kotonoha さん プロフィール

  •  
kotonohaさん: 京都観光おすすめのグルメや人気の穴場
ハンドル名kotonoha さん
ブログタイトル京都観光おすすめのグルメや人気の穴場
ブログURLhttp://trendnews-kyoto-0909.com/
サイト紹介文京都の伝統行事や観光スポット、有名な京都の老舗など紹介したサイトです。
自由文京都在住です。多くの皆様に京都の良さをもっと知っていただきたく伝統行事や四季折々の観光の見どころ、イベント、観光コース、グルメなどの情報を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/11/30 16:53

kotonoha さんのブログ記事

  • 櫛(くし)まつり 時代絵巻の行列巡行
  • 使わなくなった傷んだ櫛(くし)や簪(かんざし)にこれまでの感謝を込め供養する祭典が安井金比羅宮で行われます。この安井金比羅宮の境内の北側に久志塚(櫛塚)が建立されており「櫛」が祀られています。 古代より髪は女性の命と言われていることもあり、女性の美容関連にご利益があると言われ京都では舞妓さんをはじめ多くの方が拝観されます。さて、この櫛まつりですが2017年は9月25日に行われます。毎年9月の第4月曜日に行われる [続きを読む]
  • 京都の甘酒 飲み方
  • 夏には冷やして冬には温めて飲むと美味しい甘酒。京都には甘酒の有名なお店がたくさんあります。下記は、楽天市場での京都の甘酒の売れ筋ランキングです。 甘酒がちょっと苦手だなと思う方は、甘酒にジャムをまぜてみたりまたジュースで割って飲むのも美味しいですよ。ジャムはどんなジャムでもいいですが、ブルーベリージャムがおすすめです。また、ジュースも野菜ジュースでも何でもいいですが、オレンジジュースが個人的にはお [続きを読む]
  • 初秋の調べ 萩まつり
  • 行事内容初秋の調べ 萩まつり日程:9月23日(土)・24日(日)10:00〜場所:梨木神社見所万葉集に詠まれた植物の中で最も多いのが、優美で可憐な萩(ハギ)の花です。その萩の名所で「萩の宮」と呼ばれるのが梨木神社です。境内には萩が咲き誇り、古今を通じて和歌が詠まれてきました。 梨木神社は、明治18年(1885)に三條実万を祭神として創建されました。もともと境内辺りは、明治までは公家屋敷が立ち並び西側の京都御所との間にある [続きを読む]
  • 石清水祭り
  • 行事:石清水祭り日程:9月15日(金)2:00〜場所:石清水八幡宮 見所:石清水八幡宮は、九州の宇佐神宮、関東の鶴岡八幡宮とともに日本三大八幡の一つにあげられている神社です。 社名は、男山の中腹に湧き出ている霊泉「石清水」に因んだもので全国屈指の厄除けの神社として知られています。また、創建以来公家と武家の信仰が篤く、とりわけ清和源氏が氏神と崇めたことから、必勝の神社としても知られています。 清和源氏の流れを [続きを読む]
  • 大徳寺本坊・唐門・法堂龍 初秋の特別公開
  • 行事名:大徳寺本坊・唐門・法堂龍 初秋の特別公開日程:9月16日(土)〜10月15日(日)9:30〜16:00(受付終了)場所:大徳寺見所:京都市内の北部にある大徳寺は、臨済宗大徳寺派の大本山です。1325年の創建で宗峰妙超により開基されましたが、応仁の乱の際に大徳寺の建物は消失してしまいました。しかし、千利休こと一休宗純が、豪商の協力を得て立て直した歴史があると伝えられています。豊臣秀吉など諸大名たちが多くの寄付を行い [続きを読む]
  • 北野天満宮「刀剣乱舞‐ONLINE‐」コラボレーション特別企画!
  • 宝刀展Ⅵ―伝説の太刀「髭切」刀剣乱舞(とうけんらんぶ)-ONLINE-を開催中です。期間は8月31日(木)16時まで。鬼切丸をはじめ北野天満宮所蔵の宝刀を一挙公開。 所蔵の太刀「鬼切丸 別名 髭切」(重文)を展示し刀剣男士髭切の描き下ろしイラストも展示します。刀剣乱舞ファンにはうれしい企画ですね。 さらに、さらに、描き下ろしイラストを使用したポストカード(250円)の記念品をはじめ、クリアファイルA4と缶バッチも数量限 [続きを読む]
  • 京都水族館 イルカのナイトライブが美し過ぎる
  • 京都水族館では「夏の夜のすいぞくかん」と題して2017年7月15日(土)〜8月31日(木)まで営業時間を延長して夜ならではのいきものたちの姿やライトアップ、イルカナイトパフォーマンスなど真夏の夜をゆっくりと楽しめるイベントを数々 開催しています。 中でも巨大ウォーターカーテンによる水のアートは、光り輝きロマンティックな空間を演出してくれカップルに人気の高いイベントです。 また、夜限定の「イルカnightLIVEきいて音 [続きを読む]
  • 舞妓さんがもてなす京都 上七軒ビアガーデン
  • 舞妓さんで名高い京都花街の上七軒。こちらでは、夏の京都をたっぷり堪能できる上七軒ビアガーデンが開催されています。上七軒ビアガーデンでは、なんと浴衣姿の芸妓さんや舞妓さんがおもてなしをしてくれるのです!そして、芸妓さんや舞妓さんがお席までご挨拶に来られた時に、千社札(お名刺)をお配りされています。この千社札は「福が舞い込む」と言われている縁起ものです。なんとも京都らしい優美なおもてなし。これだけで古 [続きを読む]
  • 古都の夏 五山送り火に想いをのせて・・
  • 京都の夏の風物詩、五山送り火。空高く送り火にそれぞれの想いをのせ、お精霊さんをお見送りします。(願い事をお焚き上げしていただく事がネットやスマホからもできます。8/12〆切)五山送り火(大文字焼き)は、毎年 新聞やテレビでも取り上げられるのでご存知な方も多いでしょう。 さて、今回は京都五山送り火の歴史〜鑑賞スポットを辿ってみました。・歴史について誰が始めたのか、いつから行われているのかは不明ですが、江戸時 [続きを読む]
  • 京の七夕〜願いを京都に〜七夕の歴史
  • 京都の七夕は旧暦の8月上旬に行われます。夏の風物詩として定着した「京の七夕」では京都中のあちらこちらで京の夜空を照らすライトアップで観覧者を魅了させます。「京の七夕 願い事キャンペーン」8月12日(土)まで受け付け。この「願い」は8月16日(水)の 五山の送り火や清水寺のお焚き上げ などで 京の空高く届けられます!パソコンやスマホ、タブレットからも「願い事」の投稿ができます。毎年、全国からたくさんの「願い事」が [続きを読む]
  • 京の七夕〜願いを京都に〜七夕の歴史
  • 京都の七夕は旧暦の8月上旬に行われます。夏の風物詩として定着した「京の七夕」のイベントでは京都中のあちらこちらで京の夜空を照らすライトアップで観覧者を魅了させます。「京の七夕 願い事キャンペーン」8月12日(土)まで受け付け。この「願い」は8月16日(水)の 五山の送り火や清水寺のお焚き上げ などで京の空高く届けられます!パソコンやスマホ、タブレットからも「願い事」の投稿ができます。毎年、全国からたくさんの「 [続きを読む]
  • 京都では7月にキュウリを食べない理由
  • 夏のサラダには欠かしたくないキュウリ、みずみずしい冷えたキュウリはサラダにぴったり。また水分も多く夏の水分補給に良いとされています。そんなキュウリですが、京都の古い習わしで「7月にはキュウリを食べない」という言い伝えがあります。京都の7月と言えば一か月間 祇園祭が開催されます。祇園祭と言えば八坂神社です。その八坂神社の家紋は「五瓜に唐花(ごかにからはな)」と「左三つ巴(ひだりみっつともえ)」です。 [続きを読む]
  • 京都の歴史が誇る祇園祭
  • 祇園祭は京都の八坂神社の祭りで、7月1日の吉符から、宵山、山鉾巡行、神幸祭、花傘巡行、還幸祭、神事済奉告祭、7月31日の疫神社夏越祭までの約1ケ月の祭りです。 祇園祭の名は、平安時代の神仏習合の時に、八坂神社は、比叡山の配下でありました。そして八坂神社は祇園社であった事が起源です。祇園社であったのは、神社の神である牛頭天王がインドの祇園精舎の守護神であったからです。祭りの名称も祇園御霊会となり、その後、 [続きを読む]
  • 祈り灯ろう 火渡り祭
  • 火渡り祭は2017年7月28日(金)の19:00から狸谷山不動院で行われる行事です。行灯(あんどん)がともされた階段を上って、本殿へと向かいます。数十人の山伏たちが狸谷山不動院の広場で成満柴灯大護摩法要を営んでいます。そして、護摩の残り火の上を素足で渡る火渡り行を行います。入山料は500円で、参拝者も行に参加することができます。行では山伏の導きがあるので、子どもも無事に渡り終えることができるようにサポートがありま [続きを読む]
  • 頭の病を封じる ほうろく灸祈祷
  • ほうろく灸祈祷は2017年7月25日(火) 9:00〜14:00に三宝寺で行われる行事です。三宝寺では、ほうろく灸祈祷(ほうろくきゅうきとう)は鳴滝の妙見さんとよばれ古くから親しまれている行事で、経文を書いた炮烙を頭の上に載せたところにもぐさを置いて火をつけます。 そして、木剣で九字を切って、悪鬼邪霊を祓う祈祷が行われます。この祈祷は頭の病や頭痛を封じたり、暑気を払い夏バテや中風封じなどにも効くと言われていて、暑い盛 [続きを読む]
  • 中風まじないの鹿ヶ谷かぼちゃ供養
  • 鹿ヶ谷かぼちゃ供養は、2017年7月25日(火)9:00〜15:00に安楽寺で行われます。鹿ヶ谷かぼちゃ供養は、江戸末期に安楽寺を復興された真空益随上人の霊験を基に行われるようになりました。真空益随上人は本尊の阿弥陀如来から、夏の土用のころ鹿ヶ谷かぼちゃを振る舞えば中風(ちゅうぶ)にならないと教えられ、鹿ヶ谷かぼちゃを仏前に供え供養したのが始まりといわれています。参拝者に煮炊きした鹿ヶ谷かぼちゃが振る舞われること [続きを読む]
  • 源氏ノ舞台 京都大作戦2017
  • 「京都大作戦2017」今年も開催されます!!7月7日〜7月9日まで、詳細はコチラ毎年、これが開催されると暑い夏を感じます。この3日間は源氏の街 宇治では若者達がたくさんあちこちで戯れ奥ゆかしさの源氏イメージから活気のある若者の街になります。今年のアーティストはコチラ7月8日にはRADWIMPSも登場。毎年行かれてる方はご存知かもしれませんが抽選方式です。チケットは間もなく締切りです(5月29日(月)23:59まで受付) The [続きを読む]
  • 宵闇に浮かぶ 伏見稲荷大社 本宮祭
  • 国内外問わず人気のある伏見稲荷大社は京都の観光名所として有名です。その伏見稲荷大社の最も神秘的で美しい光景をご覧ください。伏見稲荷大社 本宮祭は、2017年7月22日(土)18:00から宵宮祭が、23日(日)9:00から本宮祭が伏見稲荷大社で行われます。 本宮(もとみや)祭は、稲荷大神の分霊を祀る全国の崇敬者が日々の神恩に感謝するため親神様に参拝する行事です。 本宮祭前日の宵宮祭では、稲荷山をはじめ境内の全域に約1万 [続きを読む]
  • 田植え祭 松尾大社の御田祭(おんださい)
  • 御田祭(おんださい)は2017年7月16日(日)10:00から松尾大社で行われる祭りで御田祭の歴史は、室町時代にまでさかのぼります。このお祭りは約600年以上続く伝統行事で、山城地方に伝わる最も古い田植え祭の姿を今に伝えており、京都市無形民俗文化財に指定されています。桂・松尾・嵐山の氏子地域からそれぞれ1人づつ選ばれた女児3人が植女として植え込みを行います。この行事では、黄緑色の衣に花笠姿で、各植女が早苗・中苗・ [続きを読む]
  • スポーツ上達祈願 精大明神例祭「七夕祭」
  • 精大明神例祭「七夕まつり」は、2017年7月7日(金)13:30から白峯神宮で行われる例祭です。精大明神は蹴鞠(けまり)の神様としてスポーツ上達を願う人の参拝が多い白峯神宮(しらみねじんぐう)の摂社(せっしゃ)です。蹴鞠は大和朝廷時代から行われていとされる球戯の一種で6〜8人でグループになり輪になって行います。そのルールは、鹿革の鞠を地面に落とさないよう右足のみで蹴り続けるのです。精大明神例祭では、当日の13:30から [続きを読む]