inch22 さん プロフィール

  •  
inch22さん: 22インチのフットボール
ハンドル名inch22 さん
ブログタイトル22インチのフットボール
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/inch22/
サイト紹介文Jリーグの試合を中心につづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/11/23 19:29

inch22 さんのブログ記事

  • 合意 ――U-20ワールドカップ U-20日本代表対U-20イタリア代表
  • それは後半半ばを過ぎたあたりから緩やかに形成されていきました。日本が最終ラインでボールを回していても、イタリアはペースを落として詰め寄らなくなったのです。前半、日本に何もさせることなく、集中した怒涛の攻めでリッカルド・オルソリーニとジュゼッペ・パニーコがゴールを奪うと、守備においても日本以上に機敏に動き回り、ボールホルダーに対してはすかさず密集をつくってコースを消していたイタリアが、別人のようにな [続きを読む]
  • 反省 ――ヴィッセル神戸対FC東京
  • 序盤こそ神戸の激しい守備からのショートカウンターに苦しめられる場面があったものの、渡邉千真に同点弾を決められるまではほぼ東京のペースでした。前節の柏レイソル戦とは違って、大久保嘉人が川崎フロンターレ時代のように中盤まで下がってボールに積極的に関与し、最前線では前田遼一がファウルの判定に泣かされることなく空中戦を制していました。先制点はこの2人が絡んで生まれます。前半14分、中盤で大久保嘉人が斜めに鋭 [続きを読む]
  • 油断 ――FC東京対柏レイソル
  • 中盤では相手の寄せがあまりない余裕のある場所へのパスを繰り返し、じっくりとポゼッションをしながら、チャンスと見るや前方のスペースにボールを出す――。おおむねそんなサッカーを展開していた柏に対し、特段ビッグチャンスをつくられなかったことから隙ができてしまい、東京は失点を重ねてしまいました。前半33分には手塚康平のミドルシュートに意表を突かれ、林彰洋が懸命に手を伸ばすも抑えきれずにネットを揺らされると、 [続きを読む]
  • 使命 ――浦和レッズ対鹿島アントラーズ
  • 敵地に乗り込んだ鹿島の選手一人一人が、誰もサボることなく自分の役割を最後まで全うした姿が印象的な90分でした。特に光ったのが中央の4人――センターバックの植田直通、昌子源とボランチの小笠原満男、レオ・シルバです。小笠原、レオ・シルバが中盤で果敢につぶし、植田と昌子は危険なエリアで安定した守備を披露。破壊力抜群の浦和の攻撃陣を見事に封じ込める働きを見せました。攻めては金崎夢生が前半24分に森脇良太と関根 [続きを読む]
  • 焦燥 ――大宮アルディージャ対浦和レッズ
  • 試合当初に精神的な余裕が見られたのは浦和の方でした。最近のチームの好調ぶりが選手たちの自信につながっているのか、後方でのボール回し一つとっても、落ち着きが感じられました。そんな中で長いボールを時折織り交ぜながら大宮ゴールに迫り、前半42分には関根貴大、武藤雄樹、ラファエル・シルバと渡って、最後は宇賀神友弥がシュートを放つ決定機がありました。ここは塩田仁史に阻まれますが、大宮にゴール前を固められてはい [続きを読む]
  • 再生 ――日本女子代表対コスタリカ女子代表
  • 今シーズン、なでしこリーグのテレビ中継が壊滅的となり、ひっそりと苦境に立たされている女子サッカー界。そうした中にあって結果が求められる新体制での国内初戦で、日本は3対0の完封勝ちを収めました。前半は横山久美の個の力でねじ込んだ1点にとどまり、それ以外の決定機はありませんでした。阪口夢穂の中盤での展開力は冴えていたものの、そこから先、長谷川唯や高木ひかりらが供給するクロスはチャンスに結び付きません。ハ [続きを読む]
  • 快勝 ――ワールドカップアジア最終予選 UAE代表対日本代表
  • ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、川島永嗣、長友佑都、そして長谷部誠の代わりに背番号17を背負った今野泰幸といったベテランを起用し、前線には香川真司、久保裕也、大迫勇也ら所属クラブで最近好調な選手を並べてUAEに挑みました。これが絶妙なバランスを生み、ものの見事に快勝します。前半14分には酒井宏樹の鋭いパスを受けた久保が、ゴールをしっかり見て狙いすましたシュートを決めました。後半7分には、その久保のファー [続きを読む]
  • 明暗 ――ガンバ大阪対FC東京
  • 2対0のリードで迎えた後半34分、試合の命運を分ける場面で東口順昭は大久保嘉人のPKを見事に止め、さらにこぼれ球に詰め寄って打たれたシュートも体を張って防ぐと、そこから一気に好守を連発しました。後半37分、43分は再び大久保嘉人のシュートを、同じく後半43分には中島翔哉の強烈なシュートを阻みました。こうした守護神のすばらしい働きによって、大事な時間帯を凌ぎ、1点も奪われることなく勝利をつかむことができました。 [続きを読む]
  • 弱気 ――川崎フロンターレ対サガン鳥栖
  • 前半7分、小林悠が高い位置でボールを奪って、そのまま突き進んでゴールを決め、以降はしばらく川崎がボールを回して主導権を握っていました。やはり等々力の芝が合っているのだと感じさせましたが、大宮アルディージャ戦よりも改善されていたかに思われたそれも長続きはしません。前半34分に高橋義希に鮮やかなボレーを決められ、引き分けに終わってしまった最大の要因は積極性の欠如でした。相手のバイタルエリア付近までボール [続きを読む]
  • 迎撃 ――FUJI XEROX SUPER CUP 鹿島アントラーズ対浦和レッズ
  • 攻める浦和、守る鹿島という構図で始まりながら、殺傷能力の高さでチャンスを多くつくった鹿島が遠藤康の2ゴールで前半のうちにリードを奪い、盤石の試合運びで勝利……とはいきませんでしたが、最終的には鹿島が試合を制しました。鹿島優勢の試合の流れを変えたのは、後半18分の浦和のプレーでした。序盤は中盤からサイドに散らして攻めていた浦和が、中央で細かいパスを連続して繋ぎ、駒井善成がクロスを入れて最後はズラタン・ [続きを読む]
  • 渇望 ――天皇杯準々決勝 FC東京対川崎フロンターレ
  • 立ち上がりからアグレッシブに入った川崎は、前半20分に田坂祐介のクロスに大久保嘉人が突っ込んで先制すると、8分後にはエウシーニョのミドルシュートが決まって難なくリードを広げます。その後も前半の川崎は東京を圧倒。点差こそ2点でしたが、パスワークが冴え、守備ではチョン・ソンリョンを中心とした堅い守りが安定していました。対する東京は中島翔哉が一人気を吐くばかりで、チームとしてはあまり形はつくれていませんでし [続きを読む]