eing さん プロフィール

  •  
eingさん: 日々画材をめでたいーたまはり@airー
ハンドル名eing さん
ブログタイトル日々画材をめでたいーたまはり@airー
ブログURLhttp://mayso.sakura.ne.jp/mayso.sakura.ne.jp/
サイト紹介文手作り顔料や国内外で見つけた画材(紙、筆、絵の具等)展示の紹介を中心にポツポツ書いております。
自由文日本画家、というには、時々突飛な事をしでかしすぎてしまうので創作日本画家と名乗っていますeingです。
 てづくり顔料を使った制作を中心に不思議な生き物を描いてみたり花鳥画を描いてみたりクレヨンでイラスト書いてみたりしています。
 手作り顔料の作り方も載せているので、ご興味のある方、ぜひお気軽にお越し下さい。^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/11/29 10:26

eing さんのブログ記事

  • 鳥の子色紙《蓮》
  • 昨年、行田の古代蓮を描いたスケッチを元に、色紙にしたてました背景は金泥を薄くかけて仕上げてみました写真だとなかなかわかりづらいですが、けっこう面白くきれいです。鳥の子紙は水の吸い込みをあまりしないので、膠染みをつかってみても面白いかなぁという試み最近いろんな水の使い方があるのだなぁとしみじみ実感しています [続きを読む]
  • 変わり扇面色紙《紫陽花》
  • 梅雨のはずが暑い日が続いていますね 先日スケッチした紫陽花を色紙にしたててみました!あじさいの花は結構色々な種類があってそれぞれに魅力的で、この時期ちょっと散歩しながら見比べているだけで楽しいです今回描いたのは四角い花弁が印象的な種類、花弁の彩色には比重の違う青と白を混色して、ため塗りをしてみました筆でというより水を使った彩色、こういうのも面白いです [続きを読む]
  • 五島美術館-近代の日本画展-
  • 上野毛にある五島美術館にて”近代の日本画展”を見に行ってきましたこちらは、美術館の裏手にある庭園、ちょっとした丘くらいの大きさがあり新緑が綺麗でしたそろそろ虫除けもして行った方がいい季節になりましたね”近代日本画”だけ一堂に見れる機会はなかなかないので面白かったです近代の面白い所は海外から洋画が入って来て、その衝撃を当時の人が、どのようにそれを消化して自分の作品におとしこんでいくか、試行錯誤が見え [続きを読む]
  • 川原慶賀の植物図譜-気になる展示-
  • 現在、浦和の県立近代美術館で開催されている”川原慶賀の植物図譜”江戸時代後期、シーボルトと交流のあった長崎の絵師だそうです近所に行った際丁度開催されていて、これは!と思ったのですが残念ながら手持ちがなく、、備忘録ついでにご紹介いわゆる絵画もおもしろいですが、昔の手書き所蔵品図録や動植物図鑑など、当時の人のそのものを観察する視線が見えるようで面白いですそして今とは違い、限られた画材、道具のなかでここ [続きを読む]
  • インドの染料“ヘナ”
  • 知る人ぞ知る(?)インドの染料ヘナ、西アジアの方で昔からボディペインティングの材料として親しまれてきた染料です最近ではヘアカラーとしても注目されているみたいですこれ岩絵の具と混ぜたらどうなるのかなぁと、こっそり狙っていた矢先、ちょっと立ち寄ったアジアンショップで取り扱っていたので、さっそく試してみました↓左からそのまま、本洋紅、新岩11番、新岩15番、胡粉(薄塗り)、胡粉(厚塗り)、薄墨ですさらに [続きを読む]
  • 日本の美術 受賞作家展-展示はじまりました-
  • 早いもので本日から”日本の美術 受賞作家展”がはじまりました!初日と言うことでレセプションパーティーがありまして、出席させていただきましたこの前の展示では話せなかった作者さんと色々とお話したり、作品について詳しく伺うことが出来てとても楽しかったです!こちらはこじゃるさんの作品(一部)、ペーパークイリングという技術を使っているそうなのですが、、いつまでも見てられる楽しさ!!ぜひとも本物を近くてみてい [続きを読む]
  • 盆栽美術館-行ってきました-
  • 前々から気になっていた、さいたま市のその名も盆栽町にある盆栽美術館へ行ってきました!5/10まで開催の盆栽世界大会にあわせて、普段なかなか公開されない名品が数々展示されていました・・・気になっていたといいつつ知識は全くなかったのですが会場内で盆栽の歴史や見方、技法や種類による楽しみ方の違いなどわかりやすく解説されていて、展示を見終わった頃には盆栽やってみたい!!!とまんまと思ってしまいました、まだ [続きを読む]
  • スケッチ《菖蒲》
  • もういくつ寝ると子供の日、菖蒲や杜若の咲く時期ですねアヤメ、ショウブ、杜若、、毎度こんがらがるのですが、今回スケッチしたのはアヤメですどうやらハナショウブは大きくて背が高くて杜若は水辺に咲くみたいですねどれにしてもこの時期にスッと葉をのばしてふんわり花を咲かせる姿はついつい見とれてしまいます [続きを読む]
  • 上野東照宮 春のボタン祭り
  • 上野公園にある東照宮内の牡丹苑に行ってきました!冬の牡丹祭は結局いけずじまいで、はじめて入ったのですが上野駅のすぐそこにこんな空間があるとは!と驚きました、、行った事ない牡丹好きな方にはぜひともお勧めしたいです。隅々まで丁寧に手入れされた牡丹はなんと110種600株以上!直射日光に弱いという牡丹、ひとつひとつ日傘が立てられていて、そんな姿がまた何とも風情があるなぁという感じですただいま丁度見ごろで [続きを読む]
  • 日本の美術 受賞作家展-展示のお知らせ-
  • 先日、参加させていただいた第22回日本の美術そちらの展示にて、とてもありがたいことに審査員特別賞をいただきました!GW明けの5/10(水)〜14(日)銀座洋協ホールにて受賞作家展が開催されるので、お近くにお越しの際は、お立ち寄りいただけたら嬉しいです詳細はこちら描きっぱなしになっている作品がチラホラあるんですが、誰かに見てもらえるというのは他にない楽しい経験が出来る場なので、今後も継続してやっていき [続きを読む]
  • 《桜》スケッチ
  • 先日、熊谷に行った際スケッチした桜ですよくみると、一つの所から4〜5個の花が咲いているのですねそれで遠くから見るとあのぶわぶわっとした感じになるのか〜と少し納得数日前の雨で大分散ってしまいましたが、気づけば4月も半分過ぎそりゃそうだな!という感じ、これから若葉がだんだん生い茂ってくるのもまた楽しみです [続きを読む]
  • 裏彩色の効果
  • いま久しぶりに絹の制作をしていて、ついでに余った絹で裏彩色を試してみました!横線が裏から描いたもの、縦線が表から描いたものですこうしてみると、ほとんど変わらないくらいの発色ですね..!ちなみに裏彩色(横線)は上から舶来黄土、鎌倉朱、本洋紅、黒、鶯緑青(水干)、緑青15番(天然)、群青13番(新岩)です予想より裏から彩色してもかなりはっきり色がわかるので驚きました。。もっとほんのりわかるくらいなのかな [続きを読む]
  • スケッチ《薮椿》
  • ひとくちに”木”といっても、よくよく見てみると実に様々なもので、、今回見つけたのは薮椿(ヤブツバキ)の木すべすべそうに見えて近くで見るとちょっとザラザラ。枝は花や葉っぱと同じようにしっかりしつつ、しなやかな曲線をしていますそういえば、この前みた桃の木は意外とゴツゴツしていました同じゴツゴツでも梅の木は苔なんかが生えていていたりして、いかにも渋好みの印象です花が咲いていたりするとついついそっちにばか [続きを読む]
  • 古河の桃まつり
  • 古河の桃まつりへ行ってきましたこちらは白い桃の花”寒白桃”、はじめて見ました!後ろは”矢口”という一番ポピュラーな桃の花柳も少し若葉が出て来て春もいよいよ本番という感じですただいま桃の花は5分咲きくらい、見ごろはまだまだまだ続きそうです古河桃まつり公式HPしかし、こんなにたくさんの桃の花はじめて見ましたあたりまえですが...桜とも梅ともまた全然違うんだなぁと、ちょっと驚きました。桜はむわっと梅はポン [続きを読む]
  • 金潜丸窓色紙《桜と折り鶴》
  • 都心で桜の開花宣言がでましたね 先日のスケッチを色紙に仕立ててみました。ちょっと額縁に入れてみると雰囲気がまた変わる気がします桜のシベや折り紙の模様は喜屋さんで買った耐変色性準金泥を使ってみました従来の準金泥(銀を加工して金泥に似せて作ったもの)だと、時間が経つと酸化で黒く変色してしまっていたのですが、特殊なコーティングにより変色が、かなりしにくくなった新製品です技術は日々進歩しているのですね。。 [続きを読む]
  • スケッチ《折り鶴》
  • だいぶ前に名古屋の”紙の温度”さんで買った型染めの折り紙それでツルを折ってみました折り鶴のシュッとしたラインってなんだか格好いいですそしてふと影の形が本物の鶴の様になっているのに気づきましたまさかそこまで計算されているんでしょうか、、折り紙ってすごいな・・・! [続きを読む]
  • スケッチ《白椿》
  • ご近所に椿の花がさいていて、前を通る度についつい足を止めてしまいます赤い椿も綺麗ですが、白も凛とした感じで好きだなぁと思いますパッと見、前に描いたサザンカと似ているツバキしかし、こうして線でたどっていると、葉の曲線や花弁の雰囲気なんか結構違う様な気がします。・・もしかしたら品種の違いかも?植物は描く度に新しい発見があって面白いです [続きを読む]
  • もみ紙制作
  • なんだか不思議な塊が出来たので記念に撮ってみましたなにかというと、これ、ちょっと大きめの”もみ紙”をつくっています今回は薄めの雲肌麻紙に彩色→銀箔を全面に貼る→もむという手順でつくってみました 出来上がりもみ紙、何度やってみても”あ、そうなった?!”という驚きがあって面白いですなかなか、思った通り!とはならないんですが、、そこが、よい所ですね箔を使ってみたので、以前に画仙紙で作った時とはまたち [続きを読む]