KENKEN さん プロフィール

  •  
KENKENさん: ハッピー昭和クラブ
ハンドル名KENKEN さん
ブログタイトルハッピー昭和クラブ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/happy_shouwa_club/
サイト紹介文昭和マニア芸人・ケンケンがイラストと共に語る昭和のサブカルチャーあれこれ。
自由文昭和50年代生まれの、昭和大好き芸人・剣持 光(けんもちあきら)が、イラストともに語る昭和のサブカルチャーあれこれ。水原弘のハイアースの看板から、突っ込みどころ満載の昭和の特撮ヒーロー番組をピックアップ。ナウなヤングだった人の心にフィーバーする話題が満載です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/11/17 23:56

KENKEN さんのブログ記事

  • 自動敬遠は「予定調和」だ!
  • 5月21日の阪神VSヤクルトは、5−4でタイガースが勝ったのですが、この決勝の1点というのが、7回にヤクルトのルーキ投手が敬遠で投げた球が暴投になって、3塁ランナーが生還したというものでした。敬遠なので、ヤクルトの中村捕手は立ち上がっていたのですが、そのはる... [続きを読む]
  • 追悼・ペギー葉山さん
  • 歌手のペギー葉山さんが、4月12日に亡くなりました。ジャズから、歌謡曲、唱歌まで幅広く数々の歌で楽しませてくれ、誰でも知っている「ドレミの歌」の歌詞、♪ドはドーナツのド〜 でも知られています。心よりご冥福をお祈りいたします。わりと最近、と言っても、昨年です... [続きを読む]
  • 金町と大映スターズのこと
  • 柴又駅前に建った「さくら」像は、まだ見に行っていませんが、「寅さん」像は何年か前に見ました。柴又には何回か行ってますが、初めて帝釈天を訪れたときにまず「意外に小さいなあ」と思いました。映画で源公(佐藤蛾次郎さん)が掃き掃除しているシーンなんか見ると、もっ... [続きを読む]
  • 柴又駅前に「さくら」像
  • 今年3月25日、柴又駅前にて、「さくら」像の除幕式がありました。倍賞千恵子さん、山田洋次監督が出席し、倍賞さんは少し照れくさそうに「風の日も、雨の日も、雪の日もここに立ち続けることになるのでしょう。お兄ちゃんももう寂しくないでしょう」とコメントをされたそう... [続きを読む]
  • さよならはダンスの後で
  • ジャッピーさんの投稿で、倍賞千恵子さんがクローズアップされているので、ちょっと話題に突っ込みます。僕は歌手、倍賞千恵子 のファンです。とても良い声質とリズム感の素晴らしい歌手です。特にこ「さよならはダンスの後で」のラテンリズムにしなやかにのっている歌唱力... [続きを読む]
  • 「下町の太陽」は曳舟が舞台
  • 昨日の当ブログに書いたように、都電の運転士さんを父親に持つ庶民派・倍賞千恵子さんの初期の代表作が「下町の太陽」(1963 山田洋次監督)です。倍賞さんの歌が先にあったと思うので、それを基にした歌謡映画といえます。まさに倍賞さんの代名詞ともなった「下町の太陽」... [続きを読む]
  • 大島渚監督の中の松竹遺伝子
  • 助監督がごっそりと日活に流出したり、興収トップの座を時代劇で躍進した東映に抜かれ(さらに大映にも抜かれる)てしまい、松竹上層部もようやく危機感を覚え、若手助監督を登用しようということになり、SP(監督の力量を観るための1時間程度の短編)を作らせることになり... [続きを読む]
  • 大島渚監督と鰐淵晴子さん
  • もう一つ「朝を呼ぶ口笛」(1959 生駒千里監督)と「愛と希望の街」(1959 大島渚監督)の共通(?)するところがあります。「朝を呼ぶ口笛」は、当初出演予定だった鰐淵晴子さんが病気のため出れなくなりましたが、「愛と希望の街」の正夫と親しくなる裕福な家(というか... [続きを読む]
  • 「朝を呼ぶ口笛」と「愛と希望の街」
  • 「朝を呼ぶ口笛」(1959 生駒千里監督)は、貧しい上に、母親が手術が必要になり、主人公の少年は定時制高校進学をあきらめかけますが、新聞配達所の先輩たちのカンパをしてくれたり、父親も何とかまた働くことになり進学の希望がかないます。希望の会社に落ちてしまい、恋... [続きを読む]
  • 金の卵を取り逃した男
  • 「黒の駐車場」(1963 弓削太郎監督)のラストシーン、田宮二郎さんが「一生、僕にたかる気ない?」というキザなプロポーズに「……OKよ」と答えた藤由紀子さん。この2年後に実生活で結婚されて、藤さんはすっぱりと女優を引退します。大映を解雇され、しかも五社協定のせ... [続きを読む]