ぴーちゃん さん プロフィール

  •  
ぴーちゃんさん: 娘のために家を売りました
ハンドル名ぴーちゃん さん
ブログタイトル娘のために家を売りました
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yoppil/
サイト紹介文結婚後すぐに一戸建てを持ち住宅ローンや減給に耐えながらも手放すことになった公務員一家の物語
自由文周囲には豪邸と言われ、旦那憧れのオーディオの部屋を持ち世間的には裕福に見えたけど、実情は大変だった。雨漏りもに見舞われ、トラブルも絶えなかった家。安定していると思っていた公務員にまさかの給料削減が!右往左往しながらも無事に売ることができました。現在アパート暮らしだけど狭くても楽しい我が家です。売ってよかった!これまでのいきさつを赤裸々に語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/11/26 16:04

ぴーちゃん さんのブログ記事

  • ”もったいない” という魔法の言葉
  • 一番最初に家を売ろうと思った時一応 ”相談” という形で話を持ち掛けました別に許可がいるわけではないですが後からとやかく言われるのが嫌だったからです”売ろうか迷っている”という、やんわりとした雰囲気で相談を持ちかけてみましたが即答、絶対ダメ、もったいないの一点張り”もったいない” の定義って、何?珍しく質問してみました夫婦二人には広すぎて持て余しているし帰ってくる当てのない子どもたちに残すために家 [続きを読む]
  • 波しぶきが窓に当たる恐怖
  • 先日の台風は勢力が弱まらず向かってきましたそれこそ台風は海側であれ、山側であれ恐ろしいものですが今回は大潮で潮位も高かったのに加え満潮も重なり今までにないほどの高波でした前日から波は高かったので時折防波堤を越波してはいましたが台風が近づくにつれ越波の量は増し打ち付けた波の飛沫がこちら側にめがけて降りかかります波の花がふわふわと雪のように舞います今のアパートは太平洋側の海の目の前ですから轟音とともに [続きを読む]
  • 波しぶきが窓に当たる恐怖
  • 先日の台風は勢力が弱まらず向かってきましたそれこそ台風は海側であれ、山側であれ恐ろしいものですが今回は大潮で潮位も高かったのに加え満潮も重なり今までにないほどの高波でした前日から波は高かったので時折防波堤を越波してはいましたが台風が近... [続きを読む]
  • やっぱりこの人たちが嫌いです
  • 両親は私のことを否定したくて仕方ないのだ!この結論に至ったのは去年の夏ごろですそれは上の娘が大学に進学したことがきっかけです大学が実家から通える距離にあったため一人暮らしをさせる不安と節約も兼ねて同居させてもらうことにしました若い世代と生活することにより老親にも活気が出るだろうとの思いもありましたし実家から遠くに住んだため孫にもあまり会えなかった埋め合わせの意味もありましたところが生活が始まったと [続きを読む]
  • やっぱりこの人たちが嫌いです
  • 両親は私のことを否定したくて仕方ないのだ!この結論に至ったのは去年の夏ごろですそれは上の娘が大学に進学したことがきっかけです大学が実家から通える距離にあったため一人暮らしをさせる不安と節約も兼ねて同居させてもらうことにしました若い世代... [続きを読む]
  • 本当にさようならの日
  • とうとう引き渡しの日がやってきました相手方の取引銀行で10時に待ち合わせです不動産屋さんに家の鍵は1本渡してありましたが今はまだ自由に入れます自分たちで決めたことだけど必ずこの日は来るのだけどなんとなくまだまだ先だと思っていたしもしかした全部ウソなんじゃないかとこの期に及んで考えてしまう契約書は交わしたし、もう相手の家なのかもしれないけど鍵を全て渡した時が私なりの区切りの ”瞬間”そう思って迎えた [続きを読む]
  • 本当にさようならの日
  • とうとう引き渡しの日がやってきました相手方の取引銀行で10時に待ち合わせです不動産屋さんに家の鍵は1本渡してありましたが今はまだ自由に入れます自分たちで決めたことだけど必ずこの日は来るのだけどなんとなくまだまだ先だと思っていたし... [続きを読む]
  • 永住の地にご近所トラブル
  • 海から一本入った道路沿いに新築の家が建ちました二世帯住宅らしく玄関もふたつあります庭には小さな子どもが使うおもちゃもあり、三世帯同居が伺えます二階からは海も見えるし、日当たりも申し分なく騒音も少ないので子どもを育てるには最高の環境だったのでしょうその住宅の真裏にまきストーブを使うお宅があります外観から判断すると30〜40年は経っていそうな古いおうちです海沿いで住宅密集地でもないので家主が勝手に増築 [続きを読む]
  • 永住の地にご近所トラブル
  • 海から一本入った道路沿いに新築の家が建ちました二世帯住宅らしく玄関もふたつあります庭には小さな子どもが使うおもちゃもあり、三世帯同居が伺えます二階からは海も見えるし、日当たりも申し分なく騒音も少ないので子どもを育てるには最高の環境だったの... [続きを読む]
  • 賃貸はいい!とは言えない保証人問題
  • 今のアパートを契約したのは家が売れるかもわからない時でした普通なら転勤が決定してから家を売ることを考え、引っ越し先を探すものですがうちは全くの逆娘の高校通学を楽にさせたいそれならその方面に転勤して、家も売って、一家で引っ越そうという順序でした物件は年末から探し始めましたが転勤が決まっていないのでもし転勤がなかったら通勤が可能な範囲での物件となります知り合いもなく、どこに不動産屋さんがあるのかもわか [続きを読む]
  • 持ち家と賃貸、どっちが安い?
  • 今日、ポストに建売住宅のオープンハウスのチラシが入っていました”月々の家賃よりも安く家が持てます!””持ち家があれば老後も安心!”と書かれていますほんの数年前までは私もそう思っていました賃貸住宅はどれだけ支払っても自分のものにならないけど持ち家はローンさえ払い終われば自分のもの資産としての価値もあるしいざとなったら売ってお金にもできる断然、持ち家派でしたでも、でも今回の一件でいろいろ勉強していくう [続きを読む]
  • 私たち”失敗してませんから!”
  • 帰り際、相手方の奥さんに聞かれた言葉がありますその後も何人かの知り合いから同じ言葉を投げかけられました聞かれるたびに同じ返答をしてきました”私たちには広すぎるので、もう必要ありません”もちろん本心で答えてきましたがやせ我慢に聞こえていたのでしょうか?その質問は”家を売ってしまって、惜しくないですか?”という言葉ですそもそも惜しかったら売りませんし家を維持していく方法はまだありました軽い気持ちで手放 [続きを読む]
  • 私たち”失敗してませんから!”
  • 帰り際、相手方の奥さんに聞かれた言葉がありますその後も何人かの知り合いから同じ言葉を投げかけられました聞かれるたびに同じ返答をしてきました”私たちには広すぎるので、もう必要ありません”もちろん本心で答えてきましたがやせ我慢に聞こえ... [続きを読む]
  • 手付金を受け取っても安心できない
  • 契約書の読み合わせも終わり、印紙代などを不動産屋さんに支払ったらいよいよ手付金の受領です今回は手付金として50万を受け取ります相手の融資が降りた段階で残金の受け取り、登記の移転手続き、家の引き渡しとなります今日の手付金の受領から2週間ほどかかる予定です手付金はいわゆる ”解約手付” と言われるものでこれを受け取って契約書を交わしたからと言って絶対的効力はありませんやっぱり、”買うのや〜めた” とか [続きを読む]
  • 瑕疵担保責任‥知らないと損をするかも?
  • 契約書も音読されながら進むと疲れてきますもうすでに二時間は経過したでしょうか‥こっちは売る側なので特に質問したりするところはなくむしろ、早くハンコついて帰りたいという気持ちですそれでも今回の買主さんはあまり頓着する人ではないので質問も多くなく、サクサクと進みます読み合わせも終盤になり瑕疵担保責任の話になります不動産屋さんも”瑕疵担保責任については特約により責任を負わないことになっています”と一言買 [続きを読む]
  • 買ってからガッカリしないために
  • 重要な契約には子ども連れは不向きです大人同士の細かな話題が1時間も続くとそろそろ飽きてきます小学生でゲーム機を持ち込んでいるとはいえもぞもぞし出しますそうするとお母さんがお菓子を与えたり、ジュースを与えたりそっちに気を取られてしまいますその頃はちょうど家の現状について事細かに説明と確認をされる時間です売るまでに撤去するもの、残したままになるものの耐用年数など買う側にとっては住んだときのイメージを膨 [続きを読む]
  • 売買契約書の読み合わせが始まる
  • お互いに挨拶を交わしたらいよいよ始まります進行は全て業者さんが取り仕切るのでこちらとしては確認しつつ淡々と進めるだけですすでに作成済みの売買契約書を一言一句読み合わせをしていき必要な箇所に押印して、手付金を受領する流れです所在地の確認の後、現状の説明がされます土地の面積や建物の面積、隣地との境界の確認この時、お隣の花壇の石が多少境界を越えていると説明されました境界石の所から見ると斜めに10センチほ [続きを読む]
  • 契約書をかわす時が来た!
  • 6月の中旬に契約書をかわすことになりました日曜日の午後、場所は不動産屋さんにてここで初めて買主さんと対面するわけですまずはスムーズに契約書をかわせるかどうかです私たちは引っ越しを済ませていたので現地までは車で1時間以上かかります少し早めに出て、道中作戦を練りました別に隠し立てをすることはありませんが、完了するまでは何があるかわかりませんお互いの立ち位置と話す内容の再確認は必要です一応、前面で話すの [続きを読む]
  • 他人ごとじゃない銀行の融資待ち
  • 相手方の銀行の融資が決まらなければこの話はなかったことになりますが逆に通ればかなり具体化してきますこっちとしては夏のボーナスで60万を失うかどうかの瀬戸際です融資の結果待ちは他人事ではないのです家の価格の1400万に修繕費などをプラスして2000万で申し込んだそうです先方の所得は300万台ということで自営業の見かけの所得はサラリーマンよりも低い場合も多く私たちには合否の予測もできませんこの家は不動 [続きを読む]
  • あえてウイークポイントをさらけ出す作戦
  • 内覧の翌日、不動産屋さんから電話がありました相手の方は自営業をされていて、ギターの趣味をお持ちだそうですご夫婦と小学生のお子さん、そしておじいちゃんと同居される予定なので大きめの家を希望とのことこちらのお勧めポイントはすでに伝えてあります南西の角地のため周辺よりも地価が多少高いこと大きな通りからは少し離れているので静かな環境にあり日当たりは一日中良好なこと家の中は廊下が広く、一階は全て車いすでも通 [続きを読む]