まるぺん さん プロフィール

  •  
まるぺんさん: 失敗しない新築マンション購入術
ハンドル名まるぺん さん
ブログタイトル失敗しない新築マンション購入術
ブログURLhttp://smile-mansion.com
サイト紹介文はじめて新築マンションを購入する人のために元マンション営業マンが重要ポイントを解説するブログ。
自由文元分譲マンション営業マン。大手デベロッパー系企業に20年勤務後、退職・独立して現在はWebライターとして活動中。マンションを買う全ての人が笑顔になれるように情報発信を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/12/06 09:40

まるぺん さんのブログ記事

  • 【女性限定】8万人が受講した独身用マンション購入セミナー
  • ファミリー向けとはまた別の視点が必要になるシングル向けのマンション探し。特に独身女性の場合は、マンションに求める機能に女性ならではの切り口が加わります。毎日忙しく働きながら、隙間の時間を使ってマンション探しを進めている方もいるでしょう。しかし一人で行動することに慣れているとは言え、全てのことを独学で行うには限界があります。大きな買い物、できることなら誰かに相談しながら進めたい、そんなあなたにピッタ [続きを読む]
  • マンション内近居のススメ
  • 今、政府が推進している三世代同居。ニュースでもチラホラと見かけるようになりました。それと関係して分譲マンションでは「近居」というスタイルが徐々に注目されつつあります。都心のマンションで親、子、孫の三世代が緩く助け合いながら生きていく、まさに現代版のサザエさん家がそこにはあります。マンション内近居というライフスタイルいくら親子といっても同居はハードルが高い、生活サイクルも違う、ある程度のプライバシー [続きを読む]
  • きたる電力小売自由化、どうなるマンションの電力事情
  • いよいよ2016年4月から電力小売自由化が始まりますね。石油元売り企業やガス会社をはじめ、携帯電話会社、ケーブルテレビ会社、鉄道会社などが次々と新電力会社としてサービスを開始しようとしています。これらの新電力会社のサービスが始まる中、自分達のマンションの電気契約を今後どう見直すべきなのか、現状の電気契約ケース別に少し整理しておきましょう。これまでのマンションの電気契約まず、マンションの電気契約について [続きを読む]
  • 内覧会に持っていくと便利かもしれないアプリ5選
  • 部屋の広さ、壁や床の傾き、ドアや窓のサイズ/位置など、内覧会ではとにかく色んな箇所を測らなくてはいけません。しかし計測作業は単調で面倒くさいものです。アナログな道具でチマチマ測ってなんかいられない!と言うそんなあなたに、内覧会でちょっと便利になるかもしれないスマホ用アプリをいくつかご紹介します。計測メモデジカメで部屋の中を撮影しながら、手書きのメモを取り、後でそれらを整理する、という面倒くさいこと [続きを読む]
  • 機械式駐車場をオススメできない理由8つ
  • 狭い土地を有効活用できる方法として都心のマンションでよく導入されている機械式駐車場ですが、その特徴を知らずに契約してしまい後悔する人が後を絶ちません。駐車場の利用有無にかかわらず、「機械式駐車場付きマンション」の住民に共通して起こる問題もありますので、マンション購入前にしっかり頭に入れておきましょう。機械式駐車場とは機械式駐車場は大きく分けると、ピット昇降式(単純上下型)と横行昇降式(パズル型)とい [続きを読む]
  • その修繕積立金、相場より安すぎませんか?
  • マンションに入居すると、毎月、修繕積立金を支払うことになります。当初の額はマンション販売業者が設定したものになっていますが、これは管理組合が変更しても良いものです。本記事では修繕積立金の適正額を自分で計算する方法をご紹介します。長期修繕計画と修繕積立金外壁の補修、バルコニーや屋上の防水工事、エレベータの取り替えなど、マンションにはだいたい10年〜15年周期で大規模なメンテナンスが発生します。 メン [続きを読む]
  • 家具のレイアウトを手軽に試せる便利なWebアプリ
  • 「STYLE BOARD」は家具のレイアウトを手軽に試せる無料のWebアプリケーションです。インストールは不要。間取り図も不動産情報サイトからパッと取り込めるので、自分で作成する手間が省けて簡単です。本記事ではSTYLE BOARDの使い方をご紹介します。STYLE BOARDとはSTYLE BOARDはスタイリクスさんが無料で公開している家具レイアウトツールです。 ブラウザ上で家具のレイアウトイメージを簡単に作成できるので気に入っていま [続きを読む]
  • マンション購入で得する税優遇キャンペーンまとめ
  • マンション購入を後押しする税制優遇をご存知でしょうか?消費税増税前の駆け込み需要と増税後の反動落ち込みを緩和するため、国がさまざまな税優遇キャンペーンを行っています。お得にマンションを購入するためにきちんと内容を押さえておきましょう。税優遇キャンペーン2019年10月から消費税が10%にアップします。国は増税の影響を緩和するため、住宅購入に関していくつかの税優遇キャンペーンを用意しています。 [続きを読む]
  • 新築マンションの広告で見るべき重要ポイント8選
  • 新築マンションの広告はとにかくお洒落なイメージが先行しがちです。スタイリッシュな建物や綺麗な部屋の写真を見ていると、ついつい妄想が膨らんでしまいますよね。 でも本当に重要なことは小さな字で書いてあります。本記事では新築マンションの広告で注意して見るべきポイントをご紹介します。建築確認番号折込みチラシ広告でもインターネット広告でも、新築マンションの広告には物件概要と書かれた部分があるのですが、こ [続きを読む]
  • はじめてのマンションギャラリー訪問ガイド
  • はじめての人はちょっと近寄りがたいと感じるマンションギャラリー。マンションギャラリーとはいったいどんな所なのか、はじめて訪問する人にもわかるように中の様子を詳しくご紹介します。マンションギャラリーとはモデルルームが設置されている施設のことをマンションギャラリーと言います。販売業者によっては「販売センター」や「現地案内所」と呼んだりもします。 「モデルルーム公開中」と、のぼりが出ているプレハブの [続きを読む]
  • 知っておくべきマンションの資産価値について
  • マンションは「資産」という側面も持っています。将来マンションを手放すような事が起きたとき、直ぐに換金できれば色々なことに対応しやすいでしょう。少し保険を掛ける意味で、資産価値が高まる要素をマンション探しの条件に付け加えておくことも重要です。photo by Kevin Dooley資産価値が高いマンションとは資産価値が高いマンションとは何でしょうか?それは皆が買いたいと思うマンション、皆が借りたいと思うマンションのこ [続きを読む]
  • 早わかり、あなたの年収で買える新築マンションの価格
  • あなたの年収で買える新築マンションの価格を把握しておきましょう。まずは新築マンションの価格が先にわかっている場合の一般的な目安を、次にあなたの年収からマンション購入可能額を割り出すシミュレーションをご紹介します。目安の計算方法ここでは例として4,000万円の新築マンションを購入することを考えてみましょう。 必要なものはあなたの昨年度の税込み年収です。 税込み年収を調べる場合は年末に給料明細とい [続きを読む]
  • みんなで決めよう新築マンションの価格
  • 新築マンションの価格がどのように決まるかご存知でしょうか?マンション販売業者が価格を決めているように見えますが、実は価格決定に大きく関与しているのはお客さんの方なのです。価格決定プロセスを知れば、あなたのマンション選びのヒントにもなると思います。予定販売価格とは新築マンションの広告で「予定販売価格: 3LDK 3,900万円台〜」のように書かれた広告を見かけたことはありませんか? このような場合、広告のど [続きを読む]
  • 覚えておこう、マンション売買契約のルールと注意点
  • マンションの抽選に当選すればいよいよ売買契約です。大金が絡むだけに正式な契約書を交わすことになります。契約した後にトラブルが起こらないように、売買契約のルールと注意点を押さえておきましょう。契約の流れまずは新築マンションの売買契約の流れを見ておきましょう。2つのステップがあります。仮契約とは仮契約という名前で呼ばれていますが、厳密に言うとあなたの購入意思の確認の場です。 法律的な意味の契約では [続きを読む]
  • 住宅ローン審査に通りやすい人と通りにくい人の違い
  • 目ぼしい住宅ローン商品が見つかったらローン審査に臨むことになります。どんな人が審査に通りやすいのか、逆にどんな人が審査に落ちやすいのか、審査に備えてポイントを押さえておきましょう。住宅ローン審査の流れまず、住宅ローン審査の流れを確認しておきましょう。 上の図から分かるとおり、マンション購入の手続きと住宅ローンの手続きは同時進行で行われます。自分で住宅ローン商品を探してくる場合ローン事前審査〜契 [続きを読む]
  • あなたの希望の住戸を買う方法
  • 申込みが殺到する人気の住戸をどうすれば手に入れられるのか?どうすれば欲しい住戸を無抽選で手にいれられるのか?マンション購入の2つのプロセスについて詳しく解説します。マンション購入の流れモデルルームへ何度か足を運び、住宅ローンの事前審査も問題なし、となるといよいよマンション購入の段階です。 購入の流れを見ておきましょう。いくつかのステップがあることが分かります。要望書受付とはマンションの購入意思 [続きを読む]
  • 押さえておこう、住宅ローンの種類と金利タイプ
  • たくさんあるように見える住宅ローン商品も整理してしまえば数種類のパターンしかありません。住宅ローンは自分の人生プランに合わせて選ぶのが鉄則ですが、単に金利の安さだけで選ぶのではなくトータルで見てお得なものを選ぶことが重要です。住宅ローンの種類住宅ローンの種類は3つしかありません。銀行ローン銀行や信用金庫などの民間金融機関がやっているローンです。 最近はネットバンクなどが台頭してきて金融機関同士 [続きを読む]
  • 引越し作業をスムーズに進めるコツ
  • マンション入居手続きや引越し準備を行う時期というのはとにかく慌ただしいもの。あれもこれもやらなくてはいけないと思うと気持ちが焦るばかりです。後でも良いことは後回しにしてしまいましょう。優先順位を考えることが引越し作業をスムーズに進めるコツです。後回しにできることとにかく仕事が忙しくて時間が取れないという人は、最低限やっておくことだけ押さえておけば良いでしょう。ほとんどが電話連絡で済むことです。&nbs [続きを読む]
  • どんな感じ?気になる入居説明会の内容
  • マンションの売買契約を済ませた後、入居1〜2ヶ月前くらいに入居説明会開催のお知らせが届きます。入居説明会では入居関連の手続きをまとめて行います。少しあわただしい日となりますが、しっかり手続きを済ませて入居に備えましょう。入居説明会の会場説明会の日はマンション入居予定者が一斉に集められますので、大規模なマンションの場合はホテルの大広間などで説明会が行われることもあります。 一般的にはマンション販 [続きを読む]
  • 用途地域から住む環境を予測するヒント
  • 土地には用途地域という行政上の区分があり、その種類によって建ててよい物が決まっています。当然マンションもこの用途地域のルールに従って建てられます。購入しようとしているマンションがどの用途地域に建つのかを見れば、おおよその住環境を予測することができます。新築マンションの広告の物件概要には用途地域が書いてあるのでチェックしてみてください。photo by Edward Blake用途地域の種類用途地域は全部で12種類あり [続きを読む]
  • 買ってはいけない、弱い地盤の上に建つマンション
  • せっかく建物が耐震構造になっていても、土台となる地盤が弱くては地震被害を防ぐことはできません。被害が大きくなるほど費用も高くつきます。弱い地盤の上に建つマンションは選択肢から外した方が良いでしょう。photo by Peter Prueマンションの基礎固い地盤を支持層と言い、その上にマンションが直接建っている状態が一番の理想形です。このようなマンションの基礎を直接基礎と言います。  一方、軟らかい地盤の上に [続きを読む]
  • スッキリわかる、耐震、制震、免震の違い
  • マンション探しの条件に地震対策の要素を加えることはもはや必須事項と言えるでしょう。タワーマンションのような高層建物に住むのであれば、地震対策がしっかり考慮されたマンションを選びましょう。本記事では現在のマンションに使われている3つの耐震技術の違いを説明します。耐震とは耐震とは、柱や梁を太く、壁を厚くすることで地震の揺れに耐える構造のことです。 マンションの倒壊は防げますが、揺れ自体は防げません [続きを読む]
  • マンション内覧会でチェックするべき9つのポイント
  • 内覧会ではあなたが購入した住戸が契約通りに造られているかどうかを確認します。はじめてマンションに足を踏み入れる日なのでテンションが上がり気味になりますが、入居後にトラブルが起こらないように気を引き締めてしっかりチェックを行いましょう。内覧会とはマンションが完成した後、出来上がった住戸をあなた自身の目で総チェックする機会があります。これを内覧会と言います。 内覧会の日は営業マンの他に施工会社の担 [続きを読む]
  • マンション抽選会、勝利の女神は2度微笑む
  • 1つの住戸に申込みが殺到してしまった場合は抽選で購入者を決めることになります。この抽選に当選しないとマンションの売買契約の権利を得ることができません。果たしてあなたは当選できるのか?マンション抽選会がどのように行われるか詳しくご紹介します。抽選会場抽選会は申込み登録の締切日、またはその翌日に行われるのが一般的です。土曜日や日曜日に開催されることが多いですね。 この抽選会、特に参加義務はありませ [続きを読む]
  • マンション建設現場へ足を運ぶべき5つの理由
  • 新築マンションを購入するときはその周辺環境も含めて判断しなくてはなりません。音や臭いなど人間の感覚に依存するようなことはモデルルームやパンフレットでは分かりません。実際に現地へ足を運び、自分の目や耳で確認することが重要です。騒音をチェックする営業マンがマンション周辺の騒音を訊かれた場合は、歯切れが悪くなる傾向があります。 音に関しては人によって感じ方が異なるため、下手に回答すると後で話が違うと [続きを読む]