低スペック喪女 さん プロフィール

  •  
低スペック喪女さん: Fラン大卒コミュ障の喪女教師が闘う日々
ハンドル名低スペック喪女 さん
ブログタイトルFラン大卒コミュ障の喪女教師が闘う日々
ブログURLhttp://mojo.guhaw.com/
サイト紹介文現在高校教師として教鞭をとっている低スペック喪女です。喪女なりに上を目指して頑張る日々を綴ります。
自由文Fラン大卒、コミュ障、発達障害、精神疾患持ちの喪女が地獄の日々を前向きに生きていくブログです。IT系や経済系の資格といった実際に生活で役立ちそうな資格の取得を目指しています。転職活動もしているので、同じ境遇の人に共感してもらえると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/12/03 12:17

低スペック喪女 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 教師辞めました
  • 今年も今日で終わりですね。皆さんはどんな1年でしたか。私は色々あった1年でした。まず、転勤がありました。しかし、色々あって教師という仕事を続ける自信がなくなり夏頃から転職活動をしました。その結果、書類選考だけで30社以上は落ちたと思います。やはり30代前半の女教師を雇ってくれるところは少ないのか・・・と途方にくれました。やっと書類選考に通ったと思っても面接で落ちました。日々、不安に押し潰されそ [続きを読む]
  • ウコンの力【顆粉タイプ】が美味しくて驚き
  • 何かと飲み会が多いこの時期、重宝するのが「ウコンの力」です。私は結構飲むほうなんですが、歳のせいかここ数年は翌日にお酒が残ることが多くなりました。次の日が休みなら良いのですが、私の場合土日も部活があるため2日酔いは避けたいところです。いつもお酒を飲みそうな飲み会の前は、「ウコンの力」のドリンクタイプを飲んでいたのですが、昨日初めて顆粉タイプを飲みました。 これが意外においしくて驚きました。本当 [続きを読む]
  • 私の人生〜教員時代〜
  • 新卒で入社した民間企業を辞めたいと思うようになり、真っ先に思い浮かんだ転職先は教師でした。なぜなら、私は大学時代に教職課程をとっていたことと、あとはどうせ結婚できないんだから女一人で食べていける職業が理想だったのです。まずは力試しだ、と受けた自治体に運良く合格し、晴れて私は正規職員として高校の教師になることができたのです。おそらく、勤めていた企業が有名企業だったので合格できたのかも知れません。 [続きを読む]
  • 私の人生〜社会人時代〜
  • 運良く総合電機メーカーに就職できた私は会社の配属により上京しました。このときもまた懲りずに社会人デビューしようなどと考えていました。 しかし、そんな夢はあっさり消え去るのでした。まず、能力がないくせに大手に入ったことで研修についていけなかったです。いや、これは言い訳で毎日6時に起きて18時に帰宅という生活は私には辛すぎて研修よりも「はやく終わらないかなあ」で頭いっぱいでした。しかも、帰宅後は復習す [続きを読む]
  • 私の人生〜大学生時代〜
  • 大学に入学した私は、今度こそ楽しい学生生活を送る!と意気込んでいました。隣の県の大学に進学した私は、同じ大学に知り合いがいないことがとても嬉しかったんですね。運よく実家は駅から近く、隣の県といっても大学までは徒歩と電車で合計1時間15分ぐらいで通えたのです。まずは友達づくり!と思っていましたが、ここでもコミュ障とKYが災いし、孤立とまではいかなくてもあまり友達ができませんでした。 1人で学食を [続きを読む]
  • 私の人生〜高校生時代〜
  • 公立高校に入学し、私は進学クラスに入ることができました。しかし、高校生活も面白くなく、友達もできずに孤立気味でした。運動部に一応所属するも、練習には行ったり行かない日々が続き、次第に部活に顔を出しづらくなりました。 家でも私は「あんたは家の癌だ(うちは3人兄弟でした)」と言われ、本当に居場所がなかったです。何度死にたいと思ったか。そのときは、自分が甘えているなどと思わずに「自分は不幸だ」と [続きを読む]
  • 私の人生〜中学生時代〜
  • 中学受験に失敗して公立中学へ通うことになったのですが、これが地獄の始まりでした。私が通っていた中学校は地元でも荒れていると有名な中学校で、そこへ通いたくないばかりに私立へ通う人も沢山いました。 地域がらの問題もあって、治安が悪くヤンキーやヤ〇ザが多い地域から通っている生徒が半分ぐらいいたので、お父さんがヤ〇ザ、お母さんが水商売なんてザラにいたわけです。まず、授業は成立しない、授業中でも平気で立 [続きを読む]
  • 私の人生〜幼少期と小学生時代〜
  • 幼少期から変わった子だね、とよく言われていました。落ち着きがない、外出してもすぐどこかへ行ってしまう、忘れ物が多い、すぐ騒ぐ・・・等々、挙げればキリがないぐらい手のかかる子どもだったと思います。小学生になると男子と遊ぶようになり、余計にやんちゃな子になりました。それでも高学年になると、男子たちが私と遊びたがらなくなり、私は女子の中に交じるようになりました。少し離れた地域のサッカークラブに1年間 [続きを読む]
  • 過去の記事 …