KENKEN さん プロフィール

  •  
KENKENさん: ハッピー昭和クラブ
ハンドル名KENKEN さん
ブログタイトルハッピー昭和クラブ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/happy_shouwa_club/
サイト紹介文昭和マニア芸人・ケンケンがイラストと共に語る昭和のサブカルチャーあれこれ。
自由文昭和50年代生まれの、昭和大好き芸人・剣持 光(けんもちあきら)が、イラストともに語る昭和のサブカルチャーあれこれ。水原弘のハイアースの看板から、突っ込みどころ満載の昭和の特撮ヒーロー番組をピックアップ。ナウなヤングだった人の心にフィーバーする話題が満載です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2015/11/17 23:56

KENKEN さんのブログ記事

  • 追悼・西村昭五郎監督
  • 日活の監督として活躍された西村昭五郎さんが8月1日に亡くなりました。87歳(昭和5年生まれなので昭五郎です)でした。西村監督といえば、1971年11月、日活ロマン・ポルノ路線の第1作「団地妻 昼下がりの情事」(1971 西村昭五郎監督)で知られています。新聞の訃報記... [続きを読む]
  • 前田陽一監督のラジカルな喜劇
  • 70年代前半というのは本当に「公害」の時代でしたね。高度経済成長の勢いにのって、とにかく金が儲かることが善しとされていましたから、何を垂れ流してかまわないと大気も水も汚れ放題。エコロジーなんて言葉は誰も知らなかったのです。高度経済成長のツケが一気に表面化し... [続きを読む]
  • プレスリーさんの偉大な功績
  • エルヴィス・プレスリーさんが登場した1950年代半ば頃は、まだ人種差別や階級差別があった時代で、特に南部はその傾向が強かったわけですが、徐々に親の世代のような意識を持たない若者層が出てきました。そんな背景もあって、白人文化と黒人文化の融合の下地があったのでし... [続きを読む]
  • 追悼・坂野義光さん
  • のちに平成ゴジラや、北朝鮮の「大怪獣プルガサリ」(1985 日本公開は1998 申相玉監督)でプルガサリに入った薩摩剣八郎さんがヘドラに入って着ぐるみデビューした「ゴジラ対ヘドラ」(1971 坂野義光監督)は、「ゴジラ」シリーズの中で異彩を放つ作品です。それまでのモ... [続きを読む]
  • 追悼・中島春雄さん
  • 8月7日、中島春雄さんが肺炎のため、88歳で亡くなりました。中島さんは「ゴジラ」(1954 本多猪四郎監督)でゴジラの中にはいいて以来、多くの特撮映画や、TVの「ウルトラ」シリーズなどでも活躍したスーツ・アクターの第一人者です。当ブログでもつい先日(7月22日「ジ... [続きを読む]
  • 江本さんと晩年の米田さん
  • 米田哲也投手の武器は、「ヨネ・ボール」と名付けられた一種のフォークボールでした。体は頑丈でしたが、指の短い米田さんは毎日お風呂で指を広げたり努力を重ねて、このフォークを自分のものにするまで5年間かかりました。そんな「ヨネ・ボール」をそこらの若造バッターに... [続きを読む]
  • 意外に短命だった「無責任男」
  • 「日本一のホラ吹き男」(1964 古澤憲吾監督)における植木さんのモーレツな残業ぶり、何しろ3年かかるという仕事を1と月で終わらせるのですから人間業ではありません。会社にずっと泊まり込み、夜中も仕事していますから、守衛の由利徹さんも「お化けが出た……」と絶妙... [続きを読む]
  • 追悼・佐藤公彦さん
  • 今年の6月24日に、佐藤公彦さんが亡くなりました。まだ65歳という若さ、残念です。佐藤公彦さんというより、「ケメ」という愛称の方がピンとくる人が多いかもしれません。女の子と間違えそうな可愛いルックスで、当時のフォーク界では別格的なアイドル的な人気がありました... [続きを読む]
  • もう一本の東京タワー映画
  • 「東京ロマンス・ウェイ」(1959 吉村廉監督)と同じく東京タワーを舞台にした映画があります。「たそがれの東京タワー」(1959 阿部毅監督)という、やはり1時間あまりのSPで、内容も何だか似ているのです。この作品で仁木多鶴子さん演じる京子は洋装店の従業員、お針子... [続きを読む]