Pension.Sacher さん プロフィール

  •  
Pension.Sacherさん: Pension Sacher Apartment Blog
ハンドル名Pension.Sacher さん
ブログタイトルPension Sacher Apartment Blog
ブログURLhttps://pensionsacherkeiko.wordpress.com/
サイト紹介文ウィーンはシュテファン広場前にあるペンション・アパートメントです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 298日(平均0.4回/週) - 参加 2015/11/29 02:56

Pension.Sacher さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ペーター教会のオペラで味わえる贅沢。
  • 先日ペーター教会のクリュプタ(地下聖堂)でのオペラを観に行ってきました。クリュプタの公演についてはこちらのリンクでみれます。http://www.peterskirche.at/musik-2016-krypta/この日はドニゼッティの「愛の妙薬」で、ママ友のあきこ・フォルスターさんが出演していました。わたしも久しぶりに子どもをパパに任せてゆっくりとオペラを堪能できる、と楽しみにしていていましたが、その夜のすばらしさはわたしの想像をはるかに [続きを読む]
  • 日本食に使える野菜。
  • ペンション・ザッハー・アパートメントには台所があり、料理道具もそろっています。滞在中スーパーに行って食材を買い、食べたいものが調理できるとみなさまに喜ばれています。ただ、スーパーに行って戸惑うのが、見知らぬ食材があることのようです。見知らぬものをみるとわたしは、興味本位で試したくなるのですが、どうやって調理したらよいかわからないものにはみなさん手を伸ばしにくいようです。そこで、わたしの独断と偏見で [続きを読む]
  • 1号室,2号室の特典:神様に近いところ?
  • こちらの写真は、1号室の向かい側にある建物を写したものです。ほぼ同じ光景が隣の2号室からもみえます。この建物はシュテファン大聖堂北側隣にあり、「大司教館(Erzbischöfliche Palais)」と呼ばれています。13世紀からこの場所にあったと記録のある建物が、1627年の火事で全焼し、1641年にGiovanni Coccapaniによって今日の形の基本が作られました。現在、中には枢機卿ショーンボーンの住居、ウィーン大司教区本部、およびシ [続きを読む]
  • 携帯電話がついています。
  • このサービスはあまり他ではないのではと思い、紹介いたします。各アパートメントに携帯電話があり、お客様にご利用いただけます。携帯電話ですから、部屋に置いておく必要はなく、滞在中持ち歩くこともできます。ウィーンからヨーロッパ内で通話をする場合、日本のものを使うより安くつきます。プリペイド式で、残金がなくなったら買い足してご利用できます。ペンション・ザッハー・アパートメント公式HPへ [続きを読む]
  • 家具:アルト・ウィーン風またはおばあちゃんの家。
  • 正月が過ぎだいぶ経ってしまいました、新年のご挨拶の代わりに、自分の姿も写した写真をアップします。鏡台は7号室のもので、この鏡台のように、ペンション・ザッハー・アパートメントの家具は現代風ではなく、昔風です。家具のほとんどが、創設者のおじいさん、おばあさんの世代に運び込まれたものなので、アンティーク調の古きよきウィーン風という見方もできますし、または「おばあちゃんの家にいるみたい」な見方もあります( [続きを読む]
  • ペンションでサンタ登場?
  • この写真の赤い服来た人、サンタの服装してますが、一応ニコラウスのつもりです。ニコラウスとは、サンタの起源ではないかといわれている3,4世紀の聖人で、オーストリアでは12月6日のニコラウスの日にニコラウスが来ます。今年はお友だちとその子供たちをペンションの一室に呼んで、ニコラウスをお迎えしました。ニコラウスはまず子供達がこの1年間良い子だったが悪い子だったか、リストを読み上げ確認し審査しますが、みんないい [続きを読む]
  • クリスマスに空き部屋出ました。
  • パリやロンドンのテロがらみの事件のせいか、いつもなら満室のクリスマスシーズンにアパートの空きが出ました。4号室は今のところクリスマス前後のわりと長い期間空いています。窓からシュテファン大聖堂、シュテファン広場が見渡せる角部屋です。詳しくはこちらをご覧ください。http://www.pension-sacher.at/apartment_4_jp情報は2015年12月14日現在です。 [続きを読む]
  • はじめまして4
  • 今度は昼間、3号室からながめたシュテファン広場です。広場の右手の下に降りる階段は地下鉄への入り口、まっすぐいって右に折れると王宮方面、左手はケルントナー通りに通じ、オペラ座に出られます。オペラ座や楽友協会まで徒歩で10分~15分程度なので、鑑賞後歩いて帰れます。ペンション・ザッハー・アパートメント公式HPへ [続きを読む]
  • はじめまして 3
  • 夜のシュテファン広場からみたペンション・ザッハー・アパートメントのビルです。このビルの7階部分全体がペンション・ザッハー・アパートメントです。ちょうど左のほうの窓ふたつにあかりがついています。このビルの昼間の様子は以下のリンク先で見れます。リンクこのビルはケネディーホーフと呼ばれています。1964年に建築家のGeorg Lippert と Viktor Mittag により建てられました。シュテファン広場側のアーケード入り口 [続きを読む]
  • はじめまして 2
  • 1号室の窓から顔を出すとこんな感じにシュテファン大聖堂が見えます。これ以上ウィーンの中心の位置はないくらいの中心で、夜も観光客が通りを歩いていてにぎわっています。窓は二重ガラスなので、閉めてしまえば外の喧騒はほとんど聞こえません。うるさいのは日曜朝のシュテファン大聖堂の鐘の音ぐらいです。ペンション・ザッハー・アパートメント公式ページへ [続きを読む]
  • 過去の記事 …