のぼう さん プロフィール

  •  
のぼうさん: のぼうの絵日記
ハンドル名のぼう さん
ブログタイトルのぼうの絵日記
ブログURLhttp://uribou-suisai.blog.jp/
サイト紹介文現役引退後、始めたお絵かきです。つたない絵を絵日記風にアップしてまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/12/04 20:21

のぼう さんのブログ記事

  • 敦賀港赤レンガ倉庫
  • 敦賀港は明治から昭和初期、ロシアを経由して大陸ヨーロッパへと繋がる国際港として繁栄。赤レンガの倉庫は、1905年に建設されたもので、当時、軍の倉庫や昆布貯蔵庫としても使用されたとのこと。現在は国の登録有形文化財に登録されており、敦賀港の観光スポットであり、市民の憩いの場所にもなっている。建物スケッチは苦手であり、赤レンガの重厚なたたずまいを絵に出来ず、苦労した一枚である。 [続きを読む]
  • 旧敦賀港駅舎
  • とんがり屋根が印象的な敦賀港の鉄道資料館です。明治15(1882)年に日本海側初の線路が敦賀に敷かれ、鉄道と港で歴史を刻んできた敦賀港。この資料館では旧敦賀港駅舎として敦賀の鉄道の歴史を紹介した資料が展示されており、当時が忍ばれます。 [続きを読む]
  • 赤レンガ倉庫の庭園にて
  • 福井県敦賀港の赤レンガ倉庫は、敦賀港の観光のシンボルとして、倉庫の中にはジオラマパークがつくられており、、観光客の人気スポットにもなっています。倉庫前は庭園になっており、ベンチに腰かけた若い女性が楽しく語り合う姿が印象的でした。 [続きを読む]
  • 八事隼人池 2
  • 水ぬるむ頃になると水辺が描きたくなります。そんな訳で今日も隼人池へ。近くの公園から子供の明るい声が聞こえています。今日はベンチでビールを飲んでいる人は見かけません。昨日のポイントとは対岸からのスケッチですが同じような絵になってしまいました。 [続きを読む]
  • 八事隼人池
  • 近くに隼人池という勇ましい地名の池があります。江戸時代に灌漑用として作った武士の名をとって名づけられたとのこと。、周辺は公園になっているので、子供づれの家族や散歩している人、中には平日にもかかわらずベンチでビールを飲んでいる人もいます、どうも僕はそういった光景にすぐ目がいくので要注意です。ビールは帰宅してからのたのしみにして、新緑に映える池の風景をスケッチです。 [続きを読む]
  • ツツジ
  • 朝の散歩をしていると、ピンク色に咲き誇っているツツジが目に飛び込んできました。。周囲の緑とマッチして実に見事です。絵の道具をもってきて描きはじめたところ、近くで飼っている犬にガンガン吠えられてしまいました。人相の悪いジジイが絵などを描いていると、犬も怪しむでしょう。ご近所迷惑になるといけないのであわてて退散となりました。 [続きを読む]
  • 山崎川の散歩道
  • 今日の気温はこの地方でも28度と突然に初夏。スケッチに出かけたもの日陰を探すことにひと苦労。描きたいポイントをみつけても日差しが強かったり、木陰をを見つけても絵になりそうもない場所だったりとなかなか難しい。そんなことで近くの山崎川の散歩道でスケッチ。描いているうちに西日が強くなり、近くのイオンに逃げ込み早々と休憩。 [続きを読む]
  • メイグリーン
  • こんなに風が気持ちよく、緑が一年中で最も映える時期、これで遠出しなければのちのち後悔します。といっても名古屋から一時間ほども美濃加茂へ。以前から気になっていた蕎麦屋に行きました。連休中なので途中渋滞にもあいましたが、無事目的地へ。蕎麦にも増して、野山はまさにメイグリーン。 [続きを読む]
  • 合気道着のSA嬢
  • 合気道で腕を磨いているというSA嬢。やさしい眼差しのモデルさんですが、向かっていったら僕なんか投げ飛ばされるでしょう。稽古をつけてもらいたいと思ってはみましたが、多分、間違いなく破門になると思います。 [続きを読む]
  • 八事興正寺
  • 興正寺の五重塔をスケッチ。上から描きはじめたのだが、余白が足らなくなってきて、紙を付け足した。よく見ると、塔が少し傾いているようにみえるし、下の方に描き進めていくうち、集中力もゆるみ、疲れてきて手抜きになってしまった。五重の塔は下から、「地」「水」「火」「風」「空」をあらわしているといわれるが「土台をしっかり描かないと倒れてしまいますよ」と自分に言い聞かせた次第。 [続きを読む]
  • 半田亀崎
  • 3月のスケッチ会で出かけましたが、あいにくの雨で描くことが出来ず、ぜひもう一度と仲間数人で出かけました。この地区は坂が多くスケッチの場所は地元の人達が「大坂」と呼んでいるところです。下り坂の向こうに三河湾が広がり、ときおり、大きな船も停泊しています。この日は天気も良く、申し分ないのですが、風が強いことと、昼食は平日のため営業している食堂もなく、駅近くまで戻り、喫茶店でランチです。その後、もう一度同 [続きを読む]
  • 鶴舞公園2
  • 鶴舞公園内にある奏楽堂です。イタリア風ルネサンス風の建造物で異国情緒が漂っています。明治43年に建造されたそうですが、昭和19年の室戸台風で大被害を受け別の建物に建て替えられ、平成9年に築造当時の姿に復元されたそうです。木陰でスケッチしていると、もうじき5月だというのに何やら寒くなりました。なかなかビールをグイッという気分になりません。 [続きを読む]
  • 鶴舞公園
  • 鶴舞という地名、鶴が舞う姿を連想し、素敵な地名です。僕が仕事をしていた頃、東京に地名を報告する際に「鶴舞」で報告したところ、「舞鶴」と間違えられてしまいました。全国的には舞鶴が有名ですが。この地方では桜の名所「鶴舞」に親近感と持っています。それにもうひとつ、駅名は「つるまい」と読みますが公園は「つるま」と読みます。調べたところによると、明治42年に、公園ができた頃、元々あった「つるま」という地名に [続きを読む]
  • 大須観音
  • 大須といえば大須観音。日本三大観音の1つとも言われる観音霊場である。昨日の雨もあがり、平日とはいえ、外国人の観光客もいて、人が多い。最近、この町は唐揚げが有名とかで食べようとしたが、混雑しているので、たこ焼き「銀だこ」をほおばってのスケッチ。 [続きを読む]
  • 滋賀・長浜」
  • 4月のスケッチ会は琵琶湖を望む長浜・南浜。桜満開でスケッチブックに花びらが落ちてきて何とも心地よい陽気。それに道の駅で買った花見弁当が見事だったので缶ビールがあればなお、最高であった。一枚目は桜の樹間から琵琶湖が見え隠れする風景。2枚目は伊吹山を望む船着き場。缶ビールの自販機を探した分、スケッチ時間が短くなってしまったので、帰宅後加筆した。 [続きを読む]
  • サクラの風景
  • 今年の春は寒かったり、雨が降ったり、風が強かったり、おまけに僕は花粉症でどうも気分がすぐれません。毎年出かけていた花見会場の屋台での豆腐田楽も味あうことが出来ず残念でした。それでもサクラの風景はなんとかスケッチ出来たので少しだけ満足です。 [続きを読む]
  • インド衣装のS嬢「6」
  • サクラも開花し春本番を迎えたものの、このところ、くしゃみがでたり鼻がムズムズし、おまけに熱もあるので、とうとう、近所のクリニックで診察してもらう。花粉症の疑いがあるということで、葛根湯を調合してもらったが、最近、この時期にこういった症状になるので年齢とともに花粉に対する抵抗が低下しているのかもしれない。体調をごまかしながらのデッサンでしたが、モデルさんは目もさめるような鮮やかな春色のグリーン衣装。 [続きを読む]
  • 栄公園
  • 暖かくなり、久しぶりに栄公園に行くと噴水前では、弁当を食べている人、子供連れの人、僕のようにぼんやりしている人も多くいます。人物も入れたかったのですが噴水をがうまく描けないので、人物を省略してしまいました。 [続きを読む]
  • 赤いポスト
  • 先日、三重県松阪に出かけた折、町で見かけた赤いポスト。今はメールなんかで簡単に出来たりしますが、未熟な青春時代、「変しい‥変しい‥?」と書いてポストに投函したことが、さて、あったでしょうか。懐かしさを感じる風景です。 [続きを読む]
  • 納屋橋
  • 昨日から気温がぐんぐん上がり、ようやくコートを手放しました。心躍る季節の到来です。ここち良い風に誘われて納屋橋近くのコーヒー店からスケッチです。 [続きを読む]
  • インド衣装のS嬢5
  • こっそり世界一周旅行に申し込みました。8月13日横浜港を出発し104日間の船旅です。主な寄港先→シンガポール→ミャンマー→スエズ運河→ギリシア→イタリア→ジプラルタル海峡→スペイン→ポルトガル→フランス→ドーバー海峡→イギリス→スコットランド→アメリカ→メキシコ→パナマ運河→ハワイ→横浜。費用は大人一人1,296,000円です。‥‥1日遅 [続きを読む]
  • 星ヶ丘周辺
  • 少しずつ、桜の芽もほころび始めましたが、このところ気温があがらず、あいにく雨模様。建物の濡れない場所を探してスケッチ。星ヶ丘周辺と遠くにみえるのは東山遊園地のゴンドラなのですが、巨大なかたつむり?のようにもみえます。 [続きを読む]