ゆだぽん さん プロフィール

  •  
ゆだぽんさん: ゆだぽんの虹色オーラブログ
ハンドル名ゆだぽん さん
ブログタイトルゆだぽんの虹色オーラブログ
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/furaaki/
サイト紹介文歴史や神社仏閣めぐり、オーラや不思議体験談などを書いています^ ^
自由文歴史や大好きな神社仏閣めぐりをメインに、オーラや不思議体験談などスピリチュアルなことも書いています^ ^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供392回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2015/12/05 10:43

ゆだぽん さんのブログ記事

  • 横須賀三社ツアー〈前編〉
  • 一昨日は由紀子さん&ゆだぽんと行く横須賀三社ツアー(西叶神社〜走水神社〜東叶神社)でしたスタートは浦賀西岸の「叶神社(西叶神社)」西叶神社の社殿には、虹(こうりょう)・欄間・拝殿天井などに230をこえるたくさんの彫刻が施されています。かつて社殿再建の折に、のちに名工とうたわれ、幕府の彫刻師として雇われた安房国千倉(千葉県)の彫工“後藤利兵衛”によって制作されました。脚立や照明を持った方々がいらっしゃり、何か [続きを読む]
  • 吉原弁財天(吉原神社本宮)〜遊郭の悲劇〜
  • 吉原神社から少し歩くと、吉原神社の境内地である『吉原弁財天』が鎮座していますここはかつての吉原遊郭の悲劇の地。。。大正12年9月1日に起こった関東大震災。江戸時代から存続していた「新吉原遊郭」でも出火しました。廓くるわから出ることを許されない遊女たちの足抜け(脱走)を防ぐため、唯一の出口である吉原大門は締められてしまい、遊女たちは逃げ場を求め、廓の西側にあった弁財天を祀る大きな池に次々と飛び込み、沈ん [続きを読む]
  • 吉原神社
  • 今日は鷲神社からほど近いところに鎮座する、こちらの神社さんのご紹介です『吉原神社』ご祭神倉稲魂命 市杵島姫命吉原神社は、かつて吉原遊郭の四隅にお祀りされていた五つの稲荷神社と、遊郭に隣接する吉原弁財天を合祀して明治5年に創建されました。吉原弁財天のご祭神は市杵島姫命で、こちらの吉原神社にお祀りされていると共に、近くにある本宮(奥宮)でも大切にお祀りされています。本宮につきましては、明日ご紹介する予定 [続きを読む]
  • 鷲神社
  • 順番が前後してしまいますが、7月16日(日)の亀有フェスティバル前に参拝した神社さんをご紹介いたしますこの日一番最初に向かったのは、酉の市で非常に有名なこちらの神社さんです『鷲神社』おおとりじんじゃご祭神天日鷲命あめのひわしのみこと日本武尊「おとりさま」として親しまれている鷲神社は、11月の例祭“酉の市”で広く知られています鷲神社の熊手御守は開運・商売繁昌のお守りとして「酉の市」のみに授与されます。一般 [続きを読む]
  • 亀有香取神社
  • 昨日ご紹介した「妖怪プロジェクト」さんのライブの前に、数社へ参拝しているのですが、昨日からの流れで亀有のこちらの神社さんからご紹介します『亀有香取神社』ご祭神経津主大神相殿武甕槌大神 岐大神旧亀有村の鎮守であった亀有香取神社は、鎌倉時代の建治2年に創建されました。この地は古くは亀無郷と呼ばれ、葛西御厨(伊勢神宮の荘園)の一部でした。領主であった葛西三郎清重が、篤く信仰していた香取神宮のご分霊を祀った [続きを読む]
  • 妖怪さんのライブ?
  • 昨日アリオ亀有で行われた亀有フェスティバル?お友達の『妖怪プロジェクト』さんが出演されるとのことで、遊びに行って来ました〜妖怪プロジェクトは「妖怪はみんなの友達だ」をテーマに楽しい曲を歌っています妖怪たちが大騒ぎするライブは子供から大人まで楽しめますブログはこちら→おばけのブログだってね♪向かって右から天狗さん☆かっぱさん☆雪女ゆっき〜さんですボーカルのかっぱさんの絶妙なパフォーマンスに、自然と笑 [続きを読む]
  • 大宮の杜
  • 大宮八幡宮といえば!緑豊かな境内に茂る木々が素晴らしいですよね今日は主にご神木を中心に記事をまとめてみましたので、写真から癒しの光を受け取っていただけたら嬉しいです☆菩提樹松平秀康公の夫人で当宮を篤く崇敬された清涼院のお手植えと伝えられています☆義家公 手植松跡(千本の松)源頼義・義家父子によって創建された大宮八幡宮。八幡太郎義家公は後三年の役の後、父親にならって社殿を修築し、境内に一千本の若松の苗 [続きを読む]
  • 東京のへそ 大宮八幡宮
  • 永福町といえば!こちらの神社さんに参拝しないわけにはまいりませんわたくしは数年ぶりの参拝となります『大宮八幡宮』ご祭神應神天皇仲哀天皇 神功皇后大宮八幡宮は、第70代後冷泉天皇の天喜年中(1053〜57)、奥州に前九年の役が起こり、征討の勅命を受けた鎮守府の父子、将軍源頼義公・義家公の一行がこの地に差しかかると、大空に八条の白雲が棚引き、いかにも源氏の氏神である八幡大神の白旗が翻ったように見え、奇瑞とした父 [続きを読む]
  • 和泉熊野神社
  • 永福町神社めぐり続きまして、永福稲荷神社とは線路を挟んで反対側に鎮座するこちらの神社さんへ参拝しました(^^)『和泉熊野神社』ご祭神天之御中主大神伊弉諾命 伊弉冉尊和泉熊野神社は、旧和泉村の鎮守で「和泉の鎮守様」として古くから親しまれてきました。文永4年(1267)に、熊野本宮大社のご分霊を祀ったのが始まりです。弘安7年(1284)に社殿を修造し、その後に北条氏綱が上杉朝興と戦い江戸城を攻略した際にも社殿を改めた [続きを読む]
  • 永福稲荷神社
  • 7月8日(土)の参拝記事ですこの日は神社参拝しよう、とは思っていたものの、どこへ行くかは全く決めておらず(そうだ、流れにまかせてみよう)と、まずは最寄駅へ東京方面か、それとも横浜方面か?東京方面の湘南新宿ラインが先に来たので、それに乗車…どの駅で降りようか?池袋は行く機会が多いから手前の新宿にしよう。という感じで進み、たどり着いたのが永福町でした(^^;;『永福稲荷神社』ご祭神宇迦之御魂命永福稲荷神社は享 [続きを読む]
  • 古代史日和勉強会〜壬申の乱〜
  • なゆたでランチをいただいた後は、楽しみにしていた勉強会?恒例の席極め神様カードは「建速須佐之男尊」でしたそしてテーマは「壬申の乱」絵はお借りしたものです〜壬申の乱とは〜西暦672年におこった、古代史最大の戦いといわれる乱。天智天皇(中大兄皇子)が亡くなった後に勃発した、天智天皇の弟である大海人皇子と天智天皇の息子である大友皇子の皇位継承の争いです。大海人皇子は父が舒明天皇・母は皇極(斉明)天皇、つまり中 [続きを読む]
  • 赤門テラス なゆた
  • 金剛院でのお詣りを終えた後は、境内にあるお寺cafe『赤門テラス なゆた』でランチ赤門のすぐお隣です境内からの外観溢れる緑と木漏れ日の中で過ごせる、爽やかな雰囲気のcafeです『なゆた』とは、仏教用語でサンスクリット語の“nay uta” を音訳したもので、極めて大きな数をあらわし、私たちの身の回りにあるたくさんの「ありがとう」や「おかげさま」に気付き、人として限りなく大きな存在であることを感じて欲しい、という願 [続きを読む]
  • 金剛院(豊島区長崎)
  • 昨日は古代史日和勉強会(^^)会の前に、椎名町にあるこちらの寺院へお詣りさせていただきました『蓮華山 金剛院 佛性寺』真言宗豊山派寺院ご本尊 阿弥陀三尊創建 大永2年(1522)開基 聖弁和尚御府内八十八箇所第76番豊島八十八箇所第76番金剛院は、聖弁和尚という真言宗の僧により、武蔵国豊嶋郡長崎村に開創されました。延宝または元禄年中に原因不明の火災に見舞われ、仏像や古文書を焼失。正徳5年(1715)に、現在の位置に移っ [続きを読む]
  • まさかの一体化⁈
  • まだ記憶に新しい、先月29日に開催した「金運神社ツアー」今日はその後日談です(^^)最初にお断りしておきますが、わけがわからなくて“なんだそりゃ”と思う話ですお付き合いしていただける方はどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m金運神社ツアーの記事でこちらのストーンサークルで突然眠気に襲われた、と書きました。そして自分の頭の左上に、ずっと大山祇神がいる感じがした、とも書きました。実際「大山祇神が…」と私が車 [続きを読む]
  • 川崎大師カレー♪
  • 昨日はまたまた川崎大師へ灼熱でした長男の職場実習の最終日でしたので、お世話になった企業で評価会があったんです。その前に立ち寄りましたいつものように薬師堂へ現在私の中で、ある事について迷い…といいますか、ブレが生じていましてですが大好きなお薬師様に手を合わせたら、スっと素直な気持ちが言葉になって出てきたんです(ああ、これが私の本当の気持ちなんだな)と気づかせていただきましたこの自分の気持ちを大切にしな [続きを読む]
  • 2017年七夕の願い事☆彡
  • 皆さん♪素敵な七夕の夜をお過ごしでしょうか私も息子たちと楽しい時間を過ごしております(^^)私の「2017年七夕の願い事」は『会いたい』です七夕らしいでしょ人生って想定外のことが起こるものです。皆さんも、家族でも友達でも恋人でも、会いたいと思う大切な人がいたら、そして会える状況ならぜひ会いに行って欲しいな、と思いますすでにこの世を去った人とも、七夕マジックで、夢で逢えたら素敵ですねにほんブログ村人気ブログ [続きを読む]
  • ツアーのご感想&イベントのお知らせ
  • 先月29日に開催した「金運神社&浅間神社ツアー」でご一緒した桜咲りえさんが、ツアーの様子をブログで記事にしてくださいましたりえさん♪嬉しいご感想をありがとうございますそう。。。りえさんのクリスタルボウルはまさに神おろし(神祭り)自分で言っておいて、その直後にりえさんが引いたおみくじをみて、私も鳥肌でした(^^;;これは皆さんに共通して言えることですが、現在関わっているお仕事(または趣味など)って、前世とつな [続きを読む]
  • きゅうり祭り?
  • 一昨日そして昨日の2日にわたり、自宅の近くに鎮座する神社さん(元氏神様)のお祭りへ行ってまいりました(^^)写真は以前、通常時に撮影したものです『小倉神社』ご祭神 素戔嗚命 誉田別命川崎市幸区にあります小倉神社は、小倉にあった八雲神社・八幡神社の二社を合祀して、昭和31年に八幡神社があった地に新社殿が創建されました。創建年代は不詳ですが、八雲神社に関しては板碑が出土しており、それによると鎌倉時代より崇敬さ [続きを読む]
  • 來宮神社〜大楠伝説〜
  • 來宮神社といえば!そう?ぜひともアレを拝まなければ、ですね(^^)社殿の左手にある竹の小道を抜けると。。。おぉっこ、これが本州1位の巨樹とされる來宮神社のご神木樹齢2000年超の国指定天然記念物ですこちらの見事な大楠のご神徳は。。。〈健康長寿〉幹を一周廻ると寿命が1年延命する伝説〈心願成就〉心に願いを秘めながら一周すると願い事が叶う伝説右廻り・左廻りは決まっておらず、お参りを済ませた後に好きな方から廻って [続きを読む]
  • 來宮神社〜ご由緒と弁財天〜
  • トンネルを抜けるとそこは暑〜い熱海だった…日曜日のこと、大磯・二宮周辺の神社めぐりをする予定が、快速アクティーに乗ってしまい通過←スマホ見てて気がつかず知らない間に熱海まで来てしまっていたので、そのままこちらへ参拝しちゃいました(^^;;『來宮神社』きのみやじんじゃご祭神日本武尊 五十猛命 大己貴命來宮神社は古くから來宮大明神と称し、熱海郷の地主の神として來宮の地に鎮座し、来復・縁起の神として古くから [続きを読む]
  • 邪馬台国の会〜インチキ問答〜
  • 6月25日(日)の邪馬台国の会の記事です(^^)今回のテーマは『日本語の起源』安本先生は、日本語と日本の周辺の言語、四十八言語との近さの度合を、基礎語彙(ごい)などに基づいて計算されています。基本的にはフィッシャー流の統計学により、日本語と偶然以上の一致(有意の一致)を示すものは、どのような言語であるかを計算して、取り出す方法により計算されているそうです。古代史なのに統計学!私も今回は(絶対ついていけない)と思 [続きを読む]
  • 太田姫稲荷神社
  • 6月25日(日)?邪馬台国の会の前に、御茶ノ水に鎮座するこちらの神社さんへ参拝しました(^^)『太田姫稲荷神社』ご祭神宇迦之御魂神菅原道真公 徳川家康公室町時代中期、太田道灌の娘が天然痘(疱瘡)にかかり、生死の境をさまよいました。小野篁にまつわる縁起により、京都の一口(いもあらい)稲荷神社が天然痘に霊験があると聞いた太田道灌が、娘の回復を祈願したところ、天然痘が治癒したといいます。道灌はこのことに感謝し、長禄 [続きを読む]
  • 第2回 金運神社&浅間神社ツアー〜木花開耶姫編〜
  • 開運神社ツアー♪続きましては北口本宮冨士浅間神社入り口の鳥居と立ち並ぶ石灯籠に早くも感動です参道を進むと大鳥居がとても大きく迫力があって、富士山に来たのだな、と感じさせられます写真では分かりづらいですが、このように鳥居の本柱の前後に低い控え柱があり、貫で連結されている鳥居を「両部鳥居」といいます(^^)“両部”とは密教の金胎両部(金剛・胎蔵)のことで、かつて神仏集合だった神社に多く見られますやはりお寺オ [続きを読む]
  • 第2回 金運神社&浅間神社ツアー〜大山祇神編〜
  • 昨日ですが由紀子さん&ゆだぽんと行く第2回 金運神社&浅間神社ツアーに行ってまいりました〜♪車窓からの富士山 私は下見も含めると3回目の新屋山神社(金運神社)となります今回のお客様は初めましての方がお一人 そしてもうお一人はなんと!クリスタルボウル演奏家の「桜咲りえ(クリスタルりえ)」さんでしたこの日も変わらず神秘的な佇まいです社殿の中でお祓いを受けた後、いつものように「おうかがい石」で盛り上がりました [続きを読む]