kobakaikei さん プロフィール

  •  
kobakaikeiさん: 浜松市の税理士 小林徹会計事務所
ハンドル名kobakaikei さん
ブログタイトル浜松市の税理士 小林徹会計事務所
ブログURLhttp://kobakaikei.com
サイト紹介文経営者に寄り添い、二人三脚で経営サポートする会計事務所です。
自由文明治大学政治経済学部卒業
 丸紅エネルギー[営業]⇒石田会計事務所[税務会計]⇒ローランド ディー.ジー.(東証1部上場)[経理]を経て、会計事務所を開設。
従業員6人〜1,000人超の様々な組織に属し、営業、税務会計、経理を経験。会計事務所業界では異色の経歴です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/11/27 14:50

kobakaikei さんのブログ記事

  • 開業独立!
  • 想いがあるなら、道は開ける! 私のプロフィールを見てくださった方から「上場企業を辞めて、よく独立しましたね?」と聞かれることがあります。税理士として独立する場合、お客様を前勤務先から引き継いで開業する方が多く、私のようにお客様ゼロからの開業は圧倒的に少数派です。だから「独立してやっていく自信があったか」ということもよく聞かれます。私の実家は塗装業です。父親が脱サラをして個人事業主で開業しました [続きを読む]
  • 振込手数料 負担の問題!
  • 請求書に振込手数料負担の依頼文を記載し、損益改善を! 取引先(債務者)からお金を振り込まれる際に、振込手数料が差し引かれて入金を受けるのはよくあることです。しかし、民法の規定では、債務者負担が原則とされています。請求書には、「恐れ入りますが振込手数料はご負担いただきますようお願い申し上げます。」などの文言を入れるようにしてください。この文言を入れるだけでも効果はあります。請求書に上のような文言 [続きを読む]
  • 法人成りの注意点!
  • 個人事業主の方が会社設立する場合は、売上げの見込みを考慮して設立時期などの計画を立てる必要があります! 個人事業主の方が法人成りして会社設立をされる場合に、注意点があります。それは、売上げや経費を個人事業で計上するか、会社で計上するかという問題です。会社設立登記前から会社名を名乗って仕事をすることがあるかと思います。営業活動が功を奏して、会社設立前に早速仕事の受注をもらうこともでてきます。この [続きを読む]
  • 印紙税(著作権の帰属関係を定めた契約書)
  • 著作権の帰属関係を定める契約書や覚書については、「印紙」貼付の必要はありません! 取引先や雇用者とのトラブル防止のために著作権の帰属関係をはっきりとさせた契約書や覚書を交わすことがあります。例えば、・「当社の創作した成果物の著作権は、当社に帰属する」・「乙が作成した書面の著作権は、乙に帰属する」などです。このような「著作権の帰属関係」を定めた契約書や覚書に印紙の貼付は必要になるか疑問に思われる [続きを読む]
  • 国税手続きの簡素化と捕捉!
  • 電子化とマイナンバーの活用により納税者の税務手続きが簡素化される一方、税務署側の所得情報の効率的な把握にも! この4月から国税手続きが一部、簡素化されました。具体的には、「法人設立届出書」への登記事項証明書の添付が不要になったことや引越しなどの際の「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」の提出が異動前・異動後から異動前の税務署のみに届出を行えばよいことになりました。この変更は、上の届出書 [続きを読む]
  • 円高の予兆!
  • 2017年は円高が加速する可能性も! じりじりと円高が進んでいます。アメリカのトランプ大統領は米誌のインタビューで「ドルが強すぎる」と発言されました。有識者の中には、円ドル相場はアメリカの政策によって決まると言い切る方もいらっしゃいます。トランプ大統領がドル高について発言されたことで、円高が進むかもしれません。アメリカの動向以外にも2017年は注視すべき事項がたくさんあります。中東・北朝鮮情勢 [続きを読む]
  • 気持ちの持ち方!
  • 気持ちの持ち方で人生も会社の業績も変わります! 近所の70代前半の資産家の方が終活ということで不動産の売却を進めているという話しを聞きました。病気になったこともありましたが、今は元気にウォーキングをしているのを見かけます。資産をたくさんお持ちなのでもめないようにするためには、早く対策を立てることは重要です。しかし、元気なお姿を見ていると早いのではという気持ちにもなりました。私は8年ほど前、勤め [続きを読む]
  • 経費精算ソフトからの振込
  • 今後は決済機能があるソフトの時代になる! MFクラウド会計のシリーズであるMFクラウド経費の新しいサービスが先日発表されました。MFクラウド経費で経費精算の立替をワン で従業員の口座に振り込まれるというもの。銀行しかできなかった決済が、経費精算ソフトからできるということは今後、銀行の在り方は変わっていくかもしれません。会計ソフトからの振込も開発が検討されています。(以下の関連記事をご確認 [続きを読む]
  • セールスポイントを考えることのススメ!
  • セールスポイントがあると差別化に繋がります! 当事務所では、セールスポイントをじっくり考えることをお勧めしています。・自社(自分)の強みは何か。・なぜ、競合ではなく自社(自分)が受け入れてもらえるか。などがしっかりとまとめられていると自社(自分)ホームページや会社案内に載せることができます。経営をしていると日々の業務に追われて、なかなかこういう時間をつくることが難しいかと思います。だからこそや [続きを読む]
  • 看板の広告効果!
  • 看板の広告効果は侮れません! 当事務所は、浜松市浜北区の二俣街道沿いに面しています。税理士(会計事務所)は一般的に自分たちがお客様のところへ訪問します。そのため、立地はあまり考えずに住宅地の真ん中という事務所もあります。しかし、地方都市の場合、車社会のため事務所前の交通量が多いところは広告効果が高いと思います。車で移動する地方都市では、多少便が悪くても家賃の安さや広さを優先しがちです。また、看 [続きを読む]
  • 区分別売上げ推移作成のススメ!
  • 区分別売上げ推移で経営状況をより把握できます! 売上高は、どの経営者の方も1番関心が高いのではないでしょうか。その売上高ですが、一般的には前年対比のグラフを作られるのをよく見かけます。そのグラフを見ると、前年同月比での増減が分かり、季節要因以外の要因分析のきっかけの一つになります。前年対比のグラフだけではなく、区分別売上げの推移を見ると、より売上げの傾向を掴むことができます。例えば、・安定的に [続きを読む]
  • 売上げ減少による損益への影響
  • 売上減少の損益への影響は想像以上に大きいもの! 先日、あるスクールの話しを聞きました。日中の時間帯が予約で一杯になり、その時間を希望する人は全てお断りしたことにより売上げが減少してしまったとのこと。売上げが減少すると損益に与える影響は大きくなります。例えば売上げが10%下落すると利益はそれ以上に落ち込みます。なぜならば固定費が変わらないため、利益の額の落ち込みは大きくなってしまうのです。 [続きを読む]
  • 平成29年分 扶養控除等申告書
  • 平成29年分扶養控除等申告書のマイナンバー記載! 平成28年分の扶養控除等申告書と平成29年分の扶養控除等申告書の違いは、控除対象配偶者や扶養親族等についてフリガナの記載が必要となった点のみです。原則として平成28年1月以後に提出する扶養控除等申告書については、本人だけではなく配偶者や扶養親族等のマイナンバー(個人番号)の記載が必要です。しかし、給与支払者と従業員との間での合意に基づき、従業員が [続きを読む]
  • アメリカの株価2万ドル
  • アメリカの株価は調整局面に入るか? アメリカのニューヨークアメリカの株価ダウ工業株30種平均株価がついに20,000ドル台に突入し過去最高値を更新しました。19,000ドルを超えたのはわずか2カ月前です。1999年に1万ドルを超え、リーマンショック前の2007年で13,264ドル、リーマンショックで落ち込んだもののその後は上昇を続けてきました。3年前の2014年1月最初は16,469ドルです。 [続きを読む]
  • アメリカの自動車市場
  • アメリカの自動車市場は日本のメーカーにとってドル箱! 先日、アメリカのトランプ大統領がトヨタ自動車のメキシコ工場建設を名指しで批判しました。アメリカの自動車販売は絶好調です。<リーマンショック前>2006年:1,650万台2007年:1,608万台<リーマンショック直後>2009年:1,040万台まで落ち込みました。<直近>2015年:1,739万台2016年:1,746万台直近の実績はリーマンショッ [続きを読む]
  • 100円ショップの資金繰り
  • 100円ショップの資金繰りから学べること! 100円ショップと言えば、大量販売して利益を出す仕組みです。大量販売するためには、在庫を多く抱える必要が生じます。在庫を多く抱えると資金繰りは悪化します。通常、在庫は極力抑えるのが王道です。しかし、100円という単価の低い商品を販売する100円ショップでは在庫を多く持たなければ成り立たないビジネスモデルです。在庫を持つための資金繰りをどうしているかと [続きを読む]
  • キャッチコピー!
  • キャッチコピー検討による過去の振り返り! 私の事務所のキャッチコピーは、「経営者に寄り添い、二人三脚で経営サポート」です。これは私のやりたいことを表しています。このキャッチコピーを決めるまでには、自分の過去の経歴を振り返り、何をしてきて何に喜びややりがいを感じたかを考えました。この考える作業によって、自分の強みと弱みが見えてきました。これにより自分の強みややりたいことをアピールし、自分の弱みを [続きを読む]
  • 円安による影響の大企業と中小企業の違い
  • 円安による影響は大企業と中小企業では正反対に! 年明けの株式相場は円安が好感されたこともあり、大幅に上昇しました。一般的に円安になると大企業の業績が上昇するとの思惑から輸出企業の株が買われます。輸出企業はグローバルに事業を展開しているため、輸出する製品の損益が改善するだけではなく現地法人の換算による損益も増加することにより業績が良くなり円安の影響はプラスとなります。一方、中小企業の場合、 [続きを読む]
  • 継続課金(自動引落)の見直し!
  • 「継続課金(自動引落)の見直し!」(浜松市の税理士 小林徹税理士事務所) インターネットサービスやスマホアプリ、会費などで自動引き落としにより継続課金されているものがあるかと思います。当初は事業に必要と判断され申し込みをしたものの、その後、事業の必要性が低いにも係わらずそのまま自動引き落としで継続課金されていることを少なからず見かけます。会計帳簿の入力などで疑問に感じた場合は、私の方から質問を [続きを読む]
  • 長時間労働のない社会へ!
  • 「長時間労働のない社会へ!」(浜松市の税理士 小林徹税理士事務所) ファミリーマートの過労死訴訟で和解が成立しました。事故前半年間の最も多い月の時間外労働は月254時間に上っています。時間外労働だけで、この時間ということに驚きました。私はサラリーマン時代に月100時間の時間外労働でもきついと感じましたし、月80時間を超えると過労死の確率が高まると言われています。先日、電通社長が過労自殺の責任を [続きを読む]
  • 経営支援アドバイザー
  • 「経営支援アドバイザー」(浜松市の税理士 小林徹税理士事務所) シェアNo.1会計ソフトの弥生会計で有名な弥生株式会社より「経営支援アドバイザー」の認定を受けました。中小企業の経営分析などの技能を習得したと認められる制度です。以下のような分析や目標設定が出来ます。・資金別貸借対照表により創業時から未来のことまでが分かるようになります。・Zチャートにより月別・累計・年計の売上げ全体を把握し、業績 [続きを読む]
  • 働く人の健康管理!
  • 「働く人の健康管理!」(浜松市の税理士 小林徹税理士事務所) 人手不足などを理由に大手ファミリーレストラン各社が24時間営業の廃止若しくは縮小を発表しています。サラリーマンが飲み会の後、終電を逃して24時間営業のファミリーレストランなどで朝まで過ごすという光景も見なくなるかもしれません。終電を意識して帰宅する方が健康的です。店長も同様です。アルバイトのシフトなどに合わせて店長が変則的な勤務をす [続きを読む]
  • 利益補填を無くせるか?
  • 「利益補填を無くせるか?」(浜松市の税理士 小林徹税理士事務所) 石油業界では長年、石油会社(元売り業者)がガソリン・軽油などの石油製品の卸価格を過去に遡って値引きし特約店(販売店)の利益を補填する事後調整という商慣行があります。経済産業省は、石油精製・流通研究会で事後調整の基準や時期の明確化などを求め、問題点を指摘しています。私はかつて石油業界の卸売り会社で事後調整を行う側を経験しています。 [続きを読む]
  • シニアの活躍
  • 「シニアの活躍」(浜松市の税理士 小林徹税理士事務所) 太陽生命保険が定年を60歳から65歳に引き上げるそうです。役職定年も57歳から65歳に引き上げるとのこと。私は所属した会社で、以下のようなサラリーマン人生を寂しく終える方をたくさん見てきました。・役職定年のあと数年のリタイアまで、ひっそりと残りのサラリーマン生活を過ごしていく。・数年前まで第一線で活躍された方が、生活費のためだけに会社に残 [続きを読む]
  • 合併企業の舵取り
  • 「合併企業の舵取り」(浜松市の税理士 小林徹税理士事務所) 公正取引委員会は19日、JXホールディングス株式会社と東燃ゼネラル石油株式会社の経営統合を承認しました。これにより来年4月には、売上高で11兆円超、連結従業員数で3万人弱(※前期実績の単純合算)の巨大企業JXTGホールディングス株式会社が誕生することになります。私が石油業界にいた1990年代には石油会社(元売り業者)は13社ありました [続きを読む]