たにむらこうせつ さん プロフィール

  •  
たにむらこうせつさん: 言の葉に癒されて
ハンドル名たにむらこうせつ さん
ブログタイトル言の葉に癒されて
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kousetu9904
サイト紹介文日常の出来事や心模様を詩や短歌で綴りま(^^) (BGMが流れます。ご注意を!!)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供216回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2015/11/30 16:07

たにむらこうせつ さんのブログ記事

  • 現在(いま)
  • 現在とは永遠の過去の積み重ねあらゆる生命が作り上げた時間と呼ばれる流れの一瞬現在とは永遠の未来の始まりあらゆる生命の営みが作り出す流れ続けて行く時間の一瞬現在を生きるとはあらゆる過去とあらゆる未来を受止めて行くことではないだろうかどんな過去でも消し去ってはいけないどんな未来でも諦めてはいけない過去を大事に行きたい未来を信じて行きたい現在とは過去と未来の分岐点だからこそ現在を大切に歩み続けて行きたい [続きを読む]
  • 初秋の青空
  • 台風一過の高い青空が広がっている都会の街は青空に覆われ遠くに見える家の間も雲一つない空が青く染める太陽は空の真ん中で「まだ夏だ」威張りながら気温を上げている隣の庭の秋桜が吹く風に靡いて初秋の歌を口ずさんで晩夏は去り秋が来るのかこの秋に出会う様々なことをこの空のように広い心で受け止めて行きたい生かされ生きる感謝をこの両手にしっかりと携え今この一瞬を大切にしたい紅葉を始める準備に忙しい銀杏や紅葉達も青 [続きを読む]
  • 時の主として
  • 流れる時を止められるのなら月日も年も遡り若い自分に戻ってみたいとときには想うことがある選んだ道の分岐点選び直してみたいと想うどんな自分になっているのか想像するは楽しくて違う自分と話してみたいけれど今ある自分が一番妻や娘やチョコもいてこんな幸せ他にない選んだ道に違いはないと心の底から確信できるこの幸せを膨らませ守って行くのが私の仕事時の流れを遡り選んだ道は正しいと違う自分に告げておこうそして私は今日 [続きを読む]
  • 未来を信じて
  • 明るい未来を想像できなくなったのはいつの頃からだろうか幼いころは想像できたのに小さな胸に夢や希望をいっぱい持っていたのに新幹線の運転手飛行機のパイロットロボットに乗って月まで行ってみたかった動物も植物も人間もみんな仲良く暮らせる世界そんな未来を信じて疑わなかった明るい未来を想像できなくなったのは大人になったからだろうかいや違う殺人戦争裏切り虐待そんな理不尽な現実達をテレビ新聞インターネットがまるで [続きを読む]
  • 異常気象
  • 長月の今の時まだ残暑はあるはず今年は異常なのだろうかあまりにも涼し過ぎる「休みにプールへ行く」喜んでいた娘前回の休暇は寒くて行けず結局仲間とヤケ食い台風の進路も何時もと違う世界規模の異常気象が起こっている原爆の実験をしている場合ではない内戦で戦争をしている場合ではない怒り始めた地球みんなで宥める方法を考えなければいけない地球に生かされている我々は大地に海に大空に贖罪しなければいけない生かされている [続きを読む]
  • 生きる意味
  • 意味のないこと起こらないよと誰かの歌が言っていた病も事故も災害も何かの意味が込められている生まれて生きて死に行くことも何かがきっと込められている意味を見つけて行くためにゆっくりしっかり歩き行こう私のガンが教えてくれた「願い」という名の生きる意味「苦しむ人に寄り添いたい」これが私の生きる意味実現できるその時までは意味をしっかり見つめて行きたい生老病死がこの世の定めこの世は「忍土」と私は想う生老病死の [続きを読む]
  • セピア色の仲間
  • コルクボードの左上仲間達と撮った写真いつも私を見つめている苦しい事も楽しい事もみんな一緒に分け合えた忘れられない仲間達大声出して笑ったり激しく議論をぶつけたり今では全部大事な思い出青春時代が懐かしいのは歳を重ねた証拠だろうみんなと出会えたあの時代みんなと過ごせたあの時代今の私の支えですコルクボードの左上セピア色の仲間達みんな元気でいる事を感謝の想い添えながら心の底から願います心の底から祈ります〔再 [続きを読む]
  • 都会のアゲハチョウ
  • 歯医者の帰り道夏の空は晴れて遠くに入道雲もう陽が短くなっている暑さも柔やらかく沈もうとする太陽に雲もビルも夕焼けに染まり始めている信号待ちで止まっている車バックミラーと戯れるように黒いアゲハチョウが舞っている妻と私に挨拶をしているよう走り出すと美しい夕陽の空へ消えていった都会を舞う蝶と出会えて都会にある自然と出会えて嬉しさがこみ上げてくるさあチョコが待っている家路を急ごう消えていった蝶に「元気でね [続きを読む]
  • 光の世界へ
  • 誰の胸にも闇はあり誰の胸にも光あり闇の力の恐ろしさすべてを壊し人を傷つけ暗転連鎖止まらない止める力はただ一つ胸の光を強くして光転循環起こすこと笑顔優しさ感謝の心すべて光を強くする胎動始める小さな願い闇と光をしっかり掴み光の心で育てたい混沌極まる今の世界に光の願い広げて行きたい〔再掲載の詩。先の見えない今の時代、光の心が大切です〕追記 次回投稿は8月29日(火)を予定しています。ご了承のほどお願いいたし [続きを読む]
  • 冷夏の葉月
  • 気温は夏に戻ったようで陽射しも少し顔を出し「まだ夏なんです」と太陽が頭かきつつ苦笑い夏の青空しっかり出ぬがスカッと晴れて暑さが欲しいスイカもアイスも美味しくなるぞそうめんだって喉越しツルリ残り少ない葉月の時を暑い陽射しを浴びながら青空見上げて微笑みたいから夏の太陽 顔晴って明日快晴待っていますよ〔今年は冷夏ですね。東京だけかなぁ〕追記 次回投稿は8月26日(土)を予定しています。ご了承のほどお願いいた [続きを読む]
  • 母への想い
  • 母の患っている認知症ゆっくりとしかし確実に進行している日にちや曜日の感覚はもうなくデイケアに行く日も忘れて「今日は行く日だっけ」毎日尋ねてくるもう独りでは風呂に入れず料理も出来ないので弟の妻と私の妻と順番に面倒を見ている昔はテキパキと何でもこなし料理も天下一品だった小さな花が好きで四季折々の花を植えては嬉しそうに笑顔で水をあげていたもう今は戻れないそれが無性に寂しくなるときがある無情に時は流れて行 [続きを読む]
  • 八月の祈り
  • 広島の原爆も 長崎の原爆も御巣鷹山の日航機の悲劇もあの世に還った魂達は「繰り返すな 繰り返すな」叫び続けている第二次世界大戦の終わった日終戦記念日に我々人間は深く考えなければいけない苦しみを作る種も悲しみを生む元も心深く息づいていることを生かされていることへの恩恵を持たなければ生きていることへの感謝を持たなければ過ちを犯し人を傷つけてしまう私も例外ではない例え過失であったとしても許されることはない [続きを読む]
  • 交響曲
  • 作曲者の心に想いを馳せて指揮者と演奏者は心を開く命を吹き込まれた楽器は最高の音色を放ち響き合い重なり合い神の息吹のごとく人々を魅了して行く時を忘れ引き込まれ命の音は魂をも揺さぶる一人では奏でられない交響曲人間の響同が生み出す本物の芸術作曲者の心は響同者がいる限り色褪せること無く受け継がれて行く本当の芸術は神の領域に近いのかもしれない〔再掲載の詩。シンフォニーは生で聴くのが1番です〕追記 次回更新は8 [続きを読む]
  • 新バリカン
  • 新しいバリカンを持って薄笑いを浮かべながら「髪伸びたね そろそろ切ろうよ」口元の白い歯を輝かせて妻が近づいてくる「いいよ また坊主ね」もう観念している私しかしこの新バリカンは優れ物二ミリ 四ミリ 六ミリと短いけれど長さが選択できる「二ミリでいいよね」と妻「夏だしいいよ」と私散髪を始めて新バリカンの威力が分かるまったく引っかからずにスムーズにカットして行く早く美しく坊主頭の出来上がり「凄く綺麗」「本 [続きを読む]
  • 命の使い方
  • 生きる時間をまた少し延ばしてもらった障がいはあれども健康なこの身体生きるとは死の門に向かって時間に背中を押されて毎日進んで行くもの生きる道は何時途切れるか分からないだから今この一瞬を精一杯生きたい欲をかかず他の為に働き笑顔を絶やさずに病から逃げることは出来ないが病と共に歩むことは出来る今産声を上げた赤子がその寿命をまっとうできる平和な世の中を創造したい私の願いはその一点に尽きる病を持つ者も赤子の寿 [続きを読む]
  • 健康体でした
  • 今日総合病院へ行き結果を聞いてきました。レントゲンもCTスキャンも再度撮影しましたがまったく問題ありませんでした。ガンの疑いも全くなく健康体そのものヽ(^0^)ノ1日掛かりで疲れましたが先ずは安心入院することもないのでブログを継続です皆様には大変ご心配をお掛けしてしましたが、何事も無く帰宅しました。明日報告しようと想ったのですが、早いほうが良いと想い報告いたします次回更新は3日か4日になると想います。詩にな [続きを読む]
  • 身体のこと
  • しばらく投稿をお休みするかも知れません。前回の健康診断で結果がちょっと悪く、掛かり付けの総合病院で大まかな検査をしました。その結果が明日分かります。大腸ガンの再発かも知れませんし詳しくは分かりません。そのまま入院となるかも知れません。たとえガンの再発だとしてもしっかりと受け止めて、必ず生還してきます(^^)v何もなければ投稿を続けます。もし投稿が途絶えた時は入院したと考えてください。ブログを読んで頂い [続きを読む]
  • 渡り鳥の如く
  • 空を渡る鳥は遠くまで飛ばなければならないそのため食を最小限にすると言う春に咲く桜は翌年の花のために散ったその日から栄養を貯えると言う我々人間はどうか好きな時に好きなだけ飲み食いして痩せただ太っただと騒いでいる本当にそれでいいのか飽食の時代豊かな時代に埋もれて食べられる事への有り難さや生かされている感謝を忘れ去ってはいないか時を刻む如く胸の鼓動は鳴って静かに生きている歓びを当てた掌に伝えている今一度 [続きを読む]
  • 土用の鰻
  • 猛暑 酷暑を乗り切るために鰻を食べて精力つけよう台湾産の鰻だけれどふっくら美味しい油も乗ってる大好物の鰻の丼大盛食べて腹一杯これで笑顔も切れが良くなり想わず鰻に「ありがとう」〔昨日は土用の丑の日。鰻丼で元気100倍です〕築城 明日7月28日(金)は掲載をお休みします。ご了承くださいますようお願いします [続きを読む]
  • 家電の怖さ
  • 「暑い夏 家電もやはり辛いのか 水の止まったウォシュレットなり」「ウォシュレット 洗浄すらも出来なくて バケツで流す汗をかきつつ」「汗かいて 動かぬリモコン叩いても なお汗かいて水は流れず」「流れない 電気に頼る生活の 怖い盲点見たかのようだ」「現代は ライフラインに頼りすぎ 見直して行くいざ時のため」〔家のトイレは最新式のウォシュレット。壊れるともう大変〕結局便座ごと総取り替えになり今は無事に動 [続きを読む]
  • 盛夏の誓い
  • 梅雨の季節が明けて本気印の真夏がやって来た燃える太陽は空の真ん中で「俺の季節だ」叫びながら街や人をジリジリと熱している「盛夏が来た」ムッとする風が街中を走るさあ海ださあプールだスイカだかき氷だアイスクリームだ楽しいことが沢山待っている季節でも新たな季節は一回生起だから今年の夏に新たな誓いを立てよう歩幅を広げて歩みを早め汗水流して少しでも多くの人に笑顔を届けて行こう生かされている感謝を胸に携えて優し [続きを読む]
  • 人生
  • 人生って山あり谷あり川だったり海だったり色々あるよね時には火の中通ったり針の筵に座ったり大変だよねでもね幸せな時もあるから越えて行ける安らぐ時もあるから頑張れる気張らないで行こう肩の力少し抜いて心もちょっと軽くして雨の日も何時か必ず晴れて来るのだから〔再掲載の詩。人生は修行、顔晴って行きましょう〕 [続きを読む]
  • コルクボード
  • 部屋の壁に掛けてあるコルクボード懐かしい友の写真溢れるように張り付けてある青春時代の友の笑顔をアルバムに仕舞い込むには少し寂しい気がしたからコルクボードに張り付けて笑顔でいつも眺めているあいつもこいつも今ではきっとおじさん おばさんに成っている写真は時間を切り取ってあの頃のままで止まっている青春時代はとうに過ぎたが消えること無い思い出は今も心に生きている大事な青春生きた証を時間の中から切り取ってコ [続きを読む]
  • 今日の命に
  • 一回生起の今日の日の命大事に受け止めて大地に足を踏みしめて後悔無きよう歩みたい今日の命と私の命重ねることの出来るなら生かされ生きる感謝の想い光を浴びて輝いて願いに向かって進み始めるみんなの元気祈りたいみんなの平和祈りたい私も元気笑顔忘れず今日の命に明るさ添えれば希望は光煌めいて大空羽ばたき駆け巡る今日の一歩は私の命脈打つ鼓動確かめながら強く優しく生きて行きたい〔再掲載の詩。ゆっくりと休みながら進ん [続きを読む]
  • 心の時代へ
  • 自動車 電車 飛行機長距離移動には欠かせないものガスコンロ 電子レンジ 冷蔵庫明かりや洗濯機も日常生活には欠かせないものテレビ ビデオ パソコンカラオケやゲーム機も娯楽には欠かせないもの電話 携帯 インターネットコミュニケーションには欠かせないもの探さなくてもまだまだ沢山出てくるだろう嫌な物や面倒な物を切り捨てた現代は物質の時代溢れ返る「物」を上手く使える人が賢い人だと思われているでも何かが違う気 [続きを読む]