asia00 さん プロフィール

  •  
asia00さん: 超おなかが弱い人向け 海外旅行ガイド
ハンドル名asia00 さん
ブログタイトル超おなかが弱い人向け 海外旅行ガイド
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/asia00/
サイト紹介文超おなかが弱い人向けに、海外旅行での注意、 対策を経験談を踏まえて、情報提供します。
自由文兵庫県在住のアラフォー(男)です。

超おなかが弱いですが、
毎回ドキドキしながら
海外旅行してます。

せっかくなんで、同じ悩みを抱えている人向けに
いろいろ情報提供していきます

そのほか、旅行の写真もちらほら載せてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 313日(平均0.8回/週) - 参加 2015/11/14 22:54

asia00 さんのブログ記事

  • 巨大『毛沢東』像が話題の「中国河南省開封市」ってどこ? 場所は?
  • 金色の「毛沢東」像が話題となっています。政府の許可を取っていなかったとかで、すでに取り壊されたというニュースがありました。中国はいつも「香ばしい」ニュースを提供してくれるので面白いですね。で、毛沢東像があった「中国河南省開封市」をチェックしてみましょう。①場所は??赤いピンがあるところです。中国河南省開封市って意外と東の方なんですよ。(中国って、面積は広いですが、ほとんどの都市や人口は東に偏ってい [続きを読む]
  • 落下した謎の物体  ベトナム北部のどこ? 場所は?
  • ベトナム北部で、謎の物体が降ってきたというニュースがありました。実際の場所はどのあたりなのでしょうか。確認してみましょう。ニュースによると、謎の物体の落下場所は2か所。まず、イエンバイ(Yen Bai)省というところで、球体2個が発見され、さらにトゥイェンクアン(Tuyen Quang)省でも落下したとのこと。地図で確認すると。 左側の赤いピンがイエンバイ(Yen Bai)省右側の赤いピンがトゥイェンクアン(Tuyen Quang)省 [続きを読む]
  • 地図で見るイランとサウジアラビア 状況はヤバい?
  • 緊張が続いている、イランとサウジアラビア。ピンと来ない中東を地図で考えてみましょう。 赤いピンが立っているのが、それぞれの首都。イランの首都は「テヘラン」。サウジアラビアの首都は「リヤド」首都に着目すると距離が離れていますが、ペルシャ湾という海を介して、向き合っているのがわかります。最短距離で200km程度。これは、東京⇔名古屋間より近いです。その2国がいがみ合っているというのは、結構危ない状況とい [続きを読む]
  • ネパールでの「ピンチ」 お腹が痛い!!
  • 2011年 ネパール旅行での危なかった話。GWを利用して、ネパール旅行へ。その際に、マウンテンフライトっていうのに参加してきました。これは、ヒマラヤの山々を飛行機で観覧することができ、もちろんエベレストも見ることができる観光。たった1時間のフライトなんで、お腹が弱いなんて関係ないと思っていましたが、、東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい… ネパールの旅 プレミアム完全版 [DVD] [DVD]東野幸治よし [続きを読む]
  • イラン人と話してみた結果
  • 2015年、イランを旅行しました。何人かのイラン人と会話をしましたが、印象に残った言葉を挙げてみます。◆会話 その①エスファハーンのホテルスタッフ(男性 おそらく20代)1.イラン(ペルシャ)は歴史がある大国だ。  アラブは歴史がない。2.アラブ人はオイル(石油)とマネーだけ。  ちゃんと教育されていない人達だ。3.日本人が泊まった部屋はきれい。  アラブ人が泊まると部屋が滅茶苦茶になる。→ほとんどア [続きを読む]
  • 中国のトイレ失敗談(2002年)『後編』
  • 『前編』の続きです。串焼き屋でお腹をついに壊してまい、突然の下痢に襲われました。ピンチです。串焼き屋には事実上、トイレはない状態。(詳しくは前編を参照ください)せっかくの旅の出会いを楽しんでいましたが、急ぎ、ホテルへ撤収です。しかし。。別れを告げ、ホテルへ向かうもなかなかたどり着けません。初めての街、しかも夜中。お腹が痛いという状況。焦れば焦るほど、ホテルの場所が分からなくなってきました。そして、 [続きを読む]
  • 中国のトイレ失敗談(2002年)『前編』
  • もうかなり前になりますが、2002年の中国内モンゴル自治区のハイラル(海拉尓)という町。トイレで苦い思い出があります。場所はここ。 会社を休んで、5日間の行程。大平原を見るのが目的でした。「事件」が発生したのはハイラル到着初日。夕食を食べに近くの小さな串焼き屋へ。そこの女性店員と仲良くなり、下手な中国語を介して、会話を楽しんでました。すると。。トイレに行きたくなりました。(この時は「小」の方でした。)女 [続きを読む]
  • 中国のトイレが汚い、は過去の話??
  • 海外のトイレでことさら評判の悪い中国のトイレ。実際のところ、どうなんでしょうか。中国には都市、田舎含めて10回以上訪問している筆者としては、中国のトイレに対する認識は、、一部では正しくて、一部で誤っています。なぜなら、都市部ではかなりトイレの状況が改善されており、いわゆる悲惨なトイレは数少なくなっているからです。しかしながら、中国の現状が日本に伝わらないのは、以下の理由かと推測します。理由① 日本 [続きを読む]
  • 【お腹が弱い人向け対策】海外旅行に下痢止めは不要!?
  • 海外旅行で下痢対策。まず思いつくのが下痢止めの薬ですよね。しかし、お腹が弱い僕は基本的に下痢になってしまったら下痢止めは使いません。なぜなら、、★理由 その①  下痢は「有害な物質を人体から排出しようとする生理現象だから」   下痢をしたということは、何か原因があるはずです。 (お腹が弱い人は原因不明なこともありますが。。) 体が受け付けないものを誤って摂取してしまっているのですから、 無理に下痢 [続きを読む]
  • 鳥葬・ラルンガルゴンパ 旅のまとめ
  • 今回の旅の起点、「成都」に帰ってきました。鳥葬、ラルンガルゴンパ、とチベット文化に浸った今回の旅でしたが、成都はやっぱり漢民族文化圏と化しています。これは街の中心街。車で十数時間の距離でこんなに文化が違うっていうのも違和感があります。せっかくなんで、三国志ゆかりの観光地、「武侯祠」にやってきました。とにかく、テーマパークって感じですね。日本人にとっては、中国文化の中でもかなり身近な三国志。それでも [続きを読む]
  • ラルンガルゴンパ さらば
  • ラルンガルゴンパ、もう少し堪能したかったのですが、成都に戻ります。仕事もあるし、断腸の思いです。。 朝、暗いうちに色達(セルタ)の中心から乗り合いタクシー(ランドクルーザー)に乗り込みます。途中、ラルンガルゴンパにも立ち寄り、乗客を乗せます。早朝のラルンガルゴンパです。意外ときらびやかです。ひたすら成都に向かいます。チベット式の建築物がちらほら。まだまだ四川省はチベット文化圏ですね。田園の背後に雪 [続きを読む]
  • ラルンガルゴンパとの出会い
  • 今日は旅の目的の一つ、「ラルンガルゴンパ」に行ってみます。朝起きると、色達「セルタ」周囲の山々は雪に覆われてました。ここでも3000m近い標高があるので、当然かもしれません。ホテル近くの市場にやってきました。あんまり盛り上がりはないですね。鳥も売ってました。鳥インフルエンザが流行っていた時期なので、ちょっと身構えます。では、おなかの調子も大丈夫そうなんでラルンガルゴンパに向かいます。街からはミニバスで3 [続きを読む]
  • 甘孜(ガンゼ)から色達(セルタ)へ
  • 今日はラルンガルゴンパに行くために、色達(セルタ)に向かいます。ほんとは甘孜(ガンゼ)をぶらぶらしたかったんですが、時間もないので、先を急ぎます。バスターミナルから、ミニバスで出発。朝出発で、夕方に色達(セルタ)に到着予定です。出発して、ほどなくして、ちょっとおなかが痛くなりましたが、ストッパでごまかしながら。。また、こんな道が続きます。車内はこんな感じ。もちろん、満員です。途中、炉霍(ダンゴ)で [続きを読む]
  • ラルンガルゴンパへの道 甘孜(ガンゼ)まで
  • 今回の旅のもう一つの目的地。「ラルンガルゴンパ」へ向かいます。ネット上には、壮観な景色の写真があり、魅了されてしまいました。でも、そこまでには、長距離のバス移動が立ちはだかります。。では、朝起きて、ミニバス乗り場に向かいます。今日の目的地は「ラルンガルゴンパ」までの中継地「甘孜(ガンゼ)」です。ミニバスのドライバーに聞くと、いつも通り「いっぱいになったら出発!」と。時間が決まってないってないと、ま [続きを読む]
  • 理塘(リタン)  街ブラ
  • 鳥葬を見るという目的を果たしたので、理塘(リタン)をブラブラすることに。これは市場です。これはニワトリです。鳥葬見たあとなんで、複雑な気分です。理塘寺(リタンゴンパ)という寺が丘の上にあるらしい。ちょっと行ってみることにしましたが、思ったより遠い。。奥に見えるのが、お寺。やっぱりチベット文化圏はテンション上がります。巨大なマニ車が並びます。一応、まわしてみました。マニ車の内部にはお経が入っていて時 [続きを読む]
  • 理塘(リタン)で鳥葬を見る。
  • 今日は鳥葬を見に行くために、朝早く起き、8時ころに「現場」に着くように出かけました。理塘(リタン)市内中心部からタクシーで10分ほど。鳥葬の丘に到着しました。この写真は遠くから。人影が見えていますが、ここで、「儀式」が行われてました。近づくと、おじさんに「死体を映したらダメ」と言われたので、カメラを預けて、至近距離に近づきました。詳しい写真は他の旅行者のブログにもありますので、そちらを参照してくだ [続きを読む]
  • 鳥葬が見られる街 理塘(リタン)へ
  • 今日は理塘(リタン)への移動というおなかの弱い僕にとっては関門です。朝6時って言ってたのに、5時半くらいにドライバーが呼びに来ました。おなかの調子もあるんだから、余裕をみたかったのに。。もう頼むよ。。流れに身を任せ、暗いうちに出発。これは一回目の休憩。(中央の白い車が乗り合いバス)念のため、トイレへ。予想通り、ドアはありませんでしたね。軽く10時間以上、悪路に揺られて疲労困憊。。しかも、この町自体が標 [続きを読む]
  • いざ四川省へ
  • 今回の目的地の一つは「理塘(リタン)」という中国の四川省の街。そこで、鳥葬が行われているらしい。しかも、ネットの情報によると、月水金だけに行われるとのこと。4/26(金)は仕事を休んで、いざ出発し、まずは起点となる四川省成都に到着。ここまでは楽勝です。一泊したのち、成都からさらに西。中継地の康定へ飛行機で目指しました。 バスで目指すという手段もありましたが、4/20に四川地震(雅安地震)があり、道路が不通に [続きを読む]
  • 鳥葬を見に行く??
  • 以前、ネパールで出会った旅行者から、「鳥葬を見たことがある」という話を聞いたことがありました。当時は「チョウソウって何?」って感じでした。実際にネットで情報を集めてみると、中国の東チベット(行政区上は四川省)で見ることができるらしい。しかも、近くにはラルンガルンゴンパという壮大な寺もあるとのこと。当時、サラリーマンだった僕でも、なんとか駆け足で行けば、GWに行けそうだと判断。準備を進めて、テンショ [続きを読む]
  • maps.me を活用しよう!!
  • ネットやスマホの普及により、海外旅行も便利になってきました。今回は、おなかの弱い人向けアプリとして、「MAPS.ME」を紹介します。(Android/iPhone版あり)簡単に言うと、GPSと連動した地図アプリです。なんといっても、最大のメリットは「オフラインで利用できる!!」しかも、無料!!なので、海外のネットにつながっていない街中でも、簡単に自分の位置を確認でき、迷子になった場合には大いに役に立ちます。日本で使わ [続きを読む]
  • 海外旅行に行く勇気
  • おなかが弱い人にとって、海外旅行はいわば鬼門のようなもの。一般の人(おなかが弱くない人)よりも、不安が大きいのも事実です。僕自身、学生時代に友人から韓国旅行を誘われた際にはかなり二の足を踏んでました。。それに、、「国内旅行で十分!」「国内でまだ見てないところも多いし、海外はその後でも遅くない」なんて自分自身に言い訳をして、海外旅行を敬遠してたように思います。でも、今となっては声を大にして言いたい。 [続きを読む]
  • 初めての海外旅行。どんな団体ツアーがいい?
  • 初めての海外旅行はいつでしたか?僕は学生時代の卒業旅行で。新婚旅行が初めての人もいるでしょうか。それとも、まだ行ったこともない人もいるでしょう。おなかの弱い人にとって、初めての海外って余計な不安もあって、より緊張しますよね。そんなおなかの弱い人向け、初めての海外旅行はどんなプランがいいか考えてみました。(団体ツアー旅行を対象にしてみました)こんなよく見かけるプランを例にとってみます。◆イタリア周遊 [続きを読む]
  • 旅行は『おなかが弱い』ことを理解してくれる人と。
  • 僕はおなかが弱いです。これは、一人旅を好んでする理由の一つでもあります。なんせ、おなかの調子に合わせて、旅行のプランを柔軟に変更できますからね。ただ、一人旅の良さもありますが、友人たちとする旅行も捨てがたい。そんな同行者と旅行をするときの注意点は、、『おなかが弱いことを理解してくれる人と行きましょう。』です。おなかが弱いということはとてもプライベートなことです。友人の親密さ度合いによっては、おなか [続きを読む]