小田博士 さん プロフィール

  •  
小田博士さん: 元記者の大和市議 小田博士のブログ
ハンドル名小田博士 さん
ブログタイトル元記者の大和市議 小田博士のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/hiroshioda/
サイト紹介文産経新聞記者出身で大和市議の小田博士のブログです。活動報告のほか地方行政、国政等を発信します。
自由文日ごろ何をやっているのかわからない地方議員の日常がわかります。是非、ご一読ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/12/04 00:16

小田博士 さんのブログ記事

  • 市内全校を小中一貫化…佐賀県多久市の取り組み研究
  •  29日は、国政、他自治体の行政、大和市政についての勉強会・意見交換会の3本立てでした。  元外務副大臣の岩屋毅衆院議員のオープンセミナーでスタート。東京・永田町の自民党本部に足を運びました。岩屋議員は党の安全保障調査会長を歴任するなど安全保障関係の論客です。  セミナーの講師は東京都八王子市議、都議から衆院議員に転身した萩生田光一官房副長官でした。官房副長官は若手政治家の登竜門とされ、若手のホープ [続きを読む]
  • 若きパワーあふれる運動会 2中学校で見学
  •  27日は午前中に大和市立上和田中学校、午後に市立渋谷中学校の運動会をそれぞれ見学しました。運動会の花である組体操が実施されなくなっていて残念ですが、皆さんとてもエネルギッシュで、若さを分けてもらった気分です。  夕方以降は桜丘地区社会福祉協議会の総会に出席。大木哲市長もお越しになりました。私は「高齢社会を迎え、ますます地区社協の役割が大きくなっている。頑張ってほしい」との趣旨の挨拶をしました。   [続きを読む]
  • 安倍総理、一億総活躍社会実現へ意欲〜清和研パーティー
  • 23日は、自民党最大派閥の清和政策研究会(細田派)のパーティーに出席しました。  5500人(主催者発表)と大賑わいで細田博之会長を中心とした同派の所属議員はもちろんのこと、同派出身の安倍晋三総理大臣も参加。他派閥から麻生太郎副総理、二階俊博幹事長、石破茂元幹事長らのほか、公明党の山口那津男代表も顔を見せました。  安倍総理は挨拶で、アベノミクスの成果を強調したうえで、一億総活躍社会の実現へ向けた [続きを読む]
  • ジュース冷凍でシャーベット 夏日の乗り切り方
  •  22日は南林間駅西口で朝立ちした後は、陳情の対応。大和市議会議員互助会の総会などに出席しました。駅西口は、修学旅行で日光に向かう南林間小学校の児童らが集合。大変賑やかでした。  前日はオークシティと中央林間駅で街頭演説。大和市政と憲法改正について訴えましたが、聞いてくださった方からは憲法改正に関する意見があり、関心の高さをうかがわせました。演説を終えた際、見知らぬ方1人から続きをみる『著作権保護 [続きを読む]
  • タウンニュースに活動報告を掲載しました
  •  19日は、日本自治創造学会研究大会の2日目。再び、東京・御茶ノ水の明治大ホールに足を運びました。  少子化の関係では、総務省地域力創造アドバイザーの牧慎太郎氏が「人口総数の維持を目標とせず、持続可能な出生数を重視すべきだ」と力説。そのための指標として、徒歩圏内にあり地域コミュニティの拠点となっている小学校の児童数に着目するとよいと指摘しました。的を射た視点だと感じました。  一方、元福島大教授の今 [続きを読む]
  • 人口減・高齢化への有効打は見られず…日本自治創造学会研究大会が開幕
  •  18日は日本自治創造学会の第9回研究大会で東京・御茶ノ水の明治大を訪れました。テーマは「人口減・高齢化を乗り越える」です。  元埼玉県志木市長の穂坂邦夫さんの挨拶でスタートしました。  財務省の財政制度等審議会会長を務める吉川洋立正大教授は「人口減に挑む」と題して講演。結婚した夫婦の出生率はそれほど下がっていないものの、未婚率が上昇していることが人口減の主な要因だと指摘しました。  さらに、日本は [続きを読む]
  • 3年半ぶりの新作ミニアルバムを購入
  •  17日は大和市平和都市推進事業実行委員会の部会やら自民党神奈川県連市町村議員協議会幹事会やらでした。  世間では、眞子さま婚約の明るいニュースがありました。皇室離脱に伴う皇族減少といった懸念も出ていますが、25歳という若さでの婚約。まずはおめでたいことだと思います。  さて、夜の自民党会合の場所は横浜市内だったのですが、終了後、横浜駅近くのタワーレコード横浜ビブレ店で、同日発売のミニアルバム「グッバ [続きを読む]
  • 災害ボランティアの課題は? 議連が研修会
  • 15日はつきみ野駅での朝立ちでスタート。3月議会を報告するビラ配布活動は市内各駅を一周しました。その後は、超党派の国会議員や地方議員からなる「全国災害ボランティア議員連盟」(会長・長島忠美前復興副大臣)の平成29年度研修会に参加しました。 研修では、岩手県岩泉町の伊達勝身町長らが、計21人の死者・行方不明者を出した昨年8月の台風10号被害の状況を報告しました。岩泉町は人口約1万人ですが、東京23区と横浜市 [続きを読む]
  • 議員提案条例や議案修正のコツは?…墨田区議会に学ぶ方法論
  •  11日は、桜丘小学校自由登校の見守り活動でスタート。午後は、超党派団体「関東若手市議会議員の会」の研修で東京・墨田区のすみだ北斎美術館に足を運びました。地域ゆかりの浮世絵師・葛飾北斎を紹介する北斎美術館は、今年の3月議会でふるさと納税を質問するための個人的な視察で訪れましたが、入館するのは初めてです。  研修では、昨年11月のオープン以来、先の大型連休で入館者20万人を達成した同館を建設した経緯や現 [続きを読む]
  • 憲法9条改正 本丸は2項の削除
  •  連休の後半は完全休暇としてゴルフに行きました。数年ぶりでしたが、楽しめました。地元自治会の総会があったほかは休日モード。連休明けからは、あるイベントの準備や困りごとの対応など日常業務を始めました。    さて、9日、テレビで国会中継を見ていたら、安倍晋三総理が自民党総裁として提案した憲法改正の考えに対する論戦が行われていました。私は憲法9条を改正してほしいと切望しますが、現在ある1項と2項は維持 [続きを読む]
  • 果たして改憲?護憲?…憲法9条「加憲」案
  •  4日は、大和市上和田の宮久保地区にある「宮久保凧あげ同好会」主催の新凧披露会に出席しました。  同好会では地元の大和南高校の生徒らと連携していますが、今回は上和田中学校の生徒も初参加しました。中高生が描いた書やイラストに基づき、同好会メンバーが組み立てた色とりどりの凧や、計50枚に及ぶひし形の連凧が次々と青空を舞いました。  これに先立つ3日は、市内2カ所で1時間半ずつ街頭演説しました。憲法施行 [続きを読む]
  • 出勤時に図書返却 駅前ポストの活用相次ぐ 
  •  2日は中央林間駅頭で朝立ちした後は、大和市議会の議会運営委員会と会派の打ち合わせがありました。10日に臨時議会があり、議長をはじめ議会内の今年度の人事を決めます。平たく言えば、その準備作業のようなものです。  前日、南林間駅頭で朝立ちした際、住民の男性から写真を撮っていただきましたので、掲続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [続きを読む]
  • 女子サッカー・大和シルフィードの試合を初観戦
  •  30日は、大和市をホームタウンとする女子サッカーチーム「大和シルフィード」の試合を、大和駅近くの大和なでしこスタジアムで観戦しました。  シルフィードは現在、3部リーグを戦っており、同日の対戦相手はノルディーア北海道。試合は後半、相手のファウルからPKを得たFW・三堀静佳選手がゴールを着実に決め、1−0で勝利しました。  この日は好天に恵まれサッカー日和。飲食販売が少ないのは残続きをみる『著作権 [続きを読む]
  • 最長9連休、GWがスタート
  •  29日、有休をとれば最長9連休となるゴールデンウィークが始まりました。私はと言えば、横浜市内で開かれた憲法改正に向けた県民集会に参加しました。  集会では、「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子さんや軍事ジャーナリストの井上和彦さんがそれぞれ講演しました。  我那覇さんは、沖縄県内で圧倒的なシェアを誇る琉球新報と沖縄タイムス両紙の報道内容などを紹介しました。威力業 [続きを読む]
  • 「農福連携」の重要性指摘 島村大参院議員が報告会
  •  26日は、打ち合わせや先の研修のお礼回りをこなした後、夜は島村大(しまむら・だい)参院議員の国政報告会に参加しました。場所は横浜駅そばの崎陽軒本店会議室です。シューマイの崎陽軒が立派な会議室を持っていることに驚きました。  さて、歯科医出身の島村議員は「健康寿命の延伸」をライフワークとしています。社会保障関係を専門分野としており、現在、厚生労働委員会の筆頭理事を務めています。筆頭理事は、委員会の運 [続きを読む]
  • 市総ぐるみで藤沢の魅力発信 シティプロモーション事業を研修
  •  25日は、超党派団体「関東若手市議会議員の会」の神奈川研修の2日目。今年12月の竣工を目指して庁舎を建て替え中の藤沢市役所を訪れ、シティプロモーションの取り組みを学びました。  市の説明によると、藤沢は江ノ島に比べて認知度がかなり劣る一方、市民アンケートの結果から市民の郷土愛がかなり強いことも判明しました。そのような中、市では藤沢に対する愛着度をさらに高めて定住を促進しようと、シティプロモーション [続きを読む]
  • 新・衆院神奈川13区 格差是正と地域事情を両立
  •  19日は、大和駅南口での朝立ちでスタート。強風でのぼりが倒れたりして多難でした。このほか、最終回となった大和市議会の議会改革実行委員会や、自民党大和市連合支部の総務会に出席しました。  さて、「一票の格差」を是正するため、見直し作業が行われていた衆院選挙区の新区割り案が19日、公表されました。全国の選挙区の3分の1にあたる97選挙区が区割り改定の対象となり、かつてない大規模な再編でした。  甘利明代議 [続きを読む]
  • 18歳選挙権、憲法改正…街頭活動に参加
  •  16日は、地元で行われた凧あげ同好会の活動に顔を出した後、横浜市のJR桜木町駅前で行われた自民党神奈川県連青年局の街頭活動に参加しました。  45歳以内のメンバーで構成される自民党青年局では同日、「国に届け! 18歳選挙権」をテーマに全国約100カ所で一斉に街頭活動を展開したということです。桜木町駅頭には、小此木八郎県連会長や鈴木馨祐(すずき・ けいすけ)青年局長のほか、多くの地方議員が集続きをみる『著作 [続きを読む]