たいち さん プロフィール

  •  
たいちさん: 晴れた日に永遠が見える
ハンドル名たいち さん
ブログタイトル晴れた日に永遠が見える
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/man-b-cancer/
サイト紹介文全乳がん症例の1%弱しかいないとされる「男性乳がん」を宣告され、術後3年目に遠隔転移が判明しました。
自由文1972年生まれ。
空港施設のセキュリティー設計に携わったことを機に、イベントの安全対策コンサルタントを生業とする企業に就職。
晩婚のせいで子供には恵まれず、妻との二人暮し。
これまで大きな出来事もなく順調に人生を歩んできたが、2014年に男なのに乳がんを宣告され、三大療法の甲斐も空しく2017年1月に遠隔転移した。
女性特有の病気に困惑しながらも、癌サバイバーとしての人生をさまよい歩き続けている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2015/11/25 04:47

たいち さんのブログ記事

  • 332 2017.6.23診察日「素晴らしき哉、ホルモン療法」
  • 1か月に1度の診察日がやってきた。この1か月の間の体調で気になっていたことと言えば、○ 足の力が入らず、ふらふらとした貧血のような症状がある○ 吐き気や軽い頭痛があることだった。吐き気や頭痛については心因性のもの・・・若しくは先日心療内科で処方されたサインバルタの服用を始めたせいもあるのかな・・・と思っていた。特に朝、会社に行く時は決まって体調が悪くなるので一度血圧を測ってみたところ、150/100だった。 [続きを読む]
  • 331 いざオーストラリアへ!(その9)「お土産お披露目」
  • 過去9回に渡ってオーストラリア旅行の模様をアップさせていただいたが、今回の旅行を振り返ってみると・・・。○ 今回は理由があって弾丸ツアーにしたのだが、本当にあっと言う間だった!(丸1日自由になる時間が1日だけだった)○ 物価が高い!少しコンビニで物を買って5,000円なんて有り得ない!○ 天気が悪かったのが残念。降り注ぐ太陽光の下でもっと大自然に触れてみたかった!さて、最後にお土産をお披露目させていただく [続きを読む]
  • 329 今一番欲しいもの
  • 病気になる前は、宝くじに当たったことを想像しながら眠るのが好きだった。買った十数枚の宝くじの束をどこにでもある小さな宝くじ売り場のおばさんに渡し、くじを機械にかけて検索するところから僕の想像ははじまる。当選金額の赤いデジタル表示が300円→600円・・・と思い出したように上がり、少額当選が少しづつ増えていくのとは逆におばさんに渡した宝くじの束がどんどん減っていく。「んーー、やっぱりだめかー」とあきらめか [続きを読む]
  • 330 抑うつ状態につき・・・
  • 少し更新が滞ってしまった。 実は先週会社に行くことができなくなってしまい、丸1日+半休をもらって寝て過ごしていたのだ。朝起きた時からどうもいつもと体調が違ったのだが、単に疲れているのだろうと思って体に鞭打って支度をしたけど、あとスーツに着替えるだけというところで体が動かなくなってしまい、ソファに座り込んでしまった。 1〜2週間前から心がざわざわするような予兆があって、通っている心療内科を受診しなければ [続きを読む]
  • 327 あなたはなぜ癌になったの?
  • こういうワードでネットを検索すると、○ ストレス○ 体の冷やし過ぎ○ 太陽光に当たり過ぎ○ 乱れた(食)生活○ 飲酒/喫煙と、さまざまな理由をすぐに見つけることができる。癌になった患者は、「何で癌なんかになっちゃったんだろう」と、一度は自問自答するに違いない。僕の場合は、ちょうど今の会社に転職した平成14年にNK細胞が癌細胞にやっつけられ始めたのだろうと思っている。今の会社に転職したその年、一億円規模 [続きを読む]
  • 325 いざオーストラリアへ!(その6)「真っ白な風景」
  • 鍾乳洞を14:00に出発し、本日のメーンイベントである「カトゥーンバ・シーニックワールド (Katoomba Scenic World)」へ向かう。実は鍾乳洞から出た時には雨が上がっていてみんなで喜んでいたのだが、およそ1時間15分ほどバスに揺られながらうとうとしてから窓の外を見ると、真っ白な霧で数メートル先も見えないくらい。。。もちろん雨だって降っている。なんてこったい。クリスもそろそろっと徐行しながら慎重にバスを進めていく。 [続きを読む]
  • 324 僕の仕事と家事と妻
  • 僕の仕事は、世間の皆さんが遊んでいる時に仕事をすることが多い。土日はもちろんのこと、お盆、GW、お正月なども同様だ。会社のルールでは休日に出勤した場合は一ヶ月以内に振替休日を取ることが認められているが、僕の場合、その休日はたいがい平日の「診察」に充てられる。でも本来なら有休を取らなければならないところ、振替休日にできるのは助かっているかな。 今の病院のスケジュールは、・ 耳鼻科(1か月に1回のSAS治療) [続きを読む]
  • 322 頭のしこりを見てみます?
  • 乳癌というのは癌の中でも唯一触れることができる癌だ・・・というのを何かで読んだことがあるが、僕の頭の皮下にできた癌だって触れることができる。あまりありがたい話ではないが、3年前に僕の左胸にできたものと同じようなしこりにもう一度触れる機会がくるなんて思いもよらなかった。 現在、僕の頭の皮下には、○ 頭頂部○ 前額部○ 左側頭部 ○ 左後頭部と4つのしこりがある。生検したわけではないので正確に「癌」という [続きを読む]
  • 321 いざオーストラリアへ!(その4)「ファイト一発」
  • 2017.3.30オーストラリア滞在2日目。この日は丸々1日使える唯一の日で、現地ツアーである「ジャックさんの楽しい日本語ツアー」に申し込んであった。折角オーストラリアに来たのだから、街歩きや観光スポットもいいけれど、オーストラリアならではの壮大な風景を直接見て、地球を感じてみたかったのだ。で、申し込んだのはこのコースで、「ここまで充実したツアーはなかなかなかったよ」と、妻がどや顔で言っていた。このツアーは [続きを読む]
  • 320 左胸全摘から3年
  • 2017.5.30今日で、術後3年目を迎えた。術後2年目はどんなことを書いていたかなぁと、1年前の記事を改めて読んでみたけどまぁその暗いこと。「50代で死ぬんだ」という予知夢のことから始まって、まだ転移していないにも関わらず転移した時のことや死のことをつらつらと書いていて、結びこそ繕うように「1日1日を大切に生きていこう!」と書いてあるけど、読む人に虚無感しか与えない記事で我ながらお恥ずかしい。思わず削除したい衝 [続きを読む]
  • 318 2017.5.23 診察日「男に効いた!」
  • 2017.5.231ヵ月ぶりの診察がやってきた。前回の診察で、造影CT検査の結果、新たに・ 右腋窩リンパ節の腫大・ 腰椎3か所への骨転移を指摘された僕。ホルモン療法をレトロゾールからアロマシンへの変更を示唆され、そして骨転移の進行を遅らせるために今日からランマークを打つことになっていた。「ランマーク」についてはすでに予習済みで、乳がんの闘病ブログでは「ゾメタ」と共によく見かける薬の名だ。あまり痛くはなさそうだ [続きを読む]
  • 317  策士、敗れる(その5)「最後に・・・」
  • ※ この記事はコメントを受け付けていません264 会社への報告(その1)「たいち、策士になる」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12241118256.html)265 会社への報告(その2)「上司へのメールと面談」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12241414537.html)309 策士、敗れる(その1)「出世の途が閉ざされる」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12253585995.html)311 策士、敗れる(その2)「獅子身中の虫」&n [続きを読む]
  • 314 いざオーストラリアへ!(その1)「SFC修行の成果」
  • 今年、2017年の「行かずに逝けるか」はオーストラリアのシドニーへ行ってきた。「行かずに逝けるか」は僕が2014年に癌を患ってから、「後から後悔しないように行きたいと思ったところには躊躇なく行っておきたい」という想いから、2015年はアメリカ(ニューヨーク・ボストン)へ、2016年はシンガポール・マレーシアへ、と旅を続けてきた。今回の旅がこれまでとは違うのは、○ 初めてフリーツアーというものを利用したこと○ 短期 [続きを読む]
  • 313 策士、敗れる(その3)「尋問」
  • ※ この記事はコメントを受け付けていません264 会社への報告(その1)「たいち、策士になる」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12241118256.html)265 会社への報告(その2)「上司へのメールと面談」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12241414537.html)309 策士、敗れる(その1)「出世の途が閉ざされる」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12253585995.html)311 策士、敗れる(その2)「獅子身中の虫」&n [続きを読む]
  • 312 劇団四季「美女と野獣」から「吉本新喜劇」まで
  • 子供の頃に童話で読んだ記憶があった「美女と野獣」だが、どんなあらすじだったかまでは覚えていない。ひょっとしたら有名な作品だけに読んだ気になっていただけだったのかもしれない。 現在のストーリーは1756年に出版されたフランスのボーモン夫人の作品が土台になっていて、1991年に映画化されたものがミュージカルとして制作され、1994年にブロードウェイでディズニーが公演を行ったのが大きな話題となった。劇団四季の初 [続きを読む]
  • 311 策士、敗れる(その2)「獅子身中の虫」
  • ※ この記事はコメントを受け付けていません264 会社への報告(その1)「たいち、策士になる」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12241118256.html)265 会社への報告(その2)「上司へのメールと面談」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12241414537.html)309 策士、敗れる(その1)「出世の途が閉ざされる」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12253585995.html) 前回の記事の終わりに「出世の途が閉ざさ [続きを読む]
  • 310 行かずに逝けるか(その16)「イントレピッド」
  • 2015.3.25ニューヨーク滞在3日目の続きである。 自然史博物館からはタクシーに乗って、「イントレピッド海上航空宇宙博物館」へと向かった。イントレピッドとは1974年に退役した空母で、現在はマンハッタンの西端からハドソン川に突き出している86番桟橋に係留されている。この86番桟橋を中心に、潜水艦やコンコルド、更にはスぺースシャトル1号機「エンタープライズ」まで展示されていて、イントレピッドはその中でも「本館 [続きを読む]
  • 309 策士、敗れる(その1)「出世の途が閉ざされた」
  • さて、以前あげた記事から随分と月日が流れてしまったが、264 会社への報告(その1)「たいち、策士になる」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12241118256.html)265 会社への報告(その2)「上司へのメールと面談」(http://ameblo.jp/man-b-cancer/entry-12241414537.html) の後日談である。僕の仕事のお話なので興味がない方は回れ右してくださいね。 簡単に前回までの記事を復習&追記すると、○ 僕の愛弟 [続きを読む]