jobless01 さん プロフィール

  •  
jobless01さん: ダメな奴は何やってもダメ
ハンドル名jobless01 さん
ブログタイトルダメな奴は何やってもダメ
ブログURLhttp://dame.tsukiyo.net/blog/
サイト紹介文ダメだけどここまでどうにか逃げてこられたので、逃げ切れるかどうかテスト
自由文50歳過ぎたおっさんです。
寄付は青天井で受け入れますのでPAYPALにてお願いいたします。\(^o^)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2015/11/27 12:17

jobless01 さんのブログ記事

  • 素敵なブランチ
  • 何はなくとも朝酒最高別にアルコール度数が高くなくてもいいから、朝っぱらから酒の飲める生活って良いですね。なんか、もう本当にどうでもいいですわーって気になれて、なんか鬱になってよかったと思う瞬間なのかもしれません。社会不適合者としてこれからも生きていくつもりなので、迷惑かけ無いようにひっそりと生きていかなきゃいけませんね。(^^ゞちなみにイオンなんですけど、時間が早いせいか普段いるジジババがいませんで [続きを読む]
  • 善く生きるとは言うけれど
  • インチキ臭い僕がひねくれているせいも有るんだろうけど、やはり高名な宗教家が言うのであれば、まあそうかもねと納得する言葉も、そのへんの社長あたりや自分の上司あたりが言う言葉になると、突然に嘘くささが増す現象について考えてみようと思う。そもそも、何故嘘くささを感じるかということだが、「善く生きる」という言葉の定義が非常に曖昧だからなんだと思う。「善く生きる」という言葉を最初に使ったのはソクラテスさんら [続きを読む]
  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
  • 名前が長いなw重症熱性血小板減少症候群というのが、最近流行りだしているそうですよ。長いので、国立感染症研究所で発表されているように、SFTSと略しましょうか。SFTSウイルス(SFTSV)に感染すると6日〜2週間の潜伏期を経て、発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの症例で認められ、その他頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状などを起こす。検査 [続きを読む]
  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
  • 名前が長いなw重症熱性血小板減少症候群というのが、最近流行りだしているそうですよ。長いので、国立感染症研究所で発表されているように、SFTSと略しましょうか。SFTSウイルス(SFTSV)に感染すると6日〜2週間の潜伏期を経て、発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの症例で認められ、その他頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状などを起こす。検査 [続きを読む]
  • アトピーって大変だよね
  • アトピーは辛そう僕の妹はいまアメリカに居るのですが、渡米後3ヶ月ほどで結構強烈なアトピーを発症しています。妹の子供も赤ん坊の頃はアトピーで大変だったので、体質的にそういう遺伝子を持っているのでしょう。僕自身は、アトピーではないんですが、夕方〜夜中になるとたまに強烈なかゆみに襲われる事があり、何らかのアレルギーを持っているみたいです。・・アレルギーについては、行こうと思いつつまだ確認しに行っていませ [続きを読む]
  • アトピーって大変だよね
  • アトピーは辛そう僕の妹はいまアメリカに居るのですが、渡米後3ヶ月ほどで結構強烈なアトピーを発症しています。妹の子供も赤ん坊の頃はアトピーで大変だったので、体質的にそういう遺伝子を持っているのでしょう。僕自身は、アトピーではないんですが、夕方〜夜中になるとたまに強烈なかゆみに襲われる事があり、何らかのアレルギーを持っているみたいです。・・アレルギーについては、行こうと思いつつまだ確認しに行っていませ [続きを読む]
  • 喫煙者は何と闘っているのか
  • 禁煙の難しさ禁煙をはじめてもう1年近くなりますね。正しくは8ヶ月だから、まだまだかもしれませんが、ここから4ヶ月以内にタバコを吸い出すとも思えないので多分大丈夫だろうと思っています。禁煙をはじめた時は、一時はわざわざ喫煙者のところに行って、風下で副流煙を楽しんでいたんですが、良く考えてみれば知らないオッサンの二酸化炭素とPM2.5を腹いっぱい吸っていたわけで、不愉快極まりないものがあります。(ー_ー;)いまさ [続きを読む]
  • 白髪対策
  • 白髪と戦うか僕も40歳を過ぎた頃から、白髪が無茶苦茶目立つようになって、その後10余年ですので、推して知るべしという感じですよね。戦うか流されるかとの2択ですが、戦う気はありません。ですが、染めるのもなんか違うしなあ・・この年だから、もう急に黒い髪に戻ることは無いでしょう。ハゲとか髪の質とか白髪の多い少ないというようなことは、遺伝が大きく影響しているんだと思います。あまり突然変異という形でのハゲの出現 [続きを読む]
  • また神頼みをしてきた〜出雲で気づいたこと〜
  • 外に洗濯物を干さないの?今回、出雲を旅した際に気づいたのが、圧倒的に外に洗濯ものを干していない家が多いという事。そもそも住宅に、ベランダがある物件自体がすごく少ないんですね。普段福岡にいると、天気がいい時は外に布団を干したりしているのを見かけますし、自分も良くやっていることですが、出雲地方では比較的新しい家はそういうベランダを装備している家もあるようですが、あえて装備していないケースも目立ちました [続きを読む]
  • また神頼みをしてきた〜須我神社〜
  • わが心すがすがしここに来るまでにも数か所回ってきたのですが、全部紹介するとブログの方向性が大きく変化してしまうので今回と次くらいで止めときましょうね。今回の須我神社は古事記の中でも、ヤマタノオロチを倒したスサノオとイナダヒメが「わが心すがすがし」と言ったとされて、ここで暮らしをはじめたところとの言い伝えがあり『日本初之宮』といわれています。参拝した時の神主さんがとっても良く焼けていて、絶対ゴルフ焼 [続きを読む]
  • また神頼みをしてきた〜八重垣神社〜
  • 縁結びはみんな真剣今年のGWの神頼みシリーズです。松江市の八重垣神社は縁結びの神社として結構有名らしいのですが、そもそも出雲大社がそっち系ですから、出雲地方にある神社は基本的には縁結び関連がメインになってます。そんな中、この八重垣神社では御朱印などを頂ける、社務所で1枚100円の占い用紙を購入して、鏡の池に行ってその紙を水の上に浮かべて、ちょうどその紙の真ん中のところに、10円玉か100円玉をのっけて、沈 [続きを読む]
  • また神頼みをしてきた〜出雲大社リターンズ〜
  • 神頼みは楽しい昨年に引き続きまして、またGWに出雲大社に行ってまいりました。前回はクソみたいな大雨の中の参拝だったのですが、今回は祝福されたかのような好天でした。今年のGW中の出雲大社の参拝者は40万人程度らしいので、40万人が祝福された好転の下での参拝が出来ているという事でしょう。結局、神頼みをしたところで神様がコチラのお願い事を聞いてくれるかどうかは分からないのですが、家でじーっとしているのもアレ [続きを読む]
  • 人口が減ってはダメなの?
  • 人口が減り続ける国土交通省の白書が凄く分かりやすくまとまっているので、お暇な方は見てみたほうが良いかと思います。現代の世代間格差とかについてもキチンと言及されており、厚労省とか経産省のものよりも遥かに分かりやすく、かつ核心をついています。今回はネタとしては人口が減り続けるところだけを使わせてもらおうと思うのが、1章(1)人工構造の変化のページです。2010年にピークアウトした後、2100年ころには江戸時代末 [続きを読む]
  • うつになって良かったこと
  • 半年前に書いた記事鬱になってよかったと思うこと 鬱になってよかったと思うこと職場に復帰いたしまして、ぼちぼちでやらせてもらっております。うつでの休業期間中にタバコをやめてしまいましたので、喫煙所に行くこともなく、...dame.tsukiyo.net半年後に同じ見出しで記事が書くことができれば、治ったのかなあ?と自分でも思えるんでしょうね。・・これが治ってるどころか、更に悪化してるという。まさか障害者手帳まで貰うこと [続きを読む]
  • 痴漢の冤罪
  • やってなくても犯人にされる「この人痴漢です!!」と腕を掴まれて電車の中で言われたら、そりゃあ大変ですよね。本当にやってたんなら、お願いですからちゃんと罪を償ってください。ですが、やってないなら大問題です。腕を掴まれたまま、駅員に引き渡された時点で、あなたは痴漢で逮捕ということになってしまいます。こういう状況で、痴漢で逮捕されない確率って1%以下らしいですよ。僕は、普段は鹿児島本線に朝晩の人が多い時 [続きを読む]
  • 足立美術館に行く前に
  • 足立美術館はマジでいい庭園とか本当に興味がなかったんですけど、テレ東の外人さんが日本に来る番組で、庭の勉強をやりたいといってやってきた外人さんの放送をたまたま見てて、ちょっと行ってみたくなったので行ったことがあります。もう昨年の話ですけど。その当時の写真がコレ。コンデジだからというのもあるけど、良さが1/100も伝わらなくてごめんなさい。(^_^;)足立美術館の良さは、色んなランキングでも大抵1位になっている [続きを読む]
  • ヤマト運輸 運賃値上げ
  • 値上げで従業員に還元できたら良いけど27年ぶりの値上げらしいです。ヤマト、値上げ5〜20% 消費者向け27年ぶり宅配最大手のヤマト運輸は24日、9月にも宅配便の基本運賃を5〜20%引き上げる方針を固めた。消費者が対象となる値上げは消費増税時を除くと27年ぶり。インターネット通販会社など割引を適用する大口顧客に値上げ自体は悪いことではないのですが、今回の値上げの背景として、従業員の福利厚生の向上をうたっておりま [続きを読む]
  • テレビ見てる?
  • 38インチの液晶テレビ液晶テレビがそろそろ底値だろうということで、数年前に買った液晶テレビですが、嫁さんはアメリカドラマをCATVで見ているのですが、僕自身はほとんどテレビを見ることがないです。晩御飯の時はニュースを見ているし、その後も風呂から上がった後なんかはバラエティをちょこっと見たり・・あれ?見てるじゃん・・ (^_^;)いやいや、毎週コレを見るというような、テレビ番組を見ることに固執していないというふ [続きを読む]
  • バスの運転手のお願いはちゃんと聞いてあげて
  • 席を立つのはバスが停車してから普段の公共交通機関として、ちょうどうちのマンションの前にバス停があるため、小倉に飲みに行くときなどは、JRよりも駅が近くてお手軽なので西鉄バスを利用しています。西鉄バスの運転手の人は、8割から9割位の確率で、停留所の案内などは何を言っているかわからないです。「次は〜◎△$♪×¥●&」まあ、地元の路線バスですからいいでしょう。また、観光客ならきちんと調べているでしょうからい [続きを読む]
  • おっさんの職探し
  • おっさんが働く先若い時は体を使うアルバイトも選び放題だけど、年寄りになってくるとさすがに引越バイトで冷蔵庫を担いで・・というのは無理なので、必然的に働く先が限られて来るのではないかと思います。近い将来には必要にならないとは言い切れないので、一度調べておいたほうが良いかなと思ったので調べてみました。どうせなら同じような年代が多く働いてる方が、こちらとしても働きやすいことには間違いないんだし、そのあた [続きを読む]
  • ロッククライミング用ビレイデバイスのリコール
  • ロッククライミング用ビレイデバイスのリコールリコール情報の中でも、結構シャレにならない部品だと思うのでご紹介しておきます。【2017年版】クライミング・ビレイデバイス新商品まとめ ? NAVER まとめ今年は半自動ビレイ器が多数ラインアップビレイ器はシンプルなチューブ型(ATCなど)と、安心の自動ビレイタイプ(グリグリなど)がこれまでの主流でした。山のロッククライムなどをする時に、自分の体を支える道具の一つなん [続きを読む]
  • 白ナンバーの軽自動車
  • 白ナンバー軽自動車って黄色いナンバーが普通です。たまーに軽のキャンピングカーなどで、寸法が軽の規格をオーバーしてることにより普通車ナンバーを付けていることがありますが、めったに見ないと思います。この間、ネットの海を徘徊しておりましたら、何やら軽に白いナンバーが付けられるということが判りましたのでご紹介します。果たしてナンバーを黄色から白にすることに何の意味があるのか?という根源的な疑問はココでは持 [続きを読む]
  • 玉名温泉でまったり
  • マイナーですが玉名温泉熊本地震から早1年ですね。特にそういう節目を意識したわけでもないのですが、ちょうど学校なども始まって少しは宿も取りやすくなっただろうと思い、お湯に入りに行ってまいりました。宿泊先は今回は穴場でしたので秘密です。(^_^;)部屋から見た庭の様子部屋付き露天はボチボチの広さお湯自体は、玉名温泉の泉質自体があまり特徴がないというか、色もついていないしヌルヌル感も少ないので判りにくいのです [続きを読む]
  • 本当に「話せばわかる」の?
  • 話してもわからなかった五・一五事件で海軍将校に殺された、犬養首相が「話せば分かる!」と言ったのが有名です。ですけど、「五・一五事件なんて知らんわ!」という世代が増えていますので、いつものごとくwikipediaを貼っておきましょう。五・一五事件五・一五事件 ? Wikipediaこの事件の計画立案・現場指揮をしたのは海軍 中尉・ 古賀清志で、死亡した藤井斉とは同志的な関係を持っていた。事件は 血盟団事件につづく 昭和維新 [続きを読む]
  • 天下取っても二合半
  • 立って半畳、寝て一畳、天下取っても二合半うちの嫁さんは、天下取っても二合半のくだりは知らなかったと言っておりました。誰が言った言葉かは諸説色々あるようですが、良く出来た言葉です。余計な欲を持つこと自体意味ないですよ。というのをコレだけ端的に示した言葉もないように思います。仏教本などを読んでますと「足るを知る」という言葉がよく出てきますけど、これと同義で、どれだけいっぱい蓄えたとしても、生きていく上 [続きを読む]