Yakyu -kantoku さん プロフィール

  •  
Yakyu -kantokuさん: 野球の筋力トレーニング方法
ハンドル名Yakyu -kantoku さん
ブログタイトル野球の筋力トレーニング方法
ブログURLhttp://baseball-traveller.net/
サイト紹介文野球愛好家のための野球用の筋トレサイトです
自由文野球少年、愛好家のために野球がうまくなるにはどんな筋トレが必要かのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/11/18 17:28

Yakyu -kantoku さんのブログ記事

  • 話題だった加圧トレーニングは効果があるのか?
  • 10年ほど前から5年くらい前まで人気だった加圧トレーニングは今はどこに行ったのでしょうか?野球少年の間でも10年前辺りは、加圧トレーニングに人気が最高潮で加圧トレーニングジム「OZ」 の馬込店などで元プロ野球選手が加圧トレーニングを取り得れたトレーニングを行っていました。しかし、当時の加圧ベルトはとても高価なものでアリ、ベルトだけで上半身と下半身を合わせると10万以上するとても高価なもので、公認の加圧トレ [続きを読む]
  • 肩甲骨周りを柔らかくするメリットは?
  • 肩甲骨の役目は肩関節を柔軟に動かすためにあり、肩甲骨周りの筋肉は肩甲骨を支持するためにあるのですが、そこの筋肉が緩んでいなければ肩甲骨の動き、しいては肩関節の動きまで制限を受けてしまいます。また、肩こりなどの原因にもなります。バッテイングにも関係!肩甲骨周りが柔らかくなると、肩が前に出やすく猫背気味になります、すると派環が下の方を向きやすくなり、肩の可動域卯を制限してしまうそうです。またその姿勢は [続きを読む]
  • ピッチャーのアイシングの必要性?
  • プロ野球中継で先発投手が降板後ベンチで利き腕の肩を冷やしながら試合を見ている光景を近年は普通に見るようになりました。これは高校野球だけではなく、少年野球、学童野球でも同じで、広く主流となっている感があります。誰かが「投球後は冷やしたらいいらしいよ」という話をして一気に広まったのかも知れまんが、ハッキリした科学的根拠から広まったものではなさそうです。2015年に中日ドラゴンズ球団を50歳で引退した驚異のピ [続きを読む]
  • ピッチャーが球速を上げるには?あ
  • 「ストレート」をズバンと投げ込み空振りをビシバシ取り、三振の山を築いていくピッチャーには、小学生でも草野球でもたとえプロ野球でも、どんな投手でも憧れます。これが毎試合できればスターですよね。短期間で球速を上げるにはどうすればよいのでしょうか。その答えは端的に言えば「全身を使って投げる」ということに尽きます。簡単そうで出来ていない「全身を使った投球」「全身を使った投球」で球速を上げると聞いて、そんな [続きを読む]
  • ケガを防ぎパフォーマンスアップのサポーター
  • 皆さんサポーターと聞くとケガを為たときとか、肉離れをしたときに再度のケガ予防とか、患部を温めるとかの用途に使っている方が殆どだと思います。このサイトは野球のトレーニングサイトですので野球のパフォーマンスアップやケガ防止するためのグッツ、今回はサポータを紹介したいと思います。サポータと言うと重度の関節の障害の場合などの関節が左右に動かないように固定するために、コンタクトスポーツの場合ですと、ケガ予防 [続きを読む]
  • ファンクショナルトレーニングとは?
  • ファンクショナルトレーニングという言葉をご存知でしょうか。ファンクショナルとは「機能的な」という意味です。つまり、普通のトレーニングと比べてより機能的なトレーニングを行い、動ける体を作るという目的で行うもののことなのです。 それを行う上で、理解しておかなければならない、いくつかの要素が存在しています。一体どんなものなのか、詳しく見ていきましょう。野球ではあまり言われてきませんでしたが、現在行っ [続きを読む]
  • ピッチャーの球速に必要な筋肉は?
  • ピッチャーにとって、生命線となるのが球速です。例えばプロ野球の投手であれば、平均球速として140km/h近くは投げられないと、活躍するのは難しいです。中には、球のキレやコントロールで勝負するタイプもおります。例えば、現ヤクルトスワローズの成瀬投手や、日本ハムファイターズの武田勝投手などは、ストレートは130km/hほどです。それでも打者を抑えられたのは、球のキレやコントロール、そして独自の投球フォームがなせるこ [続きを読む]
  • 遺伝子検査で自分トレーニング方針を決める!
  • 野球に限らずトレーニングをする上で、自分の遺伝子を調べてそれに一番適したトレーニングが出来るなんで夢みたいな時代が来ました。昔は一流のアスリートしか出来なかった、筋肉の遺伝子を調べ、筋肉の中の速筋と遅筋の割合が分かります。その中で3つの遺伝子を調べて、自分が向いている競技などが分かるようになっています。今更、野球に向いていない遺伝子って言われても困るのですが、それに適したトレーニングの方法まで解説 [続きを読む]
  • ピッチャーのインナーマッスルトレーニング法
  • 最近、特にピッチャーは肩のインターマッスルを鍛えることが重要視されるようになりました。。  人の肩はオーバースローでボールを投げる様にできておらず、オーバースローで投げようとするには多くの筋肉に負担をかける動作になります。下半身から上半身へ体重が移動をし、背筋から肩を通じて、ボールを投げる腕や手に力を伝えているのです。全身をくまなく鍛える必要があるのは当然ですが、その中でも特に重要となるの [続きを読む]
  • 自分の目の能力に向いているスポーツは野球なのか?
  • 野球でも他のスポーツでも他人よりも良い成績を収めるためには、持って生まれた才能とたゆまぬ努力が必要なことは言うまでもありません。持って生まれた才能には運動神経やスピード、身長など様々なものがありますし、動体視力も実はスポーツでのパフォーマンスと大きな関係がある素質の一つと言われています。動体視力というのは、動いている物体を正確にとらえることができる能力のことで、これを鍛えることによって、野球なら速 [続きを読む]
  • KVA動体視力とは野球の関係は?
  • 動いている物体を判断する動体視力は、物体がどのように動いているかによっていくつかの種類に分類することができます。 例えば、物体が横方向や上下に素早く動くのを瞬時に判断するDVA動体視力というのもあれば、物体が前後方向に動くのを判断するKVA動体視力というものもあります。スポーツによって、どちらの能力がより求められるかは異なりますが、野球の場合には前後に素早く動くボールを瞬時に判断するKVA動体視 [続きを読む]
  • DVA動体視力と野球の関係は?
  •  動体視力というのは「動いている物体を判断する」能力のことですが、物体がどんな風に動いているかによって必要となる視覚能力は異なり、いくつかの種類に分類することができます。スポーツにおいては、横方向に物体が動くときと、前後に動く場合とでは、同じ動体視力でも必要となる能力がわずかに異なるというわけです。このうち、物体が上下および横方向に動いているものを判断する能力のことを「DVA動体視力」と呼んで [続きを読む]
  • 野球には同大使量は必要なのか?
  • 野球の中には色々なポジションがありますが、、バッターはボールという動いている物体の位置を素早く判断したり、どの辺にくるのかボールの軌道を予測したりする動体視力という能力がバッターのパフォーマンスに大きな影響を与えています。ボールの動きを読むためには、視界がボンヤリしていたのでは難しいですから、クリアな視界の中でボールの正確な位置や動きを判断するために静止視力が良い事も、アスリートに必要な素質です。 [続きを読む]
  • 冬場のチームトレーニングに最適な場所は?
  • 東京23区内に野球のトレーニング、練習が出来る絶好の室内練習場がオープン 東京近郊で冬の時期にグラウウドで野球のトレーニングも行いたいチームは多いと思います。しかし、外は寒いですし、霜が降りたり、雪や雨でなかなか出来ず、室内練習という事になりますが、学童、少年、大学生の皆さん、室内練習場探しには苦労されていると思います。野球専用の室内練習場は東京都内にいくつかありますが、料金が高かったり、狭か [続きを読む]
  • コーヒーが筋肉痛に効果あるかも?
  • 野球をトレーイングの連続で、毎日しっかり身体を鍛えていても、新しい筋力トレーニング、違うポジションの練習をしたりすると筋肉痛になりますよね?それでも、練習をしなければならない時どうすればよいでしょうか?あまり、痛みをこらえて素振り、ピッチングをやったりするとフォームを崩す原因にもなりかねません!!実は、コーヒー(カフェイン)が筋肉痛の疼痛を軽減するというレポートが、前からあるのをご存知ですか?実は [続きを読む]
  • 野球がうまくなるための筋トレとは?
  • 野球のトレーニングには筋トレはなくてはならないものですが、どの程度か筋力トレーニングをすればよいのかは皆さん悩んでいると思います。確かに、筋力がなくて硬式の800gのバットが振れないような場合は、筋力を付けることで技術が上がりますが、いくら筋力があっても、バットにボールが当たらなければ話しになりません。筋力を上げるには、筋力は筋肉量に比例していますから、筋量を増やしていく方向でトレーニングするのは [続きを読む]
  • ピッチャーと野手にも共通する体の柔軟性
  • 筋力をつけることも大切ですが、それと同じぐらい身体を柔らかくすることは、重要だとされております。なぜなら、柔軟性のある身体には、主に三つのメリットがあるからです。1.怪我や故障が少なくなる。2.可動域が広くなる。3.瞬発力がアップする。と、どれも野球をする上では、非常に大切なことなのです。それぞれ具体的に見ていきましょう。怪我や故障が少なくなる、というのはほとんどの人が把握していることと思います。 [続きを読む]
  • 股関節のストレッチの方法は?
  •  股関節のストレッチは沢山の方法がありますが、股関節が固い皆さん、いくらストレッチしてもなかなか柔らかくならないと悩んでいませんか?そのあたり、柔らかくするコツがありますのでいくつかご紹介します。まず、どうしてストレッチをするかですが、関節は筋肉(腱を含む)でつながっています、そのを伸ばすことによって競技のプレー中の可動域を広げケガの可能性を減らすのが目的です。身体を付けえる範囲も広がりますの [続きを読む]
  • ピッチャーのストレッチの方法は?
  • ピッチャーの肩周りのストレッチはかかせません。野球選手の多くが、野球で必要な可動域の維持と改善に役立てるため、ウォームアップやクールダウンにストレッチを取り入れられております。    とりわけ投手は、同じ投球動作を繰り返すことで、体の一部に過剰な負担がかかってしまいます。過剰な負担がかかるということは、それだけ怪我や故障のリスクが高くなるということです。ストレッチをすることで、それ [続きを読む]
  • 筋肉を早く回復させて筋肉を早くつける
  •  筋肉は激しい運動をすることで、強いストレスがかかり、筋繊維に負担がかかります。筋繊維の構造が乱れるたびに筋肉は修復しようとします。その回復力が早い人ほど筋肉がつきやすいと言われているのです。では、筋肉の修復を早めるにはどうすればよいのでしょうか。それは適切な休息と栄養素が関係しております。筋肉を増加させるためには、筋肉の破壊と修復を繰り返す必要があります。筋肉の破壊は、単純にトレーニングや運 [続きを読む]
  • 筋トレの超回復は体感できるのか?
  • 超回復とは?超回復とは適切な筋力トレトレーニングを行うことによって、筋繊維を細胞レベルで壊していき、それが修復される時に以前の筋肉より大きな筋肉となることの事です。?疲労・ダメージ筋トレによる疲労、筋力トレーニングによる筋細胞へのダメージ?回復・リカバリー疲労物質の除去、筋繊維の修復?超回復以前の状態よりも上回った状態。一般的にこれは24〜28時間で起こるといわれています。確かに、長い目で見ると筋肉 [続きを読む]
  • 冬に必要な効果的な野球のトレーニングは何か?
  •  野球もオフシーズンになれば、選手は試合がないので時間に余裕ができて、家族と過ごす時間が長くなるなど、体力時にも余裕が出てきます。しかし、その間もトレーニングをし続けなければ、すぐに体は鈍ってしまいますし、体型も変わってしまいます。そこで今回は、冬でもできる効果的なトレーニングメニューを紹介したいと思います。他の項では主に、器具を使った筋トレをしよう介しているので、ここでは、筋トレとは別に行う [続きを読む]
  • 亜鉛サプリをとると筋肉質に?
  •  みなさんは亜鉛という成分を耳にしたことがあるかと思います。実は、この亜鉛という成分は、筋肉増強効果があることをご存じでしょうか。亜鉛はミネラルの一種であり、新陳代謝を高めたり、タンパク質を合成、免疫機能を活性化、また育毛と、さまざまな効果がある成分です。では、亜鉛が筋肉にどんな効果があるのか、詳しく説明していきたいと思います。亜鉛は、筋肉が超回復をする時に必要とするミネラルです。そもそも筋肉 [続きを読む]