すばる さん プロフィール

  •  
すばるさん: おしゃべりきもの?またはおしゃべりねこ
ハンドル名すばる さん
ブログタイトルおしゃべりきもの?またはおしゃべりねこ
ブログURLhttp://buribushi.exblog.jp/
サイト紹介文じじ.ばば.ねこ3人暮らしのすばるの日々。本、旅行、食べ物作り、花や野菜作りが好き。
自由文長く読まれている記事は漬け物・マーマレードなどの作り方、料理家高山なおみ・スイセイ夫妻のこと、塩水で洗髪すると癖毛が治る話、沖縄ばなし、など。
沖縄大好きで1999年からことしまでに40回行った。うちで採れた野菜や果物の加工、クレマチスやばらの挿し木などが楽しい。年齢一桁の頃からの活字中毒。新聞雑誌に少々文筆業。ネコが常にいる。薪ストーブ暮らし。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/12/05 15:30

すばる さんのブログ記事

  • 寒天に黒みつ ほか
  • 黒糖を煮溶かして黒みつを作ったので、寒天も煮て流した。寒天に黒みつを閉じ込めるより別々に作って掛ける方が甘く感ずる。たださいの目に切った寒天にみつをかけると、あじさいの花のようだ。胡麻を炒るほうろく。柄の中が中空になっているので、炒れたごまは柄の先から出す。小さいすり鉢で擂って、今朝畑で摘んだブロッコリーに掛けた。茹でたブロッコリーに擂った炒り胡麻、醤油。ただそ... [続きを読む]
  • ナツズイセン並んだ
  •  絶やしたかと思っていたナツズイセン、ずらりと出て来た。20株、いやそれよりもっとたくさん、並んでいる。一度諦めた後で、うれしさひとしお。 ゆめゆめ踏んだりしないよう、周りに籾殻を撒いた。 垣根に絡んでいるアケビ、これも去年は幾つも実らなかったが、いま見ると随分たくさんの花芽が見える。    フユシラズ元気、また種子も採れそう。 買って来たチューリップ。くったりと曲がっ... [続きを読む]
  • 今年初めての畑
  •  晴れて、今年初めて畑。花の畝に掛けて置いた不織布を外す。風がある。 ポピー(ひなげし)が元気。他に確認出来た苗。オリエンタルポピー、アキレア・ノブレッサ(植える時はひなげしよりやや大きい位だったのが、それから少ししか大きくなっていない)、ルピナス、キンセンカなど。 ナツズイセンと思われる芽は、二列に並んでたくさん現れた。去年姿が見えず、耕耘機で砕いてしまったかと思ったが、藷さえしおれ... [続きを読む]
  • 布草履どっさり・幅広エプロン
  •  このあいだ、古い知人のイズミさんに、布草履用に浴衣や端切れを差し上げた。 今日届いた荷物にびっくり、11足の布草履!(写真は一足ずつ重ねてある)わたし一人で履いていたら履き尽くせないから、友だちにもお福分けしよう。 彼女のとお揃いだというエプロンも入っていた。彼女より太めだと思うわたしにも、ぐるりと一回り身体を覆う大きさで、こんなの、どこにも売っていない。ありがとうございます... [続きを読む]
  • またしても片づけ本「それ、いらない」
  •  いま、娘に貸してあるので、電話で題名を聞いた。「それ、いらない」だった。 懲りもせず、と言うか、片づけ本は何冊読んだことだろう。一部実行したり、だめだこりゃ、になったり。今度のは、立ち読みしてみたら、片づいた生活をするために親子4人で沖縄へ引っ越したとあるので買った。千円なり。 一度読んで娘に貸したので詳しく紹介は出来ないが、キーワードは「使い切り」か。服でも靴でも、そのほか何でも... [続きを読む]
  • 種子いろいろ
  • 歯医者さんの帰りに種子をいろいろ買って来た。紫蘇、胡瓜、いんげん、春菊、エンツァイ、マリーゴールド、オダマキ、ルコウソウ。エビスグサ(ハブ茶)は宮崎の人から送料とも500円で10グラム、というのを買った。こぼれ種子で年々生えるから、一度買ってもらったら二度目が無い、ということだった。印のない袋にどっさり入った黒い種子は末の娘にもらったが、何の花の種子か知らない(忘れた)そうだ。黒... [続きを読む]
  • タネツケバナなど
  • 白い花が咲き始めたのはタネツケバナか、きれいなロゼットをなしている。両脇にミミナグサ。        萱草の芽生え。これも美味しい野草の一つ。沖縄の市場で「くゎんそう」と言って売っていたのはこれと同じだと思う。不眠症に効く薬草だ、と言っていた。何にして食べますか、ときいたら、牛肉とスープにする、と。豚肉を多用する土地でわざわざ牛肉と言われた。私は酢味噌和えで。クレマチスの原種の... [続きを読む]
  • お中日のおはぎなど
  • おはぎのあんこを煮たのが足らなかったので、一部は中に小さいあんこ玉をつつんで、きな粉をまぶしたのも作った。大きくて重たい仏壇をキャビネット型に変えた。以前はいろいろなものを真鍮磨きでピカピカに磨いて置かねばならなかった。いずれ子どもに見てもらうにしても何とかしなければと、何年も思っていたが、鼠が入り込んで囓りちらして、踏ん切りが付いた。さまざまなネズミ捕りをしかけ、外から鼠の入る処を... [続きを読む]
  • ナツズイセン復活?
  • カンアオイの花が咲き始めていた。雪が消えたばかりの土に、枯れ葉やエゴノキの落ち実に埋もれるようにして。去年ナツズイセンが咲かなかった。畑の入り口のこの辺りは小石が多くて土が硬いので、野菜は作らず花だけ植えていたのを、去年初めて耕耘機を掛けて畝を作った。この科の常として、花の時期、葉だけの時期、どちらも無い時期とある。ナツズイセンの場所は避けたつもりだったが、もしかして耕耘機で休眠中の球... [続きを読む]
  • 春の雲ほわほわ
  • 気温11度、日が照って温かい。空には軟らかそうな春の雲がほわほわと浮いている。田んぼの雪もすっかり消えて、白鳥たちはもうシベリアへ発ったのだろう、たまに見るのは青鷺か白鷺、群れないでぽつんとしている。食べられる野草のなかで蕗の薹に次いで早く出るシャク(芹科シャク属)を摘む。にほんブログ村 [続きを読む]
  • おから鮨とか「ど」とか
  • おから鮨は、おからに卵を割り入れ、塩、酢、味醂を入れて、もとのおからのぱさぱさ感に近づくまで炒る。しめ鯖と言いたいところだけど、塩鯖の皮を剥き、血合いと腹の小骨を切り取って小さく切ったら酢に浸して置く。胡瓜は細く切って塩水に浸けて置く。おからがさめたら、鯖と胡瓜を絞って混ぜる。生姜のすり下ろしも混ぜる。もう一品は飽きもせず「けんちょう」。畑の大根を抜いて来た。塩と醤油を少しずつと、椎茸... [続きを読む]
  • ハシモト味噌、すばる塩辛など
  • 昨夜ハシモトさんが来て、手作り味噌を貰った。二人前の水餃子(鶏挽肉と芹)を三人で分け、ジャガイモと人参の煮物、野沢菜の漬け物も出してきて一緒に夕飯を食べる。水餃子の茹で汁に醤油と玉姫酢を落としたのが美味しい。餃子より美味しいくらいだ。この前漬け込んだ烏賊の塩辛。烏賊を細く刻み、わたを絞って和える。日本酒に合う。もちろん「ど」にも合う。ごはんにも、焼き藷にも添えて食べたい。... [続きを読む]
  • お雛様を見に
  • 和島の道の駅、「和らぎ家」で、手作りお雛様を見て来た。当地では一ヶ月遅れの四月三日が雛祭り。吊す台も手作りで、機織り用の糸巻きが使ってある。八十媼見雛図。(表題と身なりがまるで合わない)敷物に使ってあった美しい帯。会場内部。緑色のパイプみたいなのは空調のため?四方八方に伸びている腕木のようなものは、ちゃんと役目があって屋根を内側から支えている。必要... [続きを読む]
  • 玄米焼きおむすび・しぐれみそ
  • 今年初めて野シグレミソを作ろうと思う。大根、高菜、蕗の薹、ほんの小さな芽生えの蓬。ハコベは2階に冬籠もりさせたハナキリンの鉢から。牛蒡も少し。太白胡麻油で炒めて、ハシモトさんの三年味噌を入れた。左は大根きんぴら、畑の大根を穫ってきて生姜のせん切りと一緒に炒めて煮た。土鍋で玄米を炊いてしっかりしたおむすびを握った。炭火で焼いて、醤油を付けてもう一度焼いて。春の身体に活... [続きを読む]
  • 坂西徹朗版画展in南魚沼
  • 坂西徹朗版画展が南魚沼・浦佐の「池田記念美術館」でひらかれている。魚沼・堀之内を通過中。弟の家に寄り、奥さんの美味しい山うどの煮物やわらびと豆腐の味噌汁をご馳走になって出かけた。魚沼三山がよく見える。道路脇の雪の量はさすが魚沼だ。小出を通過中。山の斜面から道路へ雪が落ちないよう、雪崩止めの柵がいくつも取り付けてある。池田記念美術館の庭、浅くて広い池があってさざ波がたっ... [続きを読む]
  • 梅に蕾・六本指のねこ?ほか
  • やっと晴れて畑へ行ってみれば、またすっかり雪に覆われている。畑の奥の方から道路側を見たところ。家の脇の梅、白加賀の蕾。                     この辺りで梅干し用に一番ポピュラーな品種「藤五郎梅」の蕾。           梅の向こう、堆肥置き場へ続くねこの足跡を見たら、あれ?この子五本指だ。肉球が五つ... [続きを読む]
  • 烏賊の塩辛を作る
  • 塩辛を作る烏賊を探しに行った。烏賊は品不足らしくて、安くて美味しいお総菜だったのは昔のことになってしまった。一杯、税込み387円なりを二杯買ってきた。開いて、ワタは破かないように気をつけてきれいにして。ざっと切った身と、きれいにしたワタをジッパー付きの袋にいれ、醤油を注いで、空気を抜いて。明日になったら、身は繊維と直角に細く刻み、ワタをしごいて和えて、蓋物に入れて冷蔵。す... [続きを読む]
  • ジンジャーリリーの新芽 ほか
  • 2階の板の間(暖房なし)で冬越しさせているジンジャーリリーに芽が出ている。「居酒屋猫まみれ」さんに一鉢頂いて、根分けを繰り返して随分人にも上げた。月桃の葉もいきいきしている。これは2004年10月23日、新潟県中越地震の日に沖縄・浜比嘉島にいた私が、道端に実っていた月桃の実を摘んできたのを蒔いて育てた。とても成長の早い草なので、鉢の中では多分根がぎっしり巻いているだろう、何... [続きを読む]
  • 大宜味村のしあわせなご長寿
  •    沖縄へ行って来られたさとうまさこさんから、お土産を送って頂いた。大宜味村で地元料理の店をしている金城笑子さんの本、ゴーヤー料理の本、そして那覇の市場の近くで古書店を開かれた宇田智子さんの本「本屋になりたい」、そして宇田さんのことが載っている新聞「沖縄タイムス」。みんな嬉しい!大宜味村は沖縄の中でも元気な長寿者が多くて有名なところ。95歳現役の蜜柑農家のおじい、玉城深福さんは、定年... [続きを読む]
  • 別れ雪・珍客-清談尽きず
  • 温かい日が続き、ぎりぎり巻きに縛って冬越しさせたローズマリーや椿「炉開き」を気の毒に思って紐を解いたのだったが、今日は止まずに降っている。今頃の雪を、季語では名残雪とか、別れ雪とか言うようだ。名前は風情があるけれども、春かなぁと思ってからの積雪はけっこう辛い。米の食味コンクールで県の1位を何回も取ったI村さんが来ているところへ、山のハシモトさんが来る。こんな組み合わせ、めっ... [続きを読む]
  • 願えば叶う
  • 昨日見つけた紙挟みの中にあった絵。描いたことも忘れていたが、いやー、これ描いたわ、たしかに。左上は牛小屋のつもりらしい。右上に牛。模様はホルスタインだ、と思えば、右中程に牛乳缶を積んだトラック。豚が走り回って、鶏が何か啄んでいる。小さい家の周りには花、果樹、柵の外にも畑、果樹。胸当てズボンを着て子馬に水を飲ませているのはわたしで、来客にwellcameと言っているのはねこだ。鉛筆描きだ... [続きを読む]
  • 出て来た戦争中の小学生のノート
  • 昨日思い出していた、私が小学生の時のノート。慰問袋に入れるというので書いた(書かされた)「兵たいさん」への手紙。署名に「初一」とあるのは初等科一年ということで、三年生からは小学校三年、と書くようになった。このノート、ザラ紙に謄写版で刷ったマス目がある。婦人雑誌の付録らしいもので作って新聞紙で包み、糸で縫い付けた表紙。この手製のノートは、ヤマグチセツコせんせいに頂いた。お元気ならば90... [続きを読む]
  • 良寛の里九条の会、戦争を語る・戦争を聞く
  • 新潟県原爆被害者の会の山内悦子会長が体験談をして下さった。広島の爆心地からわずか2キロ余のところで被爆して、母・弟とともに逃れ得たお話。被爆経験を、反戦を、語るために自分の時間がもっともっと欲しかった。ご主人が亡くなったとき、これで24時間私のものだ!と思ったこと。私は終戦時8歳だったから、着るものが乏しくて洗濯が充分出来なかったこと。親が必死の働きでおなかは満たして呉れたが... [続きを読む]
  • 減り目の見える薪置き場、ほか
  • はや3月、ずいぶん地面が出て来た。雪は降ってもすぐ消えて、さすがに春近し。一冬焚き続けた薪の置き場がすっきりしてきた。細かい薪の置き場も同じく。庭の松を切ったから焚いてくれ、と持って来て下さった人あり。生の松は、焼き物の窯で焚くと言われる火力の強いもの。二階の板の間で冬越しさせている花たちの中のハナキリン。夜は花を閉じ加減にしているんだね。鉢の中にハコベなど、... [続きを読む]