黒顔羊 さん プロフィール

  •  
黒顔羊さん: Silver Oblivion
ハンドル名黒顔羊 さん
ブログタイトルSilver Oblivion
ブログURLhttp://noblivion1.exblog.jp/
サイト紹介文自家現像フィルム写真専門ブログです。光と影、滅びゆくものたちを撮っています。基本的に毎日更新です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2015/11/27 21:59

黒顔羊 さんのブログ記事

  • 2017年2月16日 己の光蜥蜴に戸惑う街灯
  • 街灯を透過したお日様が、ビルの壁に面白い光蜥蜴を群がらせておりました。硝子を透過したところの光蜥蜴、なぜか微妙な筋が出ております。これ、何なんでしょう。壁の汚れなんでしょうかね。いずれにせよ、面妖な光蜥蜴です。この街灯さんはずいぶん戸惑っているように見えました。^^;名古屋市中区にてRollei 35Tessar 40mm F3.5Neop... [続きを読む]
  • 2017年2月19日 冬陽の中でも元気溌剌な白菜
  • 冬陽に照らされる白菜・・・この季節、どこの農地に行ってもよく見かける風景です。ネオパン・アクロスを使うと、いかにも冬らしい弱々しい光蜥蜴ちゃんになると思うのですが・・・む〜、今回のフィルムはADOX CMS20 IIだったので、ハイコントラストで元気いっぱいの白菜になってしまいましたよ。^^;愛知県みよし市にてThe "Bakepen" Pentax 67SM... [続きを読む]
  • 2017年2月15日 不愛想な冬のサイロ
  • 近所にある農業用のサイロです。真ん中のサイロは金属にペイントなので、見事な赤錆が浮き出ておりました。右側はコンクリート製ですから赤錆は浮いていませんが、風化の進んだ表面がハードボイルドでした。どちらも、冬の日にふさわしい、とーっても不愛想な顔つきなんでありました♪ハイコンなADOX CMS20 II、こういう被写体は得意です・・・ネオパン・アクロスだとこんなインパクトはな... [続きを読む]
  • 2017年2月9日 冬のオープンカフェでやせ我慢をする透明人間たち
  • 「真冬でも日向におると、ぬくたまるなも」「ほだほだ、伊吹おろしなんて、ぜんぜんさぶないがや」「おみゃーさん、じょーびぃなあ、真冬でも海パンいっちょか」「ほんなもん、こんじょーだがね」「そういうけどよぉ、おみゃーさん、さぶいぼがでとらっせるぞ」「なにいっとりゃーす、さぶくなんかあらすか!」「さぶにゃあけど、腹が減ったに、なんぞぬくたいもんでも... [続きを読む]
  • 2017年2月10日 まだ動ける初代
  • 先日、赤錆ハンターのI君に教えてもらった赤錆物件、トヨペット・コロナ・マークIIの初代ハードトップです。この個体、先日デジタル写真ブログでも紹介しました。フィルムでも撮っておこうと思って再訪してみたら・・・おお、先日とは違う場所にいました。ううむ、このクルマ、まだ動けるのか・・・素晴らしい♪先日見たときは、すでにお亡くなりになっているようにも見えたんですけどね。... [続きを読む]
  • 2017年2月7日 果樹園でのバスタブと猫車の偶発的な出会い
  • 我家の近くの柿畑で見かけた風景です。FRPのバスタブに、猫車が頭を突っ込んでいました・・・荷台は失われているようです。ううむ、めっちゃシュールな眺めです。思わず、シュルレアリスト・ロートレアモンの言葉を思い出しましたよ。そう、「解剖台の上での、ミシンと雨傘との偶発的な出会い」っていう言葉ですね。なので、この写真のタイトルはそれをリーパクさせていただきました。^... [続きを読む]
  • 2017年2月6日 地下に潜り込む光蜥蜴
  • 冬らしい高度の低い太陽の日差しが、地下出入り口の奥深くまで入ってきていました。光蜥蜴ちゃんたちも、風邪の冷たい地表から、暖かい地下に潜り込みたかったんでしょうね。^^それにしても白黒フィルムのラチチュードってすごいですね。ハイライトの点字ブロックからシャドウの二人の人物まで、しっかりトーンが残ってます。これをデジタルで撮ったら、ハイライトが白飛びするか、シャドウが... [続きを読む]
  • 2017年2月5日 空間を斜めに横切るワイヤ
  • 名古屋の真ん中、桜通久屋東の交差点にかけられた歩道橋です。この橋はセントラルブリッジと呼ばれ、桜通をまたいで、北側のリバーパークと南側のセントラルパークをつないでいます。吊り橋型の歩道橋なので、太いワイヤが特徴的・・・目の前を斜めに横切っていました。ところどころペイントが剥げて錆も浮いています。めらめらめら・・・赤錆フェチの私の写欲に、火がついてしまったんであ... [続きを読む]
  • 2017年2月4日 あやかしに満ちた歩道橋
  • わが街のお稲荷さんです。この歩道橋、その奥のお稲荷さんの参道につながっているように見えますね。ところがぎっちょん・・・それは錯覚なんです。この歩道橋は向こう側の参道にはつながらず、手前に延びているだけなんですね。お稲荷さんと言えば狐・・・狐と言えば、人をたぶらかす・・・ううむ、この歩道橋もそのお狐さまのあやかしの産物なのかもしれません。^^;愛知県みよ... [続きを読む]
  • 2017年1月30日 冬の踊場に集まる光蜥蜴 (写真部門)
  • 古い歩道橋の踊場で見かけた光と影です。北風に吹かれてコーナーに固まる落葉、ひび割れたペイントが目立つ鐵骨・・・哀愁ちょちょぎれる風景です。そこに射し込む冬の光蜥蜴ちゃん、優しく包み込んでおりましたねえ♪ADOX CMS20 II、久しぶりに使いましたが、相変わらず強烈なコントラストですね。でも、冬の寒い雰囲気を表現するには、なかなか適したフィルムかもしれません。^... [続きを読む]
  • 2017年2月12日 心配性な自転車
  • 「うううう・・・かごが重いよぉ・・・バランスが悪くて走りにくいよぉ・・・」と、自転車が嘆いておりました。よく見ると・・・向こうの芝生の上で、JCなみなさまがご歓談中なんでありました。どうやら、このかごはみなさまの荷物置場として活用されているようなんでありました。自転車くん、心配しなくていいよ、走り出す時には、かごはずっと軽くなってると思うよ♪愛知県みよ... [続きを読む]
  • 2017年1月28日 雑草を養うボラード (写真部門)
  • 等間隔に並べられたボラードたち・・・よく見ると根元に芝のような雑草がこんもりと茂っております。どうしてボラードの根元にこんな草が生えるんでしょうか・・・ボラードに栄養があるとも思えないし。^^;あ、そーか、普通の地面に映えていたら、すぐに群衆に踏みつけられちゃいますもんね。ボラードの根元を踏みつけるようなもの好きはまずいません、それは確かにそう思います、はい。... [続きを読む]