m-hakusan さん プロフィール

  •  
m-hakusanさん: 山男と自然解説員の登山百景(仮)
ハンドル名m-hakusan さん
ブログタイトル山男と自然解説員の登山百景(仮)
ブログURLhttp://ameblo.jp/m-hakusan/
サイト紹介文『百の頂に百の喜びあり』 日本百名山や百高山、北陸の山などをがっつり紹介!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供263回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2015/11/12 18:01

m-hakusan さんのブログ記事

  • これってヤマメシ?
  • 昨日の登山は雪山のトレーニングそれとなんと言ってもヤマメシデビュー戦あとイワウチワなどの春の花も見なきゃね今日は登山よりも初挑戦したヤマメシを先にご紹介ですと言っても今回の料理はヤマメシと呼べるだろうか?なぜなら初のヤマメシはこちらジャーンステーキ!ヤッホー\(^^)/って肉焼いただけですけど…ヤマメシデビュー戦にはぜひとも肉料理を選びたかったってなことで豪快にやっちゃいましたでも、肉焼いただけでヤ [続きを読む]
  • 料理男子?
  • 最近では男性でも料理する人は多くいるテレビでも速水もこみちの料理番組は見ていて楽しいし、プラスで旨そうだ『料理男子』と言う言葉もあるらしい確かにテレビでも料理を食べる番組も多いが、作る番組も増えたのかもしれない実は恥ずかしながらこれまで料理と無縁だった私生まれてこの方、自宅の台所で包丁を握った記憶がないインスタントラーメンぐらいなら経験はあるがフライパン料理は嫁の指示で温めるくらい言い訳じゃない [続きを読む]
  • Maxとき
  • 久しぶりのブログは登山ネタならぬ鉄道ネタでMaxときが走る上越新幹線、新幹線では珍しい二階建ての8両編成この新幹線が連結され16両編成になると、ホームに入ってくる威圧感がハンパない16両編成になると1度に1,600人以上もの乗客を運ぶのだからスゴい先日、ネットに流れるこんな記事『2020年度末までに上越新幹線で使用している2階建て車両「E4系」を北陸新幹線で使われている「E7系」にすべて入れ替える』、と [続きを読む]
  • 最後の雪山とくとご覧あれ♪荒島岳
  • みな様 おはようございます昨日に引き続き荒島岳でございます百名山登山する方は遠出をした時、ついでに近くの百名山に登りたい私も前回の宮之浦岳の帰りに開聞岳へ登ってしまうみたいな遠くの方にはこの荒島岳は白山とセットで登るのが基本?かと思いますしかしこの荒島岳は標高が1,523mしかありませんから夏に登ると暑いかも金沢からですと2時間程度で着いてしまうので別々に登りますが、夏の暑さ対策は十分にしてから [続きを読む]
  • 最後の冬山?:荒島岳
  • みな様 おはようございますこの山行はちょっと新鮮味がない先週の山歩き九州ブログが長すぎて遅ばせながら今回の記事でありますさて、楽しい旅行ってすぐ終わっちゃいますよねあっという間に屋久島も終わってしまった森の中は良かったんですが山頂の天気がイマイチだったのが心残りでしょうか帰宅後も達成感はあるものの、なんかモヤモヤ感が胸から離れない気持ちのいい筋肉痛になりながら週末の天気予報を確認すると模様 [続きを読む]
  • 北陸の春山はすぐそこだ!
  • みな様 おはようございます昨日は登山ならぬ春を探しに散策道も登山道じゃなく遊歩道場所は立山の玄関口、富山県立山町吉峰にある『グリーンパーク吉峰』いつもは見飽きて写真も撮らないショウジョウバカマ、この時期に出会えるとなんだかうれしいキクザキイチゲは天気も悪いので開いてはないのかな?フキノトウはあっちこっちに咲いている今回はマンサクが咲いているだろうと来てみたが咲き始めショウジョウバカマもこれ [続きを読む]
  • ありがとう鹿児島!エンディング
  • いよいよ九州最終回\(^o^)/開聞岳の登頂も無事に終え、鹿児島中央駅を目指しますただ普通に帰っても面白くないって事でちゃんと寄り道の計画も練っておりました最初の目的地は鉄道マニアにはたまらない日本最南端の駅『西大山駅』沖縄にモノレールの駅が出来た為、日本最南端ではなくなりました。現在はJR最南端の駅となってます開聞岳から国道226号線を東へと車を走らせますすると左側に西大山駅の看板が出てきます標識は左 [続きを読む]
  • 登山ログ百名山:開聞岳
  • 地元の方に愛される山、開聞岳『笑ってコラえて:日本列島てっぺんの旅』大晦日から元旦にかけて多くの登山者がいましたね登山道はどこにでもある山道と変ることもなく、いたって普通先に行った宮之浦岳みたいな迫力がある訳でもない加えて標高も低いし立派な山小屋がある訳じゃないこの山がなぜ百名山なの?なんて思ったりしてま〜ま〜開聞岳愛好家の方カチンとせずに落ち着いて最後まで聞いて下さいね私が訪れた時はガッスガス [続きを読む]
  • キクザキイチゲ
  • 昨日の石川県内はポカポカ陽気それに比べ今日はまた寒い日に逆戻り色々なブログを見ると桜やカタクリなど、春の花の情報が盛りだくさん明日から4月だね、春だよ、春福寿草は石川県内でほとんど見ることが出来ないのでうらやましい藤原岳まで行こうか?なんて考えながら車の運転をしていると草むらに白いツブツブが見えている車の往来も少ないので思わずハザードを付け、車を止めて草むらをのぞき込むなんとキクザキイチゲじゃな [続きを読む]
  • ありがとう屋久島!からの開聞岳登山口まで
  • フェリー乗り場へ3時前に到着した私たち、予定より1時間以上も早い4時のフェリーも余裕じゃんなんて思い、受付に乗船変更したら『予約でいっぱいです』ってサラーって言われた種子島経由のトッピーは種子島から多くの乗船があるので満席が多いとの事私は出発前に往復の予約しましたが、乗船前に予約状況の確認も必要ですねここで2時間以上も空き時間が出来てしまった雨で外にも行けずそんな時はビールでカンパイこちらはフェ [続きを読む]
  • 屋久島:白谷雲水峡へ
  • 今年最初の百名山遠征日本最南端の百名山宮之浦岳縦走、長編ブログも本日でようやく終了です(^_^;)本日は大株歩道入口から縦走のゴール地点、白谷雲水峡へと目指します右のレールは途中で奈落の底に翁岳が見えるみたい急カーブには徐行の杭もあったりしますこちらは『仁王杉』(阿形)阿吽と言えば東大寺南大門の金剛力士像その仁王像が『あ』と口を開けているように見える・・・と、ありますが正直に言って見えない『阿吽の呼吸 [続きを読む]
  • 屋久島:縄文杉など名木ずらり編
  • 屋久島の森は『耳をすませば木霊のささやき』が聞こえるそうです私たちが訪れた時はどーだったかな?雨の音しかしなんだかな今回のブログは宮之浦岳登山以外の観光客も多く訪れる観光スポットぜひ一度は屋久島観光オススメですそれではさっそく縄文杉から始まります高塚小屋から東屋を過ぎ、数分で縄文杉へと到着するこの時期はオフシーズンって事で修理してるんでしょうが、人、多いです縄文杉の前に屋久杉がどれだけ大き [続きを読む]
  • 屋久島:宮之浦岳から高塚小屋編
  • 2017年春の宮之浦岳2014年、春の遠征に九州を選びました理由は『九州の方が春が早いから』ってな訳ですが・・・まさかあんなに雪が残っているとは今年は2月に多く雪が積もり、3月の冷え込みで雪解けが進んでいないその年にもよりますが3月の宮之浦岳は軽アイゼンは持参しましょう山頂からの景色は残念でしたが『こんな時もあるさ』と先へと進みます山頂では横浜から来られた登山者に撮影して頂きました北海道と宮之浦岳は最後 [続きを読む]
  • もう一つのスポーツ始まる
  • 十数年前から所属しているソフトボールチーム次の日曜日はリーグの開幕式チーム以外に所属リーグの役員となり、司会もしなきゃならない…トホホ開幕に備え、今日の午前中はリーグ開幕前のグランド整備その後、約半年ぶりのグローブをはめて開幕前のチーム練習『若手にまだまだ負けてられないからな』なんて思いながら練習するけど…久しぶりのグランドは山歩きと違い、体の硬さを痛感させてくれる早くもアチコチに筋肉痛が。。。 [続きを読む]
  • 登山ログ百名山:宮之浦岳
  • 日本百名山:宮之浦岳場所は鹿児島県本土から離れた屋久島、熊毛郡屋久島町宮之浦岳をはじめとする1,800m以上の高峰が連なる洋上アルプス日本最南端の百名山であります山登りじゃなくても一度は行ってみたい、そう思う観光スポット屋久島屋久島と言えば登山じゃなくてもキーワードに出てくる世界遺産屋久島は白神山地と共に日本で初めて世界自然遺産に登録されました後に知床・小笠原諸島が登録され、日本では4つの [続きを読む]
  • 屋久島:高層湿原、花之江河
  • 日本最南端の高層湿原『花之江河』屋久島の湿原はこれまでに訪れた月山や苗場山の高層湿原とは全く違う案内板に泥炭湿原と書かれていたが沼と言うより広範囲の湿地に近いのかなあっりゃ!天気悪いのバレてもた(´∀`*)雨が降ってもそれはそれでいい屋久島宮之浦岳霧で覆われるその景色は神秘的であり、神宿る雰囲気が味わえました雨が降って当たり前なのか、それとも私は雨男なのか…月に35日も雨が降ると言う屋久島そう聞けば今 [続きを読む]
  • いざっ、屋久島へ
  • 春の遠征先は日本最南端の百名山『宮之浦岳』世界遺産に縄文杉、簡単に行けるなら何度でも足を運ぼうじゃないの金沢から直線距離で900キロ、今回の移動に掛かった時間は12時間半北陸に住む私にとって、そう簡単には行ける場所ではないだからこそ今回は思いっきり楽しもうじゃないの屋久島を今回の九州遠征ブログの最後に今回の反省点も追記しております自分が屋久島へ行くまで写真なんか見たくないそうお考えの方には最後だけ見て [続きを読む]
  • 本気で疲れました
  • 夜分おそおそですm(_ _)mいやぁ〜マジで疲れた自分で計画したスケージュールがこんなにハードだとは(笑)本当にみんなよー着いて来たわいね春からハードな縦走やりすぎた(汗)でも本当に屋久島ってスゴいですよまさに大自然って感じようやく無事に自宅にたどり着き、お風呂上がりに1杯です近日中に写真整理しまして公開させて頂きますのでぜひご覧下さいませもう体が動かないので寝ますではおやすみなさい [続きを読む]
  • 登山計画百名山2017:開聞岳
  • 九州遠征、出発前の登山計画第二弾九州本土最南端の開聞岳でございます百名山の中では筑波山に続いて二番目に標高が低い頂でが・・・標高差は780mありますのでナメてかかると痛い目にあいそうさて、薩摩半島の最南端にある開聞岳宮之浦岳は念には念を入れて計画しましたが開聞岳は・・・開聞岳のルートはこちらとなりますなんとも素晴らしいくるくる巻いた等高線でしょうか円錐の山容なのがよくわかります勉強する程でもなく、登 [続きを読む]
  • 登山計画百名山2017:宮之浦岳
  • みな様 おはようございます今年最初の登山計画百名山さて、屋久島への遠征がいよいよあさってからスタートです屋久島への移動手段は以前ブログにしましたこちらからからご覧になれますそうそう、キップが手元に届きましたJR以外にトッピーのキップも片道ですが貼り付けましたでもあれですね、半日かかっても屋久島には着かない登山目的の遠征で最長距離更新ですそれでは本題の登山計画です最初に一言仕事も登山も段取り [続きを読む]
  • 口三方岳の途中まで
  • みな様 おはようございます昨日は私がトレーニングに利用する口三方岳へと行って来ました標高差900m、距離も景色も申し分無しでも行って来ましたと言っても途中で撤退想像以上に体力を消費したのに加え、ツボ足ならぬズボズボな雪道もうちょい雪が締まってから行こうかとま〜1番の理由が昼飯食べようと思ったら割り箸が無かったんですね(笑)途中までの山レポではありますがブログにしたいと思います昨年の6月、新緑が生 [続きを読む]
  • 高原地図をポチッとな
  • 登山に必要な持ち物の中に地図(地形図)が入ってくる最近では自分も周辺の人も山で地図を開けばほとんど高原地図でしょうか今回の遠征の為に高原地図を買うのは?と思ったが最近ではアプリもあるいざって時に必要かと思い、ダウンロードしようかと思うと…あっぶねぇ、7日に更新されるみたい確かに2016年版ほんでもって昨日は7日、ダウンロードしてみましょうか初めて購入したプリペイドカードちゃんとお知らせにもリリースの [続きを読む]
  • 白兀山:雪山を堪能する♪
  • 早いものでもう3月雪山がど〜だ、モフモフなんて言ってられるのも残りわずかでもせっかく雪山が近くにあるなら楽しもうじゃありませんかワカンやスノーシューを使う機会があれば使おうじゃありませんか4月になればモフモフの雪から凍った残雪となりワカンの出番よりアイゼンの時期となりますよねそれはそれで楽しみなんですけどねそれでは奥医王山と白兀山、セットで三百名山の医王山奥医王から一旦夕霧峠へと下り、白兀山(し [続きを読む]
  • 春霞の医王山
  • 石川県と富山県にまたがる医王山(いおうぜん)三百名山と頭に付ければ響きは良くなるでしょうか?両県から共に愛される医王山はお手軽に登れ、北アルプスや白山などの眺望も申し分無い。加えて眼下に広がる金沢市内や砺波平野の眺望もいい金沢市内から望む医王山は大きな二つの山が連なる。富山市内のはずれから望むとどことなく両神山に見える時があるもし三百名山登山をされる方がこのブログに出会ったならお伝えしたい医王山 [続きを読む]