noppi さん プロフィール

  •  
noppiさん: エストニアに住まう
ハンドル名noppi さん
ブログタイトルエストニアに住まう
ブログURLhttp://eesti.sblo.jp/
サイト紹介文エストニアに住む日本人がエストニアを語ります。
自由文エストニアに興味、関心のある人に、ためになるブログを目指します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/11/12 18:11

noppi さんのブログ記事

  • エストニアに住まう最終回
  • 約1年半にわたりお届けしてまいりました「エストニアに住まう」ですが、都合により、本日で最終回といたします。これまで、ご愛顧いただきましてありがとうございました。もしかしたらいつか復活するかもしれませんが、現在のところ復活の予定はありません。過去記事はしばらく残りますので、今後もご参照いただけます。本当にありがとうございました! [続きを読む]
  • タルトゥ平和条約記念日2017
  • 今週木曜日2月2日はタルトゥ平和条約記念日です。1920年2月2日にエストニアとソヴィエトロシアの間でタルトゥ平和条約が結ばれ、エストニアは独立戦争に勝利しました。タルトゥ平和条約表紙(パブリックドメイン)エストニアはすでに1918年2月24日に独立宣言をしていますが、この時点で法的に独立を承認している国はありません。いわばエストニアの人たちが「勝手に独立を宣言した」という状態です。実際、独立宣言のすぐ後にドイ [続きを読む]
  • エストニアの新しい首都
  • エストニアの首都は言わずと知れたタリンです。「エストニアの新しい首都」というと、すわ、遷都か、と思うかもしれませんがそうではありません〓エストニアにはタリンのほかに、「季節の首都」というのがあります。季節の首都はこちらの記事に説明があります。エストニアの首都そして、今年2017年から、「新しい首都」が仲間入りしました。新しい首都は「太陽の首都」です〓「太陽の首都」の称号を得たのはエストニアで最も大きい [続きを読む]
  • エストニアの国花
  • エストニアの国の花、国花は「ヤグルマギク」という青い花です。出典;wikipediaと聞いて、「知ってる!」という日本人はあまりいないかもしれません。この花がなぜエストニアの国花になっているのかというのは、この花のエストニア語名を見るとよくわかります。ヤグルマギクのエストニア語名はrukkilillといいます。このrukki(rukis)というのはエストニア人の精神的な主食「レイブ」(黒パン)の原料、ライ麦のことなのです。で [続きを読む]
  • エストニアのテレビ番組
  • エストニアにももちろんテレビ局があって、番組制作をしています。しかし、エストニアの人口が130万人程度で、うちエストニア語話者は100万人程度ですから、エストニア語番組の潜在的対象視聴者は全国放送であっても100万人程度に過ぎません。日本の全国放送であれば1億人以上、ローカル番組あっても、500万人程度規模の対象者がいると考えると、エストニアの視聴対象者は日本の1/5〜1/100程度しかいません。ということは単純に考 [続きを読む]
  • エストニアの勲章
  • テッラマリアナ十字勲章3等エストニアの勲章は下記のような種類があります。毎年、独立記念日にあわせて決定、授与されますが、季節的案件、緊急的な場合は、それ以外の時期にも贈られます。エストニアの勲章の種類や、どういう人に授与されるのかというのは法律で決まっていますが、誰に授与するのか、とか、何名に授与するのかというのは、大統領の裁量になっています。昨年の独立記念日に勲章を贈られたのは99人で、イルヴェス [続きを読む]
  • エストニアの冬の乗り物
  • エストニアで雪が降ると町中で見かけるようになる乗り物があります。それがこちら。椅子付きのそりです〓エストニアでもタリンなどの都市部では見かけませんが、地方ではこれを使っている人をかなり見かけます。比較的年配の方が使用していることが多いですが、昔の乗り物、というわけでもなく、今でも新品のものが店で売られています。このそりのエストニア語名はtõukekelk(トゥケケルク、直訳だと「キックそり」)ですが、別名 [続きを読む]
  • 日本でエストニア映画絶賛上映中!
  • 日本でエストニアの雰囲気を堪能していただく絶好のチャンスですのでご紹介したいと思います。ただ今、エストニアを舞台にした映画「こころに剣士を」が日本全国の映画館で上映中です。エストニア題はVehklejaといい、直訳ですと単に「剣士」となり、フェンシング剣士の物語です。この映画は、旧ソ連時代のエストニアのハープサルを舞台にしており、エストニアのソ連占領時代の史実や世相を垣間見ることができると思います。もちろ [続きを読む]
  • 三賢者の日(公現際)2017
  • エストニアで1月6日は「三賢者の日」です。これまた、キリスト教関係の国日で、キリスト教に詳しくなければなんのことやらわかりませんが、イエスの誕生の際に、東方から3人の賢者(王)がやってきて、イエスを拝み、贈り物を置いていったという話を起源にしているようです。本来1月6日がイエスの誕生日で、この日がクリスマスの終わりの日とされています。エストニアでは、昔は「王」の衣装を着て、豆の入ったパイを食べるという [続きを読む]
  • 独立戦争の兵士を偲ぶ日2017
  • 明日1月3日はエストニアの「独立戦争の兵士を偲ぶ日」です。1月3日が「独立戦争の兵士を偲ぶ日」になっている理由は、エストニア独立戦争において、1920年1月3日午前10時30分にエストニア軍とロシアソヴィエト軍との間で休戦協定が発効し、事実上独立戦争が終結した、ということからです。その約1か月後の1920年2月2日にエストニアとロシアの間で平和条約(タルト条約)が調印され、エストニアは独立戦争に勝利しました。この独立 [続きを読む]
  • エストニアの新年2017
  • あけましておめでとうございます。エストニア語で「あけましておめでとうございます」に相当する新年のあいさつは「ヘアドゥータアスタトHead uut aastat」といい、直訳では「よい新年を」となります。1月1日はやはりエストニアでも祝日となります。但し、国旗掲揚日ではないので国旗は掲げません。ルーテル教的には1月6日の「三賢者の日」まではクリスマス期間と考えられていますが、現代エストニアでは2日から普通に仕事の方が多 [続きを読む]
  • エストニアの大晦日2016
  • エストニアの大晦日は「ヴァナアアスタウフトゥvana aasta õhtu」といい、「旧年の夜」という意味になります。「エストニアの冬至祭」の記事にあったように、古来12月25日がすでに新年とされていましたので、1月1日はカレンダー上の新年なだけであったのですが、今はもちろん、1月1日が新年です。ですから、現代のエストニアの風習的には大晦日が2回あるような感じで、12月24日も12月31日もあまりやることは変わりません。だ [続きを読む]
  • エストニア大統領はエストニア語文法も自分で決める?
  • エストニア人の姓はだいたい意味のある単語なのですが、今年エストニアの大統領になったカリュライドさんのkaljulaidというのは直訳すると「岩礁」ですので、岩礁大統領となります〓エストニア人の姓また、エストニア語には日本語のような助詞がない代わりに、名詞も活用します。例えば、「友達」はエストニア語でsõberですが、「友達のお母さん」だとsõbra emaと「友達」の部分が活用します。文法的に言うと「所有格」(または [続きを読む]
  • エストニアのクリスマス2016
  • 明日12月24日はクリスマスイブですね。エストニアでは、12月24日クリスマスイブ、12月25日クリスマス、12月26日クリスマス2日目と3日連続して祝日となります。さらに今日12月23日は、役所や一般的な企業は通常より3時間早く業務が終わる、半ドン的な日になりますので、約3日半祝日があると言ってもいいでしょう。国民に信者は少ないにもかかわらず、エストニアのカレンダーは基本的にルーテル教会に従っているのでこのような連休に [続きを読む]
  • エストニアの冬至祭2016
  • 今週水曜日12月21日は日本では冬至ですね。エストニアでも最も日が短い日となり、日の出は9時20分ごろ、日の入りは15時20分ごろで、太陽が出ている時間は6時間あまりとなります。夏至のころにはほとんど白夜のようになりますので、冬至のころにその反動が来るのは仕方ありません。しかしながら、エストニアで冬至に特に何かをするという風習は現代ではあまりありません。なぜなら、「冬至祭」はキリスト教の影響でクリスマスのこと [続きを読む]
  • エストニアで古民家再生 ― 裏玄関(風除室)の撤去
  • 古民家には出入り口が2か所あり、どちらも建物から突き出た風除室があります。表玄関はレンガのしっかりとした造りですが、裏玄関のほうは木造で、いかにもぶしつけな出来です。ここにはウッドデッキのテラスを作る予定があるので、将来的にはこの裏玄関を除去するつもりでしたが、リフォーム作業の邪魔になることが判明したため、この風除室を早めに撤去することにしました。こんな華奢な木造の風除室は、自力解体で十分です。と [続きを読む]
  • タリンの世界一古いクリスマスツリー!?
  • 今年も12月になり、クリスマスのシーズンですね。エストニアも12月はクリスマスのシーズンです。タリンでは毎年12月になると旧市街地のラエコヤ(市庁舎)広場にクリスマスツリーが立てられ、クリスマスマーケットが始まります。このクリスマスツリーをラエコヤ広場に立てる慣習というのは、すでに、かれこれ600年近い伝統だそうで、1441年に始まったといわれています。そしてタリン市はこれが世界でもっとも古くからクリスマスツ [続きを読む]
  • やっぱりエストニアの教育水準は高い
  • 以前、エストニアの教育水準について記事にしましたが、OECDの最新のPISA2015の結果が出ましたので、データを追加してみました。エストニアの教育水準は意外と高い今回、エストニアは3科目とも順位を上げすべてトップ10に入っています。これにはOECDもびっくりしたのでしょうか、エストニアの特別レポートまで出されています〓http://www.oecd.org/pisa/PISA-2015-estonia.pdfフィンランドはほぼ現状維持、日本は数学、科学は上げ [続きを読む]
  • エストニアの市郡合併
  • 日本でも「平成の大合併」等と言って、少し前に全国の市町村が次々と合併しましたが、エストニアでは、今、市郡合併が真っ盛りです。もともと2004年にエストニアの「市郡合併推進法」ができて、日本の「合併特例法」のように、財政的に有利になったりするアメをばらまく作戦で、エストニアの市郡合併が少しづつ進みました。しかし、近年ではこのアメに飛びついて合併する市郡ももうなくなってきてしまいましたが、それでもエストニ [続きを読む]
  • エストニアの知られざるレストラン - ステッファニピザレストラン
  • 久しぶりですが、「エストニアの知られざるレストラン」のコーナー、今回はパルヌ旧市街地にある「ステッファニピザレストラン」です。このステッファニピザは超人気店で、有名店ですので、「知られざる」はちょっと語弊があるかもしれません。ステッファニピザレストランの名前はここに住んでいた教会オルガン奏者のステッファニにちなんでおり、この建物は18世紀初頭に建てられたと考えられています。このピザ店は超人気店のため [続きを読む]
  • エストニアで洗濯機を買う
  • 先日引っ越しをしまして、家財道具は自力ですべて運んだのですが、1つだけ自力で運べないものがありました。エストニアで引っ越しそれが洗濯機です。重さが約70kgもあるので、1人では運べませんし、非力な我が家では2人がかりでも運べません〓(ちなみに食器洗浄機は自力で運べました)引越屋に頼むと距離が遠いこともあって、洗濯機だけでも100ユーロぐらいかかります。前回の引っ越しですでに80ユーロ程度払っていますし、我が家 [続きを読む]
  • 「栗の木」だと思っていたのに「栗」じゃなかった話
  • 我が家の古民家の敷地には「栗の木」が立っており、「栗」が収穫できます。古民家購入時からこの「栗の木」には気づいていて、毎秋には大量の「栗」が収穫できるものと目論んでいました。古民家購入後、古民家再生に時間がとられたりしてあまり時間がなかったので、これまでこの「栗」をなかなか収穫できておらず、また一度収穫したこともあったものの、調理するまでに至っていませんでした。そして、今年ようやく初めて収穫・調理 [続きを読む]
  • 【速報】エストニアの新首相はユリ・ラタスさんに決定!
  • ルイヴァス前首相が不信任決議により辞職したことにより、カリュライド大統領は昨日日曜日、新首相候補に中央党党首のユリ・ラタスさんを指名しました。エストニア内閣不信任決議、ルイヴァス首相辞任!そして今日、ラタスさんの首相就任が国会で承認され、ラタス内閣の発足が決定いたしました。この連立政権は中央党、社会民主党、祖国連合の3党連立となっており、閣僚は各党から5人ずつ輩出されることになりました。改革党が下野 [続きを読む]
  • エストニア内閣不信任決議、ルイヴァス首相辞任!
  • 先週月曜日のことですが、連立与党を構成している改革党、社会民主党、祖国連合の3党のうち、社会民主党と祖国連合が連立を離脱することを表明しました。首相ルイヴァス擁する改革党は国会第1党といえども、過半数の議席を持っているわけではありませんので、改革党対その他全党となると勝ち目はありません。先週水曜日には内閣不信任決議がなされ、ルイヴァス内閣は総辞職しました。日本だと、こういう場合、ほぼ「解散総選挙!」 [続きを読む]