迪子 さん プロフィール

  •  
迪子さん: 酒とM/M小説の日々
ハンドル名迪子 さん
ブログタイトル酒とM/M小説の日々
ブログURLhttp://slashlover.blog.fc2.com/
サイト紹介文海外M/M小説(≒SLASH、BL小説の海外版)の感想をメインとするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/11/19 18:58

迪子 さんのブログ記事

  • レビュー: Catch a Ghost / SE Jakes
  • Catch a Ghost (Hell or High Water Book 1)Author:SE Jakes 入手日:2014.8.6Story: ★★★☆☆Sex: ★★☆☆☆Coupling:元FBI×元特殊部隊(リバあり)Count of Page:262Pあらすじ かつてはネイビーシールズの隊員で、CIAのエージェントを経て、民間救出会社(EE)の工作員となったプロフェットは、一匹狼で付き合い辛い男だと誰からも思われていた。しかし、現在の民間救出会社(EE)の上司が、プロフェットに対し、新たなパ [続きを読む]
  • レビュー: Deceived / Megan Derr
  • DeceivedAuthor:Megan Derr 入手日:2014.7.31Story: ★★★☆☆Sex: ★☆☆☆☆Coupling:高慢王子×真面目秘書官 ほかCount of Page:304Pあらすじ秘密と嘘を抱えた男達の5つの物語。王子であるベネディクト(Benedict)と、秘書官のレイ(Rae)の間の敵意は宮廷中に知れわたっていた。クビか辞任か、どちらからも言い出せず、相手に最初のアクションをさせようと、大喧嘩するか徹底した無視かという日々を過ごしていた。この関係に区 [続きを読む]
  • レビュー: Control / Cardeno.C,Mary Calmes
  • ControlAuthor:Cardeno.C,Mary Calmes 入手日:2014.7.28Story: ★★★☆☆Sex: ★★☆☆☆Coupling:変身を嫌悪するシフター×誇り高いシフターのリーダーCount of Page:220Pあらすじヴァイ・アレクノス(Vy Aleknos)は鷹のシフターの族長だった。十代の頃からゲイであることは隠さず、誇りと自信を持った姿を見せていたが、男同士がメイトとなることはあり得なかったため、内心ではこのまま誰とも番わず、独りで一生を過ごすのか [続きを読む]
  • レビュー: Fade (In the Company of Shadow 4) / Santino Hassell&Ais
  • Fade (In the Company of Shadow 4)Author:Santino Hassell&Ais 入手日:2014.6.11Story: ★★★★★Sex: ★★★★☆Coupling:凄腕コミュ障暗殺者×独り立ちしはじめ暗殺者Count of Pages:1,000P超(推定)感想(※続きモノのためネタバレ反転)母親に送り込まれた、薬漬け、セックス漬けの潜入任務から戻ってきたボイドに告げられたのは、「シンが機関に処刑された」という事実。からっぽのアパートで慟哭するボイドには胸が詰ま [続きを読む]
  • レビュー: Interludes (In the Company of Shadow 3) / Santino Hassell&Ais
  • Interludes (In the Company of Shadow 3)Author:Santino Hassell&Ais 入手日:2014.5.19Story: ★★★★☆Sex: ★★★★☆Coupling:凄腕コミュ障暗殺者×独り立ちしはじめ暗殺者Count of Pages:1,000P超(推定)感想(※続きモノのためネタバレ反転)シンとボイドが、2巻に引き続き別れたまましばらく話が進むので、主カプ好きにはストレスフルな展開。ボイドはシンと他の男との関係を認めようと振る舞うけど、「自分はシンと仲良 [続きを読む]
  • レビュー: Afterimage (In the Company of Shadow 2) / Santino Hassell&Ais
  • Afterimage (In the Company of Shadow 2)Author:Santino Hassell&Ais 入手日:2014.5.18Story: ★★★★☆Sex: ★★★★☆Coupling:凄腕コミュ障暗殺者×駆け出し暗殺者Count of Pages:1,000P超(推定)感想(※続きモノのためネタバレ反転)1作目"Evenfall"で、任務をともにすることで、なんとかシンからは公私両方のパートナーとして受け入れられ始めたボイド。しかしエージェントの仕事でのヘマもあり、周りに「親の七光り」「 [続きを読む]
  • グレートウォール The Great Wall
  • チャン・イーモウ監督、マット・ディモン主演の中華ファンタジーアクション映画です。中世の万里の長城に、60年毎に饕餮(とうてつ)の大群が襲いかかり、中国の軍勢は人類の砦として防衛にあたっていた。その戦いに、強力な火薬を求めて友人と旅をしていたウィリアム(マット・ディモン)がまきこまれ・・・というあらすじ。歴史スペクタクルを期待して観に行った人は「ナンダコリャ」ってなったかも知れないけど、自分は「ヒロ [続きを読む]
  • レビュー: Evenfall (In the Company of Shadow 1) / Santino Hassell&Ais
  • Evenfall (In the Company of Shadow 1)Author:Santino Hassell&Ais 入手日:2014.5.18Story: ★★★☆☆Sex: ★★★☆☆Coupling:凄腕コミュ障暗殺者×死にたがり新米暗殺者Count of Pages:1,000P超(推定)あらすじ都市崩壊後の近未来、”エージェンシー”は、現政権への反対分子を制圧するために活動しており、その目的は、自らのエージェントを犠牲にしてでも達成されるべきものだった。シンは、組織で最も卓越した技能を持ち [続きを読む]
  • 美女と野獣 Beauty and the beast
  • 1991年制作のディズニーアニメの実写化です。(最近も実写化していたような??と思って調べたら、2014年制作のレア・セドゥ主演版は違うストーリーらしい(未見)。)ガストン(ルーク・エヴァンス)とルミエール(ユアン・マクレガー)を楽しみに観にいってきました!ガストンの下衆っぷりがとっても清々しいw ゲストンという名を差し上げたい。酒場での自画自賛歌の場面が最高です。「三国一のイイ男〜♪」じゃなくて「村一番 [続きを読む]
  • ムーンライト Moonlight
  • 2017アカデミー賞で脚色賞、助演男優賞、作品賞を受賞した映画。黒人でゲイの主人公シャロンの幼少期、少年期、成年期をじっくりと描いていて、キャラクターもストーリーも絞られきっており、見終わったあとも、年代の違う3人のシャロンの表情がふと頭にうかぶ・・・そんな映画でした。(どアップのショットが多いからか)幼少シャロンの暮らしぶりが、家が麻薬売買地区の近くで、学校も黒人だらけ、と「70年代とかの話なのかな〜 [続きを読む]
  • キングコング 髑髏島の巨神 / KONG: Skull Island
  • 12年ぶりにキングコング映画登場!ハリウッドリメイク版のGODZILLAよりも、なぜか日本怪獣ものの楽しさを味わえる作りになってます。(監督が日本の特撮・アニメのファンらしい)テンポ良し、シーンの回収よし、特撮もデカ生物の造形やアクション見応えありで大満足でした!ベトナム戦争で不完全燃焼の鬱憤を、コング狩りで晴らそうという周囲視界ゼロの大佐(サミュエル・L・ジャクソン)にイライラする以外は。。。(冷静に残存 [続きを読む]
  • アサシン・クリード Assassin's Creed
  • マイケル・ファスベンダーさん目当てに観に行ってきました。ゲームが元ネタですが、プレイしたことはありません。マリオン・コティヤールが出ていて驚きました。カル(ファスベンダー)は、幼いころに父が母を殺すところを目撃し、その後暴力を厭わない人生の果てに殺人罪で死刑を執行されたが、研究所みたいな所で目覚め、「お前は中世スペインの暗殺教団の末裔じゃー、ご先祖の記憶をたどって秘宝の在りかを探し出せ〜」と、美人 [続きを読む]
  • LA・LA・LAND
  • 賞レースの話題の映画、LA・LA・LAND見てきました!カフェでバイトをしながら女優を目指すミア(エマ・ストーン)と、古き良き時代のジャズを楽しめる店を持ちたいともがくジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)が出会い、夢と現実、恋愛を描いていくストーリー。以下ネタバレ反転予告で、青いパーティドレスのミアがセブに近づいていって、セブがブチュ―!!とするシーン、あれが仕込みだったのか!なんか予告込みで一杯 [続きを読む]
  • レビュー: Latakia / JF Smith
  • LatakiaAuthor:JF SmithStory: ★★★☆☆Sex:☆☆☆☆☆Coupling: 軍人×一般人Count of Pages:340P あらすじマットはリッチモンドでの生活に満足していた。友人、趣味のソフトボール、ボランティア。そして素敵な恋人、ブライアンと1年以上の関係を築いていた。友人達が、本当にブライアンは良い恋人なのか疑問を呈したり、ブライアンが時々気分のブレを見せたりしたからといって何だというのか?そして、ブライアンの行動に時 [続きを読む]
  • レビュー: Maritime Men / Janey Chapel
  • Maritime MenAuthor: Janey Chapel購入日: 2014.7.21Story:★★★☆☆Sex:★☆☆☆☆Coupling:SEALs訓練生×SEALs訓練生Count of Pages:90P(推定)あらすじ米海軍の特殊部隊SEALsの候補生であるクーパー・フィンチとイーライ・ジョーンズは、外界と切り離された状況で、肉体と精神の限界に挑んでいた。過酷を極める”地獄週間”の後、疲労と欲情と酒によって、お互いへの信頼が予期せぬ方向に変化することになる。生き、働き、支 [続きを読む]
  • レビュー: Coffee Shops and Condoms / Eden Winters
  • Coffee Shops and CondomsAuthor:Eden Winters購入日2014.4.9Story:★★★☆☆Sex:★☆☆☆☆Coupling:(???)×初体験を目指す高校生Count of Pages:28Pあらすじ2人のティーンエイジャー男子と、取り放題のコンドーム、ありあまる時間・・・どんなトラブルが起こるか予想はつかない。感想※あらすじはAmazon(Kindle)の紹介文です(汗)(28頁だからか紹介文も短い。。。)セーフセックス啓発・ユーモアM/M小説です。ネタバ [続きを読む]
  • 沈黙 Silence
  • 沈黙〜Silence〜江戸時代の日本で、悪辣奉行に拐かされた娘を救出するため、リーアム・ニーソンが侍達をバッタバッタと倒していく!制限時間は72時間!!という話では勿論ありません。原作は遠藤周作です。名作なのです。アンドリュー・ガーフィールド主演、マーティン・スコセッシ監督で映画化されました。1630年頃、キリスト教禁制下の日本で布教中に消息を絶った師を探し、弟子の2人のポルトガル人宣教師が長崎を訪れる・・・ [続きを読む]
  • レビュー: Veterans / Aleksandr Voinov
  • Veterans (Special Forces 3)Author:Vashtan (Aleksandr Voinov) 入手日:2014.5.5Story:★★★★☆Sex:★★★★★Coupling:(元)ソ連の特殊部隊(スペツナズ)の将校×(元)英国特殊部隊(SAS)のエージェント(リバあり)Count of Pages:700頁超?Vashtan(=Aleksandr Voinov)さんのフリーDL小説"Special Forces"シリーズ最終巻です。タイトルのとおり、"退役"に主人公達のステージが移りました。以下ネタバレあり、ご了承くださ [続きを読む]
  • レビュー: Mercenaries i&ii (Special Forces) / Vashtan (Aleksandr Voinov)
  • Mercenaries i&ii (Special Forces)Author:Vashtan入手日:2014.5.5Story:★★★★☆Sex:★★★★★Coupling:ソ連の特殊部隊(スペツナズ)の将校×英国特殊部隊(SAS)のエージェント(リバあり)Count of Pages:1500P超?"Special Forces"シリーズ第2作目で、"Soldiers"の続編になります。これもフリーでDL可能。ありがたい。以下、ネタバレ気味ですのでご注意ください。"Soldiers"で9年に渡るダンとの"痛めつけ愛"(拷問とSE [続きを読む]
  • 英国旅行最終日(ラストオブパブ)
  • まだまだ見切れない観光地が多いロンドンで、最終日はロンドン塔とHMSベルファスト号の見学で出発までの時間を過ごしました。ホラーは苦手だけど、軽〜いゴアとミリタリーが好きなので。。。写真はベルファスト号の士官室です。なぜか提督とか兵卒ではなく、どのミリタリー関係の観光施設でも士官に萌える私。最後の日になって、昼も夜もパブで注文間違いをする(1人前のつもりが2人前来て、量が多過ぎて死ぬ)という失敗をしてしま [続きを読む]
  • 英国旅行6日目(ロンドン無理目観光)
  • イギリス旅行6日目にして、ロンドン滞在3日目の1/2が、一番体力的にキツかった…聖ポール大聖堂、バッキンガム宮殿の衛兵交代、ウェストミンスター寺院やビッグベン、大英博物館、ハロッズを回りましたが、我ながら盛り込みすぎですね。大英博物館は90もの展示室があって、1日あっても全部見られないのに、先に4つも観光スポットを見た後では無謀でした…閉館間際には、椅子や床で座り込んで寝たり放心している客がいて、「解るよ [続きを読む]
  • 英国旅行5日目(ロンドンでサッカー観戦)
  • 明けましておめでとうございます!レミゼ観劇に引き続き、ロンドン滞在中のもう一つの楽しみだったエミレーツスタジアムでのプレミアリーグ観戦の日が来ました!あいにくの雨で最低気温も0度(最高9度)ですが、日本の叡知、ホッカイロを3つ駆使して観戦だ!選手の方は、ニューイヤーズディに雨のリーグ戦ですもんね…プレミアってホント過酷日程ですね(あ、でも日本も元旦は天皇杯でしたね。結果は知ってるけど、天気はどうだったん [続きを読む]
  • 英国旅行4日目(年越しロンドン)
  • バースからロンドンに移動しました。31日のメインはクイーンズ・シアターでの"レ・ミゼラブル"観賞。舞台の大きさはそんなにないけど、床の回転や、セットの吊り下げなどを活用した演出で、とってもスケールが大きく感じられました。歌は、個別のミュージカル俳優さんの名前は知らないのですが、ソロもコーラスも少しのゆらぎもなく歌い上げるのに感動!ああ、私も歌ウマに生まれたかった…テナルディエ夫妻はやっぱり大人気!観客 [続きを読む]
  • 英国旅行3日目(Bath)
  • 今日はケンブリッジからバースに移動。バースは、ロンドンから鉄道で1時間半くらいの地方都市です。距離的に日本でいえば、宇都宮から熱海に行った感じ(?)そして熱海との共通点は…温泉です!イギリス唯一の天然温泉があるところ。連れ(風呂命)の要望で、旅程に組み込みました。温泉施設(サーメ・バース・スパ)前の温泉付きホテル(ゲーンズボロ・バース・スパ)に泊まったのですが、そのホテルの温泉の中(サウナ室の横)に、「ご自 [続きを読む]