NA-32 さん プロフィール

  •  
NA-32さん: 3W What a Wonderful World!!!
ハンドル名NA-32 さん
ブログタイトル3W What a Wonderful World!!!
ブログURLhttp://www3w.blog.fc2.com/
サイト紹介文建築家と平屋を建てる。心地良い空間で豊かな生活を...
自由文現在は実施設計が完了し工務店が決定!
着工しました☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2015/11/21 20:51

NA-32 さんのブログ記事

  • 旧井上房一郎邸の見学
  • またまたとある週末に高崎市美術館へ目的はただ一つ建築家のアントニン・レーモンドの自邸を模した旧井上房一郎の見学でした。※アントニン・レーモンド設計 軽井沢夏の家の記事はこちら旧井上房一郎邸は、港区麻布の笄町に1951年(昭和26)に建てられたレーモンドの自邸兼事務所を写した建物として知られ、いわゆるレーモンド・スタイルがよく表れている建築です。引用:高崎市美術館屋根が薄く、軒がとても低いです。背伸びせずに [続きを読む]
  • 東京散歩 〜六本木・南青山〜
  • 国立新美術館で草間彌生のアートを堪能した後に過去記事はこちら六本木・南青山周辺を散歩しながら気になったところに立ち寄ってみました。新国立美術館から目と鼻の先のところにあったブルーボトルコーヒー六本木ロゴの看板が無垢材(シナベニヤ)にペンキがナイス☆ブルーボトルコーヒーには初めて入りました。店内はシナベニヤの小口を上手に見せた家具収納がとても素敵です。※画像はブルーボトルコーヒよりお借りしています。 [続きを読む]
  • 素敵な来客(後編)
  • 玄関で簡単な挨拶を済ませて各々自由に(好きな順路で)家の中を見てもらいました。前編はこちら某HMのみなさまに特に好評だったのが以下の項目でした。屋外の杉板型枠工法のコンクリート壁のガレージ本物の珪藻土に見える珪藻土風のクロス特徴的な廊下の書斎小屋裏の畳スペース可愛い小物(インテリア)実際の坪数より空間が広く感じられる設計術フローリング(素材や塗装)スマートな巾木室内の吸気ガラリの控えめなデザイン薪ス [続きを読む]
  • 素敵な来客(前編)
  • 入居して2ヶ月が過ぎた頃思いもよらぬ来客がありました。建築家さんと家づくりを始める前にご縁があって相談に乗ってもらっていた某HMの営業と設計士の方々でした。およそ2年ぶりの再会に驚きましたが、話を聞いてみると完成した我が家を見せて欲しいとのお願いでした。実は工事中も気になっていたみたいで、たまに車で通りかかって進捗を見ていたそうです。当時、このHMが提案してくれた間取りや外観は設計士さんがわざわざ敷地を [続きを読む]
  • AJテーブル完成!
  • アルネ・ヤコブセンのデスクランプAJテーブルを作ってみました。ホームセンターで購入した材料はこちら廊下にあるワークスペースで作業を進めます。作業を進めること30分弱でできました!突如、現れるデスクランプのシルエット。ペラペラの厚紙ですが、インテリアとして機能しています。作り方はいたって簡単な方法で原寸大の寸法に合わせてコンビニで拡大コピーをとってきてつなぎ合わせたコピーをミューズボードに貼り付けカッタ [続きを読む]
  • 思いつきでAJテーブルをつくる!?
  • 海外のおしゃれインスタグラマーに触発されて自分でも真似してみたいと思いました。AJテーブルとはヤコブセンのデスクランプのこと。早速、材料を買ってきたのでやってみたいと思います。購入した材料はA2サイズのミューズボードと呼ばれる1mm厚のボードだけ。あとはカッターマット、定規、カッター、メジャーなど家にあるもので作ります。乞うご期待?にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大人可愛いインテリア  〜フレンステッドモビール〜
  • ブログ放置もすっかり慣れてきました。現場が動いてた頃は毎日書いていたのに自分でも驚きです。それだけ、家での暮らしが充実しているのかなと実感しているところです。先日、ある買い物をしました。家づくりを考えている途中から我が家にも飾りたいなと思っていたもの。それはフレンステッドモビールです。このサイトでは安く購入できたのでついつい色々なものを買ってしまいました。テーブルの前に並べてみます。包装が黒と赤の [続きを読む]
  • マイホーム完成後の初イケア
  • ...という訳で、イケア新三郷店に行ってきました。目当てのものはずばり寝具!ホテルライクなベッドメイクができるようにとお手頃な値段のベッドスロー(ライナー)を2つゲットしてきました。収納ボックスのコーナーでは様々なバリエーションのものがありました。素材も麻や木の繊維などの自然素材のものがあり廊下にある階段箪笥に上手いこと収めれば見せるインテリアとしても活用できそうな気がしました。大きな家具などはコストコ [続きを読む]
  • 入居1ヶ月後の追加工事
  • 新居で暮らしてようやく1か月半というところですが先月、工事をしてくれた工務店さん(現場代人)にお願いして追加工事を行っていただいきました。何の追加工事だったかというと...昨年の11月末に季節はずれの大雪が降った時に過去記事はこちら お隣の敷地にまとまった雪が落ちた事実があり万が一の事故や物損が起きる可能性を減らすためにお隣の家がある片側にだけ雪止め金具の取付けを提案してくれました。雪と言っても、溶けて [続きを読む]
  • そういえば薪ストーブはどうなった...?
  • 日々の暮らしに満足していてすっかり自分たちでも忘れていました。薪ストーブの存在を...。※画像はイメージです実は諸事情があって残念ながら薪ストーブは竣工・引渡しには間に合いませんでした。建築家さんイチ押しの薪ストーブは山林舎という薪ストーブ工房で過去記事はこちらオリジナルのデザインのものを造ります。コンパクトなリビングの空間に合わせたサイズで実用性はもちろんのこと、インテリアにもこだわっています。現 [続きを読む]
  • 【祝】我が家が雑誌に掲載されました
  • 1月27日(土)に発売された雑誌「男の隠れ家」2017年3月号にな、なんと我が家が掲載されました!!!建築家さんから事前に雑誌に掲載される旨連絡を頂いていたので、興奮を抑えつつ発売されるのを首を長くしながら楽しみにしていました。3月号の特集は小さな秘密基地の造り方です。我が家のとっておきの小屋裏の秘密基地と廊下の中央に配置したワークスペースが書斎として大きく取り上げられていて思わず嬉しくなりました。自分た [続きを読む]
  • 気になる映画「人生フルーツ」〜風と雑木林と建築家夫婦の物語〜
  • 嫁さんが教えてくれたのですが建築家の津端修一さん、英子さん夫婦の行き方を追ったドキュメンタリー映画が1月2日から上映されているみたいです。タイトルは「人生フルーツ」引用:人生フルーツ公式HP愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻 [続きを読む]
  • すまい給付金申請チャレンジ
  • すまい給付金の申請書類がようやく整いました。過去記事はこちら条件さえ満たしていれば最大で30人の諭吉が戻ってきます。何事も知らないと損をすることが多い世の中で家が建ってからこんな制度があったことに気がつきました。すまい給付金の対象者についてはこちらのサイトで確認してください。今回、用意した書類というのが以下のものになります。(青が書類で赤が取得場所)【すべて提出するもの】・給付申請書(原本) (すま [続きを読む]
  • 新築祝いで買ったもの
  • しばらくぶりの更新になります。web内覧会が実施できるのか...とても心配です。笑(正直、準備も何もしてません(/∀\*))だいぶ遡りますが新年に入って早々大きな買い物をしました。自分たちの新築祝いということで何か形に残るもので生活をより豊かにしてくれるものを探していました。ルンバも頭をよぎりましたが嫁さんがコーヒー好きということで最終的に購入したのはこちらになりました。イタリアのデロンギ社製の全自動エスプ [続きを読む]
  • リビングのエアコンはルーバーで目隠し
  • ブログをサボってしまうぐらい新居での生活が素晴らしくこの先の展開が少し不安です。(´∀`*;)笑今日はリビングのエアコンについてです。エアコンはLDKに1台、子ども室に1台設置してあります。基本設計の打合せの時には目隠しや設置場所の工夫などでエアコンができるだけ目立たないようにしたいと考えていましたが、実際には設置場所(スペース)や配管の問題、予算の都合で決めました。お金をかけてまでやる必要がないと感じ [続きを読む]
  • すまい給付金の申請
  • 引渡しの時に現場代人から渡された書類の中に国土交通省が実施している「すまい給付金」の書類がありました。どうやら私(建てた住宅も含め)はすまい給付金の対象になれたみたいでした。すまい給付金は対象者となる条件や対象となる住宅に一定の要件があるのですがそこをクリアさえすれば、最大で30人の諭吉が帰ってくるという驚くべき制度になっていて、これを利用しない手はありません。申請してからおよそ1ヶ月半〜2か月前後 [続きを読む]
  • 2017年が始まりました
  • 明けましておめでとうございます。去年は我が家が着工〜竣工に至るといった人生でも本当に貴重な時間を過ごした1年だったなと感じました。1年前のブログを読み返してみても家づくりを依頼するHMや工務店・建築家さんを探すのに本当に苦労したのが昨日のことのように感じます。過去記事①はこちら 過去記事②はこちら建築家さんと対話を重ねお互いを尊重、理解しながら設計した我が家は本当に毎日の暮らしを楽しく豊かに感じさせ [続きを読む]
  • 新居での大晦日
  • 引越して新居での生活が始まってしまうと毎日の暮らしをある一定の水準まで整えるのが大変でブログを更新するをすっかり怠っていました...。嫁さんが一生懸命に収納テトリスに奮闘しているのには感謝しかありません。せっかく建築家さんが美しい住宅を設計してくれたので、できる限りきれいに住みたいねと今後の暮らし方の方針を固めたところです。玄関にあるニッチ新居の暮らしはというとアパートで不満に感じていたことが解消さ [続きを読む]
  • 施主支給品 その④ vitraの小物入れ
  • クリスマスの朝に我が家にもプレゼントが届きました。引渡しまでに発注が間に合わなかった施主支給の小物入れそれはvitraのウーテンシロです。基本設計の段階からオーブンの横に設置することを前提に計画してきましたが、キッチン収納ユニットの扉の開閉に干渉するかしないかといったギリギリの(シビアな)寸法だったので、家具が設置された後に寸法を確認してからの注文となりました。そのためサイズもひと回り小さいウーテンシロ2 [続きを読む]
  • 外構工事 〜敷地境界に設けた杉板の低い塀 〜
  • 工事が始まってから敷地境界に塀を設けた方がいいかとても悩みました。お隣の敷地は境界まで芝生が生えていて何もしないままだとこちらの敷地内に芝生の根がついてしまうような状況でした。そこで簡易的な塀を設置することになりました。こちらも材料は外壁材と同じ杉板です。敷地の外から見るとこんな感じになっています。高さも30〜40cmぐらいなので乗り越えようと思えばいとも簡単に乗り越えられます。内側と外側で杉板を2重貼 [続きを読む]
  • 外構工事 〜板張りの土留め壁〜
  • 敷地境界は高低差があって雨で土などが隣に流れないようにということで土留め壁を設置することになりました。過去記事はこちら壁は外壁材と同じ防腐剤が注入されている杉板を2重貼りしています。外壁材が予定より多く余ってしまったので現場代人が機転を利かせてうまいこと利用してくれました。外壁材と一緒なので建物と一体感のあるデザインが他にはない良いところだと思います。粗い砕石との相性も抜群で、これだけで別荘の雰囲 [続きを読む]
  • ついに引渡し
  • 着工してから引渡しまでが本当に長く感じました。1つの区切りとして建築家さんや現場代人としばしお別れすることを考えると淋しい気持ちになっている自分がいました。建築家さんと夫婦で計画してきた家に実際に住んでいく喜びや興奮も感じつつきれいに住み続けるプレッシャーや緊張感(新築特有の傷や汚れに気を遣うこと)引越し作業に伴う手続きなどに追われる疲労感などで引渡し当日の「竣工おめでとうございます」の言葉が全然入 [続きを読む]
  • 竣工写真の撮影
  • 竣工引渡し前に我が家の写真撮影を行いました。寒い日が続き空気が澄んでいたので美しい夕景が期待できそうです。プロが撮る写真がどんな仕上がりになるのか...室内はどんな風に撮られているのか?Yチェアやカラヴァジオのペンダントがどんな構図で写されているのか...その心境はというと...「完成が待ち遠しい」その一言に尽きます。ちなみに写真が仕上がったらアルバムとしてプレゼントしてもらえます。次はいよいよ引渡しです。 [続きを読む]
  • 家具の搬入 その② ダイニングテーブル登場
  • 椅子の次はダイニングテーブルです。初期の基本設計でダイニングの形態はテーブル無しでアイランドキッチンの調理台にカウンターが付いた計画でしたが建築家の宮脇檀さんの本を読んで(すぐ影響されて)過去記事はこちらダイニングテーブルに変更になりました。ヤマトホームコンビニエンスさんが配送と組立てを行ってくれました。テーブルは木工が盛んな飛騨高山に本社を置く柏木工です。材質はオークでウレタン塗装仕上げになって [続きを読む]