新田真弓 さん プロフィール

  •  
新田真弓さん: 神さまのひとりごと
ハンドル名新田真弓 さん
ブログタイトル神さまのひとりごと
ブログURLhttp://ameblo.jp/lavender-moon-17/
サイト紹介文神さまと神社が大好きな人間からみた、各地の神社と神さまの素晴らしさを伝えるブログです。
自由文旅行記の他、タイトル通り、私が実際に体験した「神さまのひとりごと」を載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/11/28 14:51

新田真弓 さんのブログ記事

  • 参拝日記(?)京都御所
  •  今回は、京都御所を見学に行ったときのお話です。去年の秋頃から、京都御所の見学が事前予約不要になったとのことで、早速うかがって参りました。神社とはまた違う意味で、とても面白い場所でしたので、いつもどおりアヤシイレポートをお送りしたいと思います。  御所の玉砂利を踏み分け、清涼殿までたどり着いた時、御簾の奥の方に女官らしき気配が、今でもなお、たくさん潜んでいるのが分かりました。現在の皇居が東京に移転 [続きを読む]
  • 方位を気にしなくてもよい理由
  •  今日は、方位についてのお話です。先に申し上げますが、占い師さんには不愉快な内容だと思います。すみません。  方位学とか気学とか、非常に気にする方がいらっしゃいます。私、小さい頃から占いができたので、小学生のころから他人をみるのが習慣になっていたんですね。そんな環境でしたので、色々なタイプの方のお話をうかがう機会に恵まれまして。  そして、いろいろな占いや開運メソッドがある中でも、人によって、すご [続きを読む]
  • 伊勢 月読宮の参拝日記
  •  今回は、月読宮の参拝日記です。以前に月夜見宮の参拝レポートもアップしてます。これと対になる内容です。  月読宮は、月夜見さんとはある意味で正反対のお宮です。あちらが満月だとすると、こちらは新月。正に陰と陽とで対をなす場所だと思います。 月夜見さんは全体に黄金色のにじむ華やかな気が流れていたのに対して、ここは白銀色の穏やかな気に包まれています。少し、霧に似ているかな?  私の場合、相性なんでしょう [続きを読む]
  • 怪しい日記 真夜中の禊
  • 今回は、少しカラーを変えて、怪しい日記です。 何かよくわからない妙なものを見た、けれど通常の記事で語るほどでもない。そういう不思議な経験を、エンターテイメントの一種として紹介させていいただこうかな、という考えのもと、お送りしたく存じます。 「怪しい日記」シリーズとして、私がヘンナモノを見るたびに不定期更新しようと思っています。神社に参拝した時に限らず、日常でもまれに、よく分からない経験をすることが [続きを読む]
  • 運を良くする土地選び
  •  今回は、土地の気の見分け方についてです。風水など好きな方は、土地の気の流れが運勢や健康に影響する、という考え方を聞いたことがあると思います。実際、土地にはひとが住むのに適した場所と、あまり勧めたくない場所があります。  土地の気がなぜ大切かというと、その土地に住む人の体調に影響することがあるからです。風水に関しては、いろいろな流派があって難しくなるので、今回は書きません。でも、風水(土地の相)の [続きを読む]
  • ブログに書けない神社のこと
  •  今回は、私のひとりごとです。  ブログに書けないな、という神社について。いろいろな神社を巡っていると、怖い場所を見つけてしまう時があります。その神社に行くと悪いことがある、という意味ではなくて、怒らせたらまずいモノがいる、というケースです。  でも、そういう場所が意外にメジャーな観光地だったりすることも、あるんです。いろいろな方が、大好きな神社だと感じている場所にも、そういう所はあります。むしろ [続きを読む]
  • すべては平和のために(チャネリング)
  •  5月の連休から聖地らしい聖地へ行っていないので、ここのところ、チャネリングの入りが減ってます。時期的にもお盆が近くなって来たので、いろいろと邪魔が出やすくなっているのも関係しているのかなあ。  それはさておき今回は、むか〜し見えた私のチャネリングもどきから、印象深かったものをひとつ紹介します。私が勝手に言っているだけなので、根拠は何もありません。余興と思って、お付き合いいただければ幸いです。  最 [続きを読む]
  • 隠されたご神体を見てみよう
  •  今回は、特殊なご神体を祀る神社についてのお話です。  一部の神社やお寺では、本殿の奥の間などにご神体があるらしい、ということになっている場所があります。あるらしいけれども、開けて確かめてみた人間はいない、ということになっていたりします。  こう聞くと、普通は「ただの伝説で、実在しないんだろう」と思うでしょう。でも、必ずしもただの伝説ではない場合もあるんです。  実は、だれも確かめたことのないご神体 [続きを読む]
  • 参拝日記:成田山別院 深川不動尊
  •  これは、富岡八幡宮に参拝した時に立ち寄った、成田山別院の深川不動尊の話です。私は千葉県の出身なので、成田山には小さい頃から毎年、初詣に行っていました。今でも、年末年始に帰省するときは、家族の恒例の行事として、必ず成田山へ初詣に行きます。  東京にも成田山があるとうかがったので、いちど訪れて見たいと思っていたところ、先日ようやくお参りに行くことができました。  成田山新勝寺の方は、なじみががありす [続きを読む]
  • アトピーが消えた話
  •  今日は、ふつうの話をします。私は、肌がとても敏感な体質です。そのせいかトラブルも起きやすく、小さい頃はアトピーもありました。  それが、すっかり治ったのが18歳くらいのころ。高校を卒業後、大学に通うために上京し、一人暮らしをするようになってから、きれいに治ってしまいました。  この時、何が一番変わったかを振り返ると、移動が徒歩ばかりになったので、運動量が増えたことが、それまでの生活との違いだった思 [続きを読む]
  • 独りごと 今更きちんとご挨拶
  • 今回は、独りごとです。ブログを初めて2か月以上経ち、今更、そもそも筆者である私めについて、ほとんど説明していなかったことに気が付きました。自己紹介なので、興味がない方は読み飛ばしていただいて結構ですよ〜。 縁もゆかりもない一般ブロガーの自己紹介って需要があるのだろうか、と思い控えていたのですが、最近、遊びに来て下さる方が増えて来たので、改めてご挨拶申し上げます。 別にどうということもない会社員で、ふ [続きを読む]
  • 参拝日記 花園稲荷神社の例大祭
  •  今回は、参拝日記です。少し前の話で恐縮ですが、花園神社の例大祭があるとのことで、夕方にお祭りを訪ねてきました。花園稲荷神社は、新宿の中でも強いお稲荷さんがいらっしゃる場所。このあたり一帯のおキツネさんの元締め、というところでしょうか。  出店で賑わう境内には、様々なタイプのひとたちが溢れていました。コスプレ風の黒いメイド服姿のバンドマンや、歌舞伎町から来たのかホストやホステス風のグループの方たち [続きを読む]
  • 神さまと仲良くなる方法
  •  今回は、神さまと仲良くなるコツ、清き明けき心のお話です。 清き明けき心とは、古代の日本で尊ばれた心です。今日は、清き明けき心とは何か、なぜそれが神さまと仲良くなるコツになるのかをお話しします。  清き明けき心がどういうものかというと、赤ちゃんのように素直でけがれのない心です。素直でけがれのない心、というと難しく感じますが、決して立派な人間になれ、という意味ではないので誤解しないでくださいね。   [続きを読む]
  • 憑依体質で得すること
  •  今回は、憑依体質についてのお話です。憑依体質、というのは色々なものが寄ってきやすい体質のことです。巷ではネガティブなことだ、と思われがちなので、たまにはよいところも紹介したいな、という気持ちで書きました。  憑依体質のよいところは、良いものも寄ってくる、ということに尽きると思います。簡単にいうと、助けの手を差し伸べてもらいやすい体質です。憑依体質というと、ふつう、へんな霊に追いかけまわされるイメ [続きを読む]
  • 参拝日記 富岡八幡宮
  •  今回は、富岡八幡宮の参拝日記です。  江戸の三大祭が行われる神社ということで、以前から気になっていた場所でした。今回は、神様にお会いした訳ではありませんが、神社を参拝してみて私なりに感じたことがあるので、記事にしたいと思います。  私が初めて富岡八幡宮を参拝したとき、例大祭の準備のために大門や本殿は、工事している最中でした。こういう時、たいていの人は「間が悪かったかな?」と思ってしまうかもしれま [続きを読む]
  • お盆の始まりを肌で見つける方法
  •   今回は、お盆の始まる日についてのお話です。  普通、お盆の日にちは暦で計算して出すもので、春分の日と秋分の日の中間と決まっているようですね。地域によって、少し時期がずれることもあるようです。一般的なのは8月の13〜16日頃でしょうか。新盆として、7月中旬に執り行うこともあるようなので、今日のテーマをお盆にしました。  このお盆の始まりの日なのですが、肌感覚で見つけられるって知ってましたか?  よくよく [続きを読む]
  • 美輪明宏の音楽会に天使がいた(?)話
  •  今回は、皆さまご存知、美輪明宏さんの音楽会に行った時の話です。  私は音楽が好きで、自分でもずっと歌を習っていました。そのこともあって、当初は純粋に「歌手としての美輪明宏さんをみたい!」という気持ちで、都内で開かれたコンサートに行ってきました。  歌の迫力がすごかったのはもちろんですが、これは直接、音楽会に足を運んでいただく方が話が早いので・・・あやしいブログらしい報告でもしましょうか。  音楽 [続きを読む]
  • 神さまと話した方がいい本当の理由
  •  今回は、少し堅苦しい話です。そもそもなぜ私が、皆さんにも神さまと話をしてみて欲しいと思うのか、についてです。これは同時に、ブログを始めた理由でもあります。  一番の理由は、天の理というものの存在を信じていただくためです。神さまがいない、と思ったとき、やっぱり人間の良くない面が引き出してくる確率って高くなると思うんです。他人はどうなってもいいや、罰なんか当たるはずがない、という思いやりのない人間が [続きを読む]
  • 神さまと守護霊のことばの違い Vol.2
  •  今回も、前回に引き続き、神さまと守護霊のことばの違いについてです。今日は、守護霊のことばの見分け方をお伝えします。 <守護霊のことばの特徴>①守護霊のことばは心・頭に浮かぶ 守護霊のことばの場合、意識が空へ飛ぶことはなく、割と普通のテンションで受け取れます。ちょっとリラックスした時とか、寝る前なんかは毎日でも大丈夫。こちらから問いかけると、お返事として心や頭にイメージやことばが浮かびます。 ②リ [続きを読む]
  • 神さまと守護霊のことばの違い Vol.1
  •  今回は、守護霊のことばと神さまのことばの判別の仕方です。  神さまにきいた、と銘打っていても、よく見ると守護霊が言ってる内容だな、と分かるものがあります。私の場合、自分で判断する時は、以下を参考にしています。 <神さまのことばの特徴>①神さまのことばは空から降りる 神さまのことばを受け取っている間って、意識が空へ飛ぶような感覚が伴います。体が大きくなっていくような、解放感みたいなものがあります。 [続きを読む]
  • ふつうの龍と龍神さまの違い
  •  今回は、龍と龍神さまの違いについてです。みなさん、だいたい同じものだと思っている方が多いのではないでしょうか。私も、実際に両方に会ってみるまで、よく違いが分かっていませんでした。今回は、私の実体験から違いをご説明します。 <ふつうの龍の特徴>・土地の気が結晶になったような存在・群生している・気に入った土地ならどこにでもいる・雷(電気)と親和性がある・雨の日に元気になる・意見らしい意見はない <龍 [続きを読む]
  • 鹿島神宮 神さまと仲良くなるコツ
  •  今回は、鹿島神宮の神さまがどんな方かを紹介します。私、この方が大好きなんです。びっくりするくらいのナイスガイなので、皆さまもきっと、一度参拝したら大好きになりますよ。  鹿島神宮の神さまは、タケミカヅチノミコトというお名前です。基本的には格闘家とかスポーツマンみたいな方です。武闘派で、得意技は「成敗」みたいなタイプ。それなのにすご〜く優しい。私のイメージでは、一番近いのはタレントさんを兼ねている [続きを読む]
  • 比叡山の参拝日記 Vol.2
  • 比叡山の参拝日記の続きです。 比叡山は、きちんと見学させていただこうと思ったら、丸一日かかるくらい広い場所です。参拝してよかったことがいっぱいあったので、今回はこの良かった点の紹介をします。 <良かったこと>①お坊さんたちが、案内のプロである 実際に、比叡山で修行中の若手の僧侶の方たちが、先生役になってお寺のあれこれ、比叡山内の見どころを無料で解説してくださっていました。天井に描かれている絵がお花 [続きを読む]
  • 比叡山の参拝日記 Vol.1
  •  今回は、比叡山を参拝した時の話です。  先に前置きしておきますと、私はあまりお寺に強い人間ではありません。霊感がある、というよりは単に神さまに話しかけられることがある、というだけなので、仏さまの縄張りではいつものペースが出てこないんですね。  さて、比叡山のレポートです。京都旅行の際に訪れ、初めに感じたことは…寒い!!!山の寒さじゃなくて、そこら中に大小さまざまな霊道が絡み合うようにして通ってい [続きを読む]
  • 熊野 参拝日記 ver.2
  • 今回は、私にとって二回目の熊野旅行が実現した時の話です。<熊野 参拝日記 ver.2> 特に珍しいものが見えた訳ではないけれど、熊野は土地のオーラが全体的に虹色をしていて、どこを訪れても美しい。護摩壇山の辺りから、熊野川の上空にかけて、細い気の筋がたくさん空に通っている。その中に、カラスの足跡によく似た形の気のマークみたいなものが、ペタペタと張り付いている。あれをヤタガラスと呼ぶ人も、いるのかもしれな [続きを読む]