すばる さん プロフィール

  •  
すばるさん: おしゃべりきもの?またはおしゃべりねこ
ハンドル名すばる さん
ブログタイトルおしゃべりきもの?またはおしゃべりねこ
ブログURLhttp://buribushi.exblog.jp/
サイト紹介文じじ.ばば.ねこ3人暮らしのすばるの日々。本、旅行、食べ物作り、花や野菜作りが好き。
自由文長く読まれている記事は漬け物・マーマレードなどの作り方、料理家高山なおみ・スイセイ夫妻のこと、塩水で洗髪すると癖毛が治る話、沖縄ばなし、など。
沖縄大好きで1999年からことしまでに40回行った。うちで採れた野菜や果物の加工、クレマチスやばらの挿し木などが楽しい。年齢一桁の頃からの活字中毒。新聞雑誌に少々文筆業。ネコが常にいる。薪ストーブ暮らし。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/12/05 15:30

すばる さんのブログ記事

  • 梅の木を切る・よそのねこ
  •  町通りから田畑の多いこの地区へ越して来た時、一緒に移した梅の木。20キロほど採れた年もあったが、近年枝が次々枯れたり、残った枝にアブラムシがついたりしてほとんどならなくなってしまった。   画面左隅の低いのはイカリソウ。その左上に山百合。向こうへ吾亦紅、野花菖蒲など。何の木でも切るときはお神酒を注ぐのだったが、今日は忘れてしまった。後で切り口に上げる。最後は薪になって、灰は畑... [続きを読む]
  • ニンニク収穫・「大工さ」の薪など
  • 去年の秋に種子を蒔いたアキレア・ノブレッサ(ノコギリソウの一種)が咲いた。これも去年野秋に植えて置いたニンニクを収穫。砂土がパラパラ落ちるのでひと皮?いて置く。大きいようなのをタネ用に吊した。 切り落とした葉は、マルチ兼虫除けになると思ってキュウリの畝に敷いた。種子を直まきしたキュウリ、雨不足の中で健気に大きくなってきた。いま、しとしと程度の雨、畑が喜んでいることだろう。... [続きを読む]
  • 黄色い百合、ピンクのばらなど
  •  うちの百合の最初の花が咲いた。魚沼で球根を貰って来て数年。百合はこのほかに、山百合が6株、高砂百合が数株、オニユリも1株ある。山百合の一本には、初めて十数個の蕾が着いた。咲き始めるとどういうことになるか、傾いて地に着かないよう、気をつけよう。モタイさんに貰った小さいばら。挿し木もしてある。 一足遅れて咲いた花菖蒲、この前に咲いた野花菖蒲と違う?同じ?と迷うくらい、花か大きめ、... [続きを読む]
  • 中野翠「この世には二種類の人間がいる」二度目
  •  去年の3月に一度、図書館で借りてこの本を読んでいる。 人を二種類にぱっぱと仕分けて、言いたいように言っていて、しかも自分はどっちか、たちどころに分かるのがほとんどで、痛痒いならぬ「痛面白」かったんだけど。 前回、どうしてこれに気がつかなかったんだろう、「それはうたう人とひねる人だ」。 短歌は「うたう」。俳句は「ひねる」昔から使い分けていて、短歌にひねるは妙だし、俳句にうたうは似合わ... [続きを読む]
  • シネ・ウインド、本町市場など(新潟市)
  •  新潟市のシネウインドへ。50席くらいのかわいい映画館で、音量も程よく、気持ちのいいところ。 「人生フルーツ」を見に行った。人生フルーツはLife is Fruityと訳すらしい。プログラムによれば、踏み込みすぎず、及び腰でもなく、「絶妙の距離感」で、時間を掛けて、無駄足もいとわず、通い詰めたという撮影スタッフは、しゅういちさんがお昼寝から覚めずそのまま亡くなったときその死に顔を写すこと... [続きを読む]
  • むかしのふきん
  •  地蔵堂(現在燕市地蔵堂)の衣料品店。福々しい恵比寿さまとそろばんの図、そろばん四つ玉だね。直江津の呉服やさん、電話番号が3桁だ。 ニイダは新飯田(村上市)か。カモ、加茂市。 随分手広い商いで、藁工品、綿打ち直しまである。電話は本店2桁、支店3桁。佐渡・両津の呉服、洋品、雑貨店、佐渡土産もあり。 地名不明、建設業と雑貨店。文字の大きさや間隔に変化が少なくて、わかりに... [続きを読む]
  • 空梅雨の花たち
  •  花菖蒲は野花菖蒲から作り出されたというが、これなどは色が違うだけで形はまだ野花菖蒲そのままだと思う。 以前何種類かの花菖蒲を下さった人があったが、これだけが長くのこっている。紫は野花菖蒲、山採り。白花タニウツギを採ったと同じ、海岸沿いの薮に点々と咲いていた。シモツケ、これも山採り。白のホタルブクロ、同じく。随分山から来て貰った。近年山へも行かなくなった。挿し木から... [続きを読む]
  • 三条クラフトフェア
  •  三条市の槻の森(つきのもり)運動公園で、クラフトフェア。終了1時間前くらいにちょっと見に行く。 全国から200近いお店が来ていたと言うが、あとで案内マップを見たら、食品サンプル、ブリキやなど、随分見逃していた。。 曇り空であまり暑くなく、出歩くにはいい天候だった。 わたしが着ているのは、布団裏地の藍木綿のシャツに、アイヌ模様を刺してもらったもの。無地のシャツの時は、背守りのように... [続きを読む]
  • 大きすぎる六地蔵の頭巾・柿の葉鮨
  • 寺泊へ行く途中のお地蔵さまたちが、新しい頭巾と前掛けをしておられた。六地蔵さまの頭巾が少し大きくて、お目の上にかぶさっていた。梅雨晴れ(と、いうより空梅雨)の日本海、佐渡。ややズーム。裏の柿の葉を採って来て柿の葉鮨。塩鯖が脂っこくて、思うような味に出来なかったけど。ふぐ汁のかわりに、寺泊で買って来たカワハギをぶつ切りの味噌汁にして、茗荷の葉の若いところを散らした。... [続きを読む]
  • Never Leave  ばあちゃんのねこ
  •  左の、押し車を押しているばあちゃんのねこが、スーパーへ買い物に行くばあちゃんとお友だちのお供をしていた。 ばあちゃんの服の背中に、ねこの足跡とNever Leaveの文字がプリントされている。意訳で、「決してひとりにさせないよ」でいいのかな? 去年、祭りの日に、リードを着けてこのねこを連れたばあちゃんに聞いたら、以前、ばあちゃんがしばらく入院してから、しきりにあとを追うようになったの... [続きを読む]
  • ジローブーチン日記、70年後の読了
  •  2012年の11月、このブログに、北畠八穂の「ジローブーチン日記」をもう一度読みたいと書いた。 昨日、未知の方からの書き込みで、ウェブ上で読めるという。なぜかURLが送れないので検索で、とあった。 国立国会図書館の蔵書が読めるのだった。次へ、次へとページをめくるように読み進み、読み終わる。それで解ったのは、私はこの話を読み終えていなかった。 前半、ジローが仲間達と「サマルカンドノ... [続きを読む]
  • 糠味噌漬けに山椒の実
  • サトルさんちで山椒の実をもがせてもらった。植え田がかなり青くなってきた。 米糠、山椒の実、唐辛子。ほかに生姜も切って入れて、糠味噌を新しく仕込む。 参考にした本には糠1キロに塩150グラム、水5カップ、山椒の実半カップ、唐辛子3本、和辛子大さじ1、生姜一かけ、とあった。胡瓜、キャベツ、皮を剥いた大根、が入っている。紫陽花の青がだんだんきれいになってきた。... [続きを読む]
  • 農連市場前のダンドク(原種カンナ)ほか
  •  原種のカンナ、ダンドクが、鉢の中にみっしりと混んで来たので根分け。 那覇の農連市場の、大きいシーサーがあったほうの入り口近くに咲いていたダンドクのタネを取って来て蒔いたもの。小さいけど真っ赤な花が咲く。 農連市場は再開発とかで、取り壊されて別の建物が出来るので、ダンドクもシーサーももう無くなっていた。 挿し木した一重のクチナシ。 プラスチックの鉢ではない、素焼きの植木鉢(縁の無... [続きを読む]
  • さつまいも活着・落花生の芽・ほか
  •  最初についていた葉は枯れてしまった(左下へ向かって茶色の細紐みたいになっているのが葉柄)。 芯が生きていて、新しく小さい葉が出て来た。もう大丈夫だ。品種はベニハルカ。初めてベニハルカを植えた時は地元で苗が手に入らなくて、福井から取り寄せた。その時の苗は太ぶととしてしっかりしたいい苗だったな。 うちでは長い間、一畳分の大きさのうちの苗床で、うちの藷から苗をとっていた。だんだんラクをするよ... [続きを読む]
  • ホトトギス「紫帽子」の実生苗・ほか
  •  紫陽花の色が増してきた。いまは別の人が住んでいる、ご近所の屋敷にあった大株の紫陽花から枝を貰って挿し木したもの。ホタルブクロが咲き始めた。この色と、白い花とある。いずれも山で採ってきて植えた。 2014年に、demiさんから純白のホトトギス「白楽天」を頂いた。2015年、突然濃い紫の斑が入ったものが混じって咲き、突然変異らしいということになった。 2016年、それを「紫帽子... [続きを読む]
  • 「草食い」ばなしにオバー地団駄
  • 最近の気がかり。どなたか解らない人からのコメントで、このブログで見たアカザを道端で摘んで来て茹でて食べた、最初食べようとしたらドクダミに似た臭いがしたので一晩水に晒したら抜けた、という。アカザは決してドクダミのにおいなどしないので、いったい何を摘んでめしあがったのか、心配で心配でたまらない。知っている人から、実物で教わってから食べるように。分からないものは決して食べないようにと返信... [続きを読む]
  • うちのサルナシ・ナツハゼ・アンニンゴ 他
  • サルナシの花を撮らないうちにはや小さい実が。ナツハゼは2011年6月にハシモトさんに貰って植えた。2016年、去年、はじめて少し実が着き、今年はそれより多くの花が着いた。アンニンゴ(上不見桜−うわみずざくら)が実になった。一人生えのアケビがからみ、エビヅルが絡んでいるが、いくら通称「薮」と言っても、よそのお家で「庭」という部分だから、もう少し剪... [続きを読む]
  • 梅雨の花・立葵ほか
  • テッセンが次々に咲く。同じ時買った白万重は、草むらに這い込んだのをそのままにしたら、咲く花、咲く花、虫に食われてしまう。自然のように、というのも難しい。タチアオイが咲き始めた。梅雨入りに咲き、咲き終わる頃梅雨が明ける、と言われる花、まずこの濃い赤と、黒(より濃い赤)が咲いた。撫子。咲き始めの頃見た人が、あ、サギソウ、と言った。小型の紫陽花、シチダンカ。挿し木から。... [続きを読む]
  • 今町・中之島凧合戦-6月5日
  •  藷を植えてから、与板橋を渡って、凧合戦を見に。 見附市今町と、長岡市中之島の間を流れる刈谷田川を挟んで大凧を揚げ、絡ませて引き合う凧合戦は、数十年前に見たきりだった。ポスター。合戦を前に土手に横たえられる凧。風を待つ。揚がった! 絡み合って落ちた凧。 以前に見た時は、双方であげた凧を風に乗せて操り、うまく絡ませたらわっしょわっしょと凧綱を持って土手の上を走... [続きを読む]
  • 茄子植え・トマト植え・強力助っ人
  • いつの間にか紫陽花に色が差してきた。 午後から畑の手伝いにchie来る。 鍬で溝を掘って、落ち葉に米糠を振りながら積んで一年寝かせた堆肥を入れて、風呂やストーブから取ってためて置いた灰を入れて、土を寄せて畝を作る。さすが若者、強力で、高々と大きい畝が出来た。 苗はポットごとずんぶり水に浸けて、充分濡れたのを植え穴に。農家の手伝いで覚えたという。 茅を折って立て、濡らし... [続きを読む]
  • 藷苗を植える
  •  5時台に目が覚めたので、しばらく草取り。そのあとさつまいも苗を植えた。移植ごてをスケールにして等間隔に穴を掘り、苗を1本ずつ置いて歩き、穴にたっぷり水を注いで苗を挿す。商売人の苗で、あまり状態がいいとは言えないものだったので、用心に水には「メネデール」を少量入れた。ねこの前がさつまいもの畝。 どうにか130本植え、残りは、捨てるには忍びないので、別の畝に植えて置いてみる。 大きなね... [続きを読む]
  • 藷うねが出来た日
  •  今朝見たらプルーンのパープルジョイが倒れていた。根元が腐って、よく今まで立っていた、花が咲いて実もついていた。 畑の手伝いに来たミチコに、ノコギリで切って貰う。道路の方まで運び出し。このあと切って薪にする。 藷の畝。 初めて畝を作るミチコが、休み休みやっと作る私を見ながら作った。昨日魚沼へ行って、弟からベニハルカ苗150本を譲り受けてある。あとはあす、ゆっくり植えよう。... [続きを読む]
  • 実録・朴葉寿司
  •  車の中からじいーっと山を見ていて、「あった!」と言う。 帰りに採れるように目印を覚えておいて、鋏で、山裾の朴の木の葉を切らせてもらう。実に嬉しい。 懐かしく、憧れていた朴葉寿司を、とにかく実際に作らないと治まらない、炊きたてご飯じゃ無くて保温のごはんだけど。 半日の圧し、など待てずに試食。 酢に浸けた塩鮭。干し椎茸を戻して甘辛く煮たもの。卵焼き、色が綺麗なように、少量の塩... [続きを読む]
  • もう一度だけナガミノヒナゲシについて
  •  5月27日に「ナガミノヒナゲシいじめ」を書いたが、もう一度だけ書いて締めくくりたい。 たしかに、罌粟だから種子の数が多く、条件が良ければ沢山咲いていることがある。でも、一部の人が言うように、他の草を排除して殖えて行くような力は、無い。 うちの畑は、草避けのためにと昨年秋、夫が大麦を一面に蒔いた。不安だったが、実験のためと言うことで、経過を見ていた。 びっしり生えた麦は、混... [続きを読む]