hanafuu-kkj さん プロフィール

  •  
hanafuu-kkjさん: 備忘録〜あらすじなし、ネタバレあり〜
ハンドル名hanafuu-kkj さん
ブログタイトル備忘録〜あらすじなし、ネタバレあり〜
ブログURLhttp://hfkkj.blog.fc2.com/
サイト紹介文ミステリ、フィギュアスケート、舞台、レジンアクセサリー作りなどについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/11/12 14:26

hanafuu-kkj さんのブログ記事

  • ブリューゲル「バベルの塔」展
  • 先日、東京都美術館のブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきました。平日だったので、それほどの混雑はなくてホッとした。美術展では、ざーっと全部を見てから気になった絵のところに戻ってじっくり、という見方が好きなんだけど、順路が決まってるとなかなかそうもいかず。引っかかった絵はゆっくり見ようと思ったけど、期待してたヒエロニムス・ボスの絵も割と地味で。(プラドで見た「快楽の園」は衝撃的でしたから)銅版画の [続きを読む]
  • 吉永南央 『萩を揺らす雨―紅雲町珈琲屋こよみ』
  • 人気シリーズらしいので読んでみました。う〜ん、これは私には合わなかったです。面白くないわけではないんだけど。まずこれはミステリではありません。主人公が論理的に謎を解くわけでもないし、意外な展開もない。黒い蝙蝠傘を持っているキャラなので、ブラウン神父や亜愛一郎を連想したのになあ。ほのぼのした話かと思えば陰惨だったり後味が悪い。作者の視線も冷淡な感じがする。虐待の話、同級生たちが「やばい」といいながら [続きを読む]
  • 映画 『江戸川乱歩の陰獣』
  • amazonプライム・ビデオで視聴。昔、夜中にテレビをつけたらやっていて、思わず惹きこまれて観た映画。改めて観ると、俳優陣が豪華ですね。香山美子の陰のある美しさ。あおい輝彦の青臭くて本格にこだわる探偵小説家もいい。暗く湿った空気感。何ともいかがわしい乱歩の世界。特に赤い部屋のシーンは圧巻でした。乱歩の熱心なファンではないけど、青空文庫でまたいくつか読んでみようかな。前回書いた以外にプライム・ビデオで観た [続きを読む]
  • ラプロス その後
  • 華がラプロスを服用し始めて2ヶ月。食欲もあり、調子は良いのですが、腎機能の検査値は1ヵ月目で横ばい。昨日の検査ではクレアチニンが悪化。4を超えたのは初めてだったので、ラプロスはいったん中止してフォルテコールに戻すことになりました。(クレメジンとレンジアレンは継続)これくらいの数値だと吐き気が出たりで食欲が落ちて痩せる場合が多いらしいのですが、うちの場合はむしろ肥満が心配な6?キープ(^^ゞ調子の良し [続きを読む]
  • チケットの売り方?
  • 昨日チケット○○センターから、こんなメールが届きました。\(^^)/ファンタジーオンアイス限定!\(^^)/★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★【300】円分のクーポンをプレゼント♪(有効期限:6月18日)★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ファンタジーオンアイスのチケットなら、売り手様・買い手様どちらでもOK☆彡いよいよ開幕しました!!ゆづしょまだけじゃない♪ラン [続きを読む]
  • 川瀬七緒 『フォークロアの鍵』
  • 好きな作家さんの新作。面白かったんだけど、ちょっと物足りない。老人介護に対する問題提起?もあるけど、こんなに上手くいくかな、と思う。少年もやけにあっさり成長するし。一番違和感があるのが『フォークロアの鍵』という題名。横文字を使う嫌味な女性が作中に出てくるのに、何であえてこの題名にするの?細かいことですが、「壊滅的においしくはないが、奥深い」という文章にも違和感。「壊滅的に」に続くのは「不味い」なの [続きを読む]
  • 舞台 『名人長二』
  • 6/1、舞台『名人長二』@紀伊國屋ホール、昼公演に行ってきました。2日連続の観劇。これは素晴らしい舞台でした!!!頭にガーンとくらったような感動。小泉今日子らによる明後日プロデュース第2弾。落語の演目「名人長二」の舞台化で、もともと落語家・三遊亭圓朝が、モーパッサンの短編小説『親殺し』をもとに創作した長編の人情噺。元の「親殺し」と「名人長二」のあらすじを読んでみましたが、結末が違っている。仕事では妥協 [続きを読む]
  • 舞台 『天の敵』
  • 5/31、イキウメ 『天の敵』@東京芸術劇場シアターイーストの昼公演に行っていきました。公式HPより;完全食を求めて生き延びた男をめぐる物語。2010年初演の短篇「人生という、死に至る病に効果あり」を長編化、フルスケール版にて、お送りします。ライターの寺泊は、食事療法の取材中、戦後まもない1947年に「完全食と不食」について論文を書いた医師、長谷川卯太郎を知る。その卯太郎の写真が料理家の橋本和夫に酷似していたこ [続きを読む]
  • 早坂吝 『双蛇密室』
  • らいちシリーズ。前作はイマイチだったのですが、これは面白かったかな。あんな習性の蛇は知らないので、アンフェアじゃない?と思ったけど、衝撃の真相が待っていました。映画『ブリキの太鼓』を思い出した。エロ部分は読んでいて居心地が悪いのですが、謎解きに絡んでいるから仕方ないか… [続きを読む]
  • ほっとした…
  • THE ICE の追加メンバー、大ちゃん、こづくん、しょうま、ソトちゃん(^^)v(かなこちゃんは大阪だけなので見られませんが)何と豪華で安心できるメンバーでしょう(*^-^*)もやもやしていた気持ちが晴れました。あと数人は追加があるでしょうか。8月が楽しみです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 舞台 『パレード』
  • 5/22、ミュージカル『パレード』@東京芸術劇場プレイハウス昼公演に行ってきました。堀内敬子さん好きだし、石丸幹二さんの舞台を一度見てみたかったので。20世紀初頭にアメリカ南部で起きた冤罪事件を題材としたミュージカル。何といっても石丸幹二さんの歌唱力に圧倒される。堀内敬子さんが劇団四季出身だということは今回初めて知りました。透明のある綺麗な声。不器用な愛の物語でもあったなあ。自分に自信がなく、周りに流さ [続きを読む]
  • ドラマ 『怪奇恋愛作戦』
  • Amazonプライムビデオで視聴。これはとても面白かった!!!ケラリーノ・サンドロヴィッチが「三人の女性を真ん中に据え、ラブコメと怪奇物を融合し、徹底的なナンセンスコメディとして仕上げる――」という企画の下に脚本・演出を担当。 麻生久美子・坂井真紀・緒川たまきの三人が一生懸命で可愛らしい。仲村トオルのボケと大倉孝二のツッコミがたまらなく可笑しい。唄子さんと眠山さんのボケとツッコミもしみじみとして好きです。廻 [続きを読む]
  • 映画 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
  • Amazonビデオでレンタルで観ました。連休中だったので、500円で家族で観ればお得かと…スティックPCがあれば、動画をテレビ画面で観ることができます。 スターウォーズで観ているのは旧三部作と、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』だけなので、全体的なストーリーはよくわかっていません。ローグ・ワンにはドニー・イェンが出ているので観たかった!映画はよくできていてストーリーもアクションも面白かった。 [続きを読む]
  • 行ってらっしゃい!
  • (動画主様、お借り致します)浅田さん「新たな出発」 ショーに向けカナダへ KYODO NEWS何で真央ちゃんはいつもこんなに爽やかなんでしょう(*^^*)「滑り始めています」という言葉の何と嬉しいことよ!どんなプログラムになるのかワクワクしますね。そしてPIWの町田くん!PIW横浜2017 町田樹 Don Quixote Gala 2017:Basil's Gloryまっちーのドン・キホーテ、素晴らしい!見ていて高揚する感じ、本人の言う祝祭感がありますね。体幹 [続きを読む]
  • 深水黎一郎 『エコール・ド・パリ殺人事件』
  • 真央ちゃんファンということが判明した深水黎一郎さんの『エコール・ド・パリ殺人事件』電子書籍で読了。作中作の『呪われた芸術家たち』をとても興味深く読んだ。エコール・ド・パリの画家たちというくくりは全く知らなくて。密室トリックにはそれほど感心しなかったし、(暁宏之のような人物が最後あんな行動をとるだろうか?)背景のストーリーも「う〜ん」という感じだったけど、(芸術家の執念みたいなものが迫ってこない) [続きを読む]
  • 五十嵐大介 『ディザインズ』1〜2巻
  • 『ディザインズ』が2巻目まで出ているのを最近になって知りました。何という不覚!『ウムヴェルト』が『ディザインズ』の源流となる作品とのことでまずこちらを単行本で。短編の切れ味が素晴らしい。ちょうどそのタイミングで、私の誕生日に息子がKindle Paperwhiteをプレゼントしてくれたので、初めて漫画を電子書籍で購入してみました。(普通の本はiPhoneで読むのが楽だけどさすがに漫画は…と迷っていたところ)amazonの紹介 [続きを読む]
  • 『殺人鬼ゾディアック――犯罪史上最悪の猟奇事件、その隠された真実』
  • ゲーリー・L・スチュワート、スーザン・ムスタファ 『殺人鬼ゾディアック――犯罪史上最悪の猟奇事件、その隠された真実』読了。読み応えがありました。自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった、というのがノンフィクションだということに驚く。赤ん坊の時に捨てられ養父母に育てられたゲーリー。成人後に実母と再会。実父のことを調べていくうち、ゾディアック事件の犯人ではないかと気づく。親戚や友人、捜査関係者から聞き取り [続きを読む]
  • 楽しいことだけ考えていたい
  • 佳菜子ちゃんのことがあったので、THE ICEの追加メンバーがどうなるのか、また妨害されたらどうしようとか、ひとりで勝手にやきもきしています。去年もJBが決まったのは5月末だったし、これからだとは思うのですが、早く決まってほしい。でもその一方で、発表はギリギリの方が妨害されにくいかも、とも考えてしまうのは被害的過ぎるでしょうか…個人的には真央ちゃんさえ出てくれれば問題ないですし、楽しいショーになることは間違 [続きを読む]
  • 初野晴 『ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外篇』
  • 電子書籍で読みました。ハルチカシリーズ番外編。ミステリ要素もしっかりあって面白かったです。カイユのイメージがちょっと違ってたなあ。登場人物が増えて、把握できなくなってきてるわ(^^ゞそういえばハルチカ、実写映画化されたそうですが、ハルタとチカが草壁先生を好き、という設定はなしで、さらにミステリ要素もないという、原作とはかけ離れたもののようで…(-_-;)まあ観ないからいいんですけどね。 [続きを読む]
  • ジョージ・R・R・マーティン 『タフの方舟』シリーズ
  • 以前の記事 ジャック・ヴァンス『宇宙探偵マグナス・リドルフ』 へのコメントで教えていただいた「タフの方舟」シリーズ。『タフの方舟1 禍つ星』『タフの方舟2 天の果実』を読みました。とても面白かった!何といっても猫愛に溢れているのがイイ(=^・^=)(しかし猫の名前がfoolishnessとか酷いw)『魔獣売ります』のような派手な話もいいし、〈鋼鉄のウィドウ〉三部作の重厚さにも唸る。惑星ス=ウスラムにおける「冷たい方程式 [続きを読む]
  • ラプロス
  • (不機嫌そうな顔がデフォなので、なかなかいい写真がとれず…(^^ゞ)うちの猫、華(はな)の慢性腎不全が発覚してから、丸4年経ちました。15才、よく頑張ってくれています。皮下輸液も薬を飲むのもあまり嫌がらないので、助かります。ここ半年くらい検査的にはほぼ横ばい状態。飼い主の諸事情で先月から2回獣医さんに一泊で預かってもらい、その時は殆ど食べなかったということで、心配したのですが、家では食欲もあり、元気です [続きを読む]
  • けじめ
  • 真央ちゃんはスケート連盟から特別表彰されたんですね。すがすがしい表情。この姉弟は本当に可愛い。しょーま君、楽しくスケートできてるって良かったなあ(*´▽`*)関係者にちゃんをお礼を言える真央ちゃん、立派です。これでスケ連ともお別れ、めでたい\(~o~)/(上に文句を言って仕事を辞めた私とは大違い(^^ゞ)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 嫌がらせ???
  • PIWの日光公演が8/5と8/6にあり、村上佳菜子ちゃんが出演するそうです。THE ICEに来ると思ってたので残念( ノД`)シクシク…スケ連の合宿を被らせてきたこともあったし、もうこれは嫌がらせとしか思えない。去年なかなか出演者が決まらなかったのも何かあったのか?佳菜子ちゃんやしょーま君って荒川さんの事務所なんでしたっけ?しょーま君はDOI、FaOI、PIWに出るようだけど、THE ICEはどうなんだろう…(S木さん&O田くんと佳菜子ちゃ [続きを読む]
  • 舞台 『フェードル』
  • 4/26舞台『フェードル』@シアターコクーン昼公演に行ってきました。先週観た『エレクトラ』に続いて、こちらもギリシャ悲劇。大竹しのぶと門脇麦の共演ということで楽しみにしていました。許されない愛に翻弄される女を大竹しのぶが演じ切っていました。秘めていた想いを口にしてしまってからの心の動き。激情、乙女のような純情、嫉妬、絶望…台詞も半端なく長いのに、よくあれだけ演じられるなあ。門脇麦ちゃんは清純で真っ直ぐ [続きを読む]
  • 残念なAERA
  • Numberに続いて、評判の良いサンデー毎日を買ってきました。AERAは立ち読みしたんですが、ライバル対決の話だけならまだしも、KYさんの母親の話まで…全部は読まず、即本を閉じて棚に戻しました。表紙には惹かれたんですが…わかってないなあ。KYと良いライバル関係だったなんて思っていませんよ?真央ちゃん特番でもKYの顔が観たくなくて録画して飛ばして見てるのに。サンデー毎日は美しい写真たくさんで良かったです。ただ最後の [続きを読む]