hokusai さん プロフィール

  •  
hokusaiさん: 美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
ハンドル名hokusai さん
ブログタイトル美酒との遭遇 〜仙台・宮城から〜
ブログURLhttp://nmaisake.blog.fc2.com/
サイト紹介文購入した地酒の感想を中心に、仙台・宮城の酒屋や酒処等を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/12/02 12:58

hokusai さんのブログ記事

  • 而今 純米吟醸(山田錦・無濾過生 2016BY)
  • 今年も運良く、而今の純米吟醸 山田錦 無濾過生酒を入手できました。2015BY(昨年の記事)はオラ的に大満足でして、今年も開栓を楽しみにしていた一本です(´ω`)上立香は爽やかな香りが穏やかに。含んで驚くジューシー感っ(*´∀`)マスカット果汁のような、爽やかで透明感のある甘味、酸味が口いっぱいに広がります。やはりんまい(*´∀`*)尸"開栓直後の微炭酸の刺激が、爽やかさを強調してくれますが、二日目からのガスの抜け [続きを読む]
  • 射美 特別純米(槽場無濾過生原酒・BY28)
  • 日本一小さな酒蔵と紹介される、岐阜県は杉原酒造の「射美」。今回は運良く「射美 特別純米酒 槽場無濾過生原酒」を購入することができました\(^^)/数年前の生産量は僅か20石だったそうで、人気が出た現在でも60石程度。20石というのはおよそ3,600Lとのことですから、一升瓶でたったの2,000本( ゚A゚ )入手困難はもっともなワケで、オラも家で飲むのは初めてです。うすーく濁りが沈んでいます。生酒ですが開栓に吹き出しはなく、上 [続きを読む]
  • ゆきの美人 純米吟醸(特撰)
  • 両親と一緒に家族で温泉旅館にお泊まりがありまして、夕食に持ち込ませてもらったのがコチラのお酒。ゆきの美人 特撰 純米吟醸秋田県に縁のある両親に合わせて用意した、秋田市のお酒です。最近は雑誌でもよく見かけるようになりましたね。穏やかで上品な果実香。お米の甘味と程よい酸味がバランスよく、軽やかでスッキリとした味わいが好感。口当たりも滑らかで気持ちよい(´ω`)なかなかんまいっすな(*´∀`)ゆきの美人はライン [続きを読む]
  • 廣戸川 純米吟醸(無濾過生原酒)
  • 前回記事に続き、福島県は白河で仕入れてきたお酒です。廣戸川 純米吟醸 無濾過生原酒昨年からお気に入りの廣戸川ですが、新酒(生原酒)は始めていただきます。飲んでビックリしたのが、舌のトロミ感( ゚A゚ )生原酒とは思えないほど、アルコールの刺激がマイルドです。香りはリンゴとナシが入り交じった感じで、これまた上品で気持ちよい。新酒のフレッシュさ、ジューシーさもありながら、全体としては日本酒らしい落ち着きのある [続きを読む]
  • 一歩己 純米(無濾過生原酒)
  • 福島県は白河に行く機会がありまして、向こうのお酒を仕入れて来ました(^^ゞ一歩己(いぶき) 無濾過純米生原酒雑誌などで最近よく評判を聞くお酒です。上立香が華やか( ゚A゚ )純米酒とは思えないほど華やかな香りに驚きます。透明感がありながらお米の旨味も感じられ、酸味は穏やかで飲みやすいテイスト。特に開栓初日は香りが強く、微炭酸の爽快さが素晴らしい。んまい(*´∀`*)尸"福島の地酒として、ポスト飛露喜との声も聞きま [続きを読む]
  • 一ノ蔵 特別純米 生原酒(平成29年立春朝搾り)
  • 昨日は立春。オラの親父殿から毎年いただく、一ノ蔵 特別純米 生原酒 立春朝搾りを開けました。「立春朝搾り」とはその名の通り、立春の日の早朝に搾り上がった新酒をそのまま瓶詰めし、その日の内に消費者に届ける商品です。今年は日本名門酒会に参加する40蔵で立春朝搾りを販売されたそうですが、立春に出荷できるよう醸造することや、深夜から上槽して当日中に出荷・販売まで行うことから、相当ご苦労されているようです(^^ゞそ [続きを読む]
  • 獺祭 発泡にごり酒(スパークリング50)
  • クリスマス用にと購入し、すっかり飲みそびれていたお酒、「獺祭 発泡にごり酒 スパークリング50」を開けました。飲みきりサイズ、360mlの小瓶です( ´∀` )b封を切ってみると、シャンメリーのようなプラスチック栓が金具で締め付けられています。スパークリングワイン同様にハリガネを緩めて、恐る恐るの開栓。シュッバッ!やべっ、一気に泡が昇りますっ(゚ω゚)落ち着いて栓を押し込み、少しづつガスをヌキヌキさせて、ゆっくり [続きを読む]
  • 飛露喜 特別純米(無濾過生原酒)
  • 今年の酒運は良いようです。運良く、「飛露喜 特別純米 無濾過生原酒」を購入することができました\(^^)/これまで数多く酒屋に通ってきたオラですが、飛露喜の特純には遭遇できずにおりました(。>д(四合瓶の大吟は、たま〜に見かけるんだけどねぇ・・・)発見した時の喜びといったら、こりゃもうガッツポーズ!でしたよっ?( ・ㅂ・)? ??開栓はシュッとガスが吹き、落ち着いた果実香が広がります。飲んでもちろん、んまいー(* [続きを読む]
  • 山形正宗 純米吟醸(うすにごり・生)
  • 自宅飲みとしては初めての銘柄。「山形正宗 純米吟醸 うすにごり」山形県天童市に蔵を構える水戸部酒造のお酒です。ホムペによると、蔵としては2010年から純米造りとしたそうな。造り手のメッセージが伝わってくる美しいホムペで、好感が持てましたよ(´ω`)ガス抜きキャップが採用されており、恐る恐るの開栓(((^_^;)キャップのお陰か、全然、吹いたりはしませんでした。上立香は、どことなく乳酸菌飲料のように爽やか。飲んでみ [続きを読む]
  • 田酒 純米吟醸(NEWYEARボトル2017)
  • 年始に齋林さんで買ってきた田酒の新年ボトル2017。今年は酉年。「酉」という字は、「酒」という字の「つくり」ですが、成熟した状態を表すらしく、努力の成果が現れるなど、色んな意味で縁起が良い年だとかで。今年のオラの酒運も、そうあってほしいものです( ´ー`)酒米が「華想い」ですので、田酒「百四拾」シリーズと同様かと思いきや、精米歩合が違う。これは麹米35%、掛米55%。通常品は50%精白でしたし、こちらは生酒です [続きを読む]
  • 笑四季 特別純米(Sensation 4 黒ラベル・おりがらみ生酒)
  • 笑四季の特別純米「Sensation 4・黒ラベル」を開けました。裏ラベルには「Early Winter Edition」とあり、Sensation生原酒の28BY初回ロットをおりがらみ仕様で限定出荷したものだそうです。ラベルといい、名前といい、相変わらずのカッコつけ蔵ですなぁ(^^ゞ味はというと、凛とした麹の香りに、ほどよい酸味のやや辛口。そこにおりの甘味が加わり、辛口の中に甘い粒子が舌の上を転がる感じっす。なかなかんまいや(*´∀`)これで110 [続きを読む]
  • 冩樂 純米酒(初しぼり・2016BY)
  • おなじみ冩樂。今回は純米酒の生酒、初しぼりです。第一印象としてはキラキラしたフレッシュ感( ´∀`)お米の甘さに穏やかな辛味。ほどよく酸味が効いていて、後味に若干の渋み。麹の香りも爽やかに、相変わらずの味のバランス。んまいなっ(*´∀`)杯が進むススム( ´Д`)ノ四合瓶ですので、夫婦で飲んでるとあっという間に無くなります。ご飯にも合わせやすいしね。冩樂はテッパンだなぁ。購入先:青木酒店(仙台市太白区)価格: [続きを読む]
  • 千代の園 大吟醸(EXCEL)
  • オラのアニキが九州に出張してきた際に買ってきた熊本県のお酒。千代の園 大吟醸 EXCEL(エクセル)ワイン瓶にコルクが採用されております。裏書きによると「びん囲い」と呼ばれる手法だそうで,ワイン同様の瓶熟効果を狙っているとか( ゜o゜)熟成期間によって味わいが変わるようです。今回の開栓は,醸造から1年程度なので「青年期」に当たりますな。香りはフルーティーながら,サッパリとやや固め。ややトロリとした舌ざわり。 [続きを読む]
  • 十四代 純米大吟醸 極上諸白
  • あけましておめでとうございますm(._.)m昨年ご紹介したお酒の数はなんと109本(;゜0゜)煩悩の数をちょっと超えました。今年も健康に気を付けながら,たくさんのお酒を楽しんでまいりたいと思っております。さて,新年の一本目はとっておきのレジェンド銘柄から。十四代 純米大吟醸 極上諸白もはや説明不要の超レジェンド「十四代」。オラにとって店舗での入手は極めて難しく,専ら居酒屋でチビチビと(?)味わってきました( ´ー`) [続きを読む]
  • 純米(大)吟醸6酒(獺祭・冩樂・赤武・廣戸川,他)
  • オラの職場の忘年会がありまして,またまた命を受けて(?)お酒を手配しました。今回用意したのは以下の4酒でしたが,差し入れを少々頂いて合計6酒に(о´∀`о)1. 獺祭 純米大吟醸502. 冩樂 純米吟醸 おりがらみ3. 赤武 純米吟醸 NEW BORN4. 廣戸川 純米吟醸(以下,差し入れ)5. 黄金澤 純米吟醸6. 大崎耕土「ささ結」 純米大吟醸まずは赤武の純吟 NEW BORN。赤武酒造は岩手県大槌町で「浜娘」という銘柄を醸していましたが, [続きを読む]
  • 手取川 特別純米(冬純米・辛口 2016BY)
  • 手取川の冬純米。毎年、必ず購入する一本で、四季シリーズの中では一番スキっす( ´∀`)ラベルは純米酒ですが、55%精白の特別純米酒。透明感のあるスッキリとした飲み口に、爽やかな麹の香り。吟醸?と思ってしまいます( ゜o゜)生酒ゆえの微かな炭酸、酸味がまたイイ感じ。んまい(о´∀`о)昨年と比べて若、甘いような気がしましたが、オラの舌が変わったのかも(^o^ゞ購入先:齋林本店(美里町)価格:1,200円(四合・税込)↓お [続きを読む]
  • 梵 純米大吟醸(純撰)
  • 細身のブルーボトルが美しい「梵 純米大吟醸 純撰」。山田錦50%精白の純米大吟醸酒を―5℃で一年間熟成させた商品だそうで、JAL国際線ビジネスクラスの機内酒となっているとか( ゚A゚ )開けてすぐに感じる華やかな香り。これは期待がo(^o^)o滑らかな舌触りに、透明感のある甘み。スッキリと爽やかな糀の香りも心地よい。これはんまい(*´∀`*)尸"飲み切りサイズですが、価格もお手頃。コスパの高い商品だと思いますわ(^_^)v購入先 [続きを読む]
  • 来福 純米吟醸(生原酒・愛山)
  • 来福の純米吟醸を開けました。酒米は愛山、生原酒です。オラは来福をいただくのはこれが初めて。この来福は、今年のSAKE COMPETITION 2016において「Super Premium部門」で第1位の栄誉に輝き、注目が高まっている蔵かと思います。受賞したのは8%精白のスーパー大吟醸ですが、普通の吟醸もきっとんまかろうと、期待の開栓。香りはナカナカの強め。華やかな果実香が立ちます。含んでの第一印象は、「濃ゆい」( ´〜`)酸味はほど [続きを読む]
  • 而今_特別純米(にごりざけ生・2016BY)
  • 而今のにごりざけを入手しましたo(^o^)o元々,にごり酒はあまり好んで飲んでこなかったオラですが,最近のにごりは美味い!甘さが抑えてあって,香りもよく,適度な酸味でスッキリと飲めるのが増えてきましたな(゚ω゚)裏ラベルの「開栓注意!」にビビりつつ,期待の開栓。吹き出しは無く,シュッと強めにガスが出ただけで開きました(^^ゞも一度フタを閉めて,瓶を軽く振ります。下部に沈殿したにごりが拡散し,きれいな白濁酒に。含 [続きを読む]
  • 田酒 特別純米
  • 寒くなってきましたもんで、熱燗がイイネと、田酒の特純を仕入れてきました。はじめは冷やでいただきます。んふ。アマーいっo(^o^)oお米の甘さと糀の香りがまるで上等の甘酒のようで。それでいてキレが良いので、杯が進む。やはりんまい(о´∀`о)続いてこれをぬる燗に。濃厚な味わいに、ふんわりとしたお酒の香りが開き、やや辛口になって舌を刺激してきます。やっぱ、田酒のお燗はんめぇなぁ(●´∀`●)お燗、オススメですよ。 [続きを読む]
  • 鍋島 純米吟醸(山田錦)
  • 家飲み用では久しぶりの鍋島。純米吟醸のパープルラベルは山田錦です。余計な説明は抜きにしましょ。開栓はシュッと勢いよく、微炭酸。香りはやや華やかに、糀の爽やかな香り。味わいは濃厚ながら上品な甘み。酸味も程よく後からついてきて、バランスがよい。この辺はハズレのないところo(^o^)oところで、個人的には開けたての鍋島はあまりスキじゃない。開けたての微炭酸がこのお酒の風味と合わないのか、ガスのこもったような感 [続きを読む]
  • 冩樂 純米吟醸(東条山田錦)
  • わが家の冷蔵庫の常連、冩樂の純米吟醸を開けましたo(^o^)o今回の酒米は「東条山田錦」。今や全国で広く生産される山田錦の中でも、高品質の酒米として全国の酒蔵から垂涎の的になっているのが兵庫県「特A地区」産の山田錦。冩樂や而今では、特A地区の代表格として知られる吉川と東条の2地区の山田錦山田錦を使った吟醸を同時期に醸造・出荷しています。同じ銘柄・同一酒米で、産地違いの味比べとは、なかなかオツな企画ですが、 [続きを読む]
  • 純米大吟醸7酒①(梵 超吟、得月、日高見ブルーボトル)
  • 今年も忘年会の季節に入りました(早いかな?)毎年オラがお酒を手配させてもらっている温泉旅館での忘年会がありまして、今年は以下の7酒を用意しました。1. 日高見 ブルーボトル2. 田酒(山田錦)3. 鍋島 愛山4. 獺祭 磨き三割九分(遠心分離)5. 作 槐山一滴水(岡山雄町)6. 梵 超吟7. 得月※画像左から順に、いずれも純米大吟醸ですo(^o^)o本数が多いので、2回に分けてご紹介。まずはゼロ次会で開けた3本を(^ω^)まずは梵 [続きを読む]
  • 飛龍 純米大吟醸
  • 金紋白地のラベルに毛筆書体がカッコいい「飛龍」。見慣れない銘柄とお思いでしょうが、伯楽星やあたごのまつを醸す新澤醸造所のお酒です。サケコンペティションでは上位を総ナメにしている蔵ですので、ご存知の方も多いと。別ブランドとして造られるこの飛龍は、酒米に岡山県産朝日を全量使用したもので、精米歩合50%の純米大吟醸です。香りは華やかかつフルーティで、キレイな米の甘みが感じられます。伯楽星の吟醸よりも甘く、 [続きを読む]