ぴぴ さん プロフィール

  •  
ぴぴさん: ぴぴの うつ病 薬離脱 減薬日記
ハンドル名ぴぴ さん
ブログタイトルぴぴの うつ病 薬離脱 減薬日記
ブログURLhttp://pipi26.blog.fc2.com/
サイト紹介文パキシル抗うつ薬SSRI.リボトリール デパス.抗不安薬ベンゾを11年処方服用。離脱症状に耐え減薬中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/11/16 18:25

ぴぴ さんのブログ記事

  • 処方抗不安薬、睡眠剤の依存性、厚労省から医師会へ通達
  • ブログを書いている方がこの記事をアップされていたので、違うブログサイトの方では、昨日リブログさせて頂きました。小太郎さんの 向精神薬なんてやめてやる ブログ、及びリンクされている関連資料から、引用、一部抜粋させて頂きます。抗不安薬、睡眠剤 等( ベンゾジアゼピン ) 規定量で薬物依存の恐れ厚生労働省から、日本の 医師会 製薬団体連合会 精神神経学会うつ病学会 睡眠学会 てんかん学会 内科学会 整形 [続きを読む]
  • 処方抗不安薬、睡眠剤の依存性、厚労省から医師会へ通達
  • ブログを書いている方がこの記事をアップされていたので、違うブログサイトの方では、昨日リブログさせて頂きました。小太郎さんの 向精神薬なんてやめてやる ブログ、及びリンクされている関連資料から、引用、一部抜粋させて頂きます。抗不安薬、睡眠剤 等( ベンゾジアゼピン ) 規定量で薬物依存の恐れ厚生労働省から、日本の 医師会 製薬団体連合会 精神神経学会うつ病学会 睡眠学会 てんかん学会 内科学会 整形 [続きを読む]
  • てんかん薬処方・依存性,後遺症の裁判
  • 医療裁判  目眩治療処方薬の依存性説明違反、後遺症神経内科で、目眩の治療に、依存性の高い、てんかん治療薬を1年以上処方された患者さんが薬物依存症、重度後遺症に。目眩は完全にはなくならずに重い後遺症に苦しみ、違う病院で、薬物依存症と診断された。訴訟の判決では、副作用説明の義務違反があり、投薬の有効性、長期服用による、依存の可能性を十分に説明したとはいえないとして約117万円を支払うよう命じた。但し、 [続きを読む]
  • 昨夜はほぼ寝れなかった
  • 雪に鼻を突っ込んで、他犬のおしっこの匂いを嗅いだ後昨夜、一緒に寝ているワンコが夜中にいきなり落ち着きなく暴れ出しまして、、耳を振りながら、マットの上に耳をこすりつけている。。いつかおさまるかな、、と思いきや、一向におさまる気配がなく、、フラフラになりながら、居間におりて耳掃除セットを持ってきたのですが、いつもより増して完全拒絶 (T_T)20分位かかって処置しましたが、その後も暫くひっくり返って暴れて [続きを読む]
  • 慢性甲状腺低下
  • 甲状腺数値が亢進で昨年秋、異常値(バセドウの数値)だったので12月に精密検査して、今度は若干の橋本病(甲状腺低下)その時、一応慢性か否か、専門の検査機関に血液回しますねと内分泌科の先生の言われ特に今は治療の必要ないので、3月位に採血しましょうと言われ今日の結果、ほぼ正常値・・なんですが、精密検査では、慢性甲状腺低下(橋本病)が陽性でした。へ?慢性・・「そんなに気にしなくて大丈夫です、こういう方意外と [続きを読む]
  • パキシル離脱症状がひどすぎて
  • 数年前からですが、パキシルの離脱症状があまりにも激しく、超微量でたまにしか減らすことができないため、デパスをステイしている期間、今年はほんの少量だけ減らしています。先週から、服用している量の 160分の1ずつ、4日減らしたところで体の痛み、あちこちにピクピク痙攣、食欲不振、味覚異常と離脱症状が顕著に出てきてしまい、3日ステイして、少しマシになったので160分の1のみ減らしたら、午後から吐き気、悪寒、呼吸困難 [続きを読む]
  • 服用量半分以下からの減薬の厚い壁
  • 再減薬開始して、昨年秋で1年それまで、身体的離脱症状は出ていたものの、なんとか耐えれる範囲で、減薬は進んでいました。9月末にパキシル、デパス、リボトリール3剤の服用総合量の48%になったのですが、そこから、精神的離脱症状が酷く10月に徐々に増薬し、54%まで量を戻し、ずっとステイしました。減薬、体調日記をつけていますが、読み返してみると再減薬開始時は、デパス、リボトリールに関しては、最初の月だけは合計20% [続きを読む]
  • 山中慎介 12度目防衛戦
  • 明日 19時56分〜 日テレ系THE REAL 25 ワールドプレミアムボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ 両国国技館12度目の防衛戦山中慎介(王者・帝拳)  26勝(18KO)無敗2分VSカルロス・カールソン(同級6位/メキシコ) 22勝(13KO)1敗山中チャンピオンは、2016年度の年間最優秀選手賞を受賞し、アンセルモ・モレノ(パナマ)とのV11戦が年間最高試合に選ばれた。今回の防衛戦では、世界ランク1位から15位までの全選手 [続きを読む]
  • 最近の体調
  • デパスの減薬ほぼ10日ステイ状態でした。正しくは、中旬位に2日間、微量減らしたらその後、2日間寝込むほど離脱症状が酷くなったので量を戻して、ステイしていました。悪化していた時、出ていた離脱症状は心臓の痛み、呼吸が苦しい、動悸、ピクピク痙攣(左足)インフルエンザ様症状、左半身の痛み、悪寒が酷い、吐き気食欲なし、頭が締め付けられる、胃痛腹痛(ボディブローのように)焦燥感、不安感、ザワザワする感じ、時々耳鳴 [続きを読む]
  • 離脱症状、医師や周囲の理解はなかなか得られない
  • 離脱症状だと知らない頃、本格的な一度目の1年間の減薬後、酷い離脱症状に遭い、色々な科で検査し、主治医にも説明しましたが、離脱症状を認める医師はほぼいませんでした。数年通っていた、歯科医師だけは今でもきちんと話しは聞いてくれています。先日、通っている分子整合栄養病院に行きました。酷い離脱症状を発症してからなので1年半以上前から通っているのですが。最近は、栄養療法が主で、数ヵ月に一度の血液検査結果以外医 [続きを読む]
  • カプセル薬の減薬方法 一例
  • - カプセルに入った顆粒薬の減薬方法 -カプセルに入った薬というのは、胃や腸に届いてから溶けさせる薬の作用的な部分や、そのまま飲むと、飲みづらい味だから等理由があって、カプセル錠にされています。なので、中身を出して飲むのでなく、カプセルに入れて服用した方がいいと思われます。しかし、減薬するのはどうすれば・・?という疑問があります。一例です。普段、精密天秤(スケール)で錠剤を計量しカットで減薬している [続きを読む]
  • 錠剤減薬 カット方法一例
  • 先日は溶けづらい錠剤、タイトレーション減薬に向かない薬の錠剤カット法の記事の続きを書きました。錠剤のカットの方法を、訪問者様に尋ねられたので、一例を載せます。   鮮明な写真ではなくてすみません【 カットの方法 一例 】包丁です  左が刃の厚い包丁  右が刃の薄い包丁(ちなみに百均のです)使用する包丁→刃が薄く、よく切れる物(切れが悪くなったら、研いでくださいねー)刃の薄い物を使うのは、錠剤に当た [続きを読む]
  • 溶けづらい薬の微量減薬方法【錠剤】
  • 水(お湯)に溶けづらい錠剤で、タイトレーション減薬 しづらい場合(錠剤を入れた水を攪拌しても、浮遊薬物がすぐ下に沈んでしまい,均一に注射器(シリンジ)で吸い取れないような)精密天秤(スケール)漸減 があります。以前にも、この減薬方法を載せましたが補足でいくつか、書きます大抵の精神薬の錠剤の重量は 50mg〜200mg位だと思います。★ 各錠剤の公式重量を調べる場合は例えばパキシルなら パキシル添付文書pdf  [続きを読む]
  • 離脱症状に「眠気」ってあるのかな?
  • デパスの減薬ストップして、1週間位経過した、一昨日いつぶり??という位、起床時、楽でした。体の痛みや、精神的にも不安や焦燥感が減ってました。また微量減薬を再開しました。悪化したら、その度合いによってすぐステイか量を戻そうと思います。 注意深く体調を観察して、手探りでやっています。不快な症状ではないのですが、1月から、時々すごい眠気が襲ってくるようになりました。といっても、就寝前ではなく、大抵夕方です [続きを読む]
  • 減薬ステイ
  • 5日前からデパスの減薬ストップして、ステイしています。ステイしても、調子はあまりよくありません。短時間作用(半減期6時間)の薬は、すぐ離脱症状が出やすいと聞きますが、やはり離脱症状も時間差はあるような感じがします。昨年秋〜冬もそんな感じだったので。なので、昨年より減らす量も半分以下にして、ペースも2倍以上遅くし、早めにストップしました。それでも、結構心身共に症状が出ています。左半身(腰、太もも裏、首 [続きを読む]
  • デパスゆっくり減薬
  • この3ヶ月半、身体より精神的な離脱症状にとても悩まされました。10月には、パキシル18%、デパス10%量を戻して、ずっとステイしていましたが酷いうつ、とてつもない不安、恐怖、焦燥感、強迫観念などが、一日中、毎日続いたのは、再減薬してから、初めてで。。しかも何の理由なく。理由がないからこそ、離脱症状なんでしょうけれど。パキシルの服用を変えてから ↓前回の記事10日位経過、日によって、また日内変動もありますが [続きを読む]
  • パキシル服用回数変えてから
  • 一昨年のパキシル減薬失敗で夜だけ服用していたのを、いつでも増やしていいという前主治医の意見で、なぜか、朝1: 昼1: 夜2 の割合で服用しつつ、漸減してきたのですが、前回の記事の通り↓パキシル10mg以下の血中濃度って?・ パキシルの血中濃度の疑問※ ベンゾとは違い、増減により、数乗的に血中濃度が変わる薬ということ10mg以下で血中濃度が不安定になるのではないか?など今の午前、午後の各2mg強の量は果たして、どこ [続きを読む]
  • パキシル10mg以下の血中濃度って?
  • パキシル(抗うつ薬 SSRI)という薬は、とても曲者です。。以前にパキシルの厄介な特異性で書いていますが、○ 他の薬との相互服作用代謝酵素に問題があり、パキシルは服用している他の薬の代謝を阻害します。 そして、パキシルはパキシル自体の代謝も阻害します。パキシルを増やすと、自動的に、他に服用している薬の血中濃度も増えパキシルを減らすと、他の薬の血中濃度も下がる作用だそうです。こんな厄介な癖のある薬は、困 [続きを読む]
  • 早くもステイしました
  • デパス 0.25mg錠 (重量 0.112g=112mg)を112分の1で 2日間減らしてみました。睡眠が浅かったのと、体がだるくて少し痛いので昨日の夜からステイしました。今朝から夜まで、左脇腹の痛みも悪化したので、今日もステイします。こんな感じで、いくと思います。無理はしません。いきなり落下は怖いので。行きつ、止まりつつ、戻りつつ、手探りですが。それでも、ほんの少しは前に進むかなぁ位で。 [続きを読む]
  • 減薬始動
  • ここ数日、ほんの少しだけ、精神的にマシな時間が増えてきたので、減薬始動しようと思います。精神的にマシになってきた時間は夜のみですが。体の方は左半身の痛みが結構あります。正直今は減薬タイミング、わかりません。再減薬して、精神的離脱症状がここまで続いたのも初めて。3ヶ月ステイしたのも初めて。(正しくは2ヶ月半前に少量増量)振り返ってみると、5.6年前に1年位増量されたパキシルを20mgから10mgに減薬して、目眩が [続きを読む]
  • 今年はお世話になりました
  • ブログを始めて、約1年半位沢山の方々に訪問していただき、コメントを頂きました。コメントを読むたびに、沢山励まされてきました。本当にありがとうございます。そして、とてもつらい離脱症状の中で、このブログを読んでおられる方もきっとおられるのではないか、、と。私がそうでした。酷い離脱症状で、うなりながら横になっていることしかできなかった頃。。経験者の方々のブログをどれだけ読んだかわかりません。。今も時々読 [続きを読む]
  • 今日大晦日のボクシング
  • TBS  KOKUGEN 21時35分頃〜放送予定   島津アリーナ京都○ WBA世界フライ級井岡一翔(4度目の防衛戦・井岡) 20勝(12KO)1敗VSスタンプ・キャットニワット(同級暫定王者・タイ)○ IBF世界スーパーバンタム級ジョナサン・グスマン(王者・ドミニカ共和国)VS小國以載(初挑戦 同級5位・角海老宝石) 18勝(7KO)1敗1分テレビ東京  21時半〜    大田区総合体育館○ WBA世界スーパーフェザー級※再戦 ジ [続きを読む]
  • もうすぐボクシング世界戦ゴング
  • ※ 鍵コメント頂きました方々へ ※ コメント頂いた時間を、記載して返信しましたが、間違えてしまい今、訂正致しました。申し訳ありません m(_ _)m有明コロシアム 18時〜フジテレビ○WBO世界スーパーフライ級井上尚弥(大橋 4度目の防衛戦) 11勝(9KO)無敗VS 河野公平(前WBA同級王者・ワタナベ) 32勝(13KO)9敗1分○IBF世界ライトフライ級八重樫東(大橋 2度目の防衛戦 24勝(12KO)5敗VS サマートレック・ゴ [続きを読む]
  • 甲状腺精密検査の結果
  • ↑ 今回の甲状腺数値↓ 前回の数値たった、一か月でこの変動・・内分泌科の担当の先生によると、甲状腺数値は普通の人でも一過性で亢進することがあるそうです。それで亢進したあと、治る反動で逆の数値になることもあるそうです。 今、真逆になり、正常値から少し外れてますが。投薬はせず、経過観察になりました。エコー検査も受けましたが、異常なしでした。約3時間かかりました(待つのが約2時間)疲れました。。検査料金は [続きを読む]
  • 50年ぶりの大雪・・続き
  • この大雪で、千歳空港は数日飛行機が飛ばず、一部の海外の方が何人も職員に向かって暴れて警察が出動していました・・JRも、市電も動かないことが多々、何週間前からか、バスも運休です。道幅は狭く、車は行き替えない、あちこちで雪に車のタイヤ埋まり抜け出せない北海道の方々は、今、生活、仕事とても大変。こんな状態は、生まれて初めてです。温暖化といわれて、かなり年数が経過していますがこの異常気象なんなんでしょうかー [続きを読む]