そらいあんぐる さん プロフィール

  •  
そらいあんぐるさん: そらいあんぐる
ハンドル名そらいあんぐる さん
ブログタイトルそらいあんぐる
ブログURLhttp://ameblo.jp/soraiangle/
サイト紹介文アドラー心理学とモンテッソーリ教育をベースにした子育て実践中!
自由文「子どもの気持ちに寄り添い続ける」がモットー。元気で愉快な小学生男子二人のママ。
子育てのバイブルは『子どもへのまなざし』。
アドラー心理学をとりいれた子育て実践中。
モンテッソーリ教育お勉強中。
いちごよりいちご味が好き。

ツイッターやってます。
@cinderellariel0
子育て・保育・教育etc...
子どもにまつわるもろもろのこと、つぶやいてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供280回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2015/11/12 14:17

そらいあんぐる さんのブログ記事

  • 「先生って怒ってるだけでお給料もらえて、いいよね」
  • 昨日は次男のことを書いたので、公平に、今日は長男のことを少し書こうと思います。長男は発想がユニークで、頭の中が多動なぶん(私と同じ(^〜^))他の人がすぐには思いつかないようなアイデアを 次々生み出します。そして 思いついたら即!実行せずにはいられない性分も私と同じf^_^;だから いつも忙しそうにしています。一方で、とても客観的に周囲のことを観察しています。自分のことも、かなり客観的にわかっていて 常に冷 [続きを読む]
  • ピンクタワーと茶色の階段と長さの棒 {バリエーション}
  • おはようございます。昨日までで、日常生活の練習、感覚教具の提示&演習がひとまず終わりました。感覚教具の授業の最後にピンクタワー、茶色の階段、長さの棒を組み合わせたバリエーションをグループで考えたのですが、私のアイデアで発進したものの、時間内で完成形まで至らず、皆さん残念そうな顔をされていて心苦しく(>_私もとてもとても悔しかったので放課後一人残って、再チャレンジしてみました!「基礎工事がしっかりして [続きを読む]
  • 感覚教具【温覚板】の提示で思い出したこと。
  • ついさきほど、モンテッソーリ教師養成講座の感覚教育の授業で 【温覚板】の提示を見てきました。温覚板は、異なる材料でできた長方形の板が6対入っており、素材を触り比べてペアリングしていく教具です。 温覚を通して、材質によって温かさが違うことに気づくことが目的です。今日見せてもらった温覚板の材料は 金属、フェルト、コルク、木、石、ガラスでした。この教具を見ながら思い出したことが。保育園の子どもたちが大好き [続きを読む]
  • 次男らいらいの名言(迷言?)集。
  • 昨日から長男次男は私の実家に泊まりに行っています。そらいあんぐるです。昨日からスクーリングが終わる水曜日まで!いやいや助かります!お母さんお父さん有り難う( ^_^)人(^_^ )いないと「あ〜静か!」と思うと同時に「寂しい…」講座の復習をしようかと思っても、考えるのはやっぱり子どものこと。今日は久々にそらいあんぐる家の息子たちのことを書こうかな。次男らいらいは、見た目も中身も癒し系キャラで しばしば迷言を生 [続きを読む]
  • モンテッソーリと共通する部分を発見!
  • 教育綜合研究所のモンテッソーリ教師養成講座を受けていらっしゃる方。お疲れ様です。そらいあんぐるです。もしかしてまだ気づいていないけれど、このブログの読者の中でも受講されている方がいるかもしれない!「あの人の笑い声、やたら大きいなぁ(`o´)ウルサイ...」と思われたら、多分私です(∋_∈)スミマセン気をつけます。さて、タイトルの件。私とモンテッソーリに共通点があった、という。おこがましくも。モンテッソーリが知的障害 [続きを読む]
  • フェンスやガードレールを触りたがる【感覚の敏感期】
  • 古代ギリシアの哲学者 アリストテレスは言いました。「およそ人間の内にあるもので、感覚器官を経由しなかったものはない」『エミール』を著したルソーは言いました。「生きることは感じることだ」そして、モンテッソーリは言いました。「大人と子どもはちがう」「子どもは動きながら学ぶ」と。乳幼児がお散歩の途中、フェンスやガードレールブロック塀などに触りたがるというのは、お子さんをもつ親御さん。保育園で働く方などに [続きを読む]
  • 【自立へのステップアップ】お弁当箱を自分で洗う
  • 今年の夏休みから 小6と小3の息子に毎日してもらっていることがあります。それは『自分のお弁当箱は自分で洗う!』ということ。私が仕事をしているので、息子たちは夏休み中 学童へ。学童がなくても昼食にはお弁当を用意しなくてはなりません。この、お弁当っていうのが厄介で、私はお弁当を作る自体は苦痛ではないのですが、お弁当箱洗うのが…結構、いやかなり、ネック!油汚れとれにくいし独特の形状が洗いにくいったら!自 [続きを読む]
  • ぺたんこサンダルとモンテッソーリ。
  • 長時間電車に乗るときは、やっぱりぺたんこサンダルですな(o~〜')b足、まったく痛くない!今までは「おしゃれ」とか「足長く見える」とか気にして(?)街へ出掛けるときはヒールが多かったのだけれど、今日はぺたんこサンダルにしてみたら…何て快適!!靴擦れもないし、立っていても全然疲れないわ!明日もぺたんこで行こう。モンテッソーリ教師養成講座受講中なのに、そのまったく内容に触れずすみませんm(_ _)m学んだこと、そ [続きを読む]
  • 『子どもの発見』を読みながら通学
  • 今日からモンテッソーリ教師養成講座スクーリングです!一週間限定の電車通学。最近もっぱら移動はバイク…愛車VINO…ですが 最寄り駅前にはバイクの駐輪場が少ないことに最近気づく(ΘoΘ;)今日はラスト一台で滑り込みで停められました!セーフ朝忙しい時に停められない〜って焦りたくない(-o-;)自転車置き場はたくさんあるんですよね。でも自転車より圧倒的にバイクのほうが楽だし早いから〜あの急な坂道登るのバイクのほう [続きを読む]
  • 「ダサい」って言ってほしくない。
  • こんにちは そらいあんぐるです。 以下は、ある方が下さったコメントへの返信のために書いた文章なのですが、長くなったので 本文として改めて載せることにしました。 先日に引きつづき、「子どものことば」がテーマです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 保育士や教師の中にも「その言葉づかい果たして教 [続きを読む]
  • 「先生のこと、コロシタイ」と言われた時に…
  • ショッキングなタイトルで驚かれたでしょうか?そらい先生には一時期、悩みの種がありました。それは、ある園児がお友達に対して「コロス」や「コロシタイ」という言葉を使うこと。どんな時に言うかというと、何か不快なことがあったり、自分が使いたいものを友達が貸してくれなかったりという時で、憎しみを込めて言う…という訳ではないのです。「やだな」「困ったな」「止めて欲しいのに!」と言えばいいところを、衝動的にチ [続きを読む]
  • 話を聞くときのお約束『聞き方あいうえお』
  • 保育園の子どもたちと取り組んでいることがあります。『聞き方あいうえお』は人の話を聞くときにどういう態度で聞くと話す人の失礼にならず、気持ちよく話してもらえるのかを示したものです。簡潔でポイントを得ていて子どもたちに分かりやすいので、クラス運営で使わせてもらっています。〜聞き方あいうえお〜あ…相手を見てい…いい姿勢でう…うなづきながらえ…笑顔でお…終わりまできく 私たちの幼児クラスの子どもたちは、皆 [続きを読む]
  • Montessori inspired activities【おしょうゆさしのお仕事】
  • 夏が来た! ということで注ぐお仕事のひとつとして 夏らしい涼し気な【おしょうゆさしのお仕事】を6月に集団提示しました。 今年、幼児クラスの担任になるまで「集団提示は難しい…」と思っていました。確かに難しいことには間違いないのですが、私たちのクラスの子どもたちは、個別での提示よりも、むしろ集団での提示のほうが集中してみてくれるような気がしています。集団提示の際の集中の度合いは素晴らしいですこちらが改 [続きを読む]
  • 【対称地形のお仕事】キネティックサンドと絵カードで。
  • キネティックサンドだと、しっとり、とろっとしていて形がまとまりやすくコーングリッツで試してみた時よりも扱いやすいと感じました^v^(これで水がね、水とコラボレーションできたら本当に最高なのだけれど!!何度も言う。) 「群湖」 「岬」 「入り江」(岬の対称地形) 「海峡」 「地峡」 「湾」 「湖」 「島」 保育園の子どもたちにも、水遊びと平行して今月中にキネティックサンドを下ろす予 [続きを読む]