あっちゃん さん プロフィール

  •  
あっちゃんさん: あっちゃんブログ in カナダ ときどきイギリス
ハンドル名あっちゃん さん
ブログタイトルあっちゃんブログ in カナダ ときどきイギリス
ブログURLhttp://ameblo.jp/paru0810/
サイト紹介文ワーキングホリデーでバンクーバーに滞在しながらイギリス人彼氏とカナダーイギリス間で国際遠距離中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/12/04 20:11

あっちゃん さんのブログ記事

  • 朝帰りと二日酔い
  • 昨夜は元同僚達と飲み会。久しぶりに頬っぺたが痛くなるほど笑いましたからの朝帰り。街が動き始める瞬間って大好き。そんな街にトキメキながらも二日酔い。二日酔いの時ってお腹が空く&コーラが飲みたくなる不思議。とりあえず帰り道にマックへ寄り外で食べる。つくづく思うが本当に贅沢ニート生活をさせてもらっていることに感謝。そしてダラダラと家まで歩く。どんなに二日酔いだろうとこの景色は変わらずきれいと思える。そ [続きを読む]
  • お祝い返しの質問
  • 婚約をしてから、親戚などからご祝儀を頂く機会が増えている様で母からたまにご祝儀袋の写真が送られてくる。こう祝福されると「結婚するんだ〜」と実感が湧いてきますが結婚したところで私自身何も変わらないと思っていたのに先日久々に会ったお友達に「なんか落ち着いたね〜」って言われて少しショックでしたw本当はもう落ち着いて当然だし落ち着かなきゃいけないけど面白くない奴になってしまった様な感じがして「落ち着いた」 [続きを読む]
  • セレモニー会場
  • 先日コミッショナーの質問事項で「Are you young and going to have children?」の項目に困惑したと書きましたがJさんに聞いてみたところ「she wants to do special ceremony speech for young couples that are having kids. Strange question, eh? I thought so too. (コミッショナーは若いカップルの為に特別なスピーチをしたいんじゃないかと…)」とのこと。お願いだから、勝手に盛り上げようとしないでくれーーー。しかもJ [続きを読む]
  • 遠距離の秘訣
  • どうしても思い出せないことがあり前のブログを遡って読み返していると懐かしくて夜な夜な読み漁ってしまった。元カレとのことがたくさん書いてあり国際恋愛、英語圏の彼氏・お友達、全てが初体験だった当時の私もう目を覆いたくなる様な、黒歴史の様な…けど甘酸っぱいというか不思議な人と面白いお付き合いしていたんだなぁ〜ってしみじみ。振られたこともあり今は完全美化されてますけど、活字で1日1日の記録を見ると本当に奮 [続きを読む]
  • 三歩下がって歩けない
  • 欧米で一括りにしていいのかはたまた台湾、韓国ボーイズを含んでいいのかよく分かりませんがレディースファーストが自然とできるボーイズが日本よりも多い。Jさんは自然とレディースファーストができる人なので私は不自然にレディースファーストを受けることができる(笑)その一つとして、どちらが先頭を歩くか?というのがある。例えば細い道を2人並んで歩いている時、前から人が来るJさんが止まるこの意味↓↓↓私が先頭で行か [続きを読む]
  • コミッショナーの予約後
  • 結婚の準備はJさんが率先してやってくれていてパソコンでなにやらカタカタやってはソファでくつろぐ私にメールが転送されてくるという流れになっていますその中のひとつ、マリッジコミッショナー予約。日本では役所に婚姻届を提出すれば結婚は成立しますがアルバータ州ではマリッジコミッショナー、立会人2名がいなければ結婚が成立しません。結婚の日取りが決まったらまずマリッジコミッショナー(簡単に言えば牧師のような人) [続きを読む]
  • Did you go $%@☆!? えっ?
  • 昨日、ジムで運動した後シャワーを浴びすっぴんでいたところにJパパ登場。Hey あっちゃんDid you goなんとかこんとか?と質問して来た。えっ?ちょ?今なんて言った?と聞き返すもDid you go の後が全く聞き取れない隣にいたJさんに助けを求めるもパパもめげずにゆっくり言う「do you go フロアー?」と(笑)床?なんのこと?と軽くテンパる。もうJさんもパパもゆっくり言おうと「フロアー」ってなんのこっちゃで頭がいっぱいで [続きを読む]
  • ロマンティックを考える男と考えない女
  • いよいよ3週間後に迫った結婚式。結婚式とは言えカナダ、アルバータ州では日本でいうところの入籍をするのにわざわざ、お金を払い、牧師を雇い、立会人2人を用意し、みんなの前で「誓います」的な事をしなければなりません。本当に、本当に結婚式に微塵も興味のない私のイメージとしては両家の両親、Jさんの弟家族が当日集まるので少しだけ正装をしコミッショナー(牧師みたいな人)「始めますよ〜みなさん集まって〜」と言い、み [続きを読む]
  • 料理教室に通って
  • 私の得意なことの一つに料理がある。料理が好きだけど決して趣味ではない。好きと趣味の境目ってなんだ?どこかで食べた自分好みの味はしっかり覚ていて、その味を再現できたときは「決まった」と心の中で呟くナルシストな部分もあるほど。そして、自画自賛だが準備も片付けも早い!ただ一点…ガサツ!ワーホリでカナダにいた頃Jさんと会うときは私が仕事をしていたので夕飯はoffのJさんが担当。だから私の料理はほとんど食べたこ [続きを読む]
  • 語彙力の無さ
  • 昨日、Jさんパパが仕事でバンクーバーにやってきた。今住んでいるアパートの契約者はパパで仕事の時はここに滞在していたのに私たちに気を使ってか、わざわざホテルをクライアントに取ってもらったらしい…申し訳ない昨夜は外食よりもお家ご飯が食べたいというJさんの要望により焼き鳥を振舞うことに。もちろん用意したのは私でJさんはサイクリングに行きやがったwパクチーとワカメのツナサラダねぎま、モッツアレラベーコン、も [続きを読む]
  • 郷土愛丸出し
  • 私が今まで訪れた国や街で一番好きな場所、それは地元北海道。どの町が好き、とかではなく北海道という島自体が世界中のどこよりも大好きなのだ。特に道東。偶然にも、Jさんも北海道をこよなく愛する人の1人であり(特に札幌)まさに私たちは北海道で結ばれているカップルと言っても過言ではない←えっ?(ここまで、何回北海道って言うのよ)ワーホリ時代、バイトが同じだった北海道出身の男の子もこれまた郷土愛が強く、先日「 [続きを読む]
  • 出逢って1年
  • 初めて会った日から1年が経ちました。今でも忘れない初対面の感想は「わぁ、ハゲてる…」くらいでその他は全く無。だったのにその2日後には告白されて付き合うという、お互いなかなか尻軽な関係かと思いきやその一年後にはプロポーズをされているとか…人生何が起こるか分かりませんな。いちいち◯◯記念日と言い訳をつけてパブに行きたい私たちは昨日、「出逢って1年記念日だね〜+アイスホッケーのファイナルはパブで見なくちゃ [続きを読む]
  • 西海岸ののんびり屋
  • いーらーつーくーーー用事があるから3時40分に出発するって言ったのに3時5分に「どうしてもジョギングしたい!30分走ってくる!」と言い出したJさん。ダメだと言っても不機嫌になるだけだし、大丈夫!と本人が言うので行かせました。この時点で絶対間に合うわけない…と確信していましたが、間に合わなくても変更が効く用事だったので「失敗して学べ」と送り出したわけです。そして3時40分に戻ってきたJさん。私「もう間に合わな [続きを読む]
  • 結婚指輪購入
  • 今日のバンクーバーは久々に大雨だったのでショッピングモールへ行くことに目的は結婚指輪を買いに行く‼?と意気込んだ割にお手頃価格以外お互いイメージや要望も無く…それがかえって悩む結果に。色々試着してはなんか違う…これ好きじゃないなどと拘り始めてしまってお互いに「これ!!」となるまで何件かはしごし何個指輪をはめたことか(笑)私は婚約指輪と結婚指輪を2個付けしたい!という希望だけはあって婚約指輪に合わせ [続きを読む]
  • 海外の指輪のサイズにご注意
  • 今年の冬頃Jさんから指輪のサイズを聞かれ、だいたいは分かっていたけど一応念のため札幌のデパートに入っている某ジュエリーショップにてサイズを確認しに行ったとき「指輪のサイズは世界共通ですか?」と店員さんに質問したところ「はい」と、何の迷いもなく教えてくれたのでそのサイズをJさんに教えました。結果…ぶかぶかだったよね〜頂いた婚約指輪はJさんが生まれた時、パパがママに送った指輪だから当時のママの指が浮腫ん [続きを読む]
  • 女性の名前が先?
  • 先日母親のバースデーカードを書きJさんもそれに自ら一言添えました。その後、日本人の感覚で最後にJ&あっちゃんって連名で書こうとしたらJ「こういう場合は女性の名前が先」と、言ってきて本当かいな?とちょっぴり半信半疑で後日、元彼(イギリス人)の両親から頂いたカードを見返すとやっぱり女性の名前&男性の名前の順になっていた。思い返せばイギリス人と結婚した日本人のお友達のクリスマスカードもそうだった。レディフ [続きを読む]
  • ちっぱいの為の水着テク
  • 一つ前に水着が欲しいと買いたが執念で自分に合うものを探し出しやっと購入できた。同じお店に通うこと実に3日目(笑) その他色々なお店にも行き何着か試着して思ったことはちっぱい+細身のアジア人体系の場合バックはホック式のものではなく紐状の物を選ぶと◯さらに言えば、首とアンダーで調整するだけじゃなくかぶるタイプで背中の紐がバッテンになっていた方が胸の固定が安定するので◎なぜかというと紐でアンダーの大 [続きを読む]
  • 水着が欲しい
  • ここバンクーバーはカラッとしているせいか陽射しが強いせいか20度前後でも暑いと感じてしまう。そのためビーチや周辺の公園を歩いていると水着の人がゴロゴロしているのをよく眼にします。あれは焼いているのかな?海水浴をしてるのはイヌくらいで人間はレジャーシートの上で寝ているかダンスをしてるか、話をしているか、変なもの吸ってるか…ですね。あっ、こないだ岩の上で海に向かって大声で叫びながらエアギターっぽいこと [続きを読む]
  • カナダに8ヶ月ぶりに戻って来てあっ!そうだったー!と思出だしたことの一つ。ブロッコリーとカリフラワーが生‼?ということ。ブロッコリーを生で食べていたJさんを見たときの衝撃は今でも忘れない…よくスーパーでブロッコリー、カリフラワー、ベイビーキャロット、プチトマト、スナップエンドウの野菜スティック?盛り合わせが売っているのですがもちろん生。食べかけですみません。日本人の友達がえっ?ってなってたけど「ブ [続きを読む]
  • 英語で予約。
  • 今月末、両親が私たちの結婚セレモニーの参加も兼ねてカナダにやって来ます。バンクーバーの滞在期間は6月30日から7月3日までというもろ連休真っ只中‼?きっと、どこも混んでると思い以前から行ってみたかったレストランをこの機会にと、早めに予約しに行ってきました。まだ携帯を持ってないもんで…まぁ、家から徒歩1分くらいなんですけどね。この時代に直接お店へ出向いて予約するってことが珍しい?のか日本人っぽいアジア系 [続きを読む]
  • 貧富の格差
  • 以前、Jさんがバンクーバーは貧富の格差がカナダで一番大きいと話していたことがありました。確かに住みやすいし景色も綺麗。高級車もよく見かけるし我が家の周りもタワーマンションだらけ。ノースバンクーバーの方へ行けば豪邸がたくさん。その一方で、こうしてゴミを漁っているホームレスがいたり。良くも悪くも、これがバンクーバーの現実。とても住みやすい街ですが少し前まではバンクーバーのあるBC州はカナダで最も最低賃金 [続きを読む]
  • 婚約とはなんぞや
  • facebookを見てふと思ったこと…「婚約ってなんだ?」と。facebookで「婚約しました」と発表したのにその後1年以上経ってもなかなか結婚に進まないカップルが何人かいる。全て欧米人。私の中で婚約→もろもろの準備を含め1年以内に結婚婚約→数ヶ月後に入籍→後日披露宴欧米人と日本じゃもろもろ違うことはあるだろうけどイメージとしてはこんなんだったので婚約状態のまま何年も過ごしているカップルが不思議なのだ。そのカップ [続きを読む]
  • バンクーバーのおすすめとおすすめじゃないこと
  • 最近とってもいいお天気が続き汗ばむ陽気で暑いとさえ感じるのに夏日を超えることは無く…今思えば夏日ってすごい暑いのね。バンクーバーの港にディズニークルーズが来航しておりテンションが上がり汗ばみながら外から見学。デカイ!乗りたいなぁ〜楽しそう。さて、Jさんと付き合うまでバンクーバーのウエストエンド(私が思うバンクーバーで一番いい場所)とは無縁のというかワーホリ時代からダウンタウンのことはよく知らなかっ [続きを読む]
  • 30過ぎてからの体調の変化
  • Jさんが仕事へ行ってしまい1人になったところでめちゃくちゃ、女性のお話し。ってJさんは私がブログをやっているのを知りませんが(笑)前に打ち明けてみようと「ブログ書こうかな?」って言ったら「何のため?別にいいけど僕のことは絶対に書かないでね」って言われた瞬間打ち明けるのは無理‼?と悟るはは。話しが逸れましたが今日の本題は30歳を過ぎてから排卵痛というものを感じるようになりました。排卵痛というか排卵日付近 [続きを読む]
  • ケチャプ先生
  • Jさんはヘルシー志向だけど実はジャンクフードが大好き。マクドナルドの安いマックチキンダブルとかピザの1スライスくらいならスナックと言う。私はごはんだと思う。だから夕方にスナックを食べてしまうと私にとってそれが夕飯になる。そんなジャンクフードが大好きな彼はケチャプが大大大好き。前にインスタグラム(このブログにも載せたかな?)に載せたこの写真。(↑お気軽に遊びに来てください。)そこに出すかよ(笑)てか [続きを読む]