トヨインチョウ さん プロフィール

  •  
トヨインチョウさん: とよしま鍼灸院 トヨ院長のブログ
ハンドル名トヨインチョウ さん
ブログタイトルとよしま鍼灸院 トヨ院長のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/toyoshima-sinkyuin/
サイト紹介文田舎鍼灸師が本音で鍼灸のことを語っているブログです。
自由文妊活さん・妊婦さん・耳疾患・うつ・自律神経系を中心に鍼灸治療をおこなっている鍼灸院です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2015/11/17 07:56

トヨインチョウ さんのブログ記事

  • ちょっと早いですが休診のお知らせ
  • 月日の経つのは早い、昨年の北海道大会からもう1年。ってことで・・・6月9日(金)〜10日(土)は全日本鍼灸学会 東京大会に参加するため休診となります。 今までは金曜〜日曜の3日間で行われていましたが今回は土日開催。3日分の演題を2日に凝縮させての開催。 日程表を見ると聴講したい演題が重なってるし。 良く考えると、参加費は同額、しかし聴講可能な演題は結果少なくなる。日程も減。これって学会参加費 [続きを読む]
  • また肩書きが増えたようです
  • 昨日は全日本鍼灸学会関係の会議に出席のため診療後に金沢へ。 石川県鍼灸研究会っていいます。一昔でいうところの全日本鍼灸学会石川地方会の幹事会。 いつの間にやら学会関連の幹事にもなっていた。というのも幹事長交代に伴う大幅な役員の改選があったから? そもそも全日本鍼灸学会に所属している県内の鍼灸師が少ないことから、幹事はいつも見る顔ぶれ。しょうがないですね。 ということで『石川県 [続きを読む]
  • AMH低値は妊娠しにくい?
  • 患者さんのなかで『AMHが低かったんです〜』って暗いお顔で報告される方がいます。妊娠しにくいんでしょうか? そこで日本生殖医学会からAMHについて検討した報告がありましたので、少しご紹介します。 『血中AMH値がART臨床成績に与える影響についての検討』市山 卓彦 セントマザー産婦人科医院 2016年にセントマザーで初回ARTを行った416例が対象。Aグループ 35才未満Bグループ 35才以上40 [続きを読む]
  • 待つことの重要性
  • 5月は3人の方が妊娠しました。(22日現在)すべてタイミング。これらの方は基礎疾患を有していたり、ART含め今まで着床すら経験の無い方などさまざまでした。決して妊娠が容易と推測できる症例ではありません。 しかしその中で共通するものがあります。それは自覚症状の変化や他覚的所見の改善を認め、その状態をキープするために鍼灸治療を継続したということです。 タイミングやAIHの確率を考慮すると、その状 [続きを読む]
  • 鍼灸業界へのエールだったと感じた
  • 『灸と鍼の応用拡大に関する先人の努力と今日への継承』〜代田文誌の集団施灸から最近の診療ガイドラインまで〜講師:森ノ宮大学 山下 仁教授 昭和12年11月3日「満蒙開拓青少年義勇軍編成に関する建白書」が閣議決定され、16歳から19歳の青少年を満州国に開拓民として送出する制度が始まる。 そして多くの訓練所の一つである、内原訓練所において代田分誌の尽力により健康保持のための集団施灸がおこなわれた。 [続きを読む]
  • 鍼灸への情熱は今も昔も変わらず
  • 鍼灸師って本当に熱いんです!私たちの業界活動もそう、個人もそう、決して楽して儲かる仕事ではなく、逆に努力の割に報われないって職業かもしれません。 じゃあ、なんで鍼灸なんてしてるん?ってことですよね。 好きであり、こんなに効く良い方法を知ってもらいたい!ただこれだけ。 おそらく皆これ。 医学部の大学教授で鍼灸の研究してるって先生もたくさんいます。鍼灸への業績ってお金にならないのにっ [続きを読む]
  • 成長期の肘痛の講演
  • 昨日は恒例の勉強会に参加してきました。お題は『成長期の野球選手に対する肘障害の鍼灸治療』でした。 実際に肘痛の野球選手が来院したら!ということで、問診や身体チェック、病態把握、指導などの概要を解説いただきました。またスポーツDrへ紹介すべき症例の特徴等々実際にトレーナー活動を実践している先生ならではの指摘もあり、非常に勉強になりました。 さて私が大学を卒業した22年前はスポーツの現場に鍼灸が [続きを読む]
  • 感覚
  • 鍼灸には理屈が必要。しかし理屈で物事をすすめるとうまくいかない。 いつも頭にいれて臨床に臨んでいるのだが、理屈が先になり、結果として切れ味が悪く反省する。 メニエルの患者さん。ずっと当院の過去症例や論文報告等々に基づきアプローチ。回数や程度は軽減しQOlも改善、経過は良好であったものの時々症状が出現していた。 そこで、鍼灸師として受けた感覚を頼りに、素直に体表所見どおりにアプローチした [続きを読む]
  • 祝卒業(耳)
  • 難聴治療中だった患者さんがご卒業されました。 難聴発症後の耳鳴り、耳閉感、リクルートメント現象からほぼ消失し、残すは聴力が回復するかどうか?と以前ブログで途中経過を報告しました。先日の聴力検査でほぼ発症前の状態にまで回復し、耳鼻科&当院も無事卒業となりました。発症直後、ご本人は鍼灸治療を受けに東京まで行こうか?って思っていたほど。みなさん共通なのですが、それぐらい耳症状って不快でつらいんです [続きを読む]
  • どんなところに鍼灸すれば良いか?
  • 古い文献、いわゆる古典では鍼は硬いところ、灸は凹んでいるところにする、これだけ書いてある。 実際これだけで鍼灸はできません。そこでいろんな先生に聞いてみる。そもそも鍼灸は感覚の世界。受け手の感覚で表現は異なり、それが初学者が迷ってしまう原因の一つ。 鍼灸師それぞれで表現が違うってことを前提としてだれでもわかりやすい表現で言うと・・・ 当院では爪楊枝の先っぽみたいな反応があるところに鍼 [続きを読む]
  • 一足早く
  • 5月7日はGW最終日。 私の方はYNSA頭鍼療法の研修会に参加。6日(土)も診療していたこともあり、いち早く通常モードになっていました。 さてYNSAの研修会への参加は2回目。今回は3名1組となり実技中心の研修会でした。 私の組はというと・・・ 私のほか2名が大先輩。どんな大先輩かというと、こんなに背筋って伸びるんやね〜っていうほど直立不動になってしまうほどの大先輩。 私がモデルになり [続きを読む]
  • うれしい報告
  • ①ご出産の報告。この方は妊活〜妊娠中のマイナートラブル〜出産準備までを通してフォローさせていただいた方です。妊活中の悪戦苦闘や妊娠中の腰痛などいろいろなことが思い出されます。母子ともに健康な出産とのこと本当におめでとうございました。 ②妊娠のご報告。 この方は特に自宅でのお灸を熱心に。また運動や食事など生活習慣を見直していただいた方です。妊娠おめでとうございました。 当院でも鍼灸治療のみ [続きを読む]
  • 理事選挙に落ちたらね。
  • 4/23の日曜日は総会→総会→懇親会→2次会で終わり。その午前中の総会後、たまや先生との帰り道。役員の先生から委員になってくれないか?とお誘いがあって悩んでいるとのこと。『委員になるってどうけ?』by石川弁で問われました。 さてこの年になると人生ついての意味とか多少考える年齢となります。 その答えを家庭に求める人、経済活動に求める人、趣味に求める人、地域貢献に求める人、後継者育成に求める人いろい [続きを読む]
  • 報告ありがとうございました。
  • 先日妊娠しましたとの報告をいただきました。 さてこの方は採卵するも胚盤胞まで育たないということが問題でした。初診の段階でそれまでの経緯、治療歴、年齢等から卵子の改善が必要で期間としては1.5〜2クール必要とお話させていただきました。そのうえで、ご本人の都合上2クールを待たずして採卵を続けていくことになりました。引く続き採卵していましたが、やはり胚盤胞には育ちませんでした。しかし2クール終了間際の [続きを読む]
  • 五十肩?
  • またまた肩疾患の患者さん来院。1か月前から腕が上がりにくく痛むとのこと。ご主人に話すと『五十肩じゃない?』と軽い答え。 何かの不調をご主人に訴えると、『更年期じゃない?』『生理前だからじゃない?』『運動不足じゃない?』って簡単に言うと、奥さんのご機嫌が斜めになる傾向があります。男性の方はお気をつけてくださいね。 さて所見を聴取すると、挙上・外転は最終域で疼痛出現、可動域制限も軽度(+)結滞 [続きを読む]
  • 八十肩?
  • ある程度の年齢になると本当に忘れっぽくなる。振り返ると・・・20代・・・記憶・暗記したことは今でもスラスラ言える。30代・・・ところどころ忘れているがポイントは鮮明に記憶している。40代・・・90分の講演を聞いてメモもするが、1文程度のみ記憶。こんな感じ。はー、50代になったらどうなるんやろか。やっぱり20代は猛勉強するべきって先輩の教えが身に染みている。 さてそんな30代に受講した肩関節についての講義、明 [続きを読む]
  • 戻りつつある数値
  • 難聴で通院中の患者さん、鍼灸開始して約1カ月経過(発症から2カ月)本日の聴力検査でやっと数値が動きだしました。 過去の症例では2週間ごとの聴力検査でジワジワ上がる例が多かったが、これまで聴力の変化なかった。 聴力の改善は困難な症例なのか?しかし低音域の聴力低下なので、改善しやすい傾向にある領域。※血流の関係から ご本人の自覚でもきこえなかった音が聞こえたなどの変化があったこと、誤差とは [続きを読む]
  • 慢性前立腺炎にも有効です
  • 当院では現在、慢性前立腺炎の鍼灸治療も症例集積中。通院中の患者さんも経過良好。しかし鍼灸学会でも報告はほぼありません。実は鍼灸治療と慢性前立腺炎とは非常に相性が良いって感じています。 そもそも泌尿器科では投薬治療が基本。それで改善すればそれにこしたことはありません。しかし病名に慢性ってついていることから治癒しない患者さんもたくさんいるってことがわかります。 医師 『異常ありませんねえ』患 [続きを読む]
  • 鍼灸と科学
  • 昨日のある記事(うつとセロトニンの関係)について、ネットの意見『科学って短期的には政治だ!』ってのが妙に頭に残った。 確かにその一面もあるかもね〜。 さて本邦の鍼灸界は明治鍼灸大学(現明治国際大学)開学以来、鍼灸治療を科学的に解明することについて一斉に走ってきた。 そして私も科学的メカニズムを理論根拠に鍼灸を行ってきたし、今後も行うことには変わりない。しかしずーっとそのような視点で研 [続きを読む]
  • 赤ちゃんへの鍼灸治療
  • 先日、来院患者さんの最低年齢を更新しました。 年齢は生後4ヶ月の赤ちゃん、主訴は夜泣き。風邪の後から1時間程度しかねむらないようになったとのこと。母乳は十分、風邪に罹患する前は6時間は寝ていたとのこと。 それでは鍼灸を!ってことで、小児はりを施行。 何を用いて刺激するかを少し悩みましたが、結局スプーンにしました。刺激量等々を考慮したこと、実際にご両親にしているところをお見せすることで [続きを読む]
  • 風邪から復活
  • 風邪がほぼ治り、やっと体調が戻ってきました。約2年ぶりの風邪のためか、結構しんどかったですね。 さて昨日はうれしいことがたくさんあった1日。 難聴後の諸症状(耳鳴・リクルートメント現象・耳閉感)の患者さん、残存していた耳閉感も消失、あと1回で卒業にしましょうということに。 痛みの治療のご主人から、当院の妊活鍼灸中の奥様が無事着床したとの報告。 最後は野球部の高校生、肩が痛くて投げ [続きを読む]
  • 茶碗祭りと鍼灸
  • 約1週間ぶりにブログ書きます。この間、師会広報の編集、嫁の風邪、それに伴う家事などで本当に忙しかったのが理由です。やっとほぼいつもの日常に戻りました。 さて先日のこと、若手九谷焼作家さんに治療をしながらいろいろとお話。今度の茶碗祭りに向けて、それ用の茶碗を造るかどうかって内容に。私はお客の立場としていろいろと苦言。 「そもそも祭り用に新たに造るっておかしくないですか〜」から始まる。安価で購 [続きを読む]
  • 体は1つだっちゅうの
  • 昨日は診療後に常務理事会に出席のため師会事務所へ。 なかなか難しい事項、ぜひ実現したい未来ある事業についての意見交換、往療事業者への対応、医師会への対応、災害支援鍼灸マッサージについての対応、などなど本当にたくさんありました。そして・・・私の身も一つしかありませんが、また仕事が増えそうな気配が・・・。華麗なスルーパスを出しながらこれ。自分でも笑えます。 さて今度の改定についての厚生労働省 [続きを読む]
  • 臨床は楽しい
  • 昨日は連休明けということもあって終日バタバタしておりました。同業の治療院がたくさんある中、当院を選んでいただいたということに、本当に感謝しながら日々過ごしております。 どこで聞かれたのかという遠方の患者さん、約10年ぶりの患者さん(しっかりと社会人の顔になっていてびっくり)、数年ぶりのご老人(家内に早く行け!って怒られたとのこと)。 ネフローゼの患者さんは治療した夜は3回トイレに行くことが [続きを読む]
  • 勉強会に向けて大ネタづくり
  • 長女の高校進学も無事決まりました。昨日はその入学説明会。教員のお話を伺ったり、校舎を見学したり、また懇意にしている同業のS先生にも声をかけていただき、アドバイスなどもいただきました。とても安心して娘を任せることができるように感じ、岐路につきました。これで我が家にとっての大きなイベントが一つ終了。 さてこの次は勉強会に向けてのネタ作り。今回は大ネタに挑戦しようかなあと思っています。 先日来よ [続きを読む]