トシヒーロー さん プロフィール

  •  
トシヒーローさん: 透析患者の逆襲!〜人工透析との壮絶バトルブログ〜
ハンドル名トシヒーロー さん
ブログタイトル透析患者の逆襲!〜人工透析との壮絶バトルブログ〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/toshihiro2006/
サイト紹介文38歳で人工透析になり無職へ転落。腎臓癌右腎摘出!心筋症で心臓にステント2個造設!
自由文高校卒業後、上京。通販会社などで企画制作や広告制作の仕事をするも、28歳で体を壊し帰郷。その後入退院を繰り返し、38歳から慢性腎炎による人工透析開始。10年間収入ゼロからの復活を描いたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供796回 / 365日(平均15.3回/週) - 参加 2015/12/02 21:07

トシヒーロー さんのブログ記事

  • 人工透析という境遇!
  • 昨日の透析ではやはりブザー鳴りまくりが起きましたね。ん〜(-_-;)とりあえず何とか乗り切れました。技士のジュンス君と看護師のオアシスちゃんが付きっ切りになりましたね。最後は看護師のL美ちゃんが来て、QB180にまで下げられてしまいました(-_-;)血が取れね〜(>_続きを読む [続きを読む]
  • 先日行った骨密度検査の結果が届きました!
  • このところ目まぐるしく動き始めましたな。シャントPTAは決まってしまうし、足の巻き爪が出てしまうし(-_-;)おお!27日木曜の透析の時に、元気過ぎる検査美女医さんが先日行った骨密度検査の結果を持って来ました。今の病院に来て2年になりますが、もうすでに5回目の検査だったのですな。続きを読む [続きを読む]
  • リンだ! リンだ!
  • 昨日、透析ナースでアチコチで震災時の人工透析に関して講演なされているパラサイトナースさんのコメントを頂き、シャント付近血流の回復を試みるトシヒーローです('◇')ゞ人工透析では、「健康に良い」と世間一般で言われる事の大半が御法度になるという事を気にしておかなければなりませんな。例えば、僕の身近にも、「青汁」を飲む。「サウナ」に入る。「水を1日2リットル飲む」小魚の煮干しを食べる。などなど、大量にあります [続きを読む]
  • 再びシャント付近の血管が詰まったようだ(-_-;)
  • 4月25日の火曜日の透析で、ブザーが鳴りまくるという事が起きてしまいました。除水量やドライウェイトの変更は自分でしてるんですか? でも触れているように、どうもシャント付近にまたもや閉塞が起きているんでしょうか?27日の木曜の透析で、技士のV子ちゃんとファミスタちゃんの2人が、突然圧が高くなったり正常に戻ったりを繰り返してる・・・という説明をしてましたが(-_-;)25日に続いて27日も鳴りまくり(*´Д`)続きを読む [続きを読む]
  • グチグチじいさん奮闘記
  • 「何も言わんかったら、スグ男の看護師が来るんじゃ!」ん?じいさん・・・ (-_-;)「男が来ても穿刺が痛いだけやからの。」ん?そりゃ、若い女の子の穿刺だと痛くても痛いとは言いにくいだけなのでは?(^◇^)それか女の子の穿刺だと他の事考えてるんで痛くないとか?続きを読む [続きを読む]
  • 透析10年生でプロ入り!
  • 人生には分岐点となる事が結構ありますね。人工透析となった僕の場合は、その人工透析を受ける事になった瞬間こそが、1つの大きな人生の分岐点だったと思います。実は僕は野球やサッカー観戦などスポーツを見るのは全般的に好きですのでね。また、人間ウォッチングを結構やってしまいますね。元広島東洋カープの山本浩次選手は、鳴り物入りで広島に入団したモノの、若き頃は打率250.ホームラン10本くらいの成績で、もっと強いチー [続きを読む]
  • 除水量やドライウェイトの変更は自分でしてるんですか?
  • 昨日の夜、ドライウェイトの事を根掘り葉掘り聞かれたんですけどね。透析を何年かやって来て、ソーシャル上などで、全国の透析患者さんがどうやってるのか知る事がありますよね。で、地域や病院、そこに働く技士さんや医師のよって、随分と違うやり方をしていたりとか、また結構融通が利く病院の話とかがあります。トシヒーローさんは除水量とかドライウェイトの変更などは自分でしてるんですか?と聞かれました。続きを読む [続きを読む]
  • 切りたがる病院と保存治療したがる病院
  • 僕は闘病歴が長いので、香川県内や県近隣の病院の事を色々知っている方なんですよね。どこそこの〇〇先生はどうだ? とか、どこそこの〇〇先生はこうするよ! とか。ちょうど、もう丸3年ほどになりますか。僕は知り合いの透析患者さんから、足の保存療法が出来る先生はいないか? と聞かれ、知る限りの情報を教えた事があります。どうやら、透析病院に紹介してもらった病院では、「即、下肢切断」という診断を下されたらしいの [続きを読む]
  • 「がん」は遺伝性が高いのか?
  • そう言えば、うちの父も「前立腺がん」だったんですよね。しかし、最後はかなりちっちゃくなってました。半年に1回注射を打ちに泌尿器科へ行ってたんですけどね。年が年(80代)だったので、進行しにくかった上に注射が効いたのでしょうな。アレ、確か1本打ってもらうと5000円とか1万円くらい取られてた記憶が・・・(-_-;)続きを読む [続きを読む]
  • 人工透析の怖さを感じる日々56
  • やっぱり人工透析ってヤツは精神的に厳しいんですよね。永遠にこの呪縛からは逃れられませんからね。なのでね、精神的に頑張ってもらおうと、僕のような青二才が励ましのブログを書く訳ですよ。人工透析たってメリットもあるんだ!って。ところがですな、いくら頑張ってそういう話を拡散しようとも、元フリーアナウンサーの長〇川豊のような人が次々出てきてクソミソに言うんですな。もうね、一瞬にしてフイにされてしまう訳です。 [続きを読む]
  • 人工透析の疑問アレコレ
  • 先日は増えが2600ccなのに、「2800ccの除水でお願いします〜(*'▽')」と欲張ってしまったために血圧が60台まで低下してしまったトシヒーローです('◇')ゞあはは(^◇^)やってもた(>_技士さんのハリケーン君が右往左往でしたな。すいません(-_-;)続きを読む [続きを読む]
  • 人工透析への逆襲はこういう思考から始まる!
  • 障害者ライター陣の書く、障害者と健常者を繋ぐWEBマガジン「Love Handi」に新たな記事が掲載されました。「ある日突然「障害者」になるという事 劣等感から始まる心の旅」あはは(^◇^)今回のは力作なんですよね。ぜひ読んで頂きたいです。僕もね、今では自分自身が障害者であるという感覚が希薄になっています。自分の中で革命が起きましたからね。ただ、「トシさんは前向き過ぎてついていけねぇ〜よ!」という事を言ってた人 [続きを読む]
  • 人に幸せを振り撒くと幸せが訪れる
  • 自分が病気の人生を長く送って来て、ようやく気付き始めた事があります。人生ってヤツは難しいなぁ。「幸せ」ってね、自分の幸せのためだけに頑張ってもなかなかやって来ないモノですな。幸せは伝染していくモノ。人に幸せを振りまいているような人はいくらでも幸せになれるのに、自分の幸せだけを考えて行動してる人は苦労ばっかりになってしまいますね。続きを読む [続きを読む]
  • 人工透析で受けてしまうトラウマたち
  • 人工透析で何が怖いかと言えば、自分がこの先どうなっていくかを周りの患者さんを通して見てしまう事にあります。大勢の透析者と共に病院へ通っていますからね。否が応でも、多少なりと他の患者さんとの接点が出来てしまいます。そうするとですな、他の患者さんが不調のどん底にいたりすると、自分が今どれだけ好調でも、いつか自分もああなるのではないか? という恐怖心のようなモノが芽生えますよね。続きを読む [続きを読む]
  • 人間的スーパーパワーを持つ女の子たち!
  • 看護婦さんって手の大きい人が多いんですよね。手の大きい(体格に比べて)人っていうのは、きめ細かな配慮が出来て面倒見が良いとされていますな。つまり、手の大きい人は看護師が向いているのです。まさに天職!なぜ、こういう事に詳しくなったかと言うと、僕には透析導入する直前まで長く付き合っていた彼女がいたのですな。その彼女はエステティシャンだったのです。続きを読む [続きを読む]
  • 人工透析を味方につける生き方を目指そう!
  • 「透析導入が決まりました。どうなっちゃうんでしょうか?」まあ、そういった事を今でもよく聞かれます。一応ですな、最近はこういう時、「透析はしんどいですよ。でも、透析した方が元気に生きられます。」と答えるようにしております。「透析なんて大したことありませんよ!」と言ってしまうとですな、「辛い、しんどい」と感じた場合は何倍も辛さが身に沁みますからね。最初からしんどいと思っておけば、「あら?言うほどでもな [続きを読む]
  • 妻がガン闘病中に夫が不倫!妻毅然!
  • 連日、この事に触れますが、本日の「とくダネ!」で中川俊直議員の奥様へのインタビューがありました。ここまでの話をかいつまんで説明しますと、中川俊直議員は1995年、現在の妻と結婚。高校時代からの付き合いであったという事です。その後、妻がガン闘病中にもかかわらず、夫が不倫していたという事実が判明。今回、週刊誌によって報道されました。続きを読む [続きを読む]
  • 心の目で見てみる!
  • 顔をいつも太陽の方に向けて下さい。影なんて見ている事はないわ。ヘレン・ケラーもしも幸福な人生を送りたいと思うならほんの一瞬でも胸に手を当てて、足下に生える雑草や朝日にきらめく花の露を見て下さい。心の底からしみじみと感じられる喜びが無数にある事が分かるでしょう。ヘレン・ケラー続きを読む [続きを読む]