もっとメンテナンスできれば、すばら [続きを読む]
  • 帰ってきたら咲いていました2…「フィオーラ」
  • 変なものが写り込んでいますが気にしないでください。自分には雑なO型ですので。1輪花びらが落ちていたので、2日間の間になにかあったのでしょうね。コガネムシかゲリラ豪雨かその両方か。香りですが、けっこうスパイスを感じますね、甘い香りの中に。香りの強さはそれほど強くはないですが、すっきり系ですね。耐病性はうちに来て半年程度なので、まだわかりませんが、うどん粉病は比較的耐性があるのかも知れません。コンパク [続きを読む]
  • 帰ってきたら咲いていました1…「フラゴナール」
  • verandarosegarden.hatenablog.comこれの続きです。結局昨日は、飛行機の機材調整などで、1時間30分以上遅れて到着したので、帰宅したのが、21時前。ということで、今朝、庭をみたらこんなに咲いてました。2日間家を空けると、結構違うものですね。うどん粉病も岸田フィンガーパワー(指でこすっただけ)で、治ってきました。(汗)(どんだけ僕の手にはいろんな菌がいるのやら…)それはさておき、昨年より非常に香りの質が良いで [続きを読む]
  • クロード・モネを少し大きくしていきたいので
  • verandarosegarden.hatenablog.comもともと、弱っているので、全ての芽が伸びてきちんとした枝になってないのです。そこで、ブラインドでしかも、細、短い枝を全て除去します。この状態だと、変に茎の周辺に葉が密集して、黒点病やうどん粉病が発生しやすいので放置しないほうが良いかと思います。実際に黒点病も発生していたこともあり、花後の切り戻しを待たず、やりました。伸ばしたい枝を残して、全て除去します。これくらい除 [続きを読む]
  • ケルビーノを新苗から育てる…2
  • verandarosegarden.hatenablog.com花とったら終わりではないのですよね。新苗って。 → 予備用の蕾の部分をまず切り戻し、その他の茎も葉を3,4枚残し切り戻します。そして、癒合剤を塗っておしまい。風通し、日の当たる場所に移動させて、管理していきます。また、なにかあったら、アップします。 [続きを読む]
  • 坊主にならなくて良かった「ジャック・カルティエ」
  • 結構、蕾が途中で腐ったり、枯れたりしてきて、一個も咲かない危機があったのですが、咲いてくれました。(たぶん、バラゾウムシやその他の害虫の影響と開花直前になると水がたまりやすい蕾なので、腐ったのがあるかと思います。)曇りなので、香りが強く出ていませんが、晴れると強くて良い香りがします。同じ分類の、コントゥ・ドゥ・シャンボールよりも成長は緩慢で、シュートが出にくいのですが、あまり大きくしたくない方にはこ [続きを読む]
  • 一番花絶望的なノヴァーリスの処置
  • バラゾウムシに絶大的な人気を誇るノヴァーリス見事にブラインドに。ということで、そのままにしておいても、花が咲くまでに長く空いてしまうので、切り戻しと癒合剤(ぬれるところだけ)塗布しました。ちょうどバラゾウムシの少ない時期に開花となればよいのですが…。ついでに、内部が込み合って、風通し悪い状況なので、透かして置きました。枯れている葉のところまでは手が危険なのでやめました。これは数年連続、一番花ほぼ全滅 [続きを読む]
  • 帰ってきたら開いてきてました…「ハーブシコード」
  • verandarosegarden.hatenablog.com上の記事の続きです。すっきりさせた分、蕾が少なくなってしまいましたが、それでも咲いてきました。完全開花ではないのですが、明日、あさってと出かけるので、ちょっと早めの投稿。結局、花数を制限したことと同じ様な状況になったため、香りが今までになく濃厚で、はちみつの香りのような感じもします。朝、クリニックに行く前には、まだ開いてなかったのですが、戻ってきてみたら、開いていま [続きを読む]