団塊社労士M さん プロフィール

  •  
団塊社労士Mさん: 「団塊社労士M」の人事・労務情報
ハンドル名団塊社労士M さん
ブログタイトル「団塊社労士M」の人事・労務情報
ブログURLhttp://mi-sr03.blogspot.jp/
サイト紹介文団塊世代の社労士が人事・労務情報をタイムリーに提供。(就業規則、給与計算、社会保険等)
自由文都市銀行出身の団塊社労士Mが社労士事務所を開設しました。今までの銀行や電子部品メーカーでの経験を生かし、中小企業のお役に立ちたいと思っています。経営支援から諸規則の策定、社会保険事務までお困りことがあれば遠慮なくご連絡ください。URL:www.mi-sr.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/11/25 10:03

団塊社労士M さんのブログ記事

  • テレワークの最新事例の研究を報告
  • (日本テレワーク協会) 日本テレワーク協会が会員企業・団体等とともに実施する事業活動の一つであるテレワーク最新事例研究部会は、シェアオフィスやコワーキングスペース等を、オフィス・自宅に続く第三のワークスペースと位置付け、特に設備要件に注目してそれらの利用価値を考察しています。また、サードワークプレースをよりよく選択するための整理用ワークシートの試作なども行っています。この度、そのような研究結果が発 [続きを読む]
  • 70歳以上の方の高額療養費の上限を変更
  •  協会けんぽからお知らせ 高額療養費制度は、医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(暦月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を、保険給付として支給する制度です。 上限額は、年齢と所得に応じて定められています。また、いくつかの条件を満たすことにより、負担をさらに軽減する仕組みも設けられています。 高額療養費制度とは、このような制度です? 上限 [続きを読む]
  • 起業して従業員を雇った際にやるべきこと
  • 起業して事業が軌道に乗って拡大して行くと、それに合わせて社員を雇用しますが、さまざまな手続きや届け出が必要となります。まとめましたので参考にしてください。1.最初に労働契約書を交わします社員を採用した場合に最初にすることは、労働条件を明示して労働契約を結ぶことです。念のため書面で労働契約書を交わしておきましょう。労働条件は最低限、以下の項目について書面で明示しなければなりません。これを労働条件通 [続きを読む]
  • 最低賃金引き上げのための支援策
  •  最低賃金については、年率3%程度を目途として、名目GDPの成長率にも配慮しつつ引き上げていくことで、全国平均が1000円以上になることを目指しています。 厚生労働省は、今月12日に開催された「平成29年度中央最低賃金審議会目安に関する小委員会(第2回)」の資料を公表しました。 まだ、具体的に目安を決める段階ではなく、下準備といった感じです。 なお、「最低賃金・賃金引上げに向けた生産性向上等のための支援」に [続きを読む]
  • 高額な定額年俸でも「残業代が含まれているとは言えない」 最高裁
  •  「医師(勤務医)の残業代込みの定額年俸が有効か否かが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷は今月7日、「年俸に残業代が含まれているとはいえない」として、医師の請求を退けた2審の高裁判決を破棄し、未払い分の残業代を算定するため審理を高裁に差し戻した」という報道がありました。 訴えていた医師は、平成24年に病院側と年俸1,700万円とする雇用契約を締結。午後9時以降や休日は「必要不可欠な緊急業務」な [続きを読む]
  • 【平成29年度】使いやすい助成金
  • 今日は厚生労働省の助成金についてご紹介したいと思います。この助成金の特徴は下記の通りです。○助成金は返済不要!○財源は労働保険料の事業主負担分○労働保険の適用事業所であることが要件○労働保険料の滞納がないこと○出勤簿、賃金台帳、雇用契約書、就業規則など、法律で作成が義務付けられている帳簿を備えていること 要件にあてはまれば返済不要で原則として支給される助成金ですが、労働保険料の納付や作成義務のある [続きを読む]
  • パワハラ・セクハラで元社長を提訴へ
  •  「ある農業機器メーカーの社員が、元社長から日常的にパワハラやセクハラを受けていたとして、近く、損害賠償を求め元社長を提訴する」という旨の報道がありました。 元社長は、今年2月に代表取締役を解任されましたが、これまでに30人以上が退職に追い込まれたということで、会見を開いた社員らは、今月中にも、元社長に損害賠償を求める訴訟を起こすとのことです。 具体的な発言内容や行動は下記の通りです。・「こんな親に [続きを読む]
  • 育児介護休業法の改正について通達を発表 (厚労省)
  •  平成29年10月1日から、育児・介護休業法の一部が改正されます。 今回は、?育児休業期間の延長、②育児休業等制度の個別周知、?育児目的休暇の新設といった改正が施行されます。 これらの改正の内容も盛り込むため、施行通達の一部が改正されました。 就業規則(育児・介護休業規程)の改定が必要となる改正も含まれています。対応を忘れないようにしましょう。厚労省:【通達】育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う [続きを読む]
  • 過労死等の労災補償状況 請求・支給決定が増加傾向
  •  厚生労働省では、本年6月30日に、平成28年度の状況を取りまとめ、公表しました。 「脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況」については、請求件数や支給決定件数が前年度より増加。高い水準となっています。 「精神障害に関する事案の労災補償状況」についても、請求件数や支給決定件数が前年度より増加。示された資料では過去最高の数値となっています。 また、精神障害に関し、出来事(精神障害の発病に関与したと考えら [続きを読む]
  • 障害者雇用率の引き上が正式に決定(平成30年4月から)
  • 〈補足〉法令に準拠して、「障害」という表記にさせていただいています。 障害者雇用率の引き上げを内容とする改正政省令が正式に決定されました(本年6月30日の官報に公布)。平成30年4月から、障害者雇用率が2段階で引き上げられます。・民間企業 現行2.0%→平成30年4月から当分の間(最長3年)2.2%→その後2.3%・国・地方公共団体並びに特殊法人  現行2.3%→平成30年4月から当分の間(最長3年)2.5%→その後2.6 [続きを読む]
  • 65歳定年時代の「老害シニア対策」とは?
  •  経営コンサルタントの川崎隆夫さんが「老害シニア対策」についてまとめた記事を見つけましたので紹介します。 シニア層に属する50歳以上のいわゆる「老害社員」には、いくつかのタイプがあるとのこと。その代表的なものは、以下の通りです。1)労働意欲欠如タイプ:2)時代錯誤タイプ:3)ミスマッチタイプ:4)高プライドタイプ:詳細については下記のブログをご参照ください。65歳定年時代の「労咳シニア対策」とは?( [続きを読む]
  • 無期転換ポータルサイトをリニューアル(厚労省)
  •  厚生労働省が、6月30日より、無期転換ルールの周知や無期転換制度の導入促進に関する情報発信を行う『有期契約労働者の無期転換ポータルサイト』をリニューアルしました。〔確認〕無期転換ルール……平成25年4月1日以降に開始する有期労働契約が、同一の使用者との間で反復更新されて通算5年を超えた場合、有期契約労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。 このルー [続きを読む]
  • 社会保障の4つの柱と5つの社会保険
  •  日本国憲法第25条は、生存権の保障について定めるとともに、生存権を保障することが国の責務だと規定しています。この第25条に基づいて政府は社会保障制度の整備を進め、社会全体の責任として国民の「健康で文化的な最低限度の生活」を保障しようとしています。日本の社会保障制度の4つの柱は、①保険料を支払っておいて病気などになったときに給付を受ける「社会保険」②社会的な困窮者に一定水準の生活を保障する「公的扶助」 [続きを読む]
  • LGBT 職場での対策も必要
  • 今月中頃、新聞・テレビなどの報道機関において、LGBTの話題がいくつか取り上げられましたひとつは、「あるフィットネスクラブにおいて、性同一性障害で女性への性別適合手術を受けた会員が、男性更衣室などの使用を求められ、人格権を侵害されたなどとして、クラブの運営会社に慰謝料などを求めた訴訟が、地方裁判所で和解した。」というものです。具体的な和解条項は非公表ですが、裁判長は「性自認を他者から受容されることは人 [続きを読む]
  • 両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)を申請しよう
  • 1. 女性活躍加速化コースの概要 女性活躍推進法(※)に基づき、自社の女性の活躍に関する「数値目標」、「数値目標」の達 成に向けた取組内容(「取組目標」)等を盛り込んだ行動計画を策定し、行動計画に沿った取組を 実施して「取組目標」を達成した事業主及び「数値目標」を達成した事業主に対して助成金を支給 します。(最高限度額96万円)本助成金は、目標達成の段階に応じて、以下の2つのコースにわかれています。① [続きを読む]