税理士 俣野 剛 の 税金ブログ さん プロフィール

  •  
税理士 俣野  剛 の 税金ブログさん: 税理士 俣野  剛 の 税金ブログ
ハンドル名税理士 俣野 剛 の 税金ブログ さん
ブログタイトル税理士 俣野 剛 の 税金ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/taxpedia
サイト紹介文国税OB・元国税調査官の税理士 俣野 剛による税をテーマにしたブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/11/21 21:48

税理士 俣野 剛 の 税金ブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 事業承継について考えてみませんか?
  • 中小企業庁が、中小企業経営者の高齢化の進展等を踏まえて、事業承継の支援を行う「事業承継5ヶ年計画」を策定しました。その計画においては、地域の事業を次世代にしっかりと引き継ぐとともに、事業承継を契機に後継者がベンチャー型事業承継などの経営革新等に積極的にチャレンジしやすい環境を整備するとされています。 中小企業庁のHPを見ると、今後5年間で30万以上の経営者が70歳になるにもかかわらず、6割が後継者未定 [続きを読む]
  • マイナンバー記載率83% 国税庁発表
  • 平成28年分の確定申告から記載が義務化されたマイナンバーについて、記載率は83%だったと平成29年5月31日に新聞報道がありました。「e―Taxなどを利用し自宅から電子申告した人の記載率95%に対し、税務署で手続きした人は80%と低調だった。個人番号カードを持参し忘れ、未記載のまま提出した例が多いとみられる。」と時事通信のニュースサイトには分析が掲載されています。 83%という記載率について正直な個人的な感想は [続きを読む]
  • スマホによる領収書等の画像データ保存と青色申告の承認取消
  • 昨年末(平成28年12月28日)に、国税庁HP上の「電子帳簿保存法Q&A」に、「(Q)市販の会計ソフトを使って経理処理や申告書の作成などを行っている場合には、国税関係帳簿書類の電磁的記録等による保存等は認められますか。」という質問が追加掲載され、「(A)国税関係帳簿書類の電磁的記録等による保存等を行う場合は、法令で定められた要件を満たし、税務署長等の承認を受ける必要があります。したがって、税務署長等 [続きを読む]
  • 相続税、行き過ぎた節税には財産評価基本通達第6項の適用も
  • <財産評価基本通達第6項> 税務専門誌に、国税当局は“財産評価で疑義ある事案は6項適用含め検討”という記事が国税当局の指示文書の抜粋とともに掲載されていました。 相続財産は、財産評価基本通達に基づいてその価値を評価しますが、同通達第6項には「この通達の定めによつて評価することが著しく不適当と認められる財産の価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する」と規定されています。 記事には、国税当局の文書にお [続きを読む]
  • 贈与契約書作成時にも工夫を! 〜連年贈与の指摘を受けないために〜
  •  東京国税局のHPに、「暦年贈与サポートサービスを利用した場合の相続税法第24条の該当性について」という文書回答事例が公表されています。 事例の詳細は、照会内容及び回答事例を見ていただくとして、今回の事例で取り上げられている銀行のサービスのように、一定の期間中に定期的な贈与が行われることが想定される場合、「定期金給付契約に関する権利」の贈与が行われたものとして贈与税の課税関係が生じるのではないかとの疑 [続きを読む]
  • 税務調査に強い税理士とは
  •  税務調査に強い税理士とは、国税当局に単に抵抗するだけの税理士、調査立合い件数が多い税理士、国税当局に顔が利くといった税理士ではありません。少なくとも次の3つが必要ではないでしょうか。(1)税法だけでなく実務上の取扱いや税務調査で問題となりやすい点を知っており、国税当局の考えや狙いを理解できる知識と経験があること そもそも何が調査で問題になっているのかを理解できなかったり、問題となる範囲、許容され [続きを読む]
  • パナマ文書と日本の国税当局の対応
  •  パナマ文書が流出したとして、一般紙にも特集記事が組まれるなど、日本でも注目されています。 パナマ文書とは、タックスヘイブン(租税回避地)における会社の設立などを手がけるパナマの法律事務所から流出した機密文書のことで、タックスヘイブンの低税率を利用している21万4千社の企業の株主や取締役などの情報を含む詳細な情報が、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のサイトに公表されています。海外では政治家 [続きを読む]
  • 移転価格調査における推定課税と「国税当局の当該職員」の権限
  •  平成28年度税制改正において、多国籍企業のグローバルな活動・納税実態の把握するために、各国が協調して情報収集・共有する枠組等を構築することを目的として、共通の様式による多国籍企業情報の報告等(移転価格の文書化)に関するルールの整備が行われました。<作成・提出する報告等の内容> 具体的には、多国籍企業グループの最終親事業体である内国法人等に対して、(1)国別報告事項  :多国籍企業グループの各国別の [続きを読む]
  • タワーマンションを利用した相続税の節税、課税強化へ
  •  「タワーマンションの購入による行き過ぎた相続税の節税策について、国税庁が課税を強化するように全国の国税局に指示したことが分かった。サンプル調査によると、20階建て以上の高層マンションの実売価格(時価)と相続税評価額との差は平均で約3倍あったといい、税負担の公平性の観点から問題があると判断した。相続開始直前の購入や、居住実態がないケースなど、租税回避目的が明らかな事例に対する課税を強化する方針。」 [続きを読む]
  • 競馬の馬券の払戻金が事業所得に該当する可能性について
  • <馬券の払戻金に係る最高裁判決> 従来、競馬の馬券の払戻金等については、一律に「一時所得」として取り扱われていました。しかし、最高裁は平成27年3月10日判決で、競馬の馬券の購入を機械的、網羅的、大規模に行い、かつ、そうした購入を実際に行っていることが客観的に認められる記録が残されているなどの場合において、競馬の馬券の払戻金は馬券購入行為の態様や規模等によっては、一時所得ではなく、雑所得に該当する場 [続きを読む]
  • 過去の記事 …