さとこ さん プロフィール

  •  
さとこさん: 嵐よりショパン?!
ハンドル名さとこ さん
ブログタイトル嵐よりショパン?!
ブログURLhttp://ameblo.jp/bunbunlove-0424/
サイト紹介文長女のピアノ次女のバレエ長男のサッカー母のジャニヲタ日記。音高目指して頑張ってます
自由文音高音大に行きたいという長女のことを中心に次女のバレエ長男のサッカーにも口出しするすべてに音痴なジャニヲタ母のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/11/30 23:44

さとこ さんのブログ記事

  • 姉妹でダブルコンクール(バレエとピアノ)
  • 先日姉妹そろってコンクールという日がありました。 まずは次女のバレエコンクール。夏は足首の調子が悪く辞退したため、次女にとっては実質初めてのコンクール。指導料、審査費用、衣装代その他もろもろでゆきちさん30人には飛ぶといわれかなり躊躇していたのですが先生がしつこい、あ、いや先生がぜひといってくださるので参加させました。 結果次女の教室では次女とバレエ団研修生の先輩一人だけが入賞。うーーー [続きを読む]
  • ベートーベンソナタとスケルツォの呪い
  • 昨日は私がどうしても抜けられない模試の仕事が入りつきそえなかったので、娘をはじめて一人でレッスンに行かせることに。結果、やはり私がいないほうが先生と娘のコミュニケーションが取れていいような気がしました。ちゃんと課題や次のスケジュールのお約束なども出来て一安心です。実は10日前に大先生からベートーベンソナタop2−1全楽章見てくるようにと指示されたため、頑張って全部譜読みさせて一通りの形をつくり自信満々 [続きを読む]
  • Are you happy?
  • 今年の嵐のライブツアータイトルはAre you happy?なにきいてくれてんの?Happyにきまってるやろ〜!と叫ぶこと数カ月やっと本当にHappyになれる東京公演3days!もちろんいってきましたとも。そしてHappyになりましたとも!いやね、もうね、アルバム聞いた時はおい嵐、今年は手抜きかよっとか言ってごめんなさい。いや、確かにライブもね、ちょっとゆるかった!でもさ、5人が楽しそうなら私もHappy!今年は12月もまた東京で3daysあ [続きを読む]
  • 合唱コンクール
  • 先日長女の学校で合唱コンクールがありました。各クラス2名ずつ、全クラス全学年に伴奏者がいることにまずびっくり。こんなにピアノひける子が夜の中にいるんだー。私が小さい頃は学年に一人とか二人だったような。さて本題の合唱コンクール校内行事といえコンクールはコンクール一年生の娘達が驚くほど二年生三年生は必死で熱も入ります。思春期の男子が一生懸命に歌ってるその姿に私も心打たれました。娘はというとなかなかまと [続きを読む]
  • 学生音楽コンクール
  • 昨日娘を連れてサントリーホールまで行ってきました。全日本学生音楽コンクール東京本選です。同門生が小学生部門に二人、中学生部門に二人さんかされていたこと、娘が今苦しんでいるショパンスケルツォが課題曲であったことから、先生に勧められ行ってきたわけですが。娘と同年代でこんなにも素晴らしい音楽を奏でる子たちがいることを強く感じました。はるか遠い山のような存在の方たちばかりですが、ピアノはこうやって弾くん [続きを読む]
  • 映画『忍 びの 国』エキストラ
  • だいぶご無沙汰しちゃいました。長女は相変わらずスケルツォに苦しみ、次女は毎日バレエ三昧そんな中、私は末っ子の息子を連れて大好きな某スーパーアイドルの主演映画の撮影に参加しておりました(笑)子役エキストラに選抜された甥っ子と息子を連れて毎朝3時半に家を出発。帰宅は真夜中という考えられないようなスケジュール私は毎日愛しの彼を目の前にテンション上がるものの、エキストラ最年少の息子は、本番直前にわらじが痛 [続きを読む]
  • スケルツォの洗礼
  • 長い夏休みが終わりました。全国の小・中学生のママたち一緒にお祝いしましょう(笑)一ヶ月以上に及ぶお昼ご飯作りの地獄に加え、今年は夏休み日程の半分以上に夏期講習の仕事が入っていまして、とにかく毎日を過ごすことだけに必死な一ヶ月でした。あーほんと終わって嬉しい。そんななか、長女は1日5時間はピアノに向かい、先生から出された課題をこなしていきます。この一ヶ月弱でだされた譜読みはツェルニー40番から3曲シン [続きを読む]
  • バレエ勉強会
  • 次女のバレエ勉強会娘の通うスタジオは、発表会と勉強会を毎年交互に行います。発表会では全幕をやったりしますが、勉強会は少し規模の小さいもので会場も小さめです。(かかる費用は大して変わりなく、ピアノでは考えられないような諭吉の舞です)なんなら2年に一度にしてもらいたいなんて先生が怖くて言えません。前日は朝からゲネプロで、当日も朝から通し稽古そして本番とまるまる二日間劇場内に閉じこもりです。私は何をし [続きを読む]
  • 残念ながら
  • 全国大会どころか、本選で入賞もなりませんでした。ハイドンはとてもよく弾けました。講評もよかったです。しかしショパンワルツをうまくまとめ上げることができませんでした。また音を何度も引っ掛けてしまったのが気になりました。点数も8.3〜9.0まで開きがありました。C級の時までのように予選もスムーズではなかったし、本選で入賞もできず、いろいろ驕り高ぶってはいけないことを痛感しました。帰りに次のコンクールの課題曲 [続きを読む]
  • 同門生が、全国へ
  • 去年まで受けていた級では、本選から全国への切符は2名が3名でした。それが当たり前と思っていたら、なんといまの級からはだいたい1名しか通過していないということが判明。これはもうお手上げ状況です(笑)さて、昨日は学校のクラスメートが出場するというので某地区の本選会場へ娘が一人で行ってきました。着いてすぐついたメールに〇〇くんがいる!←同じ門下生。そして5年生からの飛び級△△くんもいる!←去年同じ級で予選 [続きを読む]
  • ホールレッスン
  • 今週長女は某大学キャンパスでの夏期講習会に参加。私が仕事を休めないので2日目からは自力で通わせてます。おとといは朝7時前に家を出て講習会のあと、キャンパス内で実技レッスンを受け、その後神奈川某所までH先生門下生のホールレッスンへ。慣れない電車の乗り換えや初めての先生への挨拶など一人でこなさなければならずいろいろ心配したけれど、中学生ってなんとかなるものなのね。講習会は週末まであり今朝も早い電車で出 [続きを読む]
  • オープンキャンパス
  • 母校、正確に言うと母校の高校が附属していた大学のオープンキャンパスに行ってきました。文教育学部音楽表現コースで学生さんの演奏が聴けるということで長女も張り切って参加。20年ぶりくらいの大学キャンパス。もちろん附属高校の前でもパシャり。会場の徽音堂は私の青春そのものの講堂でなにもかもが懐かしい景色。現役の学生さんたちの演奏もさることながら舞台上で説明していた親愛なる同級生の懐かしい話し方に感涙。現在 [続きを読む]
  • 娘のレッスンとワクワク学校
  • 予選のためほぼほぼ勉強できずに終えた定期試験結果は120人中10位親子で驚きました(笑)娘を褒めるというよりは、むしろ、もっとみんな頑張れよっ(by塾講師より)さてさて【予選後初めてのH先生のレッスン】本選曲は二曲ともよく弾けてるしよく構成もできてる。しかし「華やかさがないのよねぇ」はい。また地味な音指摘です。全くもってごもっとも!予選は何とか誤魔化せても本選はねぇ〜指摘された娘の課題は打鍵力ハノンなど [続きを読む]
  • 二回目の予選結果
  • D級1度目の予選結果はまさかの予選奨励賞でした。予選は軽々通過させて本選に臨もうとおごり高ぶっていた私たち親子には痛い結果でした。最初は選んだ会場を間違ったと思いました。全国組でも全員通れないような予選会場じゃ辛すぎた・・・・と文句も言いました(笑)でも、落ち着いて考えたら、全国組が何人いようともそこで勝ち抜かなければ最終ゴールまでいけないんだよねということ。たとえ一人しか通過できない会場だったと [続きを読む]
  • 徒然なるままに
  • 娘は二回目の予選に向けて練習中週末には鎌倉のH先生にまたたっぷり見てもらえました。このままいければ予選は大丈夫なはずなんだけどね〜っていう先生の言葉を信じて自信をもって頑張ります。さて娘は中学最初の定期テストが来週に控えてます。テスト勉強かと思いきや、テスト当日までに出されている課題の山をひたすらこなす毎日。音高志望と決めた娘にとって定期テストの結果などどうでもいいのかもしれないけれど、塾講師と [続きを読む]
  • ピティナの予選通過人数について
  • ピティナコンペに参加するようになってまだ3回目。1度目は見事予選落ち。2度目は予選突破を目指したら運良く本選優秀賞。今年は新たな級でまた予選突破をめざしてます。ところで先日同じ級で予選突破したクラスメートの話。その級の受験者は6名でうち2名が検定。つまりコンペは4名でそのうち3名が予選通過。ん?あれ?ピティナの予選通過人数って私の中では3割という認識だったんだけど、これじゃ75%通過?そんなことってあるの [続きを読む]
  • 一足先に予選通過
  • 週末は次女と息子の運動会でした。運動神経のまるでない次女だけど、バレエのおかげで組体操の個人ポーズはきれいに出来てました(笑)徒競走は安定の最下位。長男はサッカーの成果がでたかな。運動会後は部活から帰宅した長女を連れて鎌倉までレッスンに。コンペ前最後のレッスンだったので9時前までびっちり見ていただきました。そんななか長女のクラスメートから連絡が。週末のコンペで無事D級の予選通過したそうです。今年 [続きを読む]
  • 音が地味
  • 週末は鎌倉にレッスンに行ってきました。発表会以来だったので、まず写真をいただきました。ドレス、品があってすてきだったわね〜先生も褒めるところさがしてくれたのね(笑)さてさてレッスン突入この二週間、スタッカート練習に励んだおかげで、現代曲の粒が揃わない指摘がやっとなくなりそこは安堵。でも今回のレッスンで先生の痛恨の一言が。あなたの持っている音は少し地味なのよねこれね、アントワネット様キャラじゃなく [続きを読む]
  • ホール練習
  • GWのコンサートですっかり自信喪失の娘来月の予選までに時間もないしどこまで立て直せるのか不安な毎日のようです。そんな時こそ、基礎練習!とわかってはいるものの、予選曲ばかりに重点をおく練習。この前決定的に娘にかけていたのは音の響かせ方。レギュラーの先生からあれこれ教えてもらいながら二週間練習し、その成果をためすため?に市内のホールを借りて練習してきました。しかし、そんな二週間で改善されるわけはなくま [続きを読む]
  • 練習メニュー
  • 先日のコンサートにていろいろ撃沈した娘。自分の演奏動画をみて、予選突破すら厳しい現状を把握。自分なりの練習スケジュールを立てたようで、防音室入ったらおいてありました。子供らしいスケジュールとはいえ、基礎練習の大切さが身にしみたのかなと。全部こなすと余裕で3時間以上かかるため、部活から帰宅後すぐに練習始めてもいつも終わるのは11時過ぎ。こんな生活ずっと続くのかなと若干親は不安だけど、考えたら中学受験 [続きを読む]
  • ピアノコンサート
  • ブログがすっかりあいてしまいしたが、今日は娘のピアノコンサートでした。3月に門下生として迎えてくださったばかりでおこがましくもコンサートに参加させていただいたので・す・が・・・・・感想を一言で表すのならば圧巻以上です(笑)えっとですねー、えっとですねーこれがレベルの違いっていうんでしょうか。門下生にしていただいたわーいなんて喜んでいる場合ではなかったです(笑)同学年の門下生の3名はもちろん、2歳も3 [続きを読む]
  • 世界一難しい恋
  • 水曜日は朝から汐留にいました。な、ぜ、な、らその日から始まる大野くんのドラマ「世界一難しい恋」のプロモーションで汐留に大野くん現る!ということで(笑)早くからまったおかげでベストなポジションで拝むことができました←その後お友達らと嵐にしやがれで紹介されていた麻婆豆腐を食べに行きました。世界一難しい恋私テレビの前で悶えましたよ。めっちゃむかつく社長なのに世界一かわいい!ほっとけない!大好き!と大騒 [続きを読む]
  • ハノン スケール アルペジオ
  • ピアノレッスンのため、娘を連れて鎌倉へ。今回は平日の通勤ラッシュにもまれ、乗り継ぎもうまくいかなかったので、我が家から先生宅まで3時間かかりました(笑)それでも娘の顔はいきいき。レッスンが楽しみで仕方ないと。こんな風に思える先生に出会えて幸せすぎます!レッスン室に入るとまだ低学年らしきの子のレッスン中。しかしこの子、モーツァルトソナタを綺麗に奏でていました。すごい!さて今回のレッスンではコンペ曲 [続きを読む]
  • 楽譜購入し直し
  • 昼間はすっかり春の陽気で暖かかったので、次女と末っ子と庭掃除。なかなか冬眠から起きてこない亀も起こしました(笑)長女は来週のH先生のレッスンまでにコンペ4曲、発表会2曲、シンフォニア1曲を課題に出されて大変そうだけど楽しそう。すでにほとんどがテンポアップして譜読みからは脱出できたみたい。今後の曲作りが大きな課題。前の先生は一小節ずつすべて音の出し方、弾き方を指導されていく感じだったけれど、H先生は [続きを読む]
  • 大野智個展「FREE STYLE Ⅱ in OSAKA」とすばらしい出会い
  • 娘の卒業式の余韻にひたる間もなく夫と子供たちをおいて大野くんの個展をみに大阪に日帰りでいってきました。せっかくなので京都で友達と落ちあい、大野くんゆかりの神社やお店などを散策午後大阪にでて個展鑑賞したあとは嵐がプライベートでおじゃましたお店にいって嵐会。お店の方にいろいろな嵐の話をきけて大満足でした?そしてこの連休にすばらしい出会いがありました。といっても偶然出会えたわけではなく、このブログでア [続きを読む]