kagura-silver さん プロフィール

  •  
kagura-silverさん: シルバージュエリー kagura
ハンドル名kagura-silver さん
ブログタイトルシルバージュエリー kagura
ブログURLhttp://ameblo.jp/kagura-silver/
サイト紹介文オリジナルシルバーアクセサリー、kaguraのオーナーブログ。
自由文シルバーアクセサリーの楽しみ方を日常の中から伝えていきたいと思います。
もっと身近に、もっと沢山、シルバーアクセサリーの持つ魅力を皆さんに感じて頂けたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 309日(平均0.7回/週) - 参加 2015/11/17 07:58

kagura-silver さんのブログ記事

  • マニアックという境界線
  • 境界線を引くのは、あまり良くないことだとわかっているうえで、、、今回は、何となくマニアックなニオイが漂う境界線を、あえて引いてみました。僕の家は、打ちっぱなしのコンクリート壁の、ダーティルームなんだ??ダーティルーム、僕はつまり汚部屋に住んでるんだ?ファッションはワークスタイルが好きなんだ??ワークスタイルが好きで、私服はいつもワークマンで買うんだ?ドラえもん、いまだに見ちゃうよ??今週のコロコ [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます。
  • 明けましておめでとうございます。突き抜けるような空の下、橋に鳩が止まっていました。時々飛び立つ鳩。身体をさすっている鳩。様々でした。動物同様に、自然の形もまた様々です。不規則に並ぶ山。曲がり伸びる木々。流れる雲。その形は、自然は自然のままで、美しいです。風が運ぶ匂いに喜びを感じながら、歩ければいいなと思います。 [続きを読む]
  • ユクトシ、クルトシ
  • 一年。それは色々でした。そこには、喜びと悲しみ、切なさと嬉しさ、それらが混沌と、そして真っ直ぐに存在していました。全てが絡み合い、?存在?している。だから、、自分が存在することができている、その全てに?感謝?をしています。全ての森羅万象は、土へと還り、空へと溶け、そして大地を創り、空を描きます。地球も、植物も、動物も、相関と輪廻が紡ぎ出す。大地と空との間で、歩く来年。よいお年を。 [続きを読む]
  • 知ってるぜ、俺らはピーターパンじゃねぇ!
  • 大人になるにつれ、子どもの頃の視点は失われていく。ジタバタしても時は流れる。青い春から解き放たれる。そんな訳で、、、大人はいつの間にか見失った、子どもがゆえに見える景色を大人になった今、再確認したいと思います。1、ポッド(そんな名称だろうか?)これは乗ります。乗らざるを得ない絶妙な高さです。乗った後に待つのは、不安定な足場から、高く飛び上がる行為。それは、圧迫された内なる精神の解放。人の持つ動物的 [続きを読む]
  • カードケース
  • グリーンのレザーを使って、趣味で作った名刺用のカードケース。レザー小物など、欲しいなと思った時に作ります。もっと上手く作れるようになりたいなとか、収納場所をもう一つ作ればよかったかなとか、、、まぁ、、色々ありますが笑それでも、自分で作ったものはやはり特別。手入れをしつつ、大事に使いたいと思います。 [続きを読む]
  • Kagura 「ロータス ペンダントトップ」
  • Kagura 「lotus pendant top」18,500 yen + 税チェーン別specボディ直径 15mmチェーンを通すカンを含めた全長25mm厚み 2mmsilver 925 & k18made in japanmotif蓮輪光蓮は Kagura のシンボルフラワーとしている。泥の中で生まれ、そして泥に染まらず、清らかな美しい花を咲かす。仏教では仏の智慧や慈悲の象徴とされているが、Kaguraでの解釈は異なる。Kagura における蓮は、人の弱さの中に宿る強さを表現している。それは芯の強 [続きを読む]
  • 弥勒橋
  • 安倍川に掛かる橋です。その橋から見る景色が好きです。この世とあの世の境界のような不思議な景色。そして、橋を越えた山の上から見る景色も好きです。それは、空に近づける感覚に触れられるからです。街が見え、川が見え、様々なしがらみと、様々な喜びが見えます。自分が辿り着きたいところはどこにあるのかを考えてみたとき、空の上にあるのかと思います。そこはきっと、言葉も、欲も、必要のない、解き放たれた魂だけの世界 [続きを読む]
  • Kagura ハミングバードリング
  • Kagura humming bird ringspec幅 約15ミリ厚み 約15ミリsilver 925motifハミングバード。サウスウエスタンのインディアンに、幸せを運ぶと言い伝えられるハチドリ。design北米大陸、主にカナダ・ブリティッシュコロンビア州に居住する先住民族(ファーストネーション)である、ハイダ族の伝統的なデザインアートを踏襲している。textureワックス加工のラインワークでは、どうしても物質的な風合いになると考え、より自然な風合い [続きを読む]
  • brand of Kagura 2
  • ”Pattern of Pinstripe”Kaguraのブランドマークは、陰陽を表す対極図をモチーフに、デザインワークを施したものとなっています。この世の全ては陰と陽で成り立ち、その二つの相対性と親和性を示しています。相手の想いと自分の想い。様々なカルチャーの違いと融合。アイテムと使い手のスタイルが混然一体となり、Kaguraは一つの存在となります。 [続きを読む]
  • 未来という偶像。
  • 一寸先は闇。未来はわからないから、気にしても仕方ないということです。確かにな、と思います。過去は過去、そして未来も予測できないもの。ですが、人はわからない未来を色々想像し、そして迷います。なので、今を楽しもうと思います。今、この時が充実していることが大事だと思います。とはいえ、、サボり癖のある私は、未来を見据え、目標を持つことで今を頑張れたりします。また、生きていくためには未来への蓄えもやっぱり [続きを読む]
  • ヒトとモノ
  • 物はいつも変わらない。例えば花を見て、ある人は綺麗といい、ある人は汚いという。ある人は蔑み、ある人は敬意を払う。花は花です。100円を貰いました。例えば500円だと思って貰った人は残念がるでしょう。しかし、50円だと思って貰った人は嬉しいでしょう。100円は変わらないのに、人の思い方一つで幸せにも不幸にもなってしまう。では、どう思えばいいか。ただ、100円貰った、と思えばいいのです。あるがままをあるがままに受 [続きを読む]
  • brand of Kagura
  • Kagura(神楽)日本の土着信仰は、山や川などの自然や自然現象、自然と神とは一体的に認識されていました。これは世界各地の土着信仰も同じものです。時に安らぎを与え、時に荒ぶる自然に対し、また、自然界における動植物に対し、人は畏敬の念を込めて、目には見えぬ神の姿を、そこに映し出しました。森羅万象に神が宿るという考えは、人間がこの世界に誕生した時から、人間が持っている生命を育み、生活をしていくうえで、原始的 [続きを読む]
  • ロールプレイングゲーム。
  • ロールプレイングゲームは自分でストーリーを作るもの。今は主人公の心まで描写して、映画風にストーリーを進めるためのゲームが多いですね。それではロールプレイングゲームの楽しみ方を実践してみましょう。武器屋にて。何か買うかね?会話はこれだけ。しかし、そこに内包された個人個人のストーリーが紡ぎだされていきます。、、、、どこへ行くんだい?森か、、森は危険だな。用件はわかった。僕は君の予算内で、その中で君に [続きを読む]
  • 命令に敬礼っっ!!
  • トリビアの泉で人気だった、へぇボタン。ボタンを押すとへぇ〜、と言います。市販もされました。僕は、イエッサー!ボタンがほしい。ちょっと新聞とってくれ!イエッサー!今日は寒いな!イエッサー!良い命令があると、ボタンを押しまくり。イエイエイエッ、イエッサー!さてそんな訳で、、、では、今日の命令をどうぞ。どうぞ!おーい、風呂っ!!イエッ、、、、、、、入れようか?イエッサー!イエッサー!イエッサー!イエッ [続きを読む]
  • ナンシーとケイコ。
  • 流行り言葉は以前から色々ありますよね。「アツい」「マジ」これらは、わりと定着しているのではないでしょうか。最近は「それな」なども良く聞かれますが、果たして定着して使われていくのでしょうか?そこで今日は、私も流行り言葉を考えてみました。1、シット英語より引用しました。あんちくしょうなことが起こった時にお使い下さい。(自分に対して)★マジシットなんだけど!★いやぁ、今回のプロジェクトはシットでしたね!★ [続きを読む]
  • 銀河鉄道の夜は超特急!
  • 光って速いですね。どのくらい速いかというと、1秒間に地球を7周半回れるくらいです。そして「光年」というのは、一年間で光が進める距離です。銀河鉄道999言わずと知れた松本零士さんの名作品。メーテルとともに999号に乗り、アンドロメダ星雲にあるという機械の体をタダでくれるという星に到着するまでの星野鉄郎の旅を描く。銀河超特急999号は古き良き、SL機関車タイプ。ボックス席で、木目調な内装は、ノスタルジックで、大き [続きを読む]
  • ハーフハーフ
  • ハーフハーフ引退をたずねられた際の、フィギュアスケート、浅田真央さんの言葉です。全くその通りだと思いました。感情は表裏一体。憎しみの裏には愛情があり、苦しさの裏には楽しさがある。喜びの裏には悲しみがあり、厳しさの裏には優しさがある。物事には二つの相反する感情があると思います。それはきっとハーフハーフ。人間はくだらないし、面白い。どちらも正解。どちらが正しいかもない。だったら感じるままに、苦しさも [続きを読む]
  • 漢字は難しいですね。
  • 読めてたら良かったのに。渓谷。ケイコクと読みます。日本は山が多いため、様々な渓谷が多数存在します。自然の四季折々の美しさ、大地から悠久の流れを感じ、癒される空間。それが渓谷。、、、、実は私、20歳くらいまで、インタニと読んでいました。淫乱のインだと思っていたのです。さぞかし、やましい谷なんだろうなと思っていました。ようこそ、インタニへ!こんな看板は風俗の臭いがぷんぷんします。日本有数の美しいインタ [続きを読む]
  • それは終わることのない物語 2
  • その日ゴキブリ界を、恐怖と絶望が襲う。case 2 兵器発動。私の名はジョー。レジスタンスの一員だ。ゴキブリ界は今、国民が飢えと貧困に苦しんでいる。私はそんな民を救いたく、同志達と立ち上がった。同志達は増え、ようやく我々が国を変える時がきた。見てくれ、このアジトの中も。この中には老ゴキブリや、子ゴキブリも多数いる。食事もとれず、皆苦しんでいる。このような惨状はもう見ていられない。ん?ああ、背中の羽 [続きを読む]
  • それは終わることのない物語。
  • 皆さんもご存知、ゴキブリ。人間界では嫌われている存在です。そして、その歴史は深く、様々な駆除対策が行なわれてきた。しかし、まさかそんな嫌われているとは、、。そして、そんな事が行なわれていることはつゆとも知らない、ゴキブリの視点に立ってみて、話をしてみようと思います。case 1忍び寄る魔の手まずは、ゴキブリのマイク。俺はゴキブリのマイクってんだ。ガキの頃から、腕っぷしには自信があるぜ。ん?背中の羽の傷 [続きを読む]
  • 幸運を。
  • 人それぞれ、歩く道は違い、その独立した一本道を辿るのは自分だけです。でも、隣を見れば、平行して皆が歩いています。それぞれの道は交わらないけど、声を掛けてくれる人がいます。やぁ、調子はどうだい?その一言で、僕はまた歩き出します。じゃあ、先を行くぜ。その一言で、僕は止まっていることに気づきます。人それぞれが、人それぞれに歩いている。掛け合うなら、こんな言葉がよく合います。幸運を。良い言葉です。偉大な [続きを読む]
  • 九九81
  • 皆さんに馴染みの九九。九九の音読が好きです。いい響きです。何か心に響く九九。たまりません。例えば、、、サザンが9長くの間音楽界で活躍するサザンオールスターズは9である。クハッ!72色々な漫画に登場するクハッ!は72である。ロック!54ロックは69と間違えそうだが、ロックは54である。そんな訳で、、、今日は、そんな九九好きな私が、是非九九に推薦したい九九をピックアップしてみました。九の段です。クイチが9クニ18ク [続きを読む]
  • 緊急事態発生!!生死を賭けた起死回生の一枚。
  • そこで、教えられたこと。人の言うことを聞かず、調子に乗っててはいけない。そして、いざという時は、冷静に。まんが、日本昔話。 愛企画センター、グループ・タック、毎日放送の3つの共同制作にて放送されたアニメ作品及びテレビアニメである。子ども心に、怖かった話があります。それは「三枚のお札」。その話とは。あらすじある山寺の小僧はたいへんやんちゃで、和尚さんを困らせてばかりいました。ある日、和尚さんがとめる [続きを読む]