トン子 さん プロフィール

  •  
トン子さん: 〜毒親ブログ〜「うちの毒母」
ハンドル名トン子 さん
ブログタイトル〜毒親ブログ〜「うちの毒母」
ブログURLhttp://dokuhaha.blog111.fc2.com/
サイト紹介文毒母から離れ、また戻りを繰り返し、 引っ越しを機に絶縁しました。
自由文毒母に関するツライ思い出を吐き出します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/11/13 12:45

トン子 さんのブログ記事

  • 電話越しからも伝わる負のオーラ。
  • 毒母が上の子と話すのは祖父の葬儀以来なので6年ぶりでしょうか。「〇〇〜、小さい頃抱っこしたりおんぶしてあげたこと覚えてる〜?」(毒)「はぁ…覚えてないです…」(子)ぶっちゃけ初対面の知らないおばちゃんといきなり電話でトークしろと言われたようなもんです。そこからなぜか急に実家からレスキューした犬の話になってどこをどうやったらそうなるのか…犬の値段の話になっていました(゚д゚)ちなみに私たちはこの犬は10万 [続きを読む]
  • 毒母がジワジワと攻め込んでくる。
  • 家系図の件で父と話してから頻繁に電話がかかってくるようになりました。以前の記事にも書きましたが父方の家系は早死に家系なので自分もそろそろ…と内心思っているんだと思う。(本人は冗談ぽく言っているけど)だから電話のたびに「いい加減(毒母と)和解してくれよ。アイツはああいう性格なんだからお前が折れてさえくれればいいんだから。お父さんのために頼むよ」と懇願してくるようになって…。でももちろん断固拒否!!で [続きを読む]
  • 靴の思い出。
  • 男の子の靴って本当に持たない…。すぐに穴を開けて帰ってきます。NHKのドキュメンタリーで子供の貧困について取り上げていて録画して観たのだけどそこに出ている子の靴がボロボロでふと自分の事を思い出しました。(余談ですがNHKに出演している貧困家庭の子はスマホを所持していて、息子が『どこが貧困なんだ!!まずはそのスマホを手放せ』と怒っていました)毒母はミニモニサイズ(身長140cm代)で足も小さい。大人用の靴では [続きを読む]
  • 家系図の話(これが最終かな?多分…)
  • 業者に依頼した家系譜にところどころ誤りがあったのでエクセルを使って自分で修正を加えています。毒母の家系の分が昨日ようやく終わったのですが(何度も言うようですが父方と違って複雑なので本当にしんどかった)そこで初めて気づいた点が…。毒母の父の父(私から見て曾祖父)は2回結婚していて2度目の奥さんの第一子が祖父(毒母の父)なんです。1度目の奥さんとは子供が出来ても育たなかったらしく、昔は後継ぎが出来ない [続きを読む]
  • 祝★6周年。
  • 今年で毒母と絶縁してから無事6周年、7年目に入りました。最初の絶縁が初めての一人暮らしの時で約2年。一時の気の迷いと毒母の「改心したから」の声に騙され、実家に帰ったものの元の木阿弥でほんの数か月で再び家を出て2回目の一人暮らし。こちらが丸6年。結婚することになりあちらのご両親の手前絶縁状態のままというわけにもいかず再び連絡を取るようになったらまぁ調子づくこと!!独身時代は私のことを所有物のように扱って [続きを読む]
  • 家系図の話の続き。
  • 母方の家系図を見て気になったことは前回の子供が早世していることもそうなんだけど(成人して若くして亡くなっている人もちらほら…。私の伯母も32歳で亡くなっていますが、取得した戸籍上ではそこまで記載されていないのでもしかしたら他にも沢山いるのかもしれません)離婚、再婚が多すぎ!!!前回の記事で書いた曾祖父の兄がダントツですごい人でしたがその他、女性でも離婚している人が多いしこれまた戸籍上には記載されてい [続きを読む]
  • 家系図を見て納得。
  • 夏くらいに「家系図」に興味を持ったと書いたと思いますが結局、自分で調べるのは相当難しそうだったので業者に戸籍調査の依頼をしました。その調査結果が年明けてようやく届きました。そして家系図(正確には家系譜というもので、一人一人の詳細が年代順にかいてあるものです)を見て「あ〜、やっぱりね」と妙に納得してしまいました。父方の家系は想像通りいわゆる普通の家系。特筆するようなことは何もないような本当に平凡な家 [続きを読む]
  • おでんの思い出。
  • 子供の頃に大嫌いだったメニューが大人になったら大好物になった…という話は割とあると思いますが私の場合はそれが結構多い。というのも、毒母の料理が激マズだったから。子供が少食=母親の料理が下手という話も聞きますがまさにそうでした。「うちの子供たちは本当に全然食べなくて…」とよくこぼしていたけれどあんな不味い料理じゃ食欲も起きないわけで。ちなみに私はおでんがあまり好きではないのですが子供たちにせがまれて [続きを読む]
  • 公的な絶縁状だって。
  • 今朝、テレ朝の番組で「姻族関係終了届」というものについて取り上げていました。「夫の死後、姑と縁を切る魔法の書類」だそうです(笑)詳しく書きますと結婚によって、血のつながりのない配偶者の両親や兄弟と姻族関係が結ばれるが、離婚をすれば婚姻関係が終了するとともに、姻族関係も自動的に終了する。しかし、配偶者のどちらかが死亡した場合は婚姻関係は終了するが、配偶者の親兄弟との姻族関係はそのまま継続することにな [続きを読む]
  • 思わず泣いてしまった話。
  • 先日、人前で泣いてしまいました。私は割と感情が昂り易いタイプでよく泣くのですが人前で泣くなんていつ以来のことだろう…。仕事で初めてお邪魔したお宅で帰る間際にお茶を頂いていた時のこと。このお宅の女性は70代で見た目はマイナス10歳くらいの若々しくてとてもおっとりした優しい方。多分何の気なしに聞いたんだと思うけれど私の実家の所在地から母親の話へと発展しました。嘘がつけない性分なので「母親とはあまり仲が良く [続きを読む]
  • ふと思い出したこと。
  • 自分でつくれる200年家系図 [ 橋本雅幸 ]価格:1512円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)この夏に↑この本を読んだらものすごーーーく家系図に興味が沸いてきて色々調べているところです。我が家はもともと親戚づきあいがないので自分の先祖がどういう人でどこに住んでいたのかすら分からない状態。父方の祖父母は早くに亡くなっていたので私は会ったことがありません。母方のほうは小学校低学年頃まで曾祖父、曾祖母ともに健在だ [続きを読む]
  • またまた途中になってしまっていました…。
  • 毒母とその下の妹(私にとっての叔母)との修羅場のことを書いてそれっきりになってしまっていました。スミマセン…。毒親ブログは余力があるうちにバーーっと一気に書ききらないと書く気が失せてしまうようで。もう父から話を聞いてから3か月以上経っているので私の中の記憶も徐々に薄れつつあったり…。とにかくこの二人の仲の悪さはもう昔っからで今に始まったことじゃないんだけど金の話が絡んでくるとさらにタチが悪くなるよ [続きを読む]
  • 救出できましたandその他の話。
  • 前回の記事に書いた6年間ずっと幽閉されていたワンちゃん。無事救出できました!詳細は長くなるので省きますが半ば強引に連れ出したって感じでしょうか…。今日で我が家に来て3日目。初日はワンコの興奮が収まらなくて夜鳴きもするしこりゃ先が思いやられそうだ…と疲労気味でしたが2日目には落ち着いてきてトイレもほぼ出来ていたので3日目の今日から室内はほぼフリーにしています。(いたずらをする子ではないけど万が一を考え [続きを読む]
  • がっくりな展開。
  • ちなみに1Fで飼っていた犬は13年くらい生きてつい最近亡くなったそうです。なら2Fの犬が1Fに来たのかな?と思ったんですがその犬は変わらず幽閉されたままでわざわざ新しい犬を飼ったんだとか。そんなに2Fの犬が気に入らないなら誰かに譲ればいいのに…。ちなみにこの可哀想なワンコは6年前に実家に来たのですがとても人懐こくて可愛い女の子です。その当時はまだ絶縁していなかったので(絶縁の1年前)ワンコを子供たち [続きを読む]
  • ワーカーホリック。
  • ちなみに肺炎になった原因は父いわく「働き過ぎ」だそうで。とにかく色々とかけもちで仕事をしているらしい。これは私が小さい頃からそうだったんだけど今になって思えばこのワーカーホリック的な状態は「大人の多動」みたいなもんなのかな?と。とにかくやるべきことをやらないくせに手当たり次第予定を詰め込んで自分を追い込んでいくということをやるんです。(キャパオーバーで自滅するパターン)だから家の中は常に荒れ放題 [続きを読む]
  • 毒母入院。
  • 2014年の秋に祖母が亡くなって以来父親とも連絡を取っていませんでした。うちの旦那に毒母がCメールをガンガン送りつけてくることを話したくて一度telしたことがあるのですが出てくれなくて…。毒母が近くにいるからなのか、私が葬儀に出なかったことで何かしら思うことがあるのかな…と思っていたけれど私のほうも「もう別にいいや…」と思って月日が流れました。で。今週の初めのことです。滅多にならない携帯が鳴りました。「 [続きを読む]
  • 毒母持ちの方に読んで欲しい。
  • TwitterのTLで流れてきたこちら↓VERY妻になりたかった母の死から学んだこと記事の後半に毒母持ちならうんうんとうなずいてしまうことばかり書かれています。母を嫌いだったからこそ、私は彼女のようにならずにすんだ。もともとの家族がダメでも、人はみずからパートナーを選んで、新しい家族を作れる。本当にその通りです。 [続きを読む]
  • 銀歯の思い出。
  • またまた更新が空いてしまいました。今日は前回の続きではなく小学生時代に話が飛んでしまいますがお許し下さい。先日、子供たちのフッ素塗布の為に歯科医を訪れました。そのせいで夜寝る前にふと思い出した出来事があるのでそのことについて書きます。前にこのブログにも書いたかもしれませんが私は幼稚園の頃から虫歯があってガッツリ銀歯が入っていました。これはまだ幼稚園の頃の話なのですが友達のお母さんからもらったソフ [続きを読む]
  • 宗教。
  • 私が小さいころから毒母はある新興宗教を信仰していました。新興宗教といっても悪徳という雰囲気はなく子供のころの私は普通の神社というかお寺のようなところにお参りに行くという感覚でした。その宗教は毒母が、というよりも毒母の母(つまり祖母)が入っていてその流れで…というもののようでした。七五三のご祈祷もここでやった記憶があります。小学校低学年だか幼稚園の頃にここに行った際に駐車場から本殿までの道で私がは [続きを読む]
  • 弟が…。
  • とりあえず私は父に連絡を取りました。「ババァ(家出をしてからはこの呼び名です)から電話があったんだけどなんでか知ってる??どうしてうちの番号知ってるの???」父の話によると毒母は父と私は必ず連絡を取り合っていると思い、NTTの通話明細を取り寄せた。それに見知らぬ横浜の番号が何度か載っていたのであたりをつけて電話をしたのだろう、とのこと。家では高校生になった弟が(入学してすぐ辞めてしまったので実際は無 [続きを読む]
  • 人間性を疑う発言。
  • 次の記事で毒母登場の続きを書きますのでどうかご容赦を…。タチの悪い浮気癖ももちろんなのですが付き合っていて宮川くんの人間性について「ん?」と思ったことが何度もありました。でも優しい時は優しいのでそんな欠点に目をつぶって自分をだましていたのでしょうね。よくDVされている女性が「でも…彼って優しい時は本当に優しいの…」とボコボコにされているのにもかかわらずかばうのに似ているかも…。一番印象に残っている [続きを読む]
  • 浮気症は治らない病気。
  • 前回でようやく毒母が登場したのに申し訳ないのですが今日は前回の続きではありません。。。今までの記事では細かいことは書いていないので宮川くんについてもう少し詳細に書いてみようと思います。あまり別れた恋人の悪口を書くのは良いことではないのですが宮川くんに関してだけは神様もきっと許してくれるはずです(苦笑)宮川くんはハッキリ言うと気が多い女好きな人でした。でも見た目は真面目そうで童顔なので全然そんな感 [続きを読む]
  • 恐怖の留守電。
  • 星占いなんて信じない…という人が多いと思いますがまぁ聞いて下さい。私は射手座なので「追われる恋よりも追う恋が好き」なんです。(同じ射手座の方いらっしゃいますか?)なので、自分の気持ち<相手の気持ちという比重はダメなんです。でも宮川くんに懇願され付き合っていくうちに「あぁ、やっぱりこの人で良かった」と思うようになって…。(バカバカ!!それ騙されてるよ!!!)一人暮らしを始めて1年くらいは本当に平和で [続きを読む]
  • 宮川くんとの関係。
  • ブログって一旦波に乗るとサクサク更新できるんですけどパタッとやる気をなくすと放置状態になってしまいます。今は更新の神が舞い降りてきているのでこの隙にガンガン書きたいと思います。…でないとまた何年も放置しそうで。最初の一か月は食べるものにも困るサバイバルな状態で大変でしたがお給料が入り、少しずつ家財道具を買いそろえ人間らしい暮らしが出来るようになってくるとますます楽しくなってきました。ちなみに宮川 [続きを読む]
  • 平和な日々のスタート。
  • 9月の第1日曜日に父の車で荷物を運んでもらい(元々ボストンバッグ一つで家出をしたくらいだから私物は少なかった)念願の一人暮らしがスタートしました。父は私が家を出ることには反対だったので引っ越しの時はとても不機嫌だったけれど…。何もない部屋での新生活。布団もなかったのでカーペットの上(今はフローリングの部屋が多いのでしょうがカーペット敷きの部屋だった)にタオルケットをかぶって寝ていました。(まだ9月だ [続きを読む]