Miranda さん プロフィール

  •  
Mirandaさん: the way I am
ハンドル名Miranda さん
ブログタイトルthe way I am
ブログURLhttp://mirandadb.blog.fc2.com/
サイト紹介文外国人彼とのWの日々。幸せな恋をしています💟
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/11/16 17:36

Miranda さんのブログ記事

  • The last entry
  • 帰国前の最後のデートは明日彼と何時間かを過ごしたあと帰り際にはどんな言葉がこぼれるのだろう私は変わらないともう一度ちゃんと伝えたい「お別れ」はしないけれど気持ちのうえで一区切りはつけたいと思う清々しい気持ちでまたねを言うために私の心が寂しさで挫けないために彼に何度も念押しされているとおり毎週金曜日のメールはしようと思う緩く優しく繋がりを保ちこのかけがえのない人を心の中で抱きしめ続けていたいからThis [続きを読む]
  • 意志
  • 忙しい彼のためにランチを届けようと思っていたのに私ったら5分以上も遅刻をして逆に彼を待たせてしまったの悪いことをしちゃったとちょっとだけ気になっていたけれど夕方届いたメッセージを読んだ瞬間彼に抱きしめられているような気がしたの今日はランチを届けてくれてどうもありがとう と書かれたそのあとに「次は、来年キミに会える時までこのランチは食べないつもりだよ。愛するキミが届けてくれるそれが僕にとっては特別だか [続きを読む]
  • 今がいちばん
  • デパートのドアを開けて振り返りすぐそこに見えている次の人のためにほんの数秒押さえて待つ優しそうなおばさまがドアを受け取りながら"Thank you, darling"と微笑むスタバでひと息いれる時私のカプチーノを淹れてくれたバリスタの男性が"Enjoy, beautiful!"と爽やかな笑顔で手渡してくれる帰宅した家のドアの前でショッピングバッグを幾つも提げた私ちょうど通りかかった隣人の女性が"Hi, how are you? Did you enjoy the shoppin [続きを読む]
  • Kiss
  • こんなにもいつもkissしたいと強く願う人は初めてなんだこんなにも深くkissをしたいと思うのも会えない時は夢見て会えたらしたくてたまらないどうしてキミのkissは僕をこんなにも昂らせる?キミと一日中kissしていたいキミの全部に…Kiss me more...彼を思い出す暇もないほどの1日を過ごし夜になってひと息いれる時私の唇すれすれのところで そんなふうに囁く彼を思い出す…にほんブログ村" target="_blank">にほんブログ村にほん [続きを読む]
  • 最後のお散歩 -こぼれ話-
  • 芝生に座って寄り添ってギュッとしたり kissをしたりしてるうちにいつも彼はだんだん我慢出来なくなって覆い被さるような体勢になってきて私の腕は徐々に堪え切れなくなる今すぐここでキミを押し倒したい…ってもうほとんどそうなってるわあなたの腕と地面に囲われて私は逃げられない「blueだね…」洋服の肩がずれてunderwearの紐が見えている彼は思わずという感じでちょっと襟元を引っ張ってデコルテから中を覗き込む「ああ…もう [続きを読む]
  • 最後のお散歩 その3 -行かないで-
  • 芝生の上に寄り添って座ると彼が私を自分の胸にギュッと引き寄せ言い聞かせるように話し始める「行かないで…ここにずっといて欲しい…。もし飛行機に乗り損ねたらずっといてくれる?行かせたくないんだ…そんなに遠く離れるのは辛過ぎる」突然そんなことを言い出す彼に私は少し戸惑ったそういう気持ちはもうずっと前に一緒に乗り越えたものと思っていたけれど同時に彼もまた私と同じくいよいよ訪れるその時が近づくにつれ今にも溢 [続きを読む]
  • 最後のお散歩 その2 -録画-
  • 近くのデパートでデリをgetして再びパークに戻りピクニックをしたこちらの人たちはそんな気軽なランチや屋外で過ごすのが大好きあいにくの曇り空でもたくさんの人たちが今日もピクニックしてる私もこの国で彼と数え切れないほどピクニックをした「キミとこうして一緒にいられて嬉しいよ…」って彼が微笑む「私もよ…」って微笑み返したランチを終えたら またお散歩両側に木立が広がる遊歩道をブラブラしながら彼がそっと私の手を繋 [続きを読む]
  • 最後のお散歩 -ギフト-
  • 「眩暈がする…」思わずそう言った私を彼が立ち止まり抱きしめた…その一瞬前忙し過ぎる彼の予定を聞きながら私は突然今日が彼と会える最後の日になるのではという不安に襲われた「もう…これが最後かもしれないの…?」「そうじゃない。僕を見て、よく聞いて。必ず会うよ。何とかするから大丈夫。分かったね?」私を支えてくれる彼の胸にもたれながらわかったわ…とやっと返事をした彼の唇を頭と額に感じた…土曜日の午後お互いに [続きを読む]
  • お揃いの…
  • ここを離れる時は彼に何かささやかでも形に残るものを贈りたいとずっと思っていた飾るようなものじゃなくて日常的に使えるもの彼が私に贈ってくれたリングは何より大切なお守り目にするたびに幸せを感じ会えない時間を温めてくれるものそんなプレゼントを彼に出来たらとずっと考えていた本当はカフスボタンを贈りたくてでも身につけるようなものはやっぱりダメだから何ヶ月も考えて仕事で使えるレザーグッズを贈ることに決めたの家 [続きを読む]
  • 夢の…
  • ある日の午後私たちは彼のhometownにいたいつになくギリギリまで迷っていた私さえ決断すれば実現する条件が揃いようやくその日の朝に私は決めた一緒に行きたいとずっと言っていた彼何とかしたいと願ってきた私でもその夢みたいな話がいざ実現しそうになるとどうしたらいいかわからなくて食欲も失うほどに緊張して…でももうこんな機会はないかもしれない10年 15年先に必ず巡ってくるかもわからない今まで無茶をしたことはなかった [続きを読む]
  • 思わぬ幸運
  • 今週もまたまた出張に行く彼月曜日の午後に出て水曜日の夜に戻るここ数週間続いている近距離の出張に合わせて実は私も行こうとした彼は仕事だから日中はもちろん別行動で帰路とディナーだけ一緒にという計画けれど近距離の出張は直前に決まることが多くて私自身が急には全てをオーガナイズしきれない長い出張は大抵遠い国へ行くから私も日帰りは出来ないところへ行くのは難しくて遂にそれは諦めたの"旅気分"は またいつかのお楽し [続きを読む]
  • 彼がしたいデート
  • パークには大きな湖があって白鳥たちに混じり ボートに乗れるお散歩コースにある湖を渡る橋の上に立ち止まりこのあいだ 彼がまた言ったの一緒にボートに乗りたいって奥の方に小島があって上陸も出来るそうそこにキミを連れて行きたいってもう何年も前からパーク行くと彼はよくそう言うの湖でボートなんて若いカップルみたいで私には気恥ずかしくて…彼が半袖姿でボートを漕いでくれたらそれは絵になりそうだけど??私には何だか会 [続きを読む]
  • 繰り返しながら
  • 今週も出張続きの彼夏のホリデー前のこの時期は今年もやはり忙しくて「仕事よりキミの方が重要なのに…」ともうすぐ私が発つことに少し焦っている彼気持ちの上でのプライオリティはきっと彼の言う通り会える時には必ず会いたいと言ってくれることちゃんとわかってる自由な時間なんて皆無でそんな中で何とかして会いに来るその葛藤の意味するものが私には 何よりかけがえのないもの会えない時間でも幸せを感じられる恋を彼が教えて [続きを読む]
  • この恋の生き残る道
  • 今週後半から来週末にかけて日程をいろいろ調整している彼の望む"もう一度"は まだ分からない会えること自体がたぶんあと2〜3回先週のやきもきしていた時間を越えて土曜日にとりあえず何の変わりもない彼を見て以降私は今すごくおかしな意味でなく"どうでもよく"なっている会わないでいる方が心穏やかでいられるの?やはり私の帰国は一つの大きな区切り彼には言わないけれどもいったん"親友"になるつもりでまたねを言いますそれが [続きを読む]
  • もう一度
  • 散歩しながら彼が言ったこうして緑の中を歩く時に僕はときどき目を閉じるんだ(もちろん危なくないところでだよ 笑)そうすると音や空気の匂いに神経が集中してrelax出来るからそうね目を閉じると他の感覚が研ぎ澄まされるわって答えて一緒になってちょっとだけ目を閉じてみたこの緑溢れる季節の心地よい空気キミを抱いている時に目を閉じるのも好きだよキミの肌と香りに引き込まれそうになる…と私を引き寄せる彼その瞬間にあの感覚 [続きを読む]
  • 待つ力
  • 彼が2つの出張で忙しいのは分かっていた十分過ぎるほどにけれど…金曜日の夜に会えるかもしれないと話していたことが私の判断力を狂わせたただとにかく忙しいだけで今日は会えないという彼の判断なのだろうとは思っても沈黙がいつもより長かっただから私は待てなかったの…連絡をしなかったことを彼は詫び出張先でトラブルに対応していて余裕がなかったことも話してくれた彼にしてみれば私には不在を告げてあるし はっきり約束した [続きを読む]
  • 今さら出会っても… その後
  • 今さら出会っても…に書いた通りの文面でその人に返信をしたきっと私のメールは"既読スルー"されこの件はなかったことになるだろうと思っていたけれど予想に反して…昨日またメールが届いたその内容は「language exchangeをする時間がないのは了解しました。ではランチタイムに一緒に美術館に行くのはどう?あなたが少しでも多くこの国の文化を堪能する機会になればと思う」というもの…そうその人とは アートの場で出会ったのだか [続きを読む]
  • こんなに
  • 1日を一緒に過ごしてからまだたったの4〜5日なのに こっそり撮った彼の写真を見ると恋しくて会いたくて自分の欲深さに呆れてしまうけれど止められない写真って…善し悪しね 笑眺めていると こんなに想いが募ってしまうって今まで知らなかったスクリーンの中の彼に指を伸ばしてそっと撫でてしまう今週の彼は出張が2つ今週の私はお友達が企画してくださった送別会が2つと不動産会社の対応が2件全部が済んだら金曜日の夕方か土曜日の [続きを読む]
  • あなたがいるような…
  • 地平線まで見渡せる部屋の窓から沈む夕陽を眺めていたMike Posnerのお気に入りの曲が流れていてその瞬間 自分だけの世界になる他の音は聞こえなくて私の背後には彼がいるような気がしてきっと次の瞬間に私を後ろから抱きしめてくれるような気がして頭にkissをして向き直ったら もう一度kissをしてくれる彼は此処にはいないこと振り返らなくても分かっているけれどきっと今 彼も私を想ってくれたようなそんな気がしたのこの国でいち [続きを読む]
  • 今さら出会っても…
  • ある趣味の場みたいなところで声をかけられた日本で生まれ幼少期を過ごしTokyoで働いていたこともあるというその人は見たところ30代半ばくらいの男性日本語も少し話せる彼はそのブラッシュアップの相手として私に白羽の矢を立てたようでお茶でもしながら日本語を教えて欲しいとメールを送ってきた知り合ったばかりの人先日初めて話しかけられた時に間もなく日本に帰国すると伝えたのにもかかわらずその直後のメール私の悪いところ [続きを読む]
  • 最後のチャンスかもしれないと
  • 約束の日の2日前お部屋で過ごすのはこれが最後になるだろうから思い出に残るようにもし素敵なものがあれば買おうかしらと思いunderwearのお店をハシゴした3軒目で出会った淡いピンクちょっとシェルみたいなデザインに惹かれた約束の日の朝は少し迷って新しいそれを身につけたのだけれどやっぱり最後かもしれないのだからと思い彼の一番のお気に入りもバッグに入れた時間もあるし少し休んでとちょっと無理矢理 彼を寝かせて寝息が聞 [続きを読む]
  • 忘れない
  • 予定より1時間遅いスタートになってしまったけれど予定より30分遅くまで一緒にいられたの朝からお部屋で3時間ほど過ごしチェックアウトした後に一緒にランチをしてその後は美術館へ行って最後はお散歩していつも一つか せいぜい二つしか出来ないことが1日のうちに全部出来ちゃったなんてこんな日は初めてねこの日のあなたを残しておきたくてランチの時にこっそり写真を撮ったのあなたと過ごしたことの 秘密の証忘れない絶対にあり [続きを読む]
  • 会うまでは
  • その日が特別であればあるほど本当に会えるのか心のどこかで心配してる会うまでは約束の時間が来て彼が現れるまでは心の底から安心は出来なくて毎年夏に一緒に行っていたクラシックコンサートがそうだった2ヶ月以上も前に予約するから彼の仕事や出張と被らないかが気掛かりで彼が「必ず行く」と言ってもそれは気持ちの問題仕事がある限り そして家で誰かが待っている限り100%の確約なんてないから彼が姿を見せるまではいつも小さな [続きを読む]
  • この一瞬のために私は…
  • 「今日は忙しくて5分しか会えそうにないからキミに来てもらうのは辞退すべきだけど…でも本当は会いたくてたまらないんだって言っても許してくれるかな…?」どんなに短時間でももともと今日は行くつもりだった家を明け渡す準備なども始まり私の体力を超えそうになってきている近頃のスケジュールでも もちろん行くわと答えたどんなチャンスも計り知れないほどに貴重になってきているの1日デートの日の相談をして私の希望も聞いて [続きを読む]
  • 達筆
  • 彼の書く字はとても丁寧で優しげで大好きメッセージカードや彼が私のために書いてくれたpoemは宝物…?にほんブログ村" target="_blank">にほんブログ村にほんブログ村" target="_blank">にほんブログ村 [続きを読む]