KOU さん プロフィール

  •  
KOUさん: エヌゲ道 since 2015 Nゲージ鉄道模型とか
ハンドル名KOU さん
ブログタイトルエヌゲ道 since 2015 Nゲージ鉄道模型とか
ブログURLhttp://ngage-figure-saint-seiya-mobilesuit.blog.jp/
サイト紹介文約30年ぶりに再開したNゲージ鉄道模型と聖闘士聖衣神話、フィギュアなどを紹介するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/11/29 02:20

KOU さんのブログ記事

  • レンタルレイアウト 「STAGE.1 2017 初訪問(後編)」
  •  久々に訪れた小倉のレンタルレイアウト「STAGE.1」。 前編に続き、後編です。 「24系25形」ブルートレインを牽引する「ED76形(トミックス)」。 かつての九州では、日常的に見られた光景です。 「ED61形(トミックス)」が牽引する貨物列車。 「ク5000形」の赤いモデルはトミックス(香港製)、トリコロールカラーはKATOのモデルです。 長編成の貨物を牽引するKATOの「EF10形(三次形)」と「EF15形」の重連。 旧型電機 [続きを読む]
  • レンタルレイアウト 「STAGE.1 2017 初訪問(前編)」
  •  3連休を利用して、小倉にある「STAGE.1」のレンタルレイアウトに行ってまいりました。 前回訪問が昨年の12月ですので、久々の訪問になります。 10:00の開店前に到着(笑) ウチの新規入線車両が並びます。 左から「EF62形(マイクロエース)」、「ED61形(トミックス)」、「キユニ28形・一般色(マイクロエース)」。 角度を変えて。  「EF62形」は、郵便・荷物列車の牽引を再現。 郵便車「スユ15形(KATO)」。 「E [続きを読む]
  • KATO 「ワム80000形 有蓋車(鮮魚用)」
  •  1960(昭和35)年に登場した「ワム80000形」は、基本のパレット輸送以外にも、特定の貨物を運ぶ専用タイプが何種類も用意されました。 そのうち「580000番台」に区分されるグループは「鮮魚輸送用」とされましたが、冷蔵設備を備えていたわけではなく、屋根の裏面に断熱塗料が用いられ、床に水抜きの穴が設けられるなどの改造が施されたものでした。 この鮮魚輸送用の「ワム80000形」は、白色に塗装されていたことから「白ワム [続きを読む]
  • マイクロエース 「キユニ28形 ディーゼルカー」
  •  「キユニ28形」は、余剰になった「キロ28形」の足回りに「キハ40系」に準じたボディを乗せるという改造で製作された郵便・荷物合造車で、1978(昭和53)年に登場しました。 全部で28両が北海道を除く全国で活躍しましたが、国鉄が鉄道による郵便業務を廃止したため、車齢10年にも満たないまま、1987(昭和62)年には全車廃車となってしまいました。 この「キユニ28形」は、兄弟形式である荷物車「キニ28形」とともに、Nゲージ [続きを読む]
  • マイクロエース 「EF62形 電気機関車(21号機)」
  •  「EF62形」は1962(昭和37)年に登場した国鉄の直流式電気機関車で、国鉄の最急勾配路線であった信越本線の「碓氷峠」において、峠を越える直通列車を牽引する本務機として開発されました。 「碓氷峠」に配置された「EF62形」は、僚機の「EF63形」と共に峠越えの貨客列車を牽引して活躍しましたが、やがて客車列車は電車に代わり、貨物列車は輸送効率が悪い碓氷峠を迂回するようになってしまったため、直通の貨客列車を牽引する [続きを読む]
  • KATO 「ワム380000形 有蓋車」
  •   「ワム380000形」は、「ワム80000形」の軸受を平軸受からコロ軸受に改造した有蓋車で、1991(平成3)年に登場しました。 改造済みを示すために、ボディの色が茶色からブルーに変更されているのが特徴。 これはKATOの現行モデルで、品番は「8033」です。 2両セットを中古で入手。 ケースが割れていたためか、激安でした。 実車同様、ボディは鮮やかなブルー。  サイドビュー。 アーノルトカプラーを標準装備。 写真 [続きを読む]
  • 新規入線車両(マユ35形)。
  •  KATOの「寝台急行「つるぎ」5両増結セット(品番 10-1388)」には、新規に制作された「マユ35形」郵便車が入っています。 私は郵便車や荷物車が大好きなので「これは是非とも欲しい!」と思ったのですが、「マユ35形」だけのために1万円を超えるセットを購入するのは、さすがに躊躇してしまいます。 (^_^;ゞ そこで、ASSYパーツで揃えようと、地元のホビーショップを訪れたところ・・・。  なんと、店舗オリジ [続きを読む]
  • 新規入線車両(EF62形21号機)。
  •  今回の新規入線は、マイクロエースの「EF62形 電気機関車(品番 A0976)」です。 このモデルは全盛期の碓氷峠仕様ではなく、下関に転属となった晩年の仕様で、「21号機」がプロトタイプとなっています。  中古ショップでトミックスの旧製品(品番 2102)を安値で見つけたので、購入しようかな・・・と迷っていたところ、別のショップでさらに安値だったこのモデルを発見! 実は、「EF62形」で一番欲しかったのは、まさにマイ [続きを読む]
  • トミックス 「マニ50形 MOTOトレイン」
  •  「マニ50形」は「50系客車」に属する荷物車で、1977(昭和52)年に登場し、236両が製造されました。 ところが、1986(昭和61)年に国鉄が鉄道荷物輸送を廃止したため、「マニ50形」は本来の荷物車としての用途がなくなってしまい、大量に廃車されることとなりました。 しかし、本来の用途は失いながらも、車齢がまだ若かった「マニ50形」は、63両がJR各社に引き継がれ、種々の改造が施されて活躍を続けることになります。  [続きを読む]
  • 新規入線車両(マニ50形 MOTOトレイン)。
  •  相変わらず世間の流行とは無関係に(笑)、新規車両を入線させています。 今回は、トミックスの「マニ50形 MOTO(モト)トレイン」です。 私はバイク乗りではないので、実車に思い入れがあるわけではありませんが、薄幸の荷物車だった「マニ50形」が晩年に見せた輝きに惹かれたのです。 トミックスの「マニ50形 MOTOトレイン」は、かつて「品番 2582」の製品がバラで販売されていましたが、これは1980年代に発売された「マニ5 [続きを読む]
  • 京都鉄道博物館・フィギュアコレクション「EF81形」
  •  職場の先輩が京都鉄道博物館に行ったとのことで、お土産をいただきました。 京都鉄道博物館で販売されている「フィギュアコレクション」から、トワイライトカラーの「EF81形」です。  このフィギュアコレクションは、京都鉄道博物館が監修し、海洋堂が制作したもので、全6種類です。 同梱の解説書の表面には、各モデルの情景が説明されています。 裏面には、各モデルの実車の解説が。 なかなか読み応えがあります。 情景 [続きを読む]
  • 届きもの。
  •  通販サイトで注文していたものが届きました。 「Nゲージレイアウトプラン集50」と、「マニ50形 モトトレイン(トミックス)」です。 「マニ50形 モトトレイン」は、ケースなしのジャンク品を1両入手していたのですが、実車が2両セットで運用されていたと知って、もう1両追加したもの。 トイレ窓が埋められていない品番2582の旧製品ですが、格安でした。 (^_^) 「レイアウトプラン集50」は、とても読み応えがありそ [続きを読む]
  • 私にとっての「理想のレイアウトプラン」を考えてみる。
  •  今回は、相当に私的な内容です。  私は、残念ながら自宅に固定式のレイアウトを持っていないのですが、「いつかは」という気持ちはあるんですよね。 ・・・で、「いつかは」と夢見ているレイアウトについて、レール配置のプランをいろいろと考えていたりします。 ※ 写真は、適当なものを当てています。 少年の頃は、レイアウトプラン集の中でも最後の方に載っている、ポイントが多くてレール配置も複雑な「スゴイやつ」を [続きを読む]
  • 新規入線車両!
  •  最近の新規入線車両です。 姿を消した国鉄形からJRの現行形まで、相変わらず統一性がありません・・・。 (^^;) KATOの「クモニ143型(品番 4021)」。 「クモニ143形」は、鉄コレ版(写真左)を持っているのですが、ライトが点灯する車両を編成の先頭にしたかったのです。 これで荷物電車の重連も可能になりました。  トミックスの「ED61形(品番 2136)」。 現行モデルのひとつ前、2代目のモデルです。  ブラック [続きを読む]