ユリア さん プロフィール

  •  
ユリアさん: 再受験医大生ユリアのブログ
ハンドル名ユリア さん
ブログタイトル再受験医大生ユリアのブログ
ブログURLhttp://igakubusaijyu.seesaa.net/
サイト紹介文再受験医大生によるブログです。 再受験生にとって有益な情報を提供できればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 303日(平均0.8回/週) - 参加 2015/11/24 23:15

ユリア さんのブログ記事

  • 東海大学の編入試験について
  • 今回は東海大学の編入試験についてです。過去の記事↓医学部再受験の今後②〜東海大学医学部編入の例〜東海大学の編入試験は私自身受験していないので、アドバイスする資格はありませんが、同級生の再受験生から聞いた話を展開させて頂きます。今回伝えたい事は以下2点です。①編入試験の英語は難しいセンター英語ほぼ満点、TOEIC900オーバーの友人でも東海の編入の英語は全然できなかったと言ってました。②東海大学の再受験寛容 [続きを読む]
  • 近況報告〜2年前期〜
  • 大変ご無沙汰しております。時の経過はあっという間で、2年前期が終了しました。2年前期を一言でいえば、充実です。勉強に遊びに趣味にバイトに何でも挑戦するということで充実していました。おかげで、ブログに接する時間が激減してしまいました。今後は東海大学医学部の編入や医大生のバイト事情などなど情報発信していけたらと思います。参考になったと思う方は をお願いします!↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 医大生のバイト事情①〜全体の動向〜
  • 今回は医大生のバイト事情についてご紹介させて頂きます。医大生のバイトをしている割合はそんなに高くないと思います。理由はいくつかあると思いますが、個人的に考える理由は以下の3点に集約されると思います。①医学部の勉強&部活が忙しいから医学部(といても私の学校だけかもしれませんが)は月曜〜金曜まで時間割がビッシリと埋まっています。また、実習もあり、終了時間が予測しにくいです。さらに、なんらかの部活やサー [続きを読む]
  • 医学部の補欠繰り上がりを待つ方へ〜過去最高に繰り上がるはず〜
  • 早いもので、もう3月末ですね〜私立医学部の補欠繰り上がり合格を待たれている方にとっては気が気ではないことと思います。例年なら、ここまでは回ってこないな〜と諦めている方もいらっしゃるかもしれません。ただ、諦めるのはまだ早いです!!なぜなら、私は今年は過去最高に補欠が回ると思っているからです!!合格不合格は本当に紙一重だったと思います。私立医学部の難易度は毎年増加しており、今年もきっと過去最高の難度だ [続きを読む]
  • 医学部の奨学金について〜地域枠について〜
  • 今回は奨学金についてです。医学部に関連する奨学金には様々な種類があります。例えば以下のようなものがあります。①日本学生支援機構②大学独自のもの③民間病院のもの④地域枠、僻地勤務⑤その他まず、同じ奨学金という名前でも給付型(返済する必要ない)と貸与型(返済が必要)とが混在しているので、見極めが必要です。次に、今回は特に④の地域枠について説明します。これは、僻地勤務を条件に返済が免除されるタイプです。 [続きを読む]
  • 医学部で留年しやすい人③〜その理由〜
  • 今回でシリーズ最終回です。関連する過去の記事はこちら↓医学部で留年しやすい人〜再認識した医専の凄さ〜医学部で留年しやすい人②〜決定的な要因とは?〜前回までの記事で他人のアドバイスに耳を傾けない人は留年しやすい傾向にあると述べました。今回はその理由です。ちょっとイメージしにくいので、具体例で説明します。留年しそうな人を仮にAさんとします。Aさんが留年してしまうと困るので、Aさんに救いの手を差し伸べてく [続きを読む]
  • 医学部で留年しやすい人②〜決定的な要因とは?〜
  • 前回からの続きです。前回の記事はこちら↓医学部で留年しやすい人〜再認識した医専の凄さ〜今回も医学部の留年についてです。実際に、私の学年だけでなく、上級生からの話も踏まえた上での記事になります。一般的には、以下のような人は留年しやすいと言われています。①情報網の少ない人②効率の悪い人③真面目でない人しかし、私はそうは思いません。まず、医学部にはシケタイ制度というものがあり、(これについては将来説明し [続きを読む]
  • 医学部で留年しやすい人〜再認識した医専の凄さ〜
  • 今回は医学部の留年についてです。2浪+医学部専門予備校(以下、医専)という条件を満たす人は「有意に」留年しやすいです。この事実は私自身の感想だけでなく、医学部の同級生も同じ考えであった事、ある教授もおっしゃっていた事、巷では常識?という点からも、かなりの客観性をもっていると思います。では、なぜそうなのかを考えます。このような記事を書くと一見すると医専をディスっているように思えますが実際には逆です。 [続きを読む]
  • 医大生になって一番辛かったこと
  • 今回は辛かったことです。私が医大生になって一番辛かった事はズバリ税金の支払いです!!学生の方にとって想像しにくいと思いますが、本当にしんどかったです。今回、3月分までを支払い終えたので、ようやく一息つきました〜私は仕事をしながら勉強をしていたので合格後に退職をしました。サラリーマン時代には自分の給料からいくら税金を引かれているかあまり気にしていなかったので、(私に限らず、多くの給与所得者はそうだと [続きを読む]
  • 変態的な医学書の読み方
  • 今回は私のひそかな楽しみをご紹介したいと思います。基礎医学の勉強を授業に先駆けて予習しているのですが、その中のある科目がツボにはまるくらい好きになってしまったため、変態的な勉強方法をしています。それは、同じ本を3種類比較させて読むことです!!具体的には最新版の日本語版大昔の古本版(十数年以上過去)英語版この3種を比較しながら読んでいます!!医学部の勉強は大変でこんな非効率極まりない勉強を普段なら絶 [続きを読む]
  • 医学部受験において合否を決める科目は?
  • 今回は医学部受験の勝負科目についてです。まず、読者の皆様は何だと考えますか?医学部の同級生10人以上からヒアリングしてみた所、予想外の結果となりました。まず、私は数学だと考えているのですが、数学が勝負科目だと考えている人は私ともう一人のみでした。また、理科と解答した人は一人もいませんでした。個人的に再受験の勉強時間の多くを理科にあてたので、複雑な気分でした。となると、残る科目が勝負科目となりますね! [続きを読む]
  • 110回医師国家試験
  • 先週末に行われた試験です。実際に受験された先輩とお話する機会があったので、それを記事にしたいと思います。まず、今回は昨年よりも難しかったそうです。過去問をやりこんだとしても、見たこともないような問題がポツポツと出ていたようです。次に、マークミスと必修対策。その先輩達にとって国試に落ちる可能性があるのはこの2つの要素しかないと考え、徹底的に対策をしたそうです。冷静に分析されており、私もエッセンスだけ [続きを読む]
  • 私立医学部の学費と国の補助金について
  • 今回は、私立医学部の学費についてです。今回お話したいことは、確かに、私立医学部の学費は確かに高いです。しかし、国の補助金によって大学の運営費の約半分が賄われているということです。普段お世話になっている先生から聞いた話ですが、かなり昔に実習態度が悪い人がいて、教員から注意を受けた際「俺らは高い学費を払っているんだから、そんなん言われる筋合いはない。」「先生の給料は、俺らが支払った学費から支払われてい [続きを読む]
  • 医学部面接の小ネタ①〜医療費の実態について〜
  • 今回は面接の小ネタについてです。今回は医学部面接で使える小ネタをご紹介します。医学部の面接で「医療費の削減についてどう思いますか?」とたまに聞かれるかもしれません。個人的には、これは良い質問だと思います。(あまり聞かれる可能性は低いと思いますけど 笑)ここで、「財政にも限度があるので、無駄使いは良くない。」「削減すべきである。」といった解答は間違いではありませんが、あまり良い評価には繋がりにくいと [続きを読む]
  • 医学部の面接対策④〜多浪生編〜
  • 今回は多浪生編です。過去からのシリーズとなってますので、ご覧になられていない方は順番にご一読をおすすめします。<過去の記事はこちらから>医学部の面接対策①〜相手を知る〜医学部の面接対策②〜最重要事項編〜医学部の面接対策③〜再受験編〜<多浪生編>まず、多浪生とはこの記事では3〜4浪と定義します。(かなりアバウトに定義します)そして、ハンデという点では再受験と多浪生はあまり変わらないと思いますが、実際 [続きを読む]
  • 医学部の面接対策③〜再受験編〜
  • 今回は再受験の方に特化した記事になります。過去からのシリーズとなってますので、ご覧になられていない方は順番にご一読をおすすめします。<過去の記事はこちらから>医学部の面接対策①〜相手を知る〜医学部の面接対策②〜最重要事項編〜<再受験編>面接官にとって再受験の方に対して、特別に聞きたい事は主に以下の3点に集約されると個人的に考えています。①これまでの知識や経験をどう活かすか?②歳下の同級生と仲良く( [続きを読む]
  • 直前期で大切なこと
  • 今回は直前期のための心構えについてです。直前期に限らず、受験で一番大切な事は、解くべき問題と解かなくてもよい問題を瞬時に見分けられる事です!!過去の詳細な記事↓受験勉強において大切なこと〜何のために勉強する?〜以前、コメントくださったブロガーの方も同様の事を記事にされていたので、考えていた事は同じなんだな〜と改めて思いました。ここで、解けなくてもよい問題とは、合否に直結しない問題しっかりと勉強した [続きを読む]
  • 医学部の面接対策②〜最重要事項編〜
  • 今回も医学部面接対策です。今回は重要なことを端的に述べたいと思います。医学部の面接試験で最も重要なことは、面接で一発退場とならないことです!!学校毎で、面接試験の扱いが異なると思いますが、最重要事項は変わりません。例えば、慈恵医大では毎年約40人が一発退場となっています。(ソースは東洋経済の特集より)個人的にはこれはかなり大きい数字だと思います。(一発退場とは、筆記試験の結果に関わらず、不合格となっ [続きを読む]
  • 医学部の面接対策①〜相手を知る〜
  • 今回は面接についてです。個人的な失敗談も交えつつご紹介したいと思います。関連する過去の記事 → こちらまず突然ですが医学部の面接の相手は誰でしょうか?理事長でしょうか?医学部長でしょうか?教授でしょうか?大学病院の医師でしょうか?これらの方々である可能性はあるでしょう。しかし、これらで全てをカバーされている訳ではありません。ここで重要な事は、面接官は医師でない可能性もあるという事です!!私が受験生 [続きを読む]
  • 勉強と遊びのバランス
  • 今回は学生生活についてです。受験勉強も終わると、思いっきり遊べるぞ〜と思いきや、私のような底辺医学生はそんなに遊べません。なぜなら、底辺だと学校からの拘束がきついからです。過去記事→こちら実際、月曜から金曜までほぼびっしりと授業が詰まっているため、授業の合間にどこか行くといった普通の大学生ができるような事はできません。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(注意)以下は自分の学校に [続きを読む]
  • 医学部再受験の今後③〜愛知医科大学編入の例〜
  • 今回で3回目のシリーズになります。過去記事はこちら↓再受験の今後①再受験の今後②今回も、事実と意見というか考えをしっかりと区別したいと思います。なお、愛知医科大学様に何ら悪意はございません。(事実)愛知医科大学は編入試験を行ってきた。入学者数は若干名であるが、30歳オーバーの方が合格された例も複数あった。しかし、今年から編入試験が廃止となった。(意見)東海大学に続き、愛知医大も編入試験制度に大きな変 [続きを読む]
  • 医学部再受験の今後②〜東海大学医学部編入の例〜
  • 今回は前回の続きです。前回記事はこちら→ 医学部再受験の今後①今回は東海大学医学部の編入についてです。個別の大学名を出すべきか悩みましたが、出した方がわかりやすいと思ったので、思い切って具体的な名前を出す事に決めました。その分、「事実」と「意見」をしっかりとわけてお伝えしたいと思います。尚、東海大学医学部様に悪意は一切ございません。(事実)東海大学医学部は他校に先駆けて編入制度を創設。編入試験での [続きを読む]
  • 医学部再受験の今後①〜長期的な話〜
  • センター試験を皮切りに、私立医学部の入試も始まり、本格的な受験シーズン到来ですね!一方、私も進級に向けてもがいている状況です。そんな直前期ではありますが、今回は再受験の扱いは今後どうなっていくのか?について述べたいと思います。過去の記事にも書きましたが、一般的に寛容と言われている学校は勿論、一般的に寛容でないと言われる学校であっても、合格できる可能性はある!これは、医学部の友人や東医体で他校の医大 [続きを読む]
  • 私のセンター失敗談〜マイナス思考ではなく、プラス思考で〜
  • センター試験がもうすぐですね。今回は過去の私の失敗例をご紹介します。センター試験に対し受験生の皆様は目標点を設定していると思います。その際に注意してほしい事は引き算ではなく、足し算で考えて下さい!!引き算で考えるとは、例えば、センター数学の目標は180点、だから、20点までしかミスできない。というように考える事です。逆に足し算で考えるとは、確実に解けた問題が85%で残りの10%が二択で正解まで持っていけたの [続きを読む]
  • ハードなテスト勉強
  • 今回は私の近況報告でも(全く需要ないのは承知です)医学部の試験前は本当にしんどいです。これは想像以上でした。なにしろ、試験範囲が数千ページにも及びます…最近の私の1日朝6時起床8時〜友人と勉強23時帰宅こんな感じです。ご飯食べる時以外はほとんど勉強してます。私だけではなくて、皆このくらいやってます。もしかしたら、私たちは量が少ない部類かもしれないくらいです。あと、一緒に勉強してくれる仲間に感謝したいで [続きを読む]