だい さん プロフィール

  •  
だいさん: だいの神社仏閣訪問一人旅日記
ハンドル名だい さん
ブログタイトルだいの神社仏閣訪問一人旅日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/happy-and-puku/
サイト紹介文京都中心に、近畿圏の神社や寺院を回って、写活と御朱印を趣味にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 287日(平均8.1回/週) - 参加 2015/12/04 20:54

だい さんのブログ記事

  • すみません
  • 先ほどの勝林寺のブログは、土曜日に予約設定で配信してしまいました。ミスです。今、腸痙攣からの、血便とか起こり、かなり体調悪いです。東京にいて、病院行けないけど、大丈夫なので、ご心配無用です。もう少し、いろいろ悩ませて下さい。コメントもメッセージもありがとうございます。 [続きを読む]
  • 勝林寺 〜東福寺を守護する毘沙門天〜
  • 2016年8月10日京都泉涌寺界隈の散策も東福寺方面へ移動して最後に寄ったのが勝林寺です。 勝林寺東福寺塔頭の臨済宗の寺院です。1550年に高岳令松が創建しました。仏法と北方を守護する毘沙門天を祀ることから「東福寺の毘沙門天」と呼ばれています。本尊の毘沙門堂に安置する毘沙門天立像は、平安時代作と言われています。江戸時代に東福寺仏殿の天井裏で発見されました。 東福寺の駐車場の前の道を右の方に行 [続きを読む]
  • 辞める理由
  • 僕は、気付かないうちに、コメントで、好きなブロガーさんを傷つけました。そんなつもりも、一切なかったけど、へたれやさかい、結果そうなってしまいました。 こんな僕が自己満足でブログ書く資格もないし、アメーバにいること自体、無意味なんやと思いました。 しょーもない、文章や行った感想や汚い写真アップしたところで、無意味なんですよね。存在価値が無いことに気付きました。 気付かないうちに傷 [続きを読む]
  • ということで
  • 遠くに行くことにしました。 今まで、色々お世話になりました。 ありがとうございました。 今まで書いた日記。思い出。お友達。全て削除するのは、悲しいし、淋しいし、裏切り感ありますが。。。 自分は、ブログなんて出来ない人でした。 自分が嫌いになりました。ブログも文もコメントもうまくできません。好きな言葉人事を尽くして天命を待つ実行できへん。へたれのあんぽんたんや。どないしたら、気 [続きを読む]
  • 宝泉院 〜額縁庭園と五葉の松②〜
  • 2016年8月30日京都大原界隈の最後の宝泉院の続きです。坊内から、庭園は、L字型に見れますが、先に坊内の様子をご紹介します。 全体像はこんな感じ。 壁には、水墨画が描かれています。モノクロの中の赤い座布団が映えます。 座布団写真の左側に障子の窓があります。 庭には手水鉢があり この手水鉢から溢れる水滴での水琴窟。 耳をそっと竹筒にやると、心が [続きを読む]
  • 戦国無双 真田丸
  • 興味無い人が多いかと思いますが、たまにテレビゲームします。欠かさずしているのが、ドラクエシリーズと戦国無双シリーズ。 11月23日に戦国無双シリーズが新発売されることとなり、アマゾン予約しました今回は、真田家がメインみたいです。 前回の戦国無双4の真田兄弟はこんなキャラでした。 他にも色んな武将が出てくるんです [続きを読む]
  • 宝泉院 〜額縁庭園と五葉の松①〜
  • 2016年8月30日京都大原界隈散策も今回の宝泉院が最後です。本当は、もっと時間があるので他も回れば良いかも知れませんが、基本午前中活動と決めています。 宝泉院1012年創建の天台宗の寺院です。勝林院僧坊の位置付けです。本尊は、阿弥陀如来様。額縁庭園の盤桓園には、京都市指定の天然記念物である樹齢700年の「五葉の松」があります。「血天井」は、伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が自刃した伏見城の [続きを読む]
  • 勝林院 〜顕真と法然との問答の場〜
  • 2016年8月30日京都大原界隈の続きです。続いて行ったのは、勝林院。 勝林院来迎院と共に天台声明の道場でした。顕真と法然との宗論(いわゆる大原問答)がこの寺で行われました。別名、問答寺と言います。本堂に鎮座する阿弥陀如来像が問答を見届け、結果を証明したことから「証拠の阿弥陀」と呼ばれています。本堂内では、スイッチオンで、天台声明を聞くことができます。山号:魚山宗派:天台宗本尊:阿弥陀如来創建: [続きを読む]
  • 実光院 〜観歩の庭に紅葉と桜が奏でる庭②〜
  • 2016年8月30日実光院の続きです。 お茶とお菓子をおよばれし、時の流れるまま、一人瞑想しておりました。 が、しかし庭に降り立つことにしました。 先程までいた建物を半周しました。 今時期は、花が無いですね。 よくその辺で見るこの花くらいでした。 苔生す古びた小さな門があったり 飛び石ぴょんぴょんしながら、ここまで来ました。 &nbs [続きを読む]
  • 実光院 〜観歩の庭に紅葉と桜が奏でる庭①〜
  • 2016年8月30日京都大原界隈の続きです。台風一過ということで、苔を目当てに来ましたが、ここからは、苔目当てで無くなってきました。次にお伺いしたのが、実光院です。 実光院実光院は寂源が天台声明を伝承するために建立した勝林院の子院です。宝泉院とともに創建されました。普賢院、理覚院を併合し現在に至っています。こちらの庭園は眺める庭だけで無く、歩ける庭なのです。鑑賞式庭園の契心園は江戸から続く実光院の [続きを読む]
  • 大原念仏寺 〜大原の優しいお顔のお地蔵様〜
  • 2016年8月30日大原界隈散策の続きです。来迎院のあと、ふらふら〜と大原念仏寺に参りました。ネットで調べても詳しく書いてないし、パンフも無いので由緒が書けません。 大原念仏寺後醍醐天皇の皇子、護良親王(尊雲法親王)により開山されました。創建当時は、三千院の塔頭だったみたいです。 来迎院から下ってくると、勝手神社の鳥居があります。行きに気になっていたので立ち寄りました。 鳥居を [続きを読む]
  • 来迎院 〜日本音楽源流の地〜
  • 2016年8月30日三千院のあと、来迎院へ参りました。 来迎院(らいこういん)平安時代に円仁が天台声明の道場として創建しました。声明とは、お経に音曲を入れて唱える仏教音楽でインドを起源に中国から日本へと伝わりました。民謡などの元になったことから日本音楽の源流みたいなものです。山号:魚山宗派:天台宗創建:平安時代初期本尊:薬師如来 三千院を出て、三千院の塀横を歩きます。 外から [続きを読む]
  • 三千院門跡 〜天台宗最古の門跡寺院②〜
  • 2016年8月30日三千院門跡の続きです。 大雨の後の苔を見たく、三千院にやって参りました。客殿の庭園「聚碧園」の拝観後、宸殿へ来ました。 宸殿から、境内を見た風景。この境内を「有清園」と言います。 宸殿には中の間には本尊の秘仏薬師如来像西の間には木造救世観音半跏像(重文)、木造不動明王立像(重文)が安置されています。その仏像様の気分で、苔の風景を見てみました。 [続きを読む]