のぼう さん プロフィール

  •  
のぼうさん: のぼうの絵日記
ハンドル名のぼう さん
ブログタイトルのぼうの絵日記
ブログURLhttp://uribou-suisai.blog.jp/
サイト紹介文現役引退後、始めたお絵かきです。つたない絵を絵日記風にアップしてまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/12/04 20:21

のぼう さんのブログ記事

  • 花いちもんめ 11
  • 夏の疲れでしょうか。よく眠っています。こういう時は僕が筆を奮う時です。でも、時々、目を覚まし、じろりと見られると、僕は思わず目をそむけます。気の弱い僕ですがスリル満点です。 [続きを読む]
  • 蓮根池
  • 岐阜県海津市の木曽三川公園「アクアワールド水郷センター」。センターの中の水郷に広がる見事な蓮根池。ピンクの花が色鮮やかに咲いていました。スケッチの後は道の駅で特産の蓮根を買いました。 [続きを読む]
  • クロッキー24「どんより」
  • 今日も空は朝からどんよりしています。太平洋高気圧が北の方へあがってこないとかで、スカッとした夏空になりません。それでも、やはり蒸し暑いので、冷たいものを飲み過ぎて胃の調子を悪くしたりしています。エアコンが壊れて約2週間。修理する部品がないというので、結局買い替えることにしました。今日午後、工事予定です。 [続きを読む]
  • 花いちもんめ 10
  • 朝の早い地下鉄。部活に頑張る高校生。でも少し眠そうですね。今日もすっきりしない天気。もう一枚は交差点で傘をもつ男性です。もう少し我慢すれば涼しい秋がやってきます。今日も頑張って‥‥花いちもんめ。 [続きを読む]
  • 花いちもんめ8
  • お盆の時期、いつもより空いている地下鉄の車内でのスケッチ。ゆっくり描いていられません。描きはじめたら次の駅で下りられてしまいます。たまにじっくり描けるときはとてもラッキーです。同じ席に入れ替わり座られた乗客を横目で見ながらスケッチ。僕の横目はさぞかし怪しい目だと思います。 [続きを読む]
  • 花いちもんめ7
  • 暑さが戻ってきて、灼熱の世界。イ〇ンにいくと、僕のような老人が店内で、買い物をするわけではなく涼んでいる。エアコンの修理を依頼したけれど、2〜3日後。型式が古いので治るかどうかわからないとのこと。さあ、どうしましょう。 [続きを読む]
  • 相差海岸
  • 台風の影響でしょうか。空模様が不安ですが、朝から蝉の声がけたたましくひびいています。昨日は友人が出品している絵の展覧会に行ってきました。皆さん頑張って描いています。熱気を感じました。僕の最近の風景スケッチはやや熱気を失っていますが、鳥羽の相差海岸をアップします。地名は「おおさつ」と読みます。 [続きを読む]
  • 花いちもんめ4
  • 我が家のエアコンがこわれてしまいました。。昔は扇風機とうちわで夏を過ごしたのにそんなに暑さを感じなかった。今日は3回もシャワーを浴び、その分ビールが格段に美味しく、「花いちもんめ」の気分です。 [続きを読む]
  • 花いちもんめ3
  • このところ、母親の入院している病院にたびたび出かけたりしているので車中でのクロッキーが多くなります。PCをかまっていたら画像を4枚張り付けることが出来ました。 [続きを読む]
  • クロッキー20
  • 梅雨も後半にさしかかり、今日は台風3号の影響で天気も荒れ模様です。一枚目は仲の好さそうな中年の夫婦がホームで早朝の電車を待っている姿を1分クロッキー。2枚目はバレリーナ姿のモデルさんを鉛筆で20分のクロッキーです。 [続きを読む]
  • クロッキー19
  • 今年の梅雨は雨が少ないような気がしますが、あまり降らないのも、夏の水不足が心配になります。それでも今日は朝から、まとまった雨が降り一安心というところでしょうか。変わり映えのしないクロッキーですが、コンテ鉛筆を使ってみました。 [続きを読む]
  • 敦賀港赤レンガ倉庫
  • 敦賀港は明治から昭和初期、ロシアを経由して大陸ヨーロッパへと繋がる国際港として繁栄。赤レンガの倉庫は、1905年に建設されたもので、当時、軍の倉庫や昆布貯蔵庫としても使用されたとのこと。現在は国の登録有形文化財に登録されており、敦賀港の観光スポットであり、市民の憩いの場所にもなっている。建物スケッチは苦手であり、赤レンガの重厚なたたずまいを絵に出来ず、苦労した一枚である。 [続きを読む]
  • 旧敦賀港駅舎
  • とんがり屋根が印象的な敦賀港の鉄道資料館です。明治15(1882)年に日本海側初の線路が敦賀に敷かれ、鉄道と港で歴史を刻んできた敦賀港。この資料館では旧敦賀港駅舎として敦賀の鉄道の歴史を紹介した資料が展示されており、当時が忍ばれます。 [続きを読む]