kotonoha さん プロフィール

  •  
kotonohaさん: 京都観光おすすめのグルメや人気の穴場
ハンドル名kotonoha さん
ブログタイトル京都観光おすすめのグルメや人気の穴場
ブログURLhttp://trendnews-kyoto-0909.com/
サイト紹介文京都の伝統行事や観光スポット、有名な京都の老舗など紹介したサイトです。
自由文京都在住です。多くの皆様に京都の良さをもっと知っていただきたく伝統行事や四季折々の観光の見どころ、イベント、観光コース、グルメなどの情報を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/11/30 16:53

kotonoha さんのブログ記事

  • 京の七夕〜願いを京都に〜七夕の歴史
  • 京都の七夕は旧暦の8月上旬に行われます。夏の風物詩として定着した「京の七夕」では京都中のあちらこちらで京の夜空を照らすライトアップで観覧者を魅了させます。「京の七夕 願い事キャンペーン」8月12日(土)まで受け付け。この「願い」は8月16日(水)の 五山の送り火や清水寺のお焚き上げ などで 京の空高く届けられます!パソコンやスマホ、タブレットからも「願い事」の投稿ができます。毎年、全国からたくさんの「願い事」が [続きを読む]
  • 京の七夕〜願いを京都に〜七夕の歴史
  • 京都の七夕は旧暦の8月上旬に行われます。夏の風物詩として定着した「京の七夕」のイベントでは京都中のあちらこちらで京の夜空を照らすライトアップで観覧者を魅了させます。「京の七夕 願い事キャンペーン」8月12日(土)まで受け付け。この「願い」は8月16日(水)の 五山の送り火や清水寺のお焚き上げ などで京の空高く届けられます!パソコンやスマホ、タブレットからも「願い事」の投稿ができます。毎年、全国からたくさんの「 [続きを読む]
  • 京都では7月にキュウリを食べない理由
  • 夏のサラダには欠かしたくないキュウリ、みずみずしい冷えたキュウリはサラダにぴったり。また水分も多く夏の水分補給に良いとされています。そんなキュウリですが、京都の古い習わしで「7月にはキュウリを食べない」という言い伝えがあります。京都の7月と言えば一か月間 祇園祭が開催されます。祇園祭と言えば八坂神社です。その八坂神社の家紋は「五瓜に唐花(ごかにからはな)」と「左三つ巴(ひだりみっつともえ)」です。 [続きを読む]
  • 京都の歴史が誇る祇園祭
  • 祇園祭は京都の八坂神社の祭りで、7月1日の吉符から、宵山、山鉾巡行、神幸祭、花傘巡行、還幸祭、神事済奉告祭、7月31日の疫神社夏越祭までの約1ケ月の祭りです。 祇園祭の名は、平安時代の神仏習合の時に、八坂神社は、比叡山の配下でありました。そして八坂神社は祇園社であった事が起源です。祇園社であったのは、神社の神である牛頭天王がインドの祇園精舎の守護神であったからです。祭りの名称も祇園御霊会となり、その後、 [続きを読む]
  • 祈り灯ろう 火渡り祭
  • 火渡り祭は2017年7月28日(金)の19:00から狸谷山不動院で行われる行事です。行灯(あんどん)がともされた階段を上って、本殿へと向かいます。数十人の山伏たちが狸谷山不動院の広場で成満柴灯大護摩法要を営んでいます。そして、護摩の残り火の上を素足で渡る火渡り行を行います。入山料は500円で、参拝者も行に参加することができます。行では山伏の導きがあるので、子どもも無事に渡り終えることができるようにサポートがありま [続きを読む]
  • 頭の病を封じる ほうろく灸祈祷
  • ほうろく灸祈祷は2017年7月25日(火) 9:00〜14:00に三宝寺で行われる行事です。三宝寺では、ほうろく灸祈祷(ほうろくきゅうきとう)は鳴滝の妙見さんとよばれ古くから親しまれている行事で、経文を書いた炮烙を頭の上に載せたところにもぐさを置いて火をつけます。 そして、木剣で九字を切って、悪鬼邪霊を祓う祈祷が行われます。この祈祷は頭の病や頭痛を封じたり、暑気を払い夏バテや中風封じなどにも効くと言われていて、暑い盛 [続きを読む]
  • 中風まじないの鹿ヶ谷かぼちゃ供養
  • 鹿ヶ谷かぼちゃ供養は、2017年7月25日(火)9:00〜15:00に安楽寺で行われます。鹿ヶ谷かぼちゃ供養は、江戸末期に安楽寺を復興された真空益随上人の霊験を基に行われるようになりました。真空益随上人は本尊の阿弥陀如来から、夏の土用のころ鹿ヶ谷かぼちゃを振る舞えば中風(ちゅうぶ)にならないと教えられ、鹿ヶ谷かぼちゃを仏前に供え供養したのが始まりといわれています。参拝者に煮炊きした鹿ヶ谷かぼちゃが振る舞われること [続きを読む]
  • 源氏ノ舞台 京都大作戦2017
  • 「京都大作戦2017」今年も開催されます!!7月7日〜7月9日まで、詳細はコチラ毎年、これが開催されると暑い夏を感じます。この3日間は源氏の街 宇治では若者達がたくさんあちこちで戯れ奥ゆかしさの源氏イメージから活気のある若者の街になります。今年のアーティストはコチラ7月8日にはRADWIMPSも登場。毎年行かれてる方はご存知かもしれませんが抽選方式です。チケットは間もなく締切りです(5月29日(月)23:59まで受付) The [続きを読む]
  • 宵闇に浮かぶ 伏見稲荷大社 本宮祭
  • 国内外問わず人気のある伏見稲荷大社は京都の観光名所として有名です。その伏見稲荷大社の最も神秘的で美しい光景をご覧ください。伏見稲荷大社 本宮祭は、2017年7月22日(土)18:00から宵宮祭が、23日(日)9:00から本宮祭が伏見稲荷大社で行われます。 本宮(もとみや)祭は、稲荷大神の分霊を祀る全国の崇敬者が日々の神恩に感謝するため親神様に参拝する行事です。 本宮祭前日の宵宮祭では、稲荷山をはじめ境内の全域に約1万 [続きを読む]
  • 田植え祭 松尾大社の御田祭(おんださい)
  • 御田祭(おんださい)は2017年7月16日(日)10:00から松尾大社で行われる祭りで御田祭の歴史は、室町時代にまでさかのぼります。このお祭りは約600年以上続く伝統行事で、山城地方に伝わる最も古い田植え祭の姿を今に伝えており、京都市無形民俗文化財に指定されています。桂・松尾・嵐山の氏子地域からそれぞれ1人づつ選ばれた女児3人が植女として植え込みを行います。この行事では、黄緑色の衣に花笠姿で、各植女が早苗・中苗・ [続きを読む]
  • スポーツ上達祈願 精大明神例祭「七夕祭」
  • 精大明神例祭「七夕まつり」は、2017年7月7日(金)13:30から白峯神宮で行われる例祭です。精大明神は蹴鞠(けまり)の神様としてスポーツ上達を願う人の参拝が多い白峯神宮(しらみねじんぐう)の摂社(せっしゃ)です。蹴鞠は大和朝廷時代から行われていとされる球戯の一種で6〜8人でグループになり輪になって行います。そのルールは、鹿革の鞠を地面に落とさないよう右足のみで蹴り続けるのです。精大明神例祭では、当日の13:30から [続きを読む]
  • 貴船の水まつりと七夕笹飾りライトアップ
  • 貴船の水まつりは2017年7月7日(金)10:00〜15:00に貴船神社で行われるお祭りです。貴船神社は、京都市左京区にある神社で、古来より雨乞いや雨止め神事が行わてきた神社です。貴船の水まつりは古来の雨乞神事に由来する行事で、水神、貴船大神に水恩の感謝を捧げるために行われる祭典です。貴船の水まつりはでは裏千家宗匠による献茶式や雅やかな舞楽の奉納などが行われます。また魚に直接手を触れず調理して神前に捧げる生間流 [続きを読む]
  • 風祭りと風鈴供養
  • 風祭りは2017年7月1日(土)〜15日(土)18:30〜千本ゑんま堂の名でよく知られている引接寺で行われます。涼しげな音色の風鈴を飾り、夕涼みを楽しむという催しの風祭は夏の夜の京都観光におすすめの穴場です。千本ゑんま堂は京都市上京区の引接寺にあり、本尊として閻魔法王が安置され暑い夏を少しでも涼しく過ごしたいという方に注目されている風流な行事です。 ライトアップされた千本ゑんま堂は神秘的で風鈴の音色が風を [続きを読む]
  • 厳選!一度は行ってみたい京都川床の老舗
  • 毎年、夏に開催される京都ならではの川床。川の上にお座敷などを設置し、涼しみながらのランチやディナー、最近では海外からの観光客にも人気があります。そこで川床の厳選おすすめの店を紹介したいと思います。・大當両大當両(だいとうりょう)は70年以上の歴史をもつ老舗の京料理店です。築100年以上経つ日本家屋が改装されています。以前は一見さんお断りだったということですが、現在は予約すれば大丈夫です。川床プランは、ゆ [続きを読む]
  • 源氏物語の街、宇治市の県祭
  • 源氏物語の街、宇治市で毎年6月5日に「県祭(あがたまつり)」が行われます。深夜、真っ暗の中を梵天渡御(ぼてんとぎょ)が行われ「暗闇の奇祭」とも呼ばれている祭です。この県祭は宇治橋通りや県通りなど縣神社周辺にたくさんの露店が立ち並び毎年12万人ともいわれている人が訪れる大規模な宇治市の祭でたいへん賑わいます。 また有名な中村藤吉本店や辻利兵衛本店にも立ち寄ることができます。当日、昼間はすぐ近くの平等院鳳 [続きを読む]
  • 渡月橋と法輪寺の謂れ(いわれ)
  • 京都観光の代表的な見どころといえば、やはり最大の人気の場所が「嵐山や渡月橋」を中心とした界隈でしょう。中でも渡月橋は嵐山の象徴ともされていて木製の橋(橋脚と橋桁は鉄筋コンクリート製)は四季を通じて一幅(いっぷく)の絵のようにもなっています。 京福線の嵐山駅の正面には世界遺産の天龍寺が有ります。栄西が起こした臨済宗の天龍寺派の大本山で、開基は室町将軍の足利尊氏であり夢窓疎石が開山したとされま [続きを読む]
  • 京都 夏の風物詩 鴨川納涼床〜鴨川沿い散策
  • 京都は盆地という地理的特徴があるので、夏は暑く、冬は寒いという特色があり夏は、たいへん暑さが厳しいのですが、それでも京都らしさを堪能できるのが京の夏の風物詩と言われている 鴨川納涼床 です。京都はあちらこちらに有名な観光スポットがありついついいろんなところを巡りたいと思ってしまいますが、京都の夏の観光を楽しむには駆け足で回るのは禁物。暑さにバテてしまい、疲れて帰ってくるだけです。それよりも、エ [続きを読む]
  • 江戸時代の猫ブーム「いつだって猫展」京都文化博物館
  • ちょっと珍しい京都文化博物館での穴場な展覧会をご紹介します。猫ブームは江戸時代から続いているのはご存知でしたか?江戸時代の猫ブームは「江戸猫」と呼ばれているほど、猫は多くの人に愛されいつも人々の生活に寄り添い癒してきた動物なんです。この江戸時代、特に後期の猫ブームといえば歌舞伎や浮世絵として彩るほど人々の生活と密着してきました。弥生時代中期頃から日本に猫がいたとみられ猫は鼠を捕まえる益獣とし [続きを読む]
  • コカ・コーラ京都工場ファクトリーツアー
  • 大人も子供も大好きなコカ・コーラ!そのコカ・コーラボトラーズジャパン京都工場では、コカ・コーラができるまでの生産ラインが見学できます。コカ・コーラの歴史や文化に触れながらの工場見学やまた試飲も楽しめ、珍しいグッズも売店で販売しています。このコカ・コーラ工場見学は大好評でご希望の方は予約状況を確認の上お早めに公式サイトよりご予約をしてください。京都観光のコースにもちょっと穴場な観光としてぜひ入 [続きを読む]
  • 祇園賑わう八坂神社例祭
  • 毎年6月15日に行われる例祭は弥栄雅楽会に依る「東遊(あずまあそび)」も行われる八坂神社で最も重要な祭事です。 祭りはまず、前夜の19時半頃より、弥栄雅楽会に依る「人長の舞」が奉納されます。翌15日は10時から弥栄雅楽会に依る「東遊」の神楽奉納が行われます。東遊は平安時代から続いている歌舞で、賀茂祭でも勅使が来られた時に舞われている古式豊かな舞です。元々朝廷の舞だったこともあり、現在では [続きを読む]
  • 初夏の風物詩 智積院 青葉まつり
  • 智積院では6月15日に青葉まつりが行われます。名勝庭園で有名な智積院は京都市東山区にあります。三十三間堂も近く日々 多くの観光客が訪れています。この青葉まつりとは、弘法大師と智積院の中興の祖興教大師覚鍐の誕生をお祝いするものです。弘法大師は6月15日、興教大師は6月17日が誕生日です。智積院では、当日は第71世小峰一允猊下に依り、まつりが進められます。1.お練り行列本坊から金堂まで、猊下をはじめとする僧侶 [続きを読む]
  • 京都 初夏の穴場行事 嵐山若鮎祭
  • 京都、初夏の穴場行事、嵐山若鮎祭(わかあゆさい)が行われます。嵐山中ノ島公園で行われる若鮎を炭火で焼いて提供する催しです。2017年は6月8日(木)の11時からの開催で、この日の嵐山は辺り一面香ばしい香りに包まれます。保津川の鮎解禁に合わせて、若鮎がその場で炭焼きにされ、嵐山の新緑のすがすがしい景色の中、試食会が盛大に開催されます。鮎の炭火焼きとノンアルコールビールが100人に無料で配られます。この [続きを読む]