zukamen さん プロフィール

  •  
zukamenさん: ヅカメン便り from Australia
ハンドル名zukamen さん
ブログタイトルヅカメン便り from Australia
ブログURLhttp://zukamen.blog.fc2.com/
サイト紹介文オーストラリア在住、宝塚好きな中年ビジネスマンのヅカメン日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/11/29 17:32

zukamen さんのブログ記事

  • 北翔海莉の「みちこのズンドコ」と「恋人」がYouTubeに
  • 北翔海莉のソロ・アルバム『Alrai〜エルライ〜』から2曲、ミュージックビデオがレコード会社Masterd Recordsの公式チャンネルにアップされました。ファンの方たちの情報はものすごい早さで僕にも伝わってきました。ありがとうございます。「恋人」は、しっとりとしたジャズバラードに仕上がっています。こういう曲は、退団後初のオリジナル曲としてはとてもいい選択だと思います。「僕」という一人称で語りかける設定になっていま [続きを読む]
  • 「宝塚☆スタートーク」で退団後の北翔海莉が語る
  • ネスレ日本の「宝塚☆スタートーク」に北翔海莉が出演するので心待ちにしていました。ネスレ日本のホームページからも様々な宝塚OGたちの映像が観られますが、実はネスレは「日本ネスレ公式チャンネル」という公式アカウントがYouTubeにもあります。僕はそこから現在のところ公開されている5本を観ました。表情が柔らかくなった、と中井美穂が言っていましたが、少々濃い目の化粧が似合っていて、僕には懐かしい北翔海莉です。退団 [続きを読む]
  • パジャマゲームの制作発表で初めて見た退団後の北翔海莉の映像
  • パジャマゲームの制作発表があったそうですね。このところブログ関連はあまり見ていないので、知りませんでした。メールで知らせてくださった方がいて、北翔海莉ファンはいつも親切で本当にありがたいです。北翔海莉の初めての女役で(リナちゃんを抜きにしてですが)、マイクを持つ手首の角度で自然に肩を張らない風情にしているのに感心しました。「七色の声を持つ」彼女ですから、歌ももちろん男役の声ではありません。キーも高 [続きを読む]
  • 2016年バウホール「One Voice」ー北翔海莉と仲間たちの力強い舞台
  • 映像が出たときにも、記事を書きました。僕はバウホール公演は見ていませんから、そのときにもうすでにDVDを買うことは決めていたように思います。今回の一時帰国で実家に届いていた大量の雑誌とDVDを抱えてオーストラリアに戻ってきましたので、これか少しずつ懐かしみながら見て行きたいと思っています。それにしても「差し替え」があるというDVDを買ったことがないためか、僕はあまりよく理解していなかったのかもしれません。 [続きを読む]
  • 北翔海莉、松戸市ダンススクールの舞台を観劇
  • 北翔海莉の近況がまた出ていました。今度は千葉県松戸市ダンススクールの発表舞台を観劇したというFacebookの記事です。「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」とは発明家トーマス・エジソンの言葉ですが、この「ひらめき」を「才能」に代えると、北翔海莉がまさにそのひとだと言えます。彼女がまだ原石であった14歳(3月生まれ)の中学生のときに、その「1%の才能」を見抜いた宝塚審査員の方々もすごいです。でも、その原 [続きを読む]
  • 五月の北翔海莉ディナーショー「Sing Around The World」
  • 退団してからの北翔海莉は次々と新しいイベント、コンサート、トークショー、飛鳥II船上ショー、そしてミュージカルの舞台まで、先へ先へと進んでいるようで、ファンとしては退団公演の涙など後ろにすっ飛んで乾いてしまうくらいの勢いです。今回は5月14日に帝国ホテル・大阪でのディナーショーのニュースが(というよりチラシが)発表・解禁となりました。http://ameblo.jp/junko-tanaka1230/entry-12241214346.html">http://ameb [続きを読む]
  • 2017年花組「金色の砂漠」ー悲劇に秘められた愛憎のゆくえ
  • 「金色の砂漠」に関しては全く先入観なしの観劇でした。つまりあまりにも急遽購入したチケットだったため、ネットを探し回る暇もなかったからです。着席してから、ざっとプログラムのストーリーのページを斜め読みしただけです。そのせいか、ひとりひとりの顔を確認する間もなくストーリーにじっくりと集中できたのは返ってよかったように思います。プログラムで見た名前の難しさには舌を巻きましたが。いずれにしろ、僕にはまだそ [続きを読む]
  • 新年にこっそりとエリザベート・ガラ・コンサートへ
  • 明けましておめでとうございます。新年は出張より忙しいファミリーサービスの日々を送っており、観劇が全くままならず。と言いながらも何とかできないものかと思っていたら突如舞い込んだ幸運、10日の姿月あさとトートのフルコスチュームバージョンに行けそうな雰囲気となり、昨夜(というより今朝)深夜のサーチの結果、円満に譲渡成立、今日開幕15分前にチケットを受け取り、すべりこみ観劇をしてきました。色々書きたいことも沢 [続きを読む]
  • WOWOWの「Amourそれは…」でもう一度北翔海莉のプレお披露目を
  • 「北翔海莉は今ごろ大晦日のカウントダウンの準備で忙しいでしょうね。WOWOWでは2月25日に北翔海莉のプレお披露目だった「Amour…それは」の放送があるそうです。僕もDVDで観ましたが、この放送の醍醐味は北翔海莉と妃海風の副音声まで付いていることではないでしょうか。以前「2015年星組「Amour それは…」は再演だったのか」というブログ記事にもしました。北翔海莉の代表作とまでは言えませんが、僕はこの昭和の懐かしい雰囲気 [続きを読む]
  • 宝塚OGたちの歌う越路吹雪の世界 ー CD+DVD「越路吹雪に捧ぐ」
  • 亡き父は越路吹雪という歌手が大好きでした。酔うとカラオケで最後に歌うのは必ず「ラストダンスは私に」。僕は音痴ではないと思いますが、父の歌の上手さは妹のみに引き継がれたとみえて、カラオケではもっぱら拍手するだけでした。その元宝塚スター越路吹雪に捧げるCDが発売されました。歌っているのは同じ宝塚OGたち。今回は新しいOGとして龍真咲も加わり、華やかな面々です。そして以前のオムニバスCD「麗人」にも参加していた [続きを読む]
  • 豪華客船「飛鳥II」クルーズの宝塚ショーで北翔海莉と妃海風が共演
  • クリスマスまであと残すところ十日、これさえ乗り切れば26日のボクシングデイ(Boxing Day、25日のクリスマスの次の日で英国連邦の国々ではイブとクリスマスのパーティー疲れを癒やす祝日)はゆっくりできるかもしれません。少々疲れが出てきて、失速状態です。そんなわけで、宝塚やOGとなった北翔海莉のニュースも数日遅れでようやく理解できる始末、コメント欄やメールへのお返事も遅れています。申し訳ない。そのコメント(非公 [続きを読む]
  • 最後の「CAFE BREAK」出演で、進化し続ける北翔海莉を改めて確認する
  • コメントで教えていただき、北翔海莉最後の「CAFE BREAK」を見ました。この後にももうひとつ北翔海莉のエピソードがあるそうですが、番組のなかでは「最後の」と言っているので同じ日に続けて収録したのかもしれませんね。さて、番組では「最近一番笑ったこと」に、星組全員が参加した組旅行で19年間の数々の失敗で40分もの大作再現VTRを作った、と言っていました。研1のころの姿やロケットまで再現で披露したそうです。舞台化粧ま [続きを読む]
  • 美城れんのInstagramに妃海風との楽しそうなパーティー写真を発見
  • 12月に入ると途端に皆走り始めるオーストラリアなので、ご多分に漏れず連日昼(=仕事)も夜(=クリスマスパーティー)も忙しくしております。さて、12月に入ってから舞台DVDを見る暇もなく、今日は少しネットで宝塚関連のニュースをさらっと流していたら、なんと美城れんがInstagramを始めたというではありませんか。 Instagram始めてみようと思います。 本人です。(笑) 卒業して初めてのお仕事は、CS放送の「オシエテ!? [続きを読む]
  • 2009年の北翔海莉ディナーショー「ALL OF ME」
  • 北翔海莉のクリスマスディナーショーがあることは知っていますが、それより1週間遅れて東京に到着する予定の僕は、涙をのんで7年前の映像を観ています。2009年9月の北翔海莉初めてのディナーショー「ALL OF ME」です。ジャズのメドレーから始まり、テイク・ファイブの音楽に合わせて3人の軽快なダンスも見せてくれます。テイク・ファイブは「THE ENTERTAINER」でも再演されていますが、こちらはジャズのメドレーの中のひとつですの [続きを読む]