立石美津子 さん プロフィール

  •  
立石美津子さん: ちょっと、聞いてよ!
ハンドル名立石美津子 さん
ブログタイトルちょっと、聞いてよ!
ブログURLhttp://www.tateishi-mitsuko.com/blog/
サイト紹介文「テキトー母さんのすすめ」の著者の毒の奥にも愛があるブログ 障害児教育にも詳しい母
自由文子育て本著者・講演家・自閉症児を育てる母親
著書は『一人でできる子が育つ テキトーかあさんのすすめ』『一人できる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』
『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『はずれ先生にあたったとき読む本』『子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方』
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/11/21 04:39

立石美津子 さんのブログ記事

  • 息子、講演会!
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます! 川崎市宮前区にあるアイムの放課後ディに通う保護者対象の講演会に行ってきました!こちらが代表の佐藤典雅さん。面白いお方・・・この本を書いておられます!amzn.asia/0CWTJ1H息子が冒頭に挨拶お母さんたちの歓迎の拍手の嵐!さっそく、得意技のトイレの水流聞き分けの技を披露音だけを聞いてメーカー・型番がわかるので、それを自慢げに [続きを読む]
  • スーパーの暴走児は優勝する!
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。特別支援学校高等部でマラソン大会があった。全校生徒200名ほどの中、息子は一位になった!幼児期はスーパーで瞬間移動する忍者のように走り、行方不明になった。でも、その時「足が速くて素敵!」なんて思えず「どうしてジッとしていられないの!」と怒りは頂点に達していた。今やその脚力をこんな形で発揮するなんて・・・ ■リフレー [続きを読む]
  • とうとう通報されました!
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 息子は耳が凄くいい。 3歳の頃、椎名町にある「一音会」という有名ピアノ教室に通い、いち早く絶対音感を獲得した。耳が良すぎるから普通はなんでもない音、例えば掃除機、洗濯機の音に拒否反応。未だ耐えられない音も数多くあり・・・耳ふさぎをする。でも、好きな音もあり、“トイレの型版=水流”を一致させ楽しんでいる。“利き酒”ならぬ“ [続きを読む]
  • ひどすぎる園長たち。問題児は親の躾が問題
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 土地購入の問題で森友学園が話題になっている。その中で、この学園が経営している幼稚園「塚本幼稚園」の副園長が保護者に配布したこんな案内文をネット上で見つけた。塚本幼稚園「発達障害は親の躾が原因」炎上久々に驚いた!珍百景!驚いた点は4点■発達障害児は親の躾が原因自閉症を「鬱病みたいなもん」だとか「親の愛情不足によりそうな [続きを読む]
  • 子どもと永遠に一緒に・・・唯一の夢
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。「立石さんの夢は何ですか?」と質問された。言葉に詰まった。夢や将来やり遂げたいことは特にないから・・・(夢を持っていないことが、いけないことなのか・・・)「大ベストセラーとなるような本を書きたい!有名になりたい!」という気持ちはある。でも、そうなりたい理由を分析してみると生活の糧、つまりお金を得るためがメインな理由だ。だ [続きを読む]
  • クックドゥ八宝菜が良くない理由
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 息子はクックドゥが大好きだ。特にこれが好き。麻婆茄子それからこれも好き。八宝菜規律を重んじる自閉症児にはぴったりな商品なのだ。 何故なら・・・ どんな時も同じ味に出来上がるから、誰が作っても同じ味に出来上がるから。変化への対応が難しい息子には、もってこいの商品なのである。 ■クックドゥの短所私がハッピーで [続きを読む]
  • お願い。絵本を出したいのでご紹介ください。
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 私は「絵本を出したい」と思っている。でも、絵はこんなシュールな絵しか描けないので、文章だけを書く人 色々応募してはいるが、なかなか採用されない。そこで、今日はブログにその一部をご紹介して、「これを出してくれる出版社を募ろう!」と厚かましいことを考えている。どなたかつないでください。【一円だま】①ある街に金持ちの男 [続きを読む]
  • あんたの血筋が悪い!不憫な子?可哀想な子?
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 私の周りの障害児ママにはシングルの人が結構な割合でいる。 統計を取ったわけではないが・・・ 離婚率も年々高くなってきている。分母がそもそも大きくなっている。だから、何も障害児に限ったことではないのかもしれないが・・・・・ でも、ううん、確かに多い。 シングルファザーで障害のある子を育てているパパもちらほらいる [続きを読む]
  • 治らないんだから、練習させすぎないで〜!
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 ■そもそも、療育ってなんだろう?“療育(りょういく)”っていう言葉を聞いたことがありますか? 療育とは・・・ “障害のある子どもが日常生活、また、将来社会的に自立できるようにすること” “療育”という漢字は“治療+教育” ここで“療”なんていう言葉を使っているため、こんな大きな勘違いをしている人がいる!「療育 [続きを読む]
  • 16年間、自閉症を育てていて思うこと・・・
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、有難うございます!いつも長めですが、今日は更に長いです・・・ 今日はリタリコさんの”発達ナビ”で取材を受けた記事をそのままご紹介〜 取材をしてくださった田中千尋さんです。実際の記事はこちら↓h-navi.jp/column/article/35025988 ■「テキトー母さん」が、全然テキトーでいられなかった日々―このたびは、新著の出版おめでとうございます。 これまで、子育てに [続きを読む]
  • どう育てられたかで人生が決まる!
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。■浮草、あめんぼう「元気に活躍している風」「明るい風」に見えるかもしれないが、私はとても情緒不安定で、ちょっと嫌なことがあると何日もそれを引きずり・・・良いことがあるとすぐに浮かれる。まあ、誰にもあることで、それが普通なのかもしれないが・・・ ちょっと極端すぎるくらい針が振れる。詳しく書くと、もしかしたら、実際私にそれをし [続きを読む]
  • 便器
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 息子はトイレの便器に興味を持っている。自閉症児にはこだわりブームがあるが、トイレは5年は続いている。まあ、電車や車に興味を持っている子もいるんだから、それが便器であるだけだ。■似た人“それ系”の人が世の中にはたくさんいるんだろう。パソコンで“トイレ動画”と検索すると“ただただトイレが流れる動画”が出てくる。これを見て本 [続きを読む]
  • 今年の思い出、ギャラリー
  • 今年最後のブログ更新日です!年末のお忙しい中、アクセスしてください誠にありがとうございます。 こんなことがありました!昨年のお正月、横浜のホテルに泊まりました。父はこの半年後、膵臓癌で亡くなりました。喪中ですので新年のご挨拶は失礼させていただきますね。義務教育を修了しました。中学の卒業式です。高校の制服はネクタイです。悪戦苦闘しています。髭も自分で剃ってます。2年後の就労に向けて学校で練習して [続きを読む]
  • 子どもが将来、おでんツンツン男にならないためには
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。世間で“おでんツンツン男”とか“牛丼混ぜ混ぜ男”とか話題になっている。 コンビニで売り物のおでんを指で「ツンツンツンツンツン・・・」と繰り返し突いて、その様子を撮影した動画をインターネットに投稿 炎上したら「反省しています〜」と、鼻糞をほじりながら謝る動画を続けて投稿し、再び炎上とうとう、逮捕されてしまった。 すると [続きを読む]
  • 知らないこと、子育て、贅沢な悩み
  • 今日もアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。今から21年前の1995年、特別支援学校教員免許取得のため、特別支援学校の中学部に1ヶ月教育実習生として入っていたことがある。当時はまだ“特別支援学校→養護学校”という呼び方をされていた。そこにS君と言う色素性乾皮症(XP)の生徒がいた。自分の知らないことを知ったことは衝撃だった。そして、自分がちっぽけなことで日々、悩んでいたことを反省した・ [続きを読む]
  • ママ殺到、とある病院
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。あるクリニックのお話です。多くの女の人が、待合室で順番待ちをしています。■一番目の患者「はい、次のかた〜」医師が呼びます。赤ちゃん連れのママが診察室へ入っていきます。ママ「うちの子、離乳食を食べてくれなくて・・・」(「大きくなっても、きっとこうなるだろう」と想像してしまう、マイナス思考母 ↓)(C)あべゆみこ医師「舌 [続きを読む]
  • 自由とは孤独である
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 昨日は午前中、病院に行ったっきりずっと家にこもっていた。話した相手は主治医の櫻井先生だけ・・・(血栓ができやすい体質なので月に一度、脳外科に行き、薬をもらってくる)最近こんな日が多い。会社勤めしているわけではないから、これと言って用がなければ家にいる。 すっぴんのママ、しかもパジャマのままでいたりする。聞こえてくるのは自 [続きを読む]
  • 自由とは孤独である
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 昨日は午前中、病院に行ったっきりずっと家にこもっていた。話した相手は主治医の櫻井先生だけ・・・(血栓ができやすい体質なので月に一度、脳外科に行き、薬をもらってくる)最近こんな日が多い。会社勤めしているわけではないから、これと言って用がなければ家にいる。 すっぴんのママ、しかもパジャマのままでいたりする。聞こえてくるのは自 [続きを読む]
  • 子育て本のネタばらし
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。 ■最近よく質問されることテキトー母さんシリーズがよく売れている。 ※なか見検索できますwww.amazon.co.jp/dp/453405405Xwww.amazon.co.jp/dp/4534052391 こんな質問をよく受ける。「これらの内容はすべて立石さん自身の子育ての経験から書いているんですか?」答は「NO」だって私の子どもは自閉症だから。定型発達児ではないので普 [続きを読む]
  • 挨拶しない可愛げのない子
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます!こんな新聞の投稿が話題になっている。www.j-cast.com/2016/11/09282885.html?p=all投稿によると?小学生を持つ親からの意見「知らない人に挨拶されたら、逃げるように教えているのでマンション内では挨拶をしないように決めてください。子どもにはどの人がマンションの人かどうかは判断できない。教育上困ります」年配の方からも「挨拶しても挨拶が返っ [続きを読む]
  • 挨拶しない可愛げのない子
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます!こんな新聞の投稿が話題になっている。www.j-cast.com/2016/11/09282885.html?p=all投稿によると?小学生を持つ親からの意見「知らない人に挨拶されたら、逃げるように教えているのでマンション内では挨拶をしないように決めてください。子どもにはどの人がマンションの人かどうかは判断できない。教育上困ります」年配の方からも「挨拶しても挨拶が返っ [続きを読む]
  • 比べる病
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。“比べる病”はもう卒業できたと思っていたのに・・・ 子育てコラムや本に「他の子と比べるのは百害あって一利なし」と偉そうに書いているのに・・・「私の比べる病は完治していない」と感じた出来事があった。 ■ハロウィーンパーティ ハロウィーンパーティに出かけた。子連れOKだと言うので息子を連れて行った。 16歳なんて年齢が上の子は我が家 [続きを読む]
  • ルンバ② 買わない方がいい人
  • 今日もこんなブログにアクセスしていただき誠にありがとうございます。 先週に引き続き・・・ルンバの話をさせてください。■ルンバを買わない方がいい人自分で掃除機をかけるのが面倒くさい人が「ルンバを買いたくなる」と思うのだが……めんどくさがりの人の家は散らかっている。 だから、床の上に物が結構置いてある。・雑誌・意味のないコード・使い捨てマスク・ストッキングなどが転がっていたりする。 そ [続きを読む]
  • ルンバ① 可愛いヤツ
  • 今日もこんなブログにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。私はもう?お掃除ロボットルンバ”を10年くらい使っている。毎朝、4時に起きて薄暗い中、文章を書いている。シーンと静まり返った中で書いているよりも、ルンバがガーガー鳴っている中で書いていると精神が安定する。 音楽をほどんど聴かないので・・・・“ルンバのガーガー”がBGMの代わりになっている訳ではない。 息子も私もアレルギー [続きを読む]
  • もしも、あなたの子どもが障害児だったら?
  • 今日もこんなブログにアクセスしてくださり、誠にありがとうございます。新刊でました!少し営業させてください〜!(本の抜粋)全人口の6〜10%も存在すると言われている“発達障害児” クラスの中に2〜3人はいる決して低くはない確率です。周りのお友達にそんな子がいるかもしれません。また、もしかして、あなたのお子さんがそうであるかもしれません。 ■お爺さん、お婆さんになってもずっと自閉症私の未来予想 [続きを読む]