黒顔羊 さん プロフィール

  •  
黒顔羊さん: Silver Oblivion
ハンドル名黒顔羊 さん
ブログタイトルSilver Oblivion
ブログURLhttp://noblivion1.exblog.jp/
サイト紹介文自家現像フィルム写真専門ブログです。光と影、滅びゆくものたちを撮っています。基本的に毎日更新です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2015/11/27 21:59

黒顔羊 さんのブログ記事

  • 2017年3月26日 河津桜を背景に記念写真を撮る家族
  • 桜を背景にして家族写真・・・これ、日本人のDNAに刻み込まれた習慣じゃないでしょうか。私が子供の頃も、家族そろって桜の前で写真を撮ったものです・・・ハーフサイズのオリンパスペンだったなあ。^^あの頃は三脚を使うか、だれかにシャッターを押してもらって撮ってもらっていました。でも、今はセルフィスティックでスマホ撮る方々も多いですね♪愛知県豊田市東山町にてRolle... [続きを読む]
  • 2017年3月24日 早春の公園で遊ぶ親子
  • 3月も下旬となり、かなり暖かくなってきましたね。公園の木々はまだ裸ん坊ですが、温かな日差しに誘われて、外で遊ぶ親子連れも目立つようになってきました。これはたぶん、お父さんと二人のお子さんなんだろうなあ、と思います。お父さんとお兄ちゃんがボール遊びをしている横で、ちっちゃな弟くんがそれを見てキャッキャッと喜んでいる・・・う〜ん、春らしいステキな眺めでしたねえ♪愛知県... [続きを読む]
  • 2017年3月23日 着物を着たシロクマさん
  • 石のベンチに腰掛けてスマホを操作している着物姿の白クマさん・・・めっちゃシュール、めっちゃかわいい不思議な風景でした。「写真を撮らせてもらっていいですか?」と聞いたら、大きく頷いていただきました。こちらは正面からべたに撮らせてもらいました。都会はやはり楽しいですね、こういう素敵な出会いがあります。田舎道で着物を着たシロクマさんに出逢ったら・・・う〜ん、ちょっと... [続きを読む]
  • 2017年3月22日 オオカンザクラの咲く郵便局
  • 名古屋市東区にある高岳(たかおか)郵便局です。この郵便局、桜を愛する方々にはとても有名な郵便局なんですね。そう、この前にあるオオカンザクラの並木道は、名古屋で一番最初にお花見ができる場所なんです。^^今年もすでに咲き始めました・・・これは先週末の日曜日の朝に撮影したものです。まだ五分から七分咲きでしたが、暖かな日差しはもう春本番でしたね。たくさんの方々がこのオオカ... [続きを読む]
  • 2017年3月21日 忙しい人に停められたCOMS
  • 最近発展著しい豊田市の郊外、浄水駅に停められたCOMSちゃんです。このCOMSとは、豊田市で実証実験が行われている新しい都市交通システム、「Ha:mo(ハーモ)」で使われているEV(電気自動車)ですね。どうやら、とても急いでいたらしく、前輪がまっすぐになってません・・・直す余裕もなかったってことでしょうか。^^;ま、枠の中に停められているから、別に問題はないんでしょうけど♪... [続きを読む]
  • 2017年3月19日 走りくる陽春
  • 先週はまだちょっと「晩冬」と言う感じの寒さを感じましたが、ここ数日は「早春」の暖かさを感じますね。池に姿を写しているハクモクレンの樹も、少しずつ蕾が膨らんでいるように見えました。また、その背後に広がる空にも、春めいた雲が映っておりました。春は・・・画面を右へ通り過ぎる自転車のように、駆け足で走り来ているようですね♪名古屋市東区東桜 セントラルパークにてNikon ... [続きを読む]
  • 2017年3月18日 錆と光蜥蜴が集まる冬のサイロ
  • 先日、「不愛想な冬のサイロ」として紹介したサイロです。このサイロ、鉄製の外壁には、下からぞわぞわと赤錆が湧いてきておりました。そこにかかるのは、低い冬の日差しからもたらされたラウドスピーカーの影。う〜ん、ハードボイルドですねえ。こういうしょーもない風景、実に心に刺さるんであります・・・あ、びょーきですね、びょーき。^^;愛知県みよし市にてThe "Bakepe... [続きを読む]
  • 2017年3月17日 春の足元にまとわりつく光蜥蜴
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは日増しに強くなっていっています。春がきたことをいやがうえにも実感してしますね。この季節、女性の足元も、重そうなブーツから軽やかなパンプスに変わりつつあるようです。そこにまとわりつくヒカリトカゲも、もはや冬の重さはなく軽やかに見えました♪名古屋市中区 栄にてNikon F3Ai Nikkor 50mm f/1.8SNeopan ... [続きを読む]
  • 2017年3月16日 脱力感に溢れた低感度な歩行者たち
  • 新しくできたハンバーガー屋さんです。でも・・・よく見てくださいね・・・お店の前を歩いている人、どうですか?はい、1/8のスローシャッターです。このADOX CMSIIはISO20の低感度フィルムなので、F22で1/8で適正露出になっちゃうんですね。「低感度フィルムなら、明るい日中でもNDフィルターなしで、幽霊写真が撮れるかも・・・」と思ってやってみました。でも... [続きを読む]
  • 2017年3月15日 目を眩ませるブランドショップ
  • 名古屋駅の摩天楼街、いわゆるブランドショップと呼ばれるお店が軒を並べています。そこを撮影していたら、思わず目が眩んでしまいました。太陽の反射だけじゃないですよ、そのお店の商品のお値段にも目が眩んでしまいましたよ、あはは。^^;名古屋市中村区名駅4丁目にてNikon F3Ai Nikkor 24mm f/2SNeopan 100 Acros ... [続きを読む]
  • 2017年3月13日 春を告げる光蜥蜴
  • まだ朝晩は寒いですが、日差しはどんどん暖かになってきていますね。昨日は風もなかったせいか、日中はお日さまの日差しが暑いぐらいで、大げさな防寒着はいりませんでした。そんな光の恵みに反応したのか、ハクモクレンのつぼみもどんどん膨らみはじめてきました。その影を見ても、明らかに開花が近い感じです。「わし、まーじき咲くでね、えか♪」と、春の訪れを主張しているんでありました♪... [続きを読む]
  • 2017年3月12日 ロクヨンロクヨンイチニッパな公衆電話
  • 最近では、公衆電話を使う人も少なくなりましたね。なんせ今の若い子は、スマホに描かれた受話器のアイコンがなぜ電話を意味するのかわからないんだとか・・・イエデンがないうちが増えているので、社会人になるまで受話器に触れる機会がないんだそうです。う〜む、10円玉をいっぱい持って電話ボックスに駆け込んだ昭和のおじさんには、寂しくなるお話なんであります。でも災害時のために、い... [続きを読む]
  • 2017年3月11日 タイと結ばれたアールデコ
  • 以前、「アールデコに見てもらえず身悶えするビル」でご紹介したビルです。ここは、名古屋に本拠地を置き、外米などの輸入貿易を行っていた「旧加藤商会」が建てたビルです。その時代ならではのアールデコな意匠がステキです。昭和10年(1935年)、加藤商会の創業者の加藤勝太郎氏がシャム国(現在のタイ王国)より名誉領事に任命されたそうです。その縁で昭和20年(1945年)までタイの... [続きを読む]
  • 2017年3月10日 埋設された働き者
  • 先日、「春の目覚め」と言うエントリでご紹介したドラム缶です。あそこには写っていなかった天面は、こんな感じの顔貌でした。人間だったら「虐待されたのだな、気の毒に・・・」と思ってしまうような傷がいっぱいついてました。でもドラム缶の場合は、傷が多ければ多いほど、よく働いた証拠なのかもしれません。今は土中に埋められて余生を過ごしておりました。でも、なんで埋められている... [続きを読む]
  • 2017年3月8日 初詣は地元のお稲荷さん
  • 私の住む街のお稲荷さんです。これは元旦の日の正午ぐらいでしょうか。有名な豊川稲荷や伏見稲荷だったら、長蛇の列の時間帯だと思います。有名どころの寺社仏閣は、ご利益もそれなりに大きいんでしょうが、並んでいるだけで疲れちゃいますね。その点、地元のお寺や神社は行列も短く、参拝もとても楽です。やはり初詣は地元がいいんであります♪愛知県みよし市 三好稲荷閣にてRoll... [続きを読む]
  • 2017年3月7日 日なたで語らう猫車たち
  • 「でゃーぶとぬくたなってきなも」「ほだほだ、立春も過ぎたし、春の日差しになってきたがね」「おみゃーさん、もうそんなに日焼けしてまったのか、真っ黒だがや」「いや、これは塗りなおしなんだわ・・・おみゃーさんこそ、タイヤが真っ黒だがね」「何をいっとりゃあす、これは普通の色だて、おみゃーさんのタイヤが白すぎるんだにゃーのか」「これはよぉ、砂ぼこりでシロなっただけだがね・・・」... [続きを読む]
  • 2017年3月6日 人待ち顔の空缶
  • 夕方の白川公園で見かけたビニール袋に入った空缶です。ここ、空き缶回収を生業にしているひとがよく集まる場所なので、その人の持ち物なんでしょうか。冬の弱い日差しを反射して鈍く輝く空缶、ちょっと寒そうでしたねえ。「寂しいよぉ、早く帰ってきてほしいよぉ・・・」そんな声が聞こえてくる感じでした。名古屋市中区 白川公園にてRolleiflex 2.8CSchneide... [続きを読む]
  • 2017年3月4日 用途不明印象絶大な農地のアート
  • 久しぶりの「用途不明印象絶大」シリーズです。近所の農地で発見した、古タイヤの上に建てられた支柱です。これ、なんのために使う柱なんでしょうか・・・ロープを張って進入禁止を示すものだったんでしょうか・・・はっきりした用途がよくわかりませでんした。そこに冬枯れした蔦が絡みついているさまは、実にシュールでした。これにペダンティックなタイトルを付けてアート展に出してみた... [続きを読む]
  • 2017年3月3日 直線的な都会の光蜥蜴
  • 直線によってもたらされる光蜥蜴、都会特有の風景です。田舎に住んでいると、ときどきこういう都会的な光蜥蜴が撮りたくなり、街を彷徨い歩いてしまいます。田舎で見られる影は不定形が多く、こういうシャープなものは少ないんですよね。^^;名古屋市中区にてRolleiflex 2.8CSchneider-Kreuznach Xenotar 80mm/F2.8ADOX CMS... [続きを読む]
  • 2017年3月2日 自転車捨て山
  • 姨捨山と言う地名がありますが、悲しい歴史を物語っておりますね。今は、「自転車捨て山」の時代なんでしょうか・・・廃品置場では、大量の自転車が捨てられているんでありました。まだ使えそうなものも多く、何よりその数の多さにも圧倒されました。う〜ん・・・哀愁ちょちょぎれる風景でしたね。愛知県みよし市にてRollei 35Tessar 40mm F3.5Neopa... [続きを読む]